扇風機 の 風 を 冷たく する。 扇風機に保冷剤で夏を涼しく!効果や作り方におすすめ商品もご紹介!

羽なし扇風機は冷たい風が出る?!メリットと欠点、暖房能力は?

扇風機 の 風 を 冷たく する

・濡れタオルを扇風機にかけておく ・保冷剤を扇風機の近くにおいておく どちらも、水が蒸発するときに熱を奪う、気化熱を利用して扇風機の風を涼しくするという方法です。 打ち水をしたように、部屋の中が涼しくなりそうな気がしますが、実際どうなのでしょうか? それぞれの涼しい工夫について、次の章から見ていきましょう。 扇風機に濡れタオルをかけて効果はある? まず、 扇風機に濡れタオルをかけることで風を冷たくするという方法ですが、これは実際にやってみてもイマイチでしたね。 濡らしてよく絞ったタオルを扇風機の上に引っ掛けてみたんですけど、前にかけても、後ろにかけても、風はそんなに涼しくなったようには感じませんでした。 しかも、扇風機の後ろに濡れタオルをかけたら、タオルが扇風機のカバーに張り付き、「ブオーッ」とかなりうるさくなりました。 うるさくないように風量を「弱」にしたらタオルにさえぎられて全然風が来なくなりますし、「中」以上にすると、張り付いたタオルのせいで音が大きくなって風も弱くなるという、涼しくなくて、うるさいだけという状態になりますね。 濡れタオルを前にかけても、風がさえぎられて涼しくなくなります。 濡れタオルで扇風機の風を涼しくするという方法は、全然ダメでした。 濡らしたタオルを首とか脚とかにかけた状態で扇風機の風を浴びていたほうが、よっぽど涼しいです。 扇風機に保冷剤は効果がある? では、保冷剤を扇風機のカバー部分の前か後ろに置けば風が涼しくなるのでしょうか? この方法は、まずどうやって保冷剤を扇風機のカバーの所に取り付けるかというのが問題になります。 前でしたら、ダイソーなどの100円ショップにも売っているようなワイヤーバスケット(アルミかご)を扇風機のカバーに引っ掛けて、そこに保冷剤を入れれば楽ですよ。 — 2017年 3月月7日午後2時10分PST 扇風機の後ろ側だったら、紐で引っ掛けるとか、できるなら、扇風機の持ち手のところにうまく乗っけるとかする必要がありますね。 扇風機カバーの前か後ろ、どちらに保冷剤を置くにしても、結露で水滴が出ますから、タオルなどを下に敷いておく必要があります。 扇風機の電気系統に水がかかると、故障やショートによる火災の恐れがありますから、注意が必要です。 で、 保冷剤は効果があるのかというと、ほとんどないですね。 扇風機にぶら下げるのが面倒くさい割に、その手間に見合った涼しさは全然得られません。 なんとなく涼しいような気もしますが、気のせいかなあ・・・という微妙な感じです。 扇風機の風を冷たくする一番オススメな方法はこれ! 保冷剤を使って効果を得たいなら、凍らせたペットボトルを扇風機の前に置いておくという方法のほうがずっとオススメですよ。 2リットルのペットボトルを冷凍庫で凍らせて、それを扇風機の前に置いておくだけですから、やり方も簡単です。 1本と言わず、余裕があるなら2本、3本、と大小お好きなペットボトルを凍らせて置いてもOKです。 扇風機にぶら下げられるような保冷剤だと小さい物になってしまいますが、ペットボトルを床に置くのでしたら大きさの制限はありませんし、風も大してさえぎられません。 こちらの方法は、氷柱を部屋においておく昔ながらの冷房方法に似ていますから、扇風機の風も結構涼しくなりますよ。 ただし、結露で水滴がたくさん出ますから、ペットボトルを洗面器やお盆などに乗せておくか、タオルなどをしっかり敷いておく必要があります。 それでも、保冷剤を扇風機に引っかけたりするよりは、ずっと簡単です。 ペットボトルを凍らせる際は、水の入れすぎによる容器の破裂にご注意下さい。

次の

熱中症対策は扇風機を涼しく工夫!エアコンがない時の必殺技を紹介!

