金 パブ od。 金パブOD臭いと吐き気

金パブ狂の戯言

金 パブ od

金パブをオーバードーズ(OD)で使用する記事を読んで 若者がパブロンゴールド(金パブ)をオーバードーズ(過量服用)することで高揚感・多幸感(イライラが治まる)・フワフワ感を楽しむという記事を目にしました。 Yahoo知恵袋には「金パブ」に興味はあるものの副作用や依存性が怖いための、そのあたりを探るような質問内容が多く記されていることを知りました。 Yahoo知恵袋を見ていると、金パブに含まれている「アセトアミノフェン」をたくさん飲むと肝機能障害・肝臓を痛める可能性があるという記載を多く見かけました。 そこで今回は「金パブ」をたくさん飲むと体の中で何が起きるのかについて「アセトアミノフェン」を中心に記してみたいと思います。 金パブに含まれているアセトアミノフェンをたくさん飲むとどうなるか アセトアミノフェンの上限については一般的に5000mg~10000mg以上を1回服用すると何らかの肝障害を起こす可能性が高く、15000mg以上を1回服用すると劇症化すると考えられています。 金パブ中毒者では1回に2000~3000mgのアセトアミノフェンを使用している事例を目にしました。 んーん、ぎりぎりの量ですね。 (医療用医薬品として、整形外科医が鎮痛目的で1回1000g程度を使用することはありますが、金パブ中毒者はその2~3倍を一度に使用している事例があるようです) 1回に3000mgのアセトアミノフェンを一度に飲んだ場合、体の中では2800mg程度のアセトアミノフェンは肝臓にて油分の多い液で包み込まれて、そのまま尿として体外へ排泄されます。 問題は残りの200mgのアセトアミノフェンです。 NAPQIは肝臓に対して非常に毒性が高く、危険な物質であるため通常であれば、通常の状態であれば身体は、その対応策としてグルタチオンという物質とNAPQIを結合して不活性化(無毒化)する対応をとります。 しかし、CYP2EIという酵素をたくさん作るタイプの人や、アルコールを飲んだ後(CYP2EIがパワーアップしている)では、肝毒性のあるNAPQIが予想よりもたくさん作られてしまいます。 その結果、体内のグルタチオンが枯渇してしまい、NAPQIによって肝臓が攻撃されてしまいます。 これが肝機能障害です。 肝機能障害の程度がひどい場合は肝性昏睡(意識を失う)ケースも報告されております。 pabron 以下はアメリカでの報告ですが、1日4000mgのアセトアミノフェンを14日間連続服用すると、肝機能が上昇したという報告があることから、アセトアミノフェンは1日3000mgを超えないよう勧告しています。 しかし自分のCYP2EIの量が多いかどうかは知るすべがありません。 一つ言えることは、アルコールを連日多く摂取し続けると、CYP2EIの活性が高まるという報告がありますので、連日アルコールを摂取している状態でアセトアミノフェンを過量服用すると肝障害をり患しやすい可能性が示唆されます。 金パブを過剰摂取する若者の心情としては「他人に相談できない悩み」があったり、「単なる興味本位」であったりと、事情を推し量ることはできません。 アセトアミノフェンを過剰摂取して肝臓に何らかの毒性が生じると「だるい・食欲がない・吐き気がする」といった初期症状が現れます。 それでもなお、肝臓へのダメージが蓄積すると、皮膚や目が黄色くなる(黄疸)、尿の色が濃くなるといった自覚症状が起こりえることを認識して、過量服用による臓器ダメージを十分理解してほしいと思います。

