香坂 き の 歌。 風宮まつりと香坂美充がカラオケパセラ「第2回・歌うまキッズYouTuberコンテスト」宣伝大使に任命!歌うまキッズと大会を盛り上げるぞ!|Vtuber Post

香坂みゆき KIRARI 歌詞&動画視聴

香坂 き の 歌

人物・略歴 [ ]• 3歳の時、としてデビュー。 小学生時代は、の表紙を飾っていた(本名の「 彦坂みゆき」名義)。 、人気ラジオ番組『』がテレビ化された際、マスコットガールとして起用され、茶の間の人気者となる。 、14歳の時にから歌手デビュー(それから10年後にへ移籍)。 、女優としてテレビドラマにもレギュラー出演するようになる。 「香坂美幸」「香坂未幸」名義で活動していた時期もある。 1980年代には雑誌にてを披露したこともある。 、通算17枚目の「」が・秋のに採用されたのを機に、自身最大のヒット曲となった。 ヘアメイクアーティストのと結婚したが、に離婚。 のと再婚。 長男を出産。 次男を出産。 歌手デビュー40周年を記念して《Miyuki 40th Anniversary LIVE》を10月14日BIRD LAND 六本木で開催。 愛らしい顔立ちからちゃんと呼ばれた。 音楽 [ ] シングル [ ]• 発売元は、1〜19が、20,21がとなっている。 発売日 A面 B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 型番 1970年代 1 4月21日 A 面 愛の芽ばえ DR-6095 B 面 時々 妖精のように 2 1977年 8月1日 A 面 初恋宣言 松本隆 DR-6130 B 面 青い芽 穂口雄右 3 1977年 10月21日 A 面 青春舗道 DR-6157 B 面 マリオネット キューティー 4 2月1日 A 面 まわれ恋の風車 杉山政美 都倉俊一 DR-6178 B 面 陽だまりの恋 5 1978年 5月1日 A 面 危険な予感 杉山政美 都倉俊一 DR-6208 B 面 ムーンライト急行 都倉俊一 6 1978年 8月1日 A 面 グッバイ・サマー 松本隆 馬飼野康二 DR-6225 B 面 たそがれカフェ・テラス 7 1978年 11月1日 A 面 DR-6265 B 面 乾杯シンデレラ 筒美京平 8 5月1日 A 面 愛なき子 DR-6307 B 面 黄昏ストリート 川上了 1980年代 9 2月1日 A 面 KIRARI DR-6392 B 面 Falling night falling love 伊藤薫 佐藤準 10 1980年 12月5日 A 面 流れ星 7DX1024 B 面 Green Life 伊藤薫 佐藤準 11 6月1日 A 面 気分をかえて 7DX1103 B 面 サマー・ブリーズ 阿里そのみ 12 2月1日 A 面 乾いた花 大村雅朗 7DX1155 B 面 さり気なく 何気なく 伊藤薫 藤田大土 13 1982年 8月25日 A 面 レイラ 伊藤薫 藤田大土 7DX1188 B 面 フィーユ(娼婦) 14 5月1日 A 面 ル・ジタン 7DX1231 B 面 Get Back Tokyo 伊藤薫 15 1983年 11月1日 A 面 東京が好き 7DX1267 B 面 Game is over 伊藤薫 後藤次利 16 4月1日 A 面 サヨナラの鐘 山崎ハコ 佐藤準 7DX1283 B 面 Tokyo Shadow 岩沢葎 後藤次利 17 1984年 8月1日 A 面 7DX1325 B 面 言えるあてないI love you 佐藤準 18 2月25日 A 面 昨日より抱きしめて 松本隆 7DX1355 B 面 夢で会えたら 前川由佳 19 1985年 9月1日 A 面 HORIZON 安藤芳彦 7DX1389 B 面 危険な関係 中山恵子 20 