扇風機 の 風 を 冷たく する

選び方の基本が知りたい人はこちらをチェック• タイプ別で選ぶ扇風機カタログ• 高級扇風機ってどんなもの? 一般的には数千円で購入できる扇風市場に数万円もする高級モデルが登場し始めたのは、2010年のこと。 その先駆けとなったのは、バルミューダ「GreenFan」です。 速度の異なる風を同時に作り出す二重構造の羽根を採用することで、従来の扇風機のような断片的な風ではなくムラのないスムーズな風を実現。 さらに、従来のACモーターから、回転数を細かく制御できるDCモーターに変更し、そよ風のような微風を放出できるようにしたのも特徴です。 その微風(最小風量時)の消費電力は初代モデルで4W(最新モデルでは1. 5W)、最大風量時でも20W。 従来の扇風機は30〜50W程度なので、その差は歴然でした。 この省エネ性能によって、当時の節電意識の高まりの後押しもあり、GreenFanは3万円を超える価格ながら大ヒット。 「GreenFan」の登場をきっかけに、DCモーター搭載の高級扇風機が続々と発売されるようになりました。 写真は2014年に発売された「GreenFan Japan」ですが、初代「GreenFan」と見た目にはほとんど変わりません DCモーター搭載扇風機は従来機(ACモーター)とどう違う? 従来の扇風機(ACモーター)とDCモーター搭載機の大きな違いは2つ。 ひとつは、風です。 DCモーターは超低速回転でも安定して送風できるため、机の上に置いた紙が吹き飛ばないほどの微風を作り出せるのが特徴。 羽根の形状や枚数も工夫されており、従来の、羽根によって空気を切りさいていくような風ではなく、自然のそよ風のような断続的なやわらかい風を送り出せます。 正直、DCモーター搭載機の微風を体験すると、ACモーター搭載機の「弱」はかなり強風に感じます。 また、モーターの特性上、運転音も非常に静か。 バルミューダ「GreenFan」の最小風量時の運転音がわずか13dBということからも、ほとんど運転音は聞こえないレベルであることがわかります。 33段階で風量を変えられるモデルもDCモーター搭載機にはあります そして、大きな相違点の2つめは消費電力。 おおざっぱに言ってしまうと、DCモーター搭載機は従来の半分程度の消費電力で済みます。 もともと扇風機の消費電力はそれほど大きくないので、たとえばACモーター搭載機(40W)を1日8時間で1か月(30日)使っても電気代は約260円ですが、1年間同じように使ったとすると、DCモーター搭載機とACモーター搭載機では約1,500円強の電気代の差が出ます。 ささいな差ですが、使用時間が長くなると電気代の差額も大きくなるので、設計寿命の10年(主に国内メーカーの場合)で本体価格の差額のモトも取れてしまうかもしれません。 はたして高級扇風機を選ぶべきか? 近年、扇風機はエアコンと併用して使うようになってきているので、室内の空気を循環させるなら弱い風量で十分、その分、消費電力を抑えて静かであってほしいというニーズからDCモーター搭載機の人気が高まっているのは事実です。 大手家電メーカーの上位モデルは今でも3万円を超えますが、型落ちやエントリーモデルであれば1万円台で購入可能(最近は1万円を切ることも!)。 扇風機の場合、型落ちでも性能はそれほど変わらないので、最新モデルを狙わなくても問題ありません。 省エネ、微風といったDCモーターならではの特性は備えているものの部品のかみ合わせが甘く、低速回転している時に羽根がグラつき「カタカタ」と音がすることもあるので、最低でも1万円前後の製品を選ぶほうが安心だと思います。 