次の

金パブことパブロンゴールドのOD

金 パブ od

昭和40年代以後には、「ブロン液」を一気飲みして酩酊感を味わう遊びがありました。 一般に「ラリる」という感覚を得るために、シンナーを呼気するなどの問題行動がごく一部で流行りました。 これは気管支拡張作用の「エフェドリン」の交感神経興奮効果と、ジヒドロコデインの相乗効果によるものです。 ある側面では「ファッション」や流行への憧れによる乱用でもありました。 ブロンを1日で700錠!? それって8ビン以上では!? ブロン依存・中毒症の治療にあたる医師の話では、1日2ビン約160錠のodは「ザラ」だそうです。 酷い人になると、1日700錠という信じられない分量を服薬する患者もいたそうです。 これをビンに換算すると、8ビン以上の計算となります。 ブロン依存の常用者によれば、ブロンが白い糖衣錠であることから「便が真っ白」になるなどの発言も得られています。 吉祥寺駅トイレに25ビン投げ捨て! それは2100錠の超異常事態!? そして極めてショッキングな画像なのですが、吉祥寺の公衆トイレに、ブロン25ビンが放置される事変がありました。 換算すれば、これは実に2100錠にも上る数字となります。 これをイチ個人で「何日間」で消費したのか考えますと、恐ろしいことだと思われます。 また、衆目にわざわざ晒すこの行為は、その人が精神を病んでいるであろうことも示唆します。 ブロンは乱用市販薬キング! そして驚愕の数字はそれどころではない状態になっていました。 (引用:noteコム) ブロンの成分とその効果は? 麻薬や覚せい剤以上の破壊力!? 咳止め効果に優れた薬効ではありますが、麻薬性を「モルヒネ」と比較すると以下になります。 延髄の咳嗽中枢に直接作用し、鎮咳作用を現す。 鎮咳作用はコデインの約2倍強力である。 (引用:wikipedia) 地上最強の麻薬ともいわれる「ヘロイン」の原材料としても知られるモルヒネと比べた力価がこれです。 ジヒドロコデインの安寧性薬効は、まったりとした幸せの感覚であることが想像できます。 睡眠効果と覚醒効果のW作用が幸せと錯覚!? この得難い「快楽」と共に、嫌な仕事ですら笑顔で出来てしまうような高揚感が同時に発現します。 これは覚せい剤が人体に与える効能と非常に似ているのです。 それだけに一度味わうと、その繰り返しでやがて依存形成が進み、中毒症に陥ります。 ブロン84錠入り1ビンは、市場では約1000円くらいします。 ですから重度のodは、経済的には大きなダメージもあるのです。 典型的ブロン中毒者が1日2ビンとすれば、月負担は5~6万円もします。 コスパ的には「パブロンゴールド」で代用可能? その点「パブロンゴールド」通称「金パブ」が、代用品となるなら金銭的負担は軽減されます。 「金パブ」なら210錠ビンが、安ければ1500円程度で買えます。 パブロンゴールドにもジヒドロコデインは含有されていますから、可能とも思われます。 しかしパブロンゴールドには「アセトアミノフェン」が含まれ、このダメージが嘔吐を誘発するそうです。 ブロンでは何も改善しない! せめて向精神薬を! 覚せい剤に手を出すことなく、市販薬でテンションMAXになれるブロンを求める人は後を絶ちません。 しかしそのような効果はほんの一時的なものでしかなく、むしろその人を蝕みます。 何としても手を出さないことが肝要で、引き返すならば1日でも早いほうが望ましいです。 ブロンでは何一つとして、改善することなどないことを知るべきです。 うつ病や心の病にはまず精神科受診を!

