子供 口内炎 原因。 口内炎.net ー原因、治し方、薬などについてー

子どもが口内炎を痛がるときはどうすれは良い?ハチミツには注意が必要なことも!

子供 口内炎 原因

種類と原因 口の粘膜に起こる炎症のことをまとめて口内炎と呼びます。 様々な原因と種類がありますので以下にまとめます。 傷などで起こる カタル性口内炎、単純性口内炎 転んで地面に口をぶつけ、傷から地面の細菌に感染したとき、口の中が不衛生なとき、あるいは熱い食べ物で火傷したときなどにできます。 特徴として、傷ついた部分だけ白い口内炎ができます。 1週間程度で自然に治ります。 ストレスで起こる アフタ性口内炎 精神的ストレスや、ビタミン不足など栄養の偏りが原因で起こります。 口の中に1個もしくは数個の小さな潰瘍ができます。 その潰瘍の特徴は表面が白く、まわりが赤く、真ん中がくぼんでいます。 1週間程度で自然に治りますが、よく再発します。 ウイルスの感染で起こる ウイルス性口内炎 ウイルスの感染によって起こる口内炎は、免疫力の弱い子供がかかりやすい病気で、いくつか種類があります。 病名 原因 解説 ヘルペス性口内炎 単純ヘルペスウイルス1型への感染 生後6カ月~3歳の乳幼児に発症しやすい病気です。 急に39度前後の高熱が出て、激しい痛みを伴った口内炎が多数できたり、唇や舌、歯茎が赤く腫れ上がったりします コクサッキーウイルスA群への感染 乳幼児や子供を中心に6月下旬~8月中にかけて流行し、「夏かぜ」とも呼ばれます。 前触れもなく39度以上の高熱が出て、上顎から喉の周辺にかけて口内炎や水泡がたくさんできます コクサッキーウイルス、 エンテロウイルスなどへの感染 ヘルパンギーナと同じく夏に流行し、口の中だけでなく、手のひらや足の裏などに水泡ができます。 発熱するケースは少なく 3割程度 、あまり高熱にならないのが特徴です 4. カビの一種で起こる 通常身体にいる真菌 カビ の一種のカンジダ菌が原因で起こります。 免疫力が低下することでカンジダ菌が増殖し、口内炎が発症します。 口の中にできる白い斑点が特徴です。 生後2~3カ月の赤ちゃんに発症するケースが多い病気で、ミルクの飲みが悪くなることもあります。 その他 食べ物、薬物、金属が刺激となりアレルギー反応を起こす口内炎もあります。