自分が求める快適さや性能と本体価格を天秤にかけて、高級扇風機を選ぶかを考えてください。 「風はたっぷり浴びたい」「運転音も気にならない」という人であれば、従来どおりのACモーター搭載機でかまわないでしょう。 DCモーター搭載機でも、組み立てる部品のかみあわせ具合がいまいちなモデルもあるので要注意 1. やっぱりDCモーター搭載扇風機が欲しい! せっかくDCモーター搭載機を導入するなら、とことん心地よさと省エネにこだわったモデルでこれまでの扇風機とはまったく異なる快適さを手に入れましょう。 ハイポジションのリビングファンを中心に、小さめの部屋で使いやすいコンパクトタイプ、置き場を圧迫しないタワーファンを厳選しました。 1-1. アサギマダラ蝶の羽根形状を模したファン「ネイチャーウイング」で生み出されるムラのない風に、肌表面の水分蒸発を抑えるプラズマクラスターイオンを乗せることにより、長時間風に当たっていてもだるさ感が軽減されるといいます。 さらに、手足の冷えすぎも抑えられるとのこと。 そして、もちろん、プラズマクラスターイオンはニオイにも効果あり! 扇風機で涼みながら衣類やソファに染み付いたタバコ臭・汗臭、料理の臭いなどを消臭してくれます。 寝具や衣類に向けて直接風を送れば、30〜40代特有の体臭「ミドル臭」を取り除くことも可能。 最上位機「PJ-L3DG」は、よりなめらかな風が放出できるようにアサギマダラ蝶とアゲハ蝶の羽根形状を応用するとともに、蝶の翅脈(しみゃく)を模倣したリブを備えた「トリプル・ネイチャーウイング」を採用することで、翅脈(しみゃく)のない羽根を装備した2018年モデルと比べると、消費電力は同じまま風量が5%アップしたといいます。 左が「PJ-L3DG」で、右が「PJ-L3DS」 1-2. さらに温度センサーで室温を感知し、運転を自動で調整する「温度センサー運転」にしておけば、室温に合わせて風量調節や運転の停止・再開が行われるため、いちいち風量を変える手間も軽減。 温度センサーを使用し、就寝を妨げないように段階的に風量を下げる「おやすみモード」も用意されています。 お詫びして訂正します。 [2020年5月25日 15:15] パナソニック「F-CT338」。 F-CT339より高さは少し低め 1-3. 東芝「F-DLY80」 9枚の羽根で風圧差の少ない肌触りのよい風を生み出す「F-DLY80」は、信州・上高地に吹く風を再現した「ランダム風」や高原のそよ風のような微風「ふわり風」を搭載するなど、自然の風に近い心地よさを追求。 なお、「入タイマー」で稼動させた場合、4時間経過すると自動で運転が停止するようになっているので消し忘れの心配もありません(この機能の解除設定も可能)。 また、羽根にホコリが付きにくい加工が施されているのも高ポイントです。 東芝「F-DLY80」 1-4. 日立「HEF-DH2000B」 温度センサーを駆使し、室温にあわせた風量に自動で切り替える機能をはじめ、「HEF-DH2000B」には細かい気配りを感じる機構が満載。 風量がリズミカルに変化する「リズム運転」では強弱が極端に切り替わらない「やわらかモード」が用意され、就寝中に風量が徐々に弱くなっていく「おやすみ運転」では自動停止する時間が2時間と10時間から選べるようになっています。 なにより、本製品は組み立てられた状態で梱包されているため、箱から出してすぐに使用でき、組み立てによるガタつきもありません。 この梱包スタイルは、これだけで購入の決め手になる人もいるのではないかと思うほどのナイスアイデアです。 また、ヘッドを真上に向けて送風もできるので、天井付近の空気のかくはんにも役立つでしょう。 