駿台 予備校 お茶の水。 駿台予備校お茶の水に3年間通ってみた感想とガチ口コミ

【大学受験】駿台 お茶の水校の評判・基本情報!料金や開館時間を紹介

駿台 予備校 お茶の水

駿台予備校御茶ノ水校ってどうよ? ちなみに私は都内の進学校と言われる学校に通っていました。 高2にもなると、ちらほら予備校に通う友達もでてきて 東大志望の友達は駿台を選ぶ傾向にありました。 三大予備校の中では駿台はレベルは一番高いと思います。 というか、 東大、国立志望なら駿台! って感じですね。 親が話してましたが全体の保護者会なども東大合格には、という話しが多かったようです。 まず、現役浪人を分ける前に駿台全体のことを書きます。 ・最強講師陣 駿台は何といっても講師陣がいいです。 密度の濃い授業で学校の授業とは比べ物になりません。 (そりゃもちろん学校にもよりますが) 特にお茶の水三号館の先生方の講義は 論理的で、物事を根本から理解させて くれます。 公式の使い方や、小手先のテクニックといったことではなく、 その公式の背景に何があるのか、どういった考え方でこの公式が生まれたのか、 などなど、テストで点が取れることだけの勉強でなく、学問として教えていただけるのが 本当に良いと思います。 私の恩師は授業中にこう言っていました。 「入学試験なんだから、大学に入った後に困らない勉強をせにゃあいかん。 」 まさにその通りだと思います。 苦労して大学に入ってもその後の授業が 全くわかんないのでは意味がないですよね。 (有名大学に入れば、後は遊びたいという ことだけを考えている人は、小手先の勉強をしてぺらっぺらの人生を歩めばよいのです。 ) それに勉強は理解してできるようになればものすごく楽しいです。 そういった勉強の楽しみを教えてくれるのも濃厚な授業ができる講師の先生方の力量だと思います。 ちなみに・・・ 河合塾の単価授業を受けたことがあるんですが、三時間の問題解説の 時間がものすごく退屈で、解答を読めばわかるようなこといつまでもだらだらと やっていました。 駿台の先生と比較してしまいますが、あれが授業なの?と思うほどでした。 それが河合塾の看板教師の一人ということで驚きました。 河合塾は文系の講師は評判はいいようですが、理系はおすすめできない ですね。 ・座席指定制、自習室 次にシステム的なことです。 駿台は座席指定制になっていて他塾のように毎回自分の席を選ば なければいけないといったわずらわしさは皆無です。 実際、授業のたびに自分で席を選ぶことってなかなか大変ですし、こういった細やかな配慮はありがたかったです。 あとおすすめは 自習室はかなり良い環境だと思います。 駿台の自習室には二つのタイプがあります。 開放教室と専用教室です。 開放教室は普段は授業で使う空いてる教室を自習室として開放しているものです。 広いとこで勉強したいひとむけですね。 専用自習室と比べると周りの受験生に自分の勉強姿をさらしているような 感じなので、周りの受験生がいい監視役になってくれるような気がしますね。 (まあ、みんな自分の勉強に夢中で私のことなんか誰もみていないのですが…笑) 次に専用自習室ですが、これは自習室専用の部屋に 少し大きめの机が広がっている自習室です。 とにかく静かで緊張感が凄いです。 慣れてくれば心地よいのですが、慣れるまでは息をするにも気を使うような部屋です。 しかし、それだけ静かな分、勉強の気を散らすものは存在しないです。 どちらの自習室を使うかは好みですが、どちらのタイプでもまわりの受験生の気迫が すごくて、勉強せずにはいられない環境がよかったです。 今までは学校の図書館を利用していましたが、駿台の緊迫した自習室は 授業がない日も通ったものです。 また、お茶の水には、一号館、二号館、三号館、八号館 の四つの校舎があって、駿台生であればどこの校舎でも自習室を利用することができます。 