次の

金パブロンをODしました。

金 パブ od

朝晩の冷え込みが本格化する一方で、突然の夏日が訪れたりと、気温の変化が著しい今日この頃。 をひく人が増えているが、風邪薬を飲むのは症状が出ている時に限る方がよさそうだ。 特に市販薬は、自己流な飲み方になりがち。 飲みすぎて、いつのまにか依存化してしまうリスクもあるので要注意だ。 ネットで話題の「金パブ中毒」とは? 巷では「金パブ中毒」なる現象が起きている。 「効いたよね、早めのパブロン」のCMでおなじみのパブロンシリーズの「パブロンゴールド=金パブ」(大正製薬)だ。 金パブを頻繁に使ううちに手放せなくなり、毎日、大量に摂取するようになる依存者は少なからずいる。 原因は主に、パブロンゴールドに含まれているジヒドロコデインリン酸塩だ。 このジヒドロコデインリン酸塩やリン酸コデインなどのコデイン類の成分は、咳を鎮める効果に優れている。 咳は本来、異物が体に入り込まないようにするための防御反応で、脳内の「咳嗽(がいそう)中枢」という神経中枢がコントロールしている。 咳嗽中枢の働きを抑えれば、止まらない咳も抑えることができるのだが、その感覚が「ふわっと気持ちいい」のと、依存性があるのとで、いつのまにか薬を手放せなくなる傾向のある薬だ。 同じ鎮咳剤で「非麻薬性」があるのに対し、コデイン類はアヘン由来の成分で、「麻薬性」中枢性鎮咳薬に分類される。 麻薬性といっても医療用なので、もちろん安全レベルの含有率なのだが、大量服薬すれば事情が変わってくる。 コデイン類の麻薬性に魅了され、1日1箱ペースで乱用する「金パブ中毒者」もいるぐらいだ。 咳止めシロップはウケがいい? 咳止め効果の高いコデイン類は、何も金パブ特有の成分ではない。 その他の風邪薬や、特に咳止め薬の多くに含まれている。 金パブと同じく、いや、もしかしたらそれ以上にウケがいいのは、「エスエスブロン錠」(エスエス製薬)だ。 金パブもそうなのだが、コデイン類に加え、エフェドリンが含有されているからだ。 エフェドリンは、生薬の麻黄に由来する成分だが、覚せい剤に似た交感神経の興奮作用がある。 もちろん覚せい剤ほど強力ではないが、スポーツ選手のドーパミン偽陽性反応に関わることもあるパワーアップの成分だ。 また、咳止め薬のシロップタイプも<ウケ>がいい。 体内吸収がいいのだ。 錠剤や粉薬に比べ、そのまま飲める飲みやすさも、シロップならではの利点。 薬局で購入後、その場でただちに飲み干せる手軽さがある。 「咳止めシロップをごくごく飲むとトリップできる」という話が、まことしやかに伝わっているが、一気飲みすれば、人によっては「ふわっとした心地」を強く感じるので、あながち嘘ではない。 ましてや、1回に2~3本まとめて飲めば、いい「景気づけ」になるという。 それを1日に1度ならず、何度も繰り返す人々もいる。 あの有名人も咳止めシロップでトリップ!? 昨年12月、叶姉妹の妹・叶美香さんが、急性のアナフィラキシーショックで緊急入院したが、一部では、「咳止めシロップを大量に飲んだ」、つまり大量服薬(オーバードーズ)したと報道されている。 そこまで来たら、薬物依存の領域である。 正しい判断力や言動を保てず、仕事や家庭に問題をきたし、生活が破たんする人も現れる。 自力でその状態から脱するのは難しく、精神科の加療が必要だ。 薬物を体内から抜くときの離脱作用は、苦しいものだ。 とても自宅で自力でとはいかず、精神科病院に入院するケースが多い。 薬物が抜けて、身体面の依存が軽減しても、精神面の依存に向き合う努力が必要だ。 薬に頼ろうと気持ちや習慣に打ち勝つのも、なかなか自力でできることではない。 多くの人の力を借りて、長いリハビリ期間を経て、ようやく社会復帰の一歩に踏み出せるかどうか。 回復したとしても、安価ですぐ手に入る市販薬の薬物依存は、スリップ(再び使用すること)してしまう危うさが大きく、一生自分との闘いとなる。 本来であれば、を取り戻してくれる、いたって合法の風邪薬や咳止め薬だが、使い方をあやまると、ドラッグのように一生を棒に振る状態に陥るリスクはある。 体調を崩しやすい季節だが、市販薬といえども、用法・用量はきちんと守りたい。 (文=編集部) あわせて読みたい•

次の