日立「HEF-DH2000B」 組み立てられた状態で梱包されているDCモーター搭載機を、もうひとつ紹介しておきましょう。 上位機「HEF-DH2000B」に用意されている「リズム運転」や「おやすみ運転」、「こっちむいてボタン」、温度センサーは搭載されておらず、機能が絞られている分、シンプルで使いやすいはず。 ただ、HEF-DH2000Bの本体に装備されているタッチキーがないため、1段ずつ風量を切り替えなくてはなりません。 風量「4」から「2」というように大きく変更することが多い人は、少々めんどうに感じるかもしれませんが、風量をほぼ固定で使うなら、少し高さが低めで価格も抑えられる「HEF-DL300B」でもいいかも! 日立「HEF-DL300B」 1-5. バルミューダ「The GreenFan EGF-1700」 DCモーター搭載扇風機の先駆者、バルミューダも選択肢からは外せません。 ここまで紹介してきた扇風機に比べると「The GreenFan」は、実にシンプル。 温度センサーやリズム風も非搭載で、風量調節は4段階、タイマーは運転を停止する時間を設定する「切タイマー」のみです。 2020年モデルではバッテリー駆動時に風量「4」で設定できるようになったほか、12時間後に自動で運転が停止する機能がなくなりました。 1-6. 三菱電機「SEASONS R30J-DDY」 中間ポールを外すと卓上扇風機になるバルミューダ「The GreenFan」のスタイルは魅力だけれど、一般的なリビングファンのような高さのあるものが欲しいなら三菱電機「R30J-DDY」がうってうけ。 本製品も2Way仕様ですが、リビング使用のスタイルは「The GreenFan」よりも15cmほど高くなっています。 最大風量時の消費電力はここまで紹介した扇風機の中でもっとも少ない15Wながら、10m先まで送風できるのもポイント(バルミューダ「The GreenFan」は15m先まで送風可能)。 上下左右を組み合わせた立体的な送風ができるので、室内の空気のかくはんも、部屋干しした洗濯物の乾燥にも絶大な効果を発揮してくれるでしょう。 三菱電機「R30J-DDY」をトールスタイルとロースタイルにした状態 1-7. シャープ「PJ-L2DBG」 続いても、ヘッドが真上までカバーして首振りできる扇風機。 羽根径18cmのコンパクトタイプですが、ヘッドが多方向に大きく動くため、部屋の空気を効率よく循環可能。 また、本製品にはバッテリーが搭載されているのでコードレスでも使用できます。 「1-1」で紹介した同社リビングファンの最上位機「PJ-L3DG」同様にプラズマクラスターイオンによる消臭効果が望めるほか、熱中症予防のお知らせ機能なども完備。 シャープ「PJ-L2DBG」。 組み立て済みの状態で届きます 1-8. 日立「HSF-DS500B」 設置場所を取りたくない人は、タワーファンを選ぶのも手です。 タワーファンは本体もしくは内部がスイングする仕様となっているため、動作中もスマート。 また、吹出口は縦長なので、ソファなどに座った時に全身に風を浴びたい人にもスリムファンがうってつけでしょう。 本製品には日立製リビングファン同様、温度センサーを利用し、室温にあわせた風量に調節する機能が搭載されています。 風量がリズミカルに変化する「リズム運転」や、少しずつ風量が下がり2時間もしくは10時間で運転が停止する「おやすみ運転」も搭載。 日立「HSF-DS500B」 2. これ以降、羽根のないモデルといえば「エアマルチプライヤー」一択でしたが、2015年にパナソニックからも羽根のない「創風機 Q」が誕生しました。 