それぞれに(若干ですが)雰囲気が変わってくるので私も気分転換を兼ねて、よくいろんな自習室を転々としていました。 ちなみに、3号館の銀杏自習室は席間が広くて環境がよくて 一番人気の自習室です。 私もとても気に入ってましたが、人気ゆえにすぐうまってしまう 自習室でもありました。 ・立地(?) またこれは駿台自体には何の関係もないことですが、駿台御茶ノ水のあたり は明治大学のリバティタワーがあるいわゆる学生街です。 美味しいラーメン屋さんや、有名な豚丼屋さんなど安く食事ができる ところが多く、駿台帰りに友達と約束してご飯を食べに行ったり、 お昼ご飯を食べに行ったりもしていました。 あの辺にあるお店は全部一回は行ったことがあるといっても過言ではないですね。 いまでは楽しかった思い出の一つです。 (そのせいで受験期間中の私の体重は激増したんですが、 それはまた別の話) ちなみに「豚野郎」というお店の豚丼は是非食べていただきたいです。 安くてすごくおいしいんですよ。 駿台から歩いて5分程度のところにあります。 駿台の現役生ってどんな感じ?(現役フロンティア) では、ここから、現役生からみた駿台について少し話そうかなと思います。 現役生は平日、六時から九時までの授業です。 (五時からのものもあります) 学校の後に行く感じですね。 スポンサーリンク 学校で勉強して駿台でも勉強して、家に着くのは大体10時です。 まあ、そのころにはつかれきってて、ご飯食べて爆睡って感じの1日です。 授業は科目ごとに分かれていて、クラスがSa、S、Hの三つに分かれています。 学力別でテストの成績によって決められます。 ちなみに私はSaでしたが、偏差値65以上の高校 はSaといった感じでした。 ちなみに偏差値62の高校の友達はSaは落ちたと話してました。 一概には言えませんが、国立早慶レベルを目指すならSa,でGMARCHIだと Sといった感じでしょうか。 そこら辺の詳しい説明は、駿台公式HPでどうぞ。 現役生からすると少し駿台はアウェイなように感じます。 浪人生の数もそうですが、圧倒的な存在感の大きさの所以では ないでしょうか。 これも慣れの問題だとはおもうのですが、フロンティアホール(休憩所)も 浪人生が多くいて、なかなか落ち着く環境ではないです。 正直、初めのうちは浪人生が怖いというのが正直な感想です。 といっても何かされたわけではないのですが、浪人生同士で固まって 話していることが多かったので1人でいる私にとっては 勝手に威圧感を感じていたのかもしれないですね。 私も駿台でお昼ご飯を食べるのが怖くて、外に食べに行くか、休日は 昼から行くかでした。 さすがに今考えると気に過ぎだったような気もしますね。 浪人生は現役生のことなんか全く気にも留めていないですからね。 1人でも、フロンティアホールでご飯を食べている人もかなりいますし、 これは私が自意識過剰なだけかとおもいます。 駿台の費用って? 駿台は3大予備校の中では一番費用が高いです。 駿台>河合>東進 って感じです。 駿台の高卒生クラスの場合だと、大体年間100万程度かかります。 それ以外に夏期講習と冬期講習などはこの金額とは別にかかります。 大体1講座20000円程度で、平均で夏期講習と冬期講習で30万 かかると考えておけばいいと思います。 つまり 年間130万程度ですね。 テキスト代などは含まれていますので、それ以外にかかることはないですよ。 でも予備校ってかかりますよね~。 なんであんな大きい教室で大人数教えているのに、1人の学費があんなにかかるんだか。。。 質問などもあまりできる環境ではないし、大人数で教えられることに不安がある方だったら、 とかいいですよ。 かの有名な Z会がやっているんですが、全ていいとこどりしたらこういう形になったというシステムです。 