後藤せな チック症。 発症後10年の経過

チックは治る?治し方は?子供のチック症のおすすめの対処法や治療法

後藤せな チック症

咳払いや肩をすくめることが繰り返し起こるチック症。 チック症と似た症状がてんかんにもありますが、この2つの原因は異なります。 症状や違いをまとめました。 チック症が慢性化しているとトゥーレット症候群と診断 4~11歳頃に発症することが多いチック症。 チックとは、突発的、反復的、常同的な運動あるいは発声のことです。 チック症には、「運動性チック」と「音声チック」があり、それぞれ「単純チック」と「複雑チック」に分類されます。 ・単純性音声チック 咳払い、うなり、鼻鳴らしなど。 しばしば横隔膜や中咽頭収縮筋の収縮によって引き起こされる。 ・複雑性音声チック 自分で言った言葉を繰り返す、最後に聞いた言葉や音を繰り返す、わいせつな言葉、人種的・宗教的中傷など。 チック症の原因は解明されていませんが、線状体という脳の一部の異常と精神的なものが複雑に絡み合って症状がでていると考えられます。 そのため、本人は行為をやめようと思っても止められなかったり、ある程度コントロールはできるがその行為を行わないといけないという強迫観念が強くなった時、その行為を行うことで