波よ聞いてくれ op。 波よ聞いてくれ:アニメの放送局・放送日はいつ?声優やキャストは?

【波よ聞いてくれ】4話 感想

波よ聞いてくれ op

講談社『アフターヌーン』にて大好評連載中の漫画『波よ聞いてくれ』。 北海道札幌市を舞台に、ひょんなことからラジオDJデビューする主人公・鼓田ミナレの奮闘劇です。 そんな『波よ聞いてくれ』は、2020年4月からTVアニメの放送が始まります。 それに先駆け、3月よりAIR-G'(FM北海道)では実際のラジオレギュラー番組がスタート! ミナレ役の杉山里穂さんがパーソナリティを務め、北海道や作品の魅力を発信していきます。 3月12日(木)の放送では、TVアニメのOPテーマを担当するtacicaがゲスト出演。 原作漫画や、今回アニメのために描き下ろした新曲について語りました。 〜」 第2回オンエア終了🌊🌊 次週もtacicaゲストです🎵 もしくは「namiyo air-g. まさに適任とも言える2人が、初めて原作漫画を読んだ印象を語りました。 猪狩さんは原作者・沙村先生のファンということで、かなり熱い思いを持っていたようで……。 猪狩:僕は沙村広明先生が大好きで。 今回に限らず、ずっと読んでいたので『波よ聞いてくれ』という新作が出ると聞いて読んだ時には、今までの作風を知っているとけっこう衝撃。 血が出ないから……。 杉山:そうですよね、人死なないですもんね。 今ちょうどアニメで『無限の住人』がやっていますけど、世界観違いすぎません?(笑)。 猪狩:同時に描いている作品(『ベアゲルター』)はそっち路線じゃないですか。 杉山:そうですね、エログロって感じですよね! 猪狩:本当は同時に読むと面白いです! 同じ人がこれを並行して描いてるっていうのが……ちょっと、漫画の話になると熱くなっちゃうんですけど……。 同時に読むのもすごく良いと思います! 一方、沙村先生の作品を初めて読んだという小西さんも印象を語りました。 小西:出てくる人物像がすごくリアルで、身近にいそうでいなかった人たちがけっこういるなって。 こういう人がいたらすごい面白いんだろうな……。 杉山:たとえばミナレとかが近くにいたら絶対面白そうですよね(笑)。 小西:友だちになりたい! すごく人を惹き付ける作品だなって思いました。 OPテーマが影響を受けた名シーンは? TVアニメのOPテーマとなっているtacicaの『aranami』。 今回のために描き下ろしたこの曲について、制作時に影響を受けた漫画のシーンが明かされました。 漫画でいうと3巻の初めの方に架空の光雄(主人公ミナレの元カレ)を成仏させるシーンがあるじゃないですか。 それが「後悔だって? そんなもん毎日毎時毎分してる 息をするように後悔……」、「後悔したという事を後悔してるわけじゃないから」っていうセリフがある、僕のすごく好きなシーンなので、そんなイメージです。 杉山:なるほど! カッコイイ! 私もそこのシーンすごく好きです! 猪狩:ここめちゃくちゃ良くて……すごいんですよ! このシーンめちゃくちゃすごいので、ぜひ(笑)。 曲のラストを飾る歌詞には、以前ラジオでもゲリラ放送した名シーンにインスピレーションを受けたそう。 曲のメロディについてのお話でも、原作への熱い思いが垣間見えました。 猪狩:『波を聴いてくれ』のこの曲に関しては、思い入れがある分何曲もできたわけではなくて、まさにこの1曲しか書いてないです。 なので、もうその情熱だけですね! OPテーマのタイトル『aranami』に隠された「ミナレ」愛! また、『aranami』というタイトルを付けた裏話も紹介されました。 僕自身も北海道に生まれながらなかなか知らないなと思って、最近自分でもアイヌのことを調べていて。 もちろん主人公の名前ではあるけど、言葉の意味も踏まえて使いたいなと思って、「ミナレ」から『aranami』を取っていて……。 杉山:あっ、えっ「ミナレ」の名前からってことですか? 猪狩:僕、最初作っているときに(仮タイトルで)「荒波」を漢字表記で書いていて、それを「あらなみ」と読まずに「あれなみ」と読んで、それを逆から読むと、「ミナレ」になるみたいな。 杉山:えー知らなかった! なるほど!! 曲の歌詞からタイトルまで、作品への深い思い入れ詰まったOPテーマ曲『aranami』。 今回は、tacicaの作品に対する熱い思いが伝わる放送でした! tacicaは次週、3月19日(木)の放送にも引き続き出演が決定! この収録日に撮影したというMVについてなど、まだまだOPテーマ曲や『波よ聞いてくれ』について語ります。 ぜひお楽しみに!.

次の

波よ聞いてくれで『kimimachi』が話題に!

波よ聞いてくれ op

あれは沖さんのとんでもないバックストーリーだったな。 かわいそうな彼はただスラブ系の彼女と一線を越えたかっただけなのに、悲劇で終わってしまった。 ちょっとざっくりと予想をすると、律子はおそらくただ彼の元から去っただけで、日本のどこかに住んでるんじゃないかな。 とにかく!沖さんの苦しみの原因が判明し、そしてそれはミナレのマトン肉のせいだったっていうのは完璧なオチだったよ!あれはクッソ面白くて、ミナレが白状してるときマジで拍手しちゃったよ! でも、オレはミナレが早まったことをしたことはあんまり責められないけどね!あの肉を床下収納庫に置いたままにして忘れてたのは彼女の責任だけど、もしオレが隣人の部屋の天井に上がって同じものを見たら、オレも警察を呼ぶだろうな! 少なくとも彼は彼女を許したね。 そしてミナレは今は瑞穂と住んでるから、ミナレが彼に迷惑をかけるのはこれが最後だって願ってるよ。 それか、少なくともそうであってほしいよ。 彼女が沖さんが告訴しないってわかったときの安心して机の上に崩れたの好きだな。 ラジオのキャリアの公式なスタートとしては、なんてスタートだよ!w 追記として:愛のコリーダが出てきたのには驚いたよ。 あの映画はオレが大学でアートフィルムをとってた時に見たんだけど、亀で映画の一部を説明してたけど、実際はあんなもんよりめちゃくちゃヤバイよ。 マジで。

次の

漫画『波よ聞いてくれ』のラジオ番組がスタート! アニメOPテーマを歌うtacicaが作品愛を熱く語る!

波よ聞いてくれ op

感想 「無限の住人」の沙村広明原作。 北海道のラジオ局に勤める人達を描いたお仕事コメディ作品。 キャラは立っているしギャグも面白い。 道民あるあるもたぶん入っているんだろう(関西出身の私には分からんが)。 一話一話はテンション高く、スピード感もあって厭きないが、 だんだんゴールに向かっている感が見えなくなってきて後半失速する。 カンフル剤の新キャラも不発だった。 最終話は正直「これで着地かよ…」とがっかりした。 目標達成とか救済とかあるいは絶望とかそういったものは皆無。 なんか 主人公みなれがかわいそうな気がしてくる。 コロナ渦での完走には頭が下がるが、視聴後の消化不良感が残る惜しい作品。 【広告】.

次の