次の

大きい口内炎が心配…大きい原因とその対処法

子供 口内炎 原因

熱い食べ物、飲み物による口内炎(口の中のやけどによるもの)• ウイルス感染で起こる口内炎• カビの一種で起こる口内炎• 栄養の偏り、ストレスなどの免疫力低下によるもの• その他、食物、金属アレルギー などが、子供の口内炎の主な原因になっています。 口内炎の種類によって原因や症状が違うので、それぞれの口内炎の特徴を詳しくご紹介します。 子供がかかりやすい4つの口内炎の特徴 口内炎にはいくつかの種類がありますが、ここでは子供がかかりやすい4つの口内炎の特徴についてご紹介します。 1. アフタ性口内炎 アフタ性口内炎は最も一般的な口内炎で、口の中の傷に細菌が侵入してできるものです。 頬の内側や、舌や唇などを何かの拍子に噛んでしまったり、硬いもので口の中を傷つけたりすることはよくありますよね。 疲れやストレスなどによる 免疫力の低下や、 栄養の不良などが主な原因と言われています。 アフタ性口内炎は自然に治ることが多いですが、子供の場合は口の中の痛みが強いため、ほとんど水分が摂れない場合があるので注意が必要です。 2.カタル性口内炎 カタル性口内炎は、疲れや、免疫力の低下したときに発症しやすく、口の中の粘膜が炎症を起こしてただれたり、赤く腫れたりするものです。 アフタ性口内炎と違って 潰瘍ができないので、痛みはそれほど強くはありません。 子供の場合は、口の中のやけどや虫歯、矯正器具などの細菌の繁殖や炎症が原因として考えられます。 また、小さなお子様は指しゃぶりやおもちゃを口に入れることが、カタル性口内炎の原因になっていることもあります。 3. ウイルス性口内炎 ウイルス性口内炎は、ウイルスや細菌に感染することによってできる口内炎です。 ここでは、子供がかかりやすい「 ヘルペス性口内炎(口唇へルペス)」と「 カンジダ性口内炎」についてご紹介します。 ヘルペス性口内炎は、38度を超える高熱が数日続いた後に口内炎が発生し、激しい痛みに襲われることが多いとても辛い口内炎です。 舌や、口唇、歯ぐきなどが赤く腫れ、口内炎が喉にまでできることもあり、 強い痛みのため飲食が困難になることが多いです。 また、ヘルペス性口内炎は、子どもの頃に感染することが多く、回復した後もウイルスが体内に残り、大人になってからも体調不良の時などに口内炎を起こすことがあります。 口の中で カンジダ菌(真菌)が増えることで発症するもので、頬の内側や舌などに 白い苔のようなものができるものです。 白い苔が剥がれると出血やただれを起こすので、食べたりする時に痛みを伴います。 カンジダ菌は誰の口の中にもあるもので、健康な状態のときはかかりにくいですが、免疫力が低下したときや栄養の偏りがあると、かかりやすくなります。 4. その他の口内炎 特定の食品や薬、金属などがアレルゲンとなって起こる、 アレルギー性口内炎です。 主にアレルギーを引き起こす食物は、野菜・果物・そば・牛乳・チョコレートなどがあります。 他にも抗生剤・鎮痛剤・金属などアレルギーを引き起こすものがたくさんあります。 アレルギー性口内炎は、アレルギーを引き起こす原因となっているものを特定することが大切です。 口内炎の症状が出るウイルス性の病気とは? 口内炎の種類というわけではなく、ウイルス感染症の一つの症状としてできる口内炎に、乳幼児がかかりやすい「 手足口病」と「 ヘルパンギーナ」があります。 どちらも夏風邪としてよく知られていますよね。 主な特徴は次のとおりです。 【ヘルパンギーナの特徴】 ヘルパンギーナは、コクサッキーウイルスが原因となる夏風邪の代表的な病気です。 急に38~40度の発熱が1~3日出た後、しばらくすると喉の奥に小さな水泡ができて口内炎を引き起こします。 口内炎は上あごや、喉の奥の咽頭 いんとう 部分に水泡ができるのが特徴です。 4歳以下の乳幼児に多い感染症ですが、まれに大人もかかることもあり、大人がかかると 重症化することもあります。 手足口病とヘルパンギーナは、どちらも 有効な抗ウイルス薬は存在しません。 発熱や発疹、水疱といった様々な症状に合わせて対症療法をおこないながら、自然治癒を待つ形になります。 ただし、子供の熱が数日経っても下がらない場合や、頭痛や嘔吐などの気になる症状が出ている場合には、すぐに病院を受診しましょう。 