羽根を回転させて送風するのではなく、気圧を利用し、吸い込んだ空気の何倍もの風を生み出すといった原理は同じです(そのための仕組みは各社で異なります)。 羽根がないから子どもが指を巻き込まれる心配もありませんし、掃除がしやすいのも魅力。 2-1. ダイソン「Dyson Pure Cool」 ダイソンの羽根のない扇風機は、さらなる快適を目指して多様なモデルがラインアップされています。 そのひとつが、空気清浄機と扇風機が合体した「Pure Cool」シリーズ。 PM0. 1レベルの微細な粒子を99. 95%キャッチできる「グラスHEPAフィルター」と、従来よりも活性炭を3倍に増やした「活性炭フィルター」が搭載されており、花粉やウイルス、ホルムアルデヒドをはじめとする有害ガスなどを取り除き、キレイな空気にして送風してくれます。 送風の仕組みは従来どおりで、ムラのない風は心地よさバツグン。 くわえて、空気の汚れを本体のディスプレイで確認も可能に。 従来モデル同様に、スマートフォンのアプリと連動して室内の空気の状態をチェックしたり、外から本体を操作をすることもできます。 「Dyson Pure Cool タワーファン(TP04)」(左)と「Dyson Pure Cool テーブルファン(DP04)」(右) 2-2. ダイソン「Dyson Pure Cool Me」 「Pure Cool」シリーズに新たに加わった「Dyson Pure Cool Me」は、テーブルファンより小さな羽根なしモデル。 卓上に置いて直接風を身体に当てて涼むのはもちろん、適用床面積7畳なので寝室や子ども部屋などで使うこともできます。 送風口がドーム状におおわれており、どのように風が出るのか不思議な感じがしますが、本体に吸い込まれた空気がドーム表面を沿うように左右から押し出され、中央で衝突。 その際に高い圧力が生じることで、風は前方にまっすぐ放出されるのだそう。 ドーム部分をスライドさせることで、送風の方向も変えられるようになっています。 他の「Pure Cool」シリーズ同様にPM0. 1レベルの粒子を99. 95%除去できる「グラスHEPAフィルター」も搭載されているので、送風される風はクリーン。 フィルターの寿命をディスプレイ表示でお知らする機能も装備されています。 ダイソン「Dyson Pure Cool Me(BP01)」 2-3. パナソニック「創風機 Q F-BP25T」 球形ボディに複数の穴が開いた「創風機 Q」ですが、風が出るのは真ん中にある穴のみ。 背面にある吸気口から空気を吸い込み、ファンで高圧化して送風すると、側面に設けられた6つの穴から空気が誘引されます。 その結果、吸い込まれた空気の約7倍まで増幅した空気が放出できるというのが「Q」が風を生み出す仕組み。 2015年に誕生した時と構造は変わっていませんが、新モデルには青とオレンジの光を放つLEDが装備されました。 首振りスタンドが付属しない「」もラインアップされています 3. 高コスパなACモーター搭載機の技ありモデル これまでの扇風機で不満はない。 微風ではなくガンガン風に当たりたい! という人は、価格の安いACモーター搭載機でOK。 しかし、その中にも送風具合を工夫したり、センサーを駆使するなどして快適さを追求しているモデルがあります。 そうしたプラスアルファのある人気モデルを紹介! 3-1. パナソニック「F-CT324」 流線型の7枚羽根から生まれる風は風速の変動幅が小さく、ACモーター搭載機ながらなめらかな風を浴びることができます。 パナソニック「F-CT324」.