添削とマンツーマンのオンラインのマンツーマンの指導が受けられるというシステムです。 とにかく無駄がない。 難関大を目指すためのシステムになっていますが、わからないところはマンツーマンで聞いてあとは自分でテキストなどをこなして いけるので、自分のペースでグングン進めていける感じがいいと思います。 価格もとても安いですので駿台などの予備校が遠い、という方にも最適だと思います。 正直通学だけでも疲れてしまいますからね。 駿台予備校の高卒生ってどんな感じ?(駿台浪人生) では、浪人生視点で少し話をします。 ちなみに私は現役のころは慶應は合格して、早稲田は失敗。 かなり悩んだんですけど、やはりずっと希望していた国立 にまた挑戦しよう思いました。 高卒は先ほどの現役生とは打ってかわってめちゃめちゃアットホームです。 (個人差はあります)全然塾という感じではなく、学校ですね。 担任という管理職もありますし、ロングホームルーム もあります。 先生に質問に行くのも現役の時よりはるかに気楽でしたし、 受験で不安になったらアドバイザーなどが親身になって話してくださいます。 しかも、クラス制度でみんなで同じ授業を受けるんです。 これは現役の時では考えられませんでした。 ただ、そのぶん、受けたくもない授業があったりして、友達と一緒にさぼってました。 さぼるといっても自習室へ行って自分の好きな科目の勉強をします。 さすがに浪人で授業さぼって遊ぶほどのメンタルはないですね…笑 とにかく友達もできる環境ですし、みんな自分と同じレベルなので、 何もストレスを感じることなく勉強できました。 駿台の高卒生は一番上のクラスだと、私のように早慶は合格したけど 東大に失敗したから、という人が多いので学力も4月の時点で かなりある人ばかりでした。 他の予備校だと浪人生のレベルの差がかなりあるみたいですね。 なので授業も飽きてしまうというような話を友達から聞きました。 あと、鉄緑会で現役で東大失敗した人が駿台の御茶ノ水や市ヶ谷の上位クラス に来るという傾向もあります。 その場合駿台からそのままあがってきた高卒生と鉄緑会とで ちょっとした派閥みたいなものもあったりします。 学力がある浪人生にとっては駿台はいいと思います。 駿台のスタッフについて 決まりがしっかりし過ぎているせいか、一度生徒証を忘れて自習室に行ったら 生徒証がないとダメと帰らされたことがあります。 忘れる自分がいけないのですが、そのくらい。。。 という 気持ちはありましたね。 組織が大きいので決まりに忠実なところはちょくちょくあって、 面倒だなと思うことは多々ありました。 まとめ 私の率直な感想ですが、やはり駿台に行っててストレスフリーで勉強 できたのは、高卒ですね。 何より楽しかったですし、成績もちゃんと伸びました。 私の二つ目の母校といえるくらいです。 ただ、現役生からすると少し窮屈なところもあるかもしれません。 でも、アドバイザーやクラスリーダーという 生徒たちの面倒を見てくださる方は、優しく親身になってくださいます。 勉強面からそれた話が多くなってしまいましたが、駿台は言うまでもなく 勉強する環境として必要なものがすべてそろっています。 駿台でちゃんと勉強すればいくらでも成績は伸ばせると思います。 (もちろん本人にやるきがあればですが。 ) 駿台をべた褒めする形になってしまいましたが、私は心から駿台に通ってよかったと思います。 勉強をするだけなら近くの図書館でもよいのですが、駿台は人間的な成長もさせてくれる 場所だと思います。 公式の使い方や受験の小手先のテクニックを教えるだけの授業をしている 予備校も多いと聞きます。 公式はどうしてこうなのか?をしっかりと教えてくれたレベルの高い 講師のいる駿台予備校に通ってよかったと思っています。