4月29日 A 面 25時の週末 7K-257 B 面 哀しい恋 ものみまむ 21 11月21日 A 面 神無月にかこまれて SAM-91 (EP盤) FLDW-09007 (8cmシングル) B 面 THIS IS MY NIGHT TO CRY オリジナル・アルバム [ ]• KIRARI - 作詞・作曲:• ラッキー・デイ - 作詞:、作曲:• 私が宇宙船に乗った時の話 - 作詞・作曲:伊藤薫• サンデー・モーニング・レイン - 作詞:、作曲:• 乾杯シンデレラ - 作詞:、作曲:• Falling night falling love - 作詞:伊藤薫、作曲:• 放課後のギャル - 作詞:さがらよしあき、作曲:小杉保夫• さよならを教えて - 作詞:竜真知子、作曲:• 愛よおやすみ - 作詞:ちあき哲也、作曲:筒美京平• シルバー・レイン - 作詞:竜真知子、作曲:高田弘• パステル・シーズン - 作詞:竜真知子、作曲:馬飼野康二• サヨナラ渚 - 作詞・作曲:伊藤薫• クリスティーヌ - 作詞:、作曲:• さりげなく 何気なく - 作詞・作曲:• Merry-Andrew - 作詞:、作曲:• ラストダンス - 作詞:、作曲:• 気分をかえて - 作詞・作曲:• Tokyo Magic Town - 作詞:伊藤薫・香坂みゆき、作曲:• サマー・ブリーズ - 作詞:、作曲:• アバンチュール - 作詞・作曲:山崎ハコ• 乾いた花 - 作詞:、作曲:• Right away(今すぐに) - 作詞・作曲:伊藤薫• 「Cry BABY」(1982年10月25日)• 「SELFISH」(1983年9月)• 「JET LAG」(1984年10月1日)• 「FAIRWAY」(1985年9月25日)• 「ヌーヴェルアドレッセ」(1987年10月21日)• 「ラ・ヴィ・ナテュレル」(1988年7月6日) カバー・アルバム [ ]• カントス1(1991年4月21日)• カントス2(1991年6月21日)• カントス3(1991年8月21日) ベスト・アルバム [ ]• 香坂みゆき ベストセレクション(1984年12月1日)• 香坂みゆき スーパーバリュー(2001年12月19日)• 香坂みゆき シングル・コレクション(2003年11月26日) CD-BOX [ ]• 77-91 ぼくらのベスト 香坂みゆき CD-BOX(2002年11月20日) - 5枚組 ゲスト参加 [ ]• 時の旅人(2014年9月24日) - 「あなたとラブ・レイン」 出演 [ ] 情報・バラエティ番組 [ ]• (系)• サンデーズ()• (1979年、制作・系放映) - 司会• 香坂みゆきの週刊デンカ. TV(、、)• LaLa女性外来() - ナビゲーター• MY JAPAN() - キャスター• (TBS)• (テレビ朝日系) - 火曜日コメンテーター• (テレビ東京) - 司会• (テレビ東京) - 司会 テレビドラマ [ ]• (1978年、)第715話 - 第735話レギュラー・おゆき• (1978年、NTV)• かくれんぼ(1981年、NTV)• 新宿ララバイ(1983年10月~12月、)• (1984年1月9日 - 3月26日、NTV)• 第2話「レオタードに泣け! カネボウヒューマンSP4「こぶしの花 早春鎮魂歌」(1984年2月15日、NTV)• (1984年、TBS)• 第12話「さらば極道情け節」(1984年6月23日、テレビ東京) - お軽• 「」(1985年9月18日、)• (KTV)• 「春山課長三十六歳 悪妻弁当に感謝」(1985年5月12日)• 「春山課長三十六歳 日米決戦!? ホームパーティ」(1985年12月15日)• 「春山課長三十六歳 学べ、熟女の監督学」(1986年1月26日)• 「 