次の

扇風機の効果的な使い方は?換気の方法や外に向ける時の条件は?

扇風機 の 風 を 冷たく する

もくじ• blog. fc2. html 扇風機なら、電気代は1ヶ月で500円くらいしかかからないので、お財布に優しい省エネが出来ますね。 普通の扇風機で、簡単に冷風を出す6つの方法をご紹介します。 blog. fc2. html 扇風機の後ろに保冷剤を置いて置くと、涼しい風が出てきます。 扇風機の前に置いてもいいのですが、それでは扇風機の風が妨げられるので効果が薄れます。 また、風に当たって保冷剤も早く溶けてしまいます。 ですから、保冷剤は扇風機の後ろに置くほうが長い間冷気を送ることができます。 また、保冷剤を使った別の方法もあります。 クーラーボックスに凍らせた保冷剤を入れたものを用意します。 これを箱ごと扇風機の前に置いておくと涼しくなります。 氷でもいいのですが、すぐに溶けるし補充するのも大変です。 保冷剤なら、溶けるまでの時間も氷より長く持つのでとても便利です。 クーラーボックスに入れるのは、保冷剤を少しでも長持ちさせるためです。 注意したいことは、日中閉めきったままの暑い部屋で、いきなり保冷剤を使用すると一気に溶け出してしまいます。 まず、窓やドアを開けて室内の熱い空気を外に出してからにしましょう。 blog. livedoor. jpg 扇風機の前に水を入れて凍らせたペットボトルを置くと涼しくなります。 ペットボトルは1本より2本、さらに多く置くと効果が大きくなります。 注意点は、ペットボトルに水を入れ過ぎないようにしましょう。 満タンにすると、膨張してペットボトルにヒビが入ることもあります。 2リットルの ペットボトルの8分目まで水を入れるのが適正です。 凍らせたペットボトルは水分がたれてくるので、洗面器などに入れて使用するようにしましょう。 寝る時に涼感がほしい人は、 ペットボトルをタオルで包んで枕元に置いても扇風機の風との相乗効果でかなり涼しいです。 ペットボトルは自分のより近くに置くと、ひんやりした風を感じることができます。 日中は、エアコンの温度を少し上げて扇風機でこうした方法を併用したり、カーテンを閉めるなどの工夫をすれば、快適な省エネにもつながりますね。 扇風機で冷風を出す方法3:濡れタオルを使う 外から帰ってきてム〜っとした部屋にこの方法でクールダウンできます。 扇風機に濡れタオルをかける方法は、一番てっとり早くできる方法です。 その時、タオルを扇風機の全面にかけても効果があまりありません。 正しいのは、タオルを濡らして扇風機の背面にかけたほうがより効果があります。 なぜなら、扇風機は、背面から風を取り込んでいるからです。 タオルに保冷剤を巻いておくと、さらに冷たい風になって気持ちいい風が送られてきます。 扇風機で冷風を出す方法4:氷柱花を使う ハッカ油の作り方 ・ハッカ油5滴 ・水90ml ・無水エタノール10ml ハッカ飴を食べた時にす~っとする、あの感じを体感できる方法です。 ドラッグストアで500円〜1000円くらいで売っているハッカ油に水とエタノールを混ぜた液をつくり、 自分の体にスプレーして扇風機にあたると、風が冷たく感じるほどに涼しくなれます。 ハッカはミントと同じ植物成分なので、夏用のスーッとするメントール入りのシャンプーとかにも入っているものです。 全体にスブレーする前に、ちょっと腕など部分的に試してみて、アレルギーなどチェックしてみるといいですね。 また病院などでもハッカ油を湿らせた蒸しタオルのことを「メンタ湿布」といいます。 なので、汗をかいたときなど、に濡れたタオルで体を拭くと涼しくなります。 ハッカ油も濡れタオルも、扇風機を使って自分の体を直接涼しくする方法として、蒸し暑い日などにはさっぱりとした涼感を感じることができます。 ただ、 注意点としては、 ハッカ油は風が冷たくなるわけではなく、皮膚の感じ方が変わるだけなので使い過ぎにはご注意ください! 扇風機で冷風を出す方法6:扇風機の風を天井に向ける 壁や天井に扇風機を向けておくと、直接扇風機の風が当たらないし、部屋の空気がずっと滞留しているので体感温度も下がります。 扇風機を当てる場所は、 天井の四隅あたりに向けるといい感じの風を感じることができます。 特に、寝ている時に扇風機の風が直接当たると、身体が芯まで冷えてしまって目が覚めてしまうことがありますが、この方法だと夜中に起きてしまうということもないですね。 扇風機で冷風を出す方法7:扇風機用の冷風を出すグッズを使う 扇風機+冷風の両方かなえてくれるのが「冷風機」です。 水が蒸発する際の気化熱を利用して空気を冷やして送風するというシステムです。 エアコンが苦手という人や、夜寝る時に長時間使用できるのでとても快適です。 水が気化する時に熱を奪いとる原理を利用した水冷式の扇風機が出ています。 暑い夏でも、水を入れるだけで部屋の空気が涼しくなります。 自然で爽やかな冷風を送るので、お年寄りや赤ちゃんのいる家庭には最適です。 水を入れて冷風を出すものと、水の代わりに保冷剤を入れてさらに冷たい風を出すタイプのものもあります。 消費電力は扇風機と同じくらいの40KWと少ないので、部屋全体を冷やすほどの効果はないかもしれませんが、気化熱の原理で室内の湿気を増やして、冷風に変えてくれます。 扇風機よりひんやり涼しく、風量や首振り機能も付いているのでエアコンより優しい冷風で、しかも省エネというなかなかのものです。 寝ている間、一日8時間使っても約9円位と電気代も気になりませんね。

次の