次の

駿台予備校【お茶の水校】の大学受験予備校としての評判・特徴・ランキングは?

駿台 予備校 お茶の水

駿台予備校 お茶の水校の特徴 駿台予備校は主に全国の難関国立大学である東京大学や京都大学をはじめ、医学部受験のための予備校です。 駿台予備校はその合格実績から大学受験予備校として受験生の間でも圧倒的認知度を誇っており、駿台が主催の駿台模試はほぼすべての受験生が受ける大学受験模試です。 駿台予備校では、学年によって大きく2つのコースに分かれており、現役高校生・中学生のための現役フロンティアコース、既卒生のための高卒クラスがあり、生徒一人一人に合ったコースと指導方法で志望校合格に導きます。 駿台予備校 お茶の水校の授業形態・対象学年は? 授業形態 駿台予備校 お茶の水校では集団授業、個別指導を行っています。 対象学年 浪人 高校生 中学生 に対応しています。 費用・授業料 学年、コースによって費用・授業料は異なります。 詳しくはで。 駿台の市ヶ谷校舎といえば医学部受験で有名で、合格実績もよかったので選びました。 駿台市ヶ谷校の良いところは、自習室などの学習環境が整っていること、周りに進学校出身の優秀な人が多いので勉強の励みになること、医学部受験に特化した授業があることです。 開成高校や桜蔭高校といった日本でトップの進学校出身の人が多く、勉強になることがたくさんありました。 このように環境面では最高だと思います。 一方で、悪い点もあります。 それは人数が多いため教室が狭いことと基本的に放置されるため自分で勉強しなくてはいけないことです。 市ヶ谷校舎は人数が多く机も狭いため、なかなかストレスでした。 また、勉強面もサポートがあるわけではないので、放課後自習室に残って自分で勉強する必要があります。 1年間長いとは思いますが、継続して頑張る体力が必要です。 テキストが凄く良質 現役で全て落ちたので、駿台予備校に行きました。 入学試験がありましたが、基本問題が多かったので、東大コースの上の方のクラスになりました。 はじめの方の模試の成績は、自分は現役では勉強量が足りなかったので、予備校に通って能力が上がったのと、現役生よりは有利だったので、東大合格レベルまで上がりました。 その後はやはり素質の差で下降傾向になりましたが、当初の目標の東工大合格を果たしました。 予備校のテキストは、薄いのですが、要点がまとまっていて良くできていてました。 また、受験に良く出る問題を抽出していました。 なので、きちんと勉強すれば、テストの成績は伸びるし、合格の近道だと思います。 浪人は良くないですが、もしそうなったら、お薦めする予備校です。 本気で合格を目指すなら駿台予備校の『スーパー』と名の付くクラスに入ろう! まず僕は九州大学の工学部に入ることを志していました。 当然理系であり、さらに言えば九州大学は難関であったために、『とにかくレベルが高い』と言われている駿台予備校に入りました。 入ってみて感じた駿台予備校の特徴は ・授業のレベルの高さ ・質問にほぼ確実に答えてくれる講師陣のレベルの高さおよび教育への真摯さ が他の予備校よりも圧倒的に秀でているというところです。 講義の無い昼休みになれば毎日のように、講師室入口から廊下まで質問をするために集まった生徒の列ができます。 ただし言い換えればレベルも志も高い生徒が集まるために、受け身でなんとなく予備校に通うタイプの生徒だと居心地の悪さを感じるでしょう。 あとは気をつけるべきはコースの選定です。 『ハイレベル』や『スーパー』がありますが、絶対に『スーパー』を希望するべきだということです。 ハッキリ言って『ハイレベル』のクラスはやる気のない生徒の割合が非常に高いです。 学費も特に変わらないのにこの環境の劣悪さは深刻です。 よって本気で志望大学に合格したいのであれば『スーパー』と名の付くクラスに何としても潜り込み、そして不断の努力を続けましょう。 そうすればきっと学力は向上します。 安心して通える予備校 私は家の事情で都立の定時制高校に通っており、充分な進路選択や受験勉強をできなかったこともあり、現役で大学に合格することができずに、浪人することになってしまいました。 その際、家から一番通いやすく、評判の良かった駿台予備学校に通うことにしました。 在籍のコースはスーパー早慶上智コースで、朝から夕方まで、授業がありました。 私は非常に不安症なところがあるので、座席の確保や周りの環境などそのようなことですぐに気持ちが動揺してしまいます。 駿台予備学校はしっかりと座席は指定されていて、自習室も指定される感じだったので、安心出来ました。 一番駿台予備学校に通って良かったと思うことは、英語に対する考え方が変えられたことです。 私は英語が本当に苦手で偏差値も30くらいでしたが、素晴らしい英語の先生に出会い、偏差値も上げられて、英語が得意だと思えるようになりました。 英語だけではなく、駿台予備学校の講師の方々は素晴らしい方が多いので、本当に通って良かったと思います。 このように、素晴らしい先生方のおかげで学力が上がったことや、担任の先生からの手厚いサポートもあり、当初希望していた上智大学ではありませんでしたが、自分の昔の偏差値からは到底受からなかったような、六大学に合格できたので、駿台予備学校には非常に感謝しております。 駿台予備校市谷校舎 現役で医学部受験をしましたが不合格となり、浪人することになったため、1年間お世話になりました。 医学部受験専門だけあって、医学部受験ならではの情報やサポートも充実しています。 他の校舎よりも多浪生の割合は高めで、再受験の方もいます。 