第44弾 清とベンガラの花嫁」(1990年11月18日)• (NTV)• 「偽りの心中」(1985年5月14日)• 「」(1986年6月10日)• 「サンタクロース殺人事件」(1990年12月25日)• 「京都大原殺人街道」(1991年5月28日)• 「(10)」(2000年)• 「他人家族」(1985年5月30日、YTV)• (1985、NTV)• (1986年、TBS)• 「」(1986年2月21日、CX)• 遊び上手(1986年4月2日、NTV)• (1986年、TBS)• 危機一髪!! 嫁・姑(1987年、MBS)• 恋人も濡れる街角 URBAN LOVE STORY(1988年、NTV)• 第2話「芭蕉に迫る暗殺剣」(1988年、)• ミッドナイトドラマシアター「わたしの彼を殺した女」(1988年、CX) - 岡野サチ 本来は1985年8月に放送される予定だったが、がこの年の9月に病死。 追悼番組のために延期された。 (CX)• 「闇の殺意」(1988年12月8日)• 「水曜日が怖い」(1990年2月2日」• (1991年1月18日) - 高沢智美(アパレルメーカーOL) 役• 開局30周年記念ドラマSP「ドナウの旅人」(1989年10月1日・2日、ANB)• (1989年、CX)• この胸のときめきを(1989年、CX)• (1989年、TBS)• 第1シリーズ 第15話「その時、哀しく女を逮捕した」(1990年、NTV)• 第1シリーズ 第6回『半分こ』(1990年、CX)• 「夢を追う女」(1990年8月1日、NTV)• 「パパイラズ 俺たちはこの子のママじゃない! 」(1990年8月11日、TBS)• 「ある愛の詩」(1991年1月12日、テレビ東京)• 「西村寿行スペシャル 」(1991年4月9日、ANB)• ママたちの受験戦争(1991年、CX)• (1991年、TBS)• (CX)• 「新OL三人旅II 飛騨高山湯けむり殺人」(1991年11月1日)• 「お久しぶりね! 10年ぶりに再会した甲子園のヒーローはニューハーフになっていた」(1992年7月24日)• もっと、ときめきを -ふたりまでの距離-(1992年3月17日、NTV)• 第9話「大混戦」(1992年、TBS)• ドラマシティー「移り気本気」(1992年7月23日、制作)• 第18話「整形志願の女」(1992年9月18日、ANB)• '93秋 愛に微笑みたくて(1993年、CX)• (、)• 「」(1994年、)• 「何でも屋探偵帳1」(1994年、)• (1996年、CX)• (1997年、CX)• (1997年、CX)• 35歳・夢の途中(1998年、NHK)• (TBS)• 「婦人捜査官・小森友子」(1998年)• 「実演販売人・轟二郎」(2000年)• 小さな小さなあなたを産んで(1999年、NTV)• はなまるマーケット殺人事件(2000年、TBS)• (2000年、CX)• 時の渚〜衝撃の運命 京都に秘められた禁断の愛(2001年、ABC)• (1988年、ケントス・ムービーブラザーズ)• 第4話「女だけトシとるなんて」(1989年)• 翼の折れたエンジェル (1991年、)• (1991年、)• 企業舎弟(1994年)• -独立立志編-(1995年)• (2003年) アニメ [ ]• (2003年) 舞台 [ ]• 春燈 モーションアクター [ ]• (1999年2月11日、) - セルフィ インターネット動画 [ ]• 無料動画サイト - ()(2011年8月26日 - 11月31日 配信) ラジオ [ ]• ()-木曜パートナー 2017年10月〜 CM [ ]• 小さな喫茶店 1978年• (1978年 - 1981年)• 手間なしブライト、休足時間、デンター• 脚注 [ ] [].