口内炎がひどくてご飯が食べられない時は、市販の薬を上手の使うのもおすすめです。 ただし、 ステロイドの有無や対象年齢も異なるので、必ず市販薬を使う場合は自分の子供に使えるかどうか確認してくださいね。 トラフル錠という口内炎の飲み薬がありますが、7歳以上の服用になるので注意が必要です。 特に ビタミンB2には粘膜を守る働きがあり、不足すると口内炎を発症しやすいです。 これらの栄養素を摂りながら、栄養バランスを見直し免疫力を高めることで傷の回復を早めましょう。 塗り薬のように即効性はありませんが、口内炎を早く治すためには口の中の細菌が繁殖するのを、抑える必要があるのです。 殺菌効果のあるうがい薬や、お水でゆすぐだけでも構いません。 それでも子供が痛がって、できないときはお茶をこまめに飲ませるようにして、口の中をできるだけ清潔にしましょう。 唾液の分泌が悪くなると口の中が乾燥し、口内炎もできやすいだけでなく、傷の修復も遅れてしまいます。 子どもは口内炎ができると、痛がってあまり水分を摂らない場合がありますよね。 食事が食べられなくても、麦茶、白湯、イオン飲料などしっかり水分を摂るようにしましょう。 口内炎でも、しみない食べ物とは? 大人でも口内炎ができると、痛くて何を食べてもおいしくないものです。 子どもは特に、口の中が痛いと全く食べようとしませんね。 口内炎ができている時は、• 塩分の多いもの• 熱いもの• 冷たいもの• 酸っぱいもの などは、すごくしみて痛いので避けましょう また、口内炎ができているところに硬いもの当たると、痛くて食べられないので、柔らかい口当たりのよいものを食べさせるといいですね。 口内炎ができたときに食べやすくて、しみない食べ物をまとめてみましたのでぜひ参考にしてくださいね。 繰り返しできる子供の口内炎の予防法は? 口内炎ができるとお子さんもかわいそうですが、お母さんもとても大変になりますよね。 口内炎ができないように、普段から心がけたいことをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。 ビタミン摂取を心がける さきほど口内炎を早く治す方法でも触れましたが、ビタミンは口内炎の改善だけではなく、 予防効果がある栄養素ですので普段から積極的に摂れ入れましょう。 主なものは、• ビタミンB群・・・不足すると口内炎の原因にもなるビタミンB群• ビタミンA・・・皮膚の粘膜を正常に保つために必要なビタミンA• ビタミンC・・・体の免疫力や抵抗力を高めるビタミンC 子供が緑黄色野菜をしっかり摂れるように、バランスのとれた食事を考えたいですね。 亜鉛不足にならないように 口などの粘膜はタンパク質でできています。 亜鉛が不足するとタンパク質の合成量が減少して、口内炎になりやすくなります。 カキ、ウナギ、レバー、牛肉、卵黄、チーズ、大豆など亜鉛を多く含む食品も普段から摂れるようにしましょう。 ストレスや睡眠不足に注意 疲れや ストレスは、免疫力の低下を引き起こします。 特に、子供の 睡眠不足は体に大きなストレスを与えるので、夜更かしさせないように気を付けたいですね。 普段から、十分な睡眠時間を摂ることができるように生活習慣を見直すことが大切です。 歯磨きの習慣をつける 虫歯ができたり、口の中が不衛生になったりすると口内炎になりやすいので、毎食後に歯磨きを習慣をつけましょう。 また歯磨きするとき、歯ぐきなど傷つけると口内炎の原因になるので、子供の歯の磨き方をチェックしてみることも大切です。 口の中を清潔に保つことが口内炎の予防にもなるので、普段から「 うがい」を習慣づけるといいですね。 定期的に歯科健診を 虫歯だけでなく、矯正装置やかみ合わせの悪い場合も、口内炎の原因になります。 まだ、子供が小さいうちは、お母さんが仕上げ磨きしてあげた方がいいですね。 普段から子供の口の中をチェックするだけでなく、 定期健診を受けることをおすすめします。 まとめ 子供の場合はそのままにしていることも多く、口内炎がひどくなるまで気が付かないこともあります。 一度、口内炎ができてしまうと、治るまで時間がかかって大変です。 口内炎ができやすい子供の場合、普段からしっかり予防策をとるようにしましょう。 好き嫌いの多い子や、食の細い子は栄養バランスをとるのが難しいですが、日頃から積極的にビタミン類、亜鉛などが摂れるように工夫してみてくださいね。