4月に受けたテストの成績によって前期のクラスが決まり、後期は摸試の成績によってクラス替えがあるので、勉強のモチベーションを保てるようになっています。 市谷校舎にはTA(大学生に質問でき、専用の自習室を使える制度)がないので、TAを希望する人は他の校舎をお勧めします。 市谷校舎は駿台予備校の中でもトップの講師が授業を担当しており、授業はとても面白いです。 テキストのレベルが高く、授業も密度が濃いので、予習復習と疑問をすぐに解決することが大切です。 私は結局、理系科目が苦手だったため医学部には合格できませんでしたが、英語、国語、生物などの得意科目はセンター利用で文転できる得点をとれるくらい伸びました。 一流講師の授業を受ける中で自分の興味関心に向き合うことができ、医学部以外の学部も受験する人はいるので、医学部を目指す人はもちろん、医学部以外を目指す理系の人にも検討をお勧めします。 苦手科目の克服に最適 高校の授業が遅く、入試問題に太刀打ちできないと思い、予備校で英語と数学だけ受講しました。 高3の4月頃から入試の頃まで9ヶ月ほど通いました。 良かった点は、自分でできない英語の長文対策や英作文の添削、苦手な数学の解き方のコツや大事なポイントを学べた点です。 悪かった点は受講料が高い点です。 どの予備校も同じくらいですが。 理系に強いと聞いていた通り、理数系科目は面白くてわかりやすい先生が揃っていましたが、文系科目の先生も良かったです。 結果的に、苦手な数学でセンターはほぼ満点を獲得し、余裕で志望校に合格できました。 これから入ろうとしている方は、受講科目をよく考えてから入るといいと思います。 やはり受講料は高いですし、あまり受けすぎても課題が追いつきません。 苦手な科目や重視したい科目に絞って二科目くらいが丁度良いと思います。 駿台の先生は非常にわかりやすいので、真面目に授業を受けて、駿台のテキストをやり込めばかなり点数は伸びるはずです。 モチベーションを維持できて第1志望校に受かりました 高校3年時から卒業までの1年間通っていました。 どちらかというと高いレベルの学力の子が通う予備校というイメージで、うちの子供はついて行けるのかという不安がありました。 ですが担当のアドバイザーにもついて頂き、親のみでお話を聞かせて頂く機会もいろいろ設けられていて信頼できる予備校と言うイメージが高まりました。 ただ模擬試験が難しすぎた様で合否判定はいつも厳しい結果ばかりで親子共々凹みかけていた時期もありました。 しかし忍耐強くテキストでコツコツ勉強を続けて最終的には第1志望に合格できることができました。 講義時間以外でも自習室で自由に勉強できたため、入試まで緊迫感やモチベーションを保てた様です。 この予備校に通って良かったなと親共々感謝しています。 家から自転車で通えること 予備校に通い始めたきっかけは薬剤師になりたいという夢ができたことから大学に進学する道が自動的に選択され、高校が進学校という感じでもなかったので必然的に予備校に通うことになりました。 部活を熱心にやっていたので通ったのは一年半くらい。 予備校に入るときにテストがありますのである程度のレベルが必要で大変でもありますが安心にもつながります。 授業以外によく自習室を利用していました。 同じ環境でみんな勉強していることと、他の誘惑がないから勉強がはかどったようです。 先生以外にも指導員の方がいらして勉強のやり方に行き詰ったときや進学校と今の自分のレベルについてなどアドバイスをいただけて そのおかげで大分気持ちの持ち方が変わったようです。 後はかなり夜遅くまで毎日予備校を利用するので自宅から無理なく通える範囲で選ぶことも重要ではないでしょうか? 仲良しクラブでは無い 一人息子が大学受験の為に自分で選んだ予備校です。 約一年間通いました。 本人は、県でトップクラスの高校に進んで、高校での成績もトップクラスだったのですが、 目標の大学のレベルが高いので、簡単に合格する自信は無かったようでした。 自習室があり、スキマ時間でも利用できたようです。 講義のない日でも、家にいるよりは充実すると言って通っていました。 学科と教師を選べるのも良かったと思います。 成績優秀者には教科の授業料が免除される制度もあって、最後の頃はほとんど授業料もかからなかったようです。 所属していた生徒会の都合で通えなかった時には、何度もカウンセラーの方から連絡を頂きました。 ひとりひとりの状況にあった指導をして頂いたと思います。 自分の弱点を強化しようと思っているお子様にはお勧めします。 口コミ数 2件 関連する記事• 2019. 12 「学びをナビする」というモットーを掲げる河合塾マスナビは、厳選された高品質の映像授業が受けられるイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか[…]• 2019. 08 野田クルゼは全国でも有数の医学部、歯学部、薬学部などの医療系学部の合格を目指すための大学受験専門予備校です。 今回はそんな野田クルゼの御茶ノ水校について[…]• 2019. 12 東進は衛星予備校として高い人気を誇っており、数多くの有名講師が多く在籍する大手予備校の一つです。 ここでは、そんな東進のなかでも東進リーダー塾に選定され[…]• 2019. 12 増田塾は独自のカリキュラムと私大文系専門予備校だからできる対策で、受験生を全国でも有数の難関私大文系学部への合格へと導きます。 そんな増田塾の御茶ノ水校[…]• 2019. 12 四谷大塚は、小学校1年生~6年生までを対象とした学習塾です。 将来社会に出てから世界に貢献できる人材を育成することを目標として、日々指導しています。 この[…].