次の

香坂みゆきは、なぜもっと歌がヒットしなかったんでしょうか?当時の...

香坂 き の 歌

特にリアルタイムで聴いていたJet Lagが初CD化は個人的に嬉しいですね。 半年以上気づきませんでしたが(苦笑) 今回はユニバーサルの2 for 1シリーズで復刻、昔なら2 in 1で数曲カットって初期のCD復刻にありがちな再発じゃないだけ全然まし!まあパッケージにはバック・ジャケ無いから不満っちゃあ不満ですがね。 でもこのようにオリジナル通りに再発されたことをファンとして喜びたい。 今でこそママさんタレント?なみゆきさんですが、当時は歌がとても上手いんって知ってた??当時のFM雑誌でも彼女の歌唱力を評価してましたからね。 艶があって伸びのあるヴォーカルでうっとりしちゃいます。 欽ドン系でデビューらしいですが、Amazonでのカスタマーレビューで書いてありましたがデビューの仕方で変わったと思いますね。 Jet Lagは全体が良いんだけど、シングル・ヒットした「ニュアンスしましょ」はアルバムからの観点では浮いている感じでアルバムラストってのは納得。 1965とか、言えるあてないI love you、そして山崎ハコ作のサヨナラの鐘はみゆきさんの真骨頂だね! 翌年発表したFairwayはバックにセンチメンタル・シティ・ロマンスが参加したりコーラス・アレンジに村田和人、広谷順子と力を入れたオリジナル・アルバムで85年9月発表ながらサマー・アルバムの雰囲気です。 こう暑い日々にみゆきさんのヴォーカルは清涼剤、他のオリジナル・アルバムも復刻して欲しいけど、難しいかな~。 またライヴもやって欲しいけどな~。 パッケージは廉価盤ですがこうやって出ることが幸せだって思わなきゃね! 今のJ-POPシーンでみゆきさんのようなシンガー出てこなくなったな~。

次の

香坂みゆき KIRARI 歌詞&動画視聴

香坂 き の 歌

タイトル ランタイム 3:08 数を表示 192 今回はオークションで超高値でBEST盤CDを落札した記念に香坂みゆきのスマッシュヒット「気分を変えて」をご紹介します(オリコン最高位58位、売上4. 9万枚)このCDはBEST盤とはいえ「愛の芽生え」といったデビュー間も無い頃の楽曲は未収録です。 作詞・作曲は現在も地道な活動を続ける山崎ハコ。 この曲は書き下ろしではなくカバーになるんですかね?山崎バージョンは未聴です。 カラオケに入っているのを見掛けましたが盛り下がったら困るし。 ゆううつな日々は誰だって同じ、強い自分になるしかないのさ、ってな内容。 表現としては暗めだけど凄く前向きな歌です。 でもアイドル然としていた彼女にしては新境地。 あんた・あたし・酒などといった荒い言葉遣いで、それまでにない世界を歌っています。 でもこの曲を歌っていた頃ってまだ10代だったような気が…? メロディーは3番まで有りますが、Aメロから様々に変化するサビへとサクサク展開していきます。 勿論曲調はマイナー。 香坂バージョンはちょっとUPテンポのシャッフル。 サビからの高音が心の叫ぶとなり、且つストレス発散気味に突き抜けて良い感じです。 アレンジは大村雅朗。 ギターの神様らしくヘビーギターをフューチャーしたハードな仕上がり。 2拍4拍のスネアに、4拍刻むシンバル、3連で畳み込む派手なフィルインとリズム隊もバッチリです。 後半になると被さってくるストリングスと、嫌がおうでも盛り上がる仕掛けが堪りません。 手堅いボーカルを聞かせる香坂みゆきですが、大人のシンガーへの転換を図る1作となりました。 この曲では心の機微を表現するというより目一杯押しまくるパワーボーカル。 こんな歌い方もするんだと驚いた人も多かったのではないでしょうか? 可愛らしいルックスでしたが、この後しばらく「乾いた花」「レイラ」などツッパリ・熱唱路線が続いて、84年に化粧品CMのタイアップ曲「ニュアンスしましょ」のヒットが出ましたとサ。 それにしても僕が持っているアナログのジャケ写(初回プレス)は日焼けが赤すぎて痛々しいです。 『ベスト・セレクション』香坂みゆき、他 heaven and earth.

次の