次の

子供も大人も要注意 いろいろな口内炎

子供 口内炎 原因

[目次]• 子供に多い口内炎の原因と症状 口内炎は、どのような年齢の方でも発症する疾患です。 大人の方ならば炎症の痛みなどに耐えることもできるでしょう。 しかし、赤ちゃんを含む子供たちでは、痛さを我慢することも難しいですし、症状を上手く伝える手立てが無い場合もあります。 さらに、赤ちゃんなどは免疫力がしっかりと身体に定着しているはずなのに、口内炎ができてしまったりすると病気などの心配をしてしまいます。 そもそも、口内炎ができる仕組みとしては、口の中の皮膚を噛んでしまったり、風邪(かぜ)などの症状で免疫力が低下してしまったりすることで症状を発症するといわれています。 また、乳歯の生えかわりなどで歯の先が尖っている場合にそれが皮膚に触れると、摩擦を起こして傷ができてしまうことで炎症が起きる場合もあります。 これらのような一般的に知れ渡っているイメージの疾患を「アフタ性口内炎」と言います。 小さな子供には余程のことがない限りストレスなどを抱えることもないでしょうが、風邪を引いたりして体力が落ちてしまうと身体に蓄積されているビタミンB群が減少してしまい、口内炎を発症しやすくなります。 さらに、口の中が不衛生な状態でいるとかかりやすいのが「カタル性口内炎」です。 虫歯があるのに放っておいたり、お菓子など甘いものを食べた後、歯磨きもしないでお昼寝をしたりと口腔内の殺菌が繁殖することで起きてしまう口内炎です。 このように、原因がある程度分かっているものでしたら対処の仕方もありますが、ウイルスによる感染が要因となって発症する子供特有の口内炎もありますのでいくつか代表的なものを紹介します。 手足口病 主に保育園や幼稚園など集団生活をしている子供たちに発症しやすい感染症で、主に夏場などに多く見受けられます。 飛沫感染や接触感染が主な経路で、子供同士の距離を置かない接し方により感染力が増すともいわれています。 主な原因とされるウイルスは、コクサッキーウイルスやエンテロウイルスなどです。 口の中に水疱性の発疹ができやすいのが特徴的です。 さらに、手の平を中心に足の裏など皮膚が柔らかい部位にできます。 風邪のような症状ですが発熱してもほとんどの場合高くはならず、発疹が現れるのがメインの症状のようです。 ヘルパンギーナ こちらの疾患も夏かぜの一種といわれています。 主に梅雨入りする6月下旬~8月に流行の兆しをみせます。 原因とされるウイルスは、エンテロウイルスです。 インフルエンザのように突如として39度を超える高熱が出て、口の中の粘膜に小さな水疱ができてしまい、それが破れてしまうと潰瘍ができて痛みをともないます。 ヘルペス性歯肉口内炎 主に感染するのは生後6か月~の乳幼児とされています。 原因となるウイルスは、単純ヘルペスウイルスです。 高熱により口の中などに痛みを感じるようになります。 見落としやすい口内炎ともいわれていますが、逆に舌を中心に唇などに水疱ができやすいので、注意して見ると発見しやすいかもしれません。 水泡が潰れてしまうと赤く腫れて強い痛みがあらわれます。 食事面の対処法、水分補給もしっかりと 口内炎の痛みは大人でも我慢することが難しく、完治するまでの1~2週間はあまりよい気分とは言えません。 ましてや乳幼児や子供は、その痛みを上手く表現することができかねますので、泣いたり不機嫌になったりすることで親に伝えようとします。 いつもと違う泣き方をしていたら何かのサインだとおもい、注意深く観察することが重要です。 とくに口の中にできる炎症ですから自然と食欲も低下するでしょう。 そのような場合には無理に食べさせるのではなく、消化がよくて、口に入れても患部の痛みをともなわない食品を与えるようにします。 ほどよい温度のうどんやビタミンを多く含んだほうれん草、カボチャのスープなども、のど越しよく食べることができるでしょう。 それでも発熱をともなうウイルス性の口内炎でしたら、ゼリーやプリン、オリゴ糖などを入れたヨーグルトなどでしたら小さな子供たちも食べやすくおすすめです。 改善しないときは小児科で治療を 一般的といわれているアフタ性口内炎でしたら、通常1~2週間で治癒するといわれています。 しかし、上記にあげたウイルス性の口内炎ですとなかなか完治しませんので、まず歯科で診察を受け、改善しないなら小児科を受診て適切な薬を処方してもらいましょう。 なお、手足口病とへルパンギーナには特効薬はありません。 口内炎以外の不快な原因を薬などで抑えて治癒するのを待ちましょう。 赤ちゃんでも幼児でもかかってしまう口内炎ですが、まだ自分の気持ちを表現できない年齢ですので症状を見極めることが難しいでしょう。 ちょっとした気持ちの変化に気がついてあげられれば早めに治療することができるかもしれません。 いつもと同じで泣いているだけと安易に考えないで、注意して観察してあげましょう。

次の