次の

駿台予備学校

駿台 予備校 お茶の水

電話番号 0120-34-2418 住所 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町15-14 フジビル40 5階 最寄駅 JR中央線・総武線 東京メトロ丸の内線 御茶ノ水駅 徒歩3分 東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅B1出口 徒歩3分 対象 高校1〜3年生、既卒生 指導形態 集団指導 コース 大学受験、難関大受験、AO・推薦入試、夏期・冬期講習 塾のタイプ 塾・予備校 受付時間 月曜日~土曜日:10:00~19:00 自習室 開館時間 現在調査中のため、情報がありません。 その他 駅から徒歩5分 駐輪場 コンビニ・カフェ近く 自習室 入退館管理システム 寮 夏期・冬期講習 授業後のフォロー 定期テスト対策 チューター 独自模試 振替授業可 説明会・見学可 入塾試験 特待生制度 合格保証制度 駿台は、大規模な校舎を展開する東大・京大・医学部合格実績No. 1の駿台予備学校グループのひとつです。 コースには、現役生対象の現役フロンティアコースや、既卒生を対象としたコースがあります。 その他にも、専門分野に特化した教育事業を運営。 都内トップ校の高校生を対象とした指定校制塾「東大進学塾エミール」や、民間としては日本で最多の国際数学オリンピックメダリストを輩出している「駿台英才セミナー」などを行っています。 英語4技能に対応したバイリンガルインストラクター、駿台出身の現役大学生によるクラスリーダー、進路受験指導のプロである進路アドバイザーなど、サポート面にも力を入れていますよ。 難易度の高い全国模試でも知られている通り、駿台なら高い質とレベルの授業を受け、ハイレベルな生徒たちと切磋琢磨することが可能です。 「駿台」の正式名称は「駿台予備学校」です。 河合塾、代々木ゼミナールと並んで三大予備校と教育業界において称されており、「第一志望は、ゆずれない」をキャッチコピーとしています。 コースは、中・高生が通う「現役フロンティア」と既卒生が通う「高卒クラス」に分かれています。 授業は、人の集中力の持続平均時間といわれる50分制です。 学校の授業や部活などが終わる時間によって不公平が生まれないように座席指定制となっており、定期的に席替えを行っています。 「現役フロンティア」では、一人ひとりのサポートを重視する「担任サポートシステム」を採用。 講師、バイリンガル・インストラクター、進路アドバイザー、クラスリーダーがスクラムを組んできめ細やかな指導を行います。 「高卒クラス」は授業を行う講師に加え、受験指導を担うクラス担任・副担任、個別指導を行うティーチングアドバイザーが連携して指導にあたります。 また、保護者との連携を大切にしており、年3~4回の保護者会や定期的な三者面談を実施。 「駿台生マイページ」では、インターネット上で出席状況や模試の成績表などが共有できるようになっています。 一人の生徒に対してさまざまなプロフェッショナルがサポートしてくれる、大手ならではの強みがあります。

次の