悲愴1。 ピアノ・ソナタ 第8番「悲愴」 Op.13 ハ短調/Sonate für Klavier Nr.8 c

【鋼琴譜】悲愴奏鳴曲

悲愴1

概述 [ ] 《悲愴奏鳴曲》創作於1799年,是貝多芬贈給。 該作品分三個樂章,第一、三樂章為C小調。 第二樂章為降A大調。 《悲愴奏鳴曲》是貝多芬最出色的鋼琴奏鳴曲之一。 據說貝多芬在創作完成該作品時,他的父母不幸去世。 有人認為該作品是貝多芬前半生的寫照。 反映了作曲家內心孤獨但又不向命運低頭執著的性格。 但也有人將其與《》相比較。 認為這是對青春的詠嘆。 實際上,這首奏鳴曲被變奏後常常成為戀愛影視的背景音樂。 該作品感染力巨大,膾炙人口。 樂章 [ ] 《悲愴奏鳴曲》共三個樂章。 Grave; allegro di molto e con brio(很快而有精神的快板)• Adagio cantabile(如歌的慢板)• Rondo: allegro(迴旋曲,快板)• 第一樂章。 C小調,很快而有精神的快板。 主要以奏鳴為主,分兩個部分。 第一部分以雄渾的重板和斷奏,給人以深邃、凝重,熱血沸騰的感覺。 第二部分則富於流動感。 該樂章已經做為鋼琴演奏考試(演奏級)的彈奏曲目,用於判斷演奏者對樂曲和創作者本身的理解。 第二樂章。 降A大調。 如歌的慢板。 採用了輪旋曲式(Rondo),由兩個調性不同的插句(Episodes)分開了三個調性相同的主題。 用柔和的旋律驅散了第一樂章深邃感。 該章節被改編成多種變奏版本。 成為輕音樂中名篇,常被其它藝術引用,象徵純潔或愛情。 且該樂章對流行樂也有著深遠的影響。 第三樂章。 C小調,迴旋曲式,快板。 親切和活潑給人一種青春不安與自信。 也有人認為曲中有濃郁的思鄉情緒。 但以作品的標題來看,很像要表示一種不可阻止的生命活力。 該樂章有許多結尾都有貝多芬式的特徵。 表達了作曲家那種自信張揚性格。 許多專業人士對該樂章的評價最高。 也有許多被改編的版本。 甚至改成舞曲。 本樂章早年為列為鋼琴演奏考試的七級考試選曲,惟近年已升格為八級選曲。 全曲三樂章為英國列為鋼琴初級演奏文憑(ATCL)選曲;亦為英國皇家音樂學院列為鋼琴初級演奏文憑(DipABRSM)選曲。 聆聽 [ ].

次の

【ベートーヴェン】音大生が解説する「悲愴ソナタ」の弾き方

悲愴1

Contents• ベートーベンの悲愴について ベートーベンが活躍した時代においてピアノソナタは交響曲や弦楽四重奏と並び、主要ジャンルの一つとされます。 古典派時代はピアノの性能が飛躍的に発展した時代。 ベートーベンのピアノソナタは作曲時に所持していたピアノの音域の広さを最大限に引き出そうとした傾向があります。 今回、ご紹介する『悲愴』は1797~1798年の作曲ですのでウィーン・ワルター製のピアノで作曲したことになります。 比較的初期つくられた曲なのですね。 年代 使用していたピアノと音域 初期(1782~1802年頃) ウィーン・ワルター製(61鍵、1F~f3) 中期(1803~1816年頃) フランス・エラール製(68鍵、1F~c4) 後期(1817~1823年頃) イギリス・ブロードウッド製(73鍵、1C~c4) 悲愴はベートーベンの出世作!? 『悲愴』は32曲あるベートーベンが作曲したピアノソナタの中でも『月光』『熱情』と合わせてベートーベンの3大ピアノソナタと呼ばれているほど有名な曲です。 (もっともこの3曲が「3大ピアノソナタ」と呼ばれるのはレコード会社の戦略もあったそうですが・・・) その中でも『悲愴』は第8番と一桁の番号がついている通り、比較的初期の作品です。 楽譜が出版された頃から評価も人気も高く、ベートーベンがピアニストとしてではなく作曲家としても知名度を上げるきっかけとなった作品です。 ベートーベンの悲愴というタイトルは誰がつけた!? クラッシク音楽の名曲のタイトルは曲のイメージにより後からついたものが多いです。 同じベートーベンの3大ピアノソナタに挙げられる『月光』はそのパターンです。 (ベートーベンの死後に『月光』と名付けられた) しかしこの『悲愴』についてはベートーベン本人が付けたのか?、またそのタイトルの意味は何なのか?は定かではありませんが、楽譜の初版の表紙に『悲愴』というタイトルが掲載されていましたので少なくともベートーベンはこのタイトルについて了承済ということになります。 『悲愴』というのは「深い悲しみ」という意味。 ベートーベンが『悲愴』を作曲したのはちょうど難聴を自覚した時期です。 自身の音楽家としての将来を憂いて作ったのか、ベートーベン個人の悲しみではなくもっと大きな意味を持たせたのか・・・。 ベートーベンが直接、この曲について言及したことがありませんので『悲愴』をどのように感じるかは聴き手の理解に委ねられることになります。 テレビ・映画で使われた『悲愴』 『悲愴』が使われた映画・テレビをご紹介します。 洋楽・邦楽で編曲されて演奏されたり一部が使われたりすることもあります。 第3楽章でテンポも速くなり一気にクライマックスへ進む!って感じですね。 『月光』もそうでしたがベートーベンのピアノソナタは第1楽章はゆっくりでどんどん盛り上がる形式の曲が多いのですが、これは当時として画期的だったようです。 ベートーベンの悲愴おすすめCD 1枚目は長富彩さんのアルバム『Nagatomi plays Beethoven』。 2016年のアルバムで比較的最近のものです。 上で紹介した動画は2008年の時の演奏なので10年前のものです。 動画の演奏も良いですがアルバムの方がより円熟された演奏が聴けますよ! 2枚目は安定のアシュケナージのアルバム。 『ベートーベン:ピアノ・ソナタ<悲愴><月光><熱情>』を紹介します。 お馴染みの3大ピアノソナタがセットでついてくるアルバムですwww 演奏は現役最高峰のピアニスト、アシュケナージなので安心しておススメできます。

次の

ベートーベン『悲愴』の難易度。演奏の際に気をつけること

悲愴1

艾斯音樂教室專注於成人音樂教學,目前大多數的音樂教室、學校及書籍,仍以傳統古典音樂學習方式,在教授所有音樂及鋼琴相關知識,但是這樣的方式並不適合大部份有各種繁忙雜事的大人們。 成人可能無法每天花很多時間在學習,面對枯燥的樂譜音符,仍然不斷地反覆練習,畢竟背後沒有父母的期望及鞭策? ;青少年以前的學習法以技巧的反覆練習為重點,而成人則是該以簡易的樂理基礎及彈奏技巧來應用在古典及流行樂曲上。 目前在新北市 捷運海山站 有個人工作室提供教學,另有其它活動場地舉辦團體班教學,歡迎諮詢、試聽。 部落格全站分類:• 影片是日本動漫-交響情人夢的畫面,後來也拍攝成日劇。 貝多芬的奏鳴曲 總共有32首 ,樂曲的特性和演奏技巧都有其獨特性,許多電影、影集、廣告愛用的一段旋律,就是他早期所創作的第八號奏鳴曲,特別是第二樂章;此曲創作於1798年,於隔年正式發表出版,外傳也正是貝多芬耳疾初期、淡出社交圈的時候,他後來也後悔將此曲命名為悲愴,因為他認為他大部份的作品都有相似的特質。 第八號奏鳴曲總共有三個樂章,第一樂章被稱為是瘋狂、怪異的,因為採用的和聲、調性、速度皆不同於傳統,二個主題也未像大多數的樂曲由小調 C小調 轉到其關係大調bE大調 ,而是到其平行小調 bE小調 ;直到第二樂章,才又讓人覺得平和、安詳,像是瘋狂後的寧靜的感覺,到了第三樂章又以輕快的輪旋曲做為結束,讓人感覺像是悲愴後的治療,也是讓後人覺得正常人極難以演奏的一個樂章。 原曲是bA大調,初學者還是先以C大調來練習,稍微注意一下右手的指法轉換,穩定的慢板速度,搭配阿爾貝提低音伴奏法,就可以演奏出這段浪漫、優美的旋律。 艾斯音樂教室 臉書粉絲頁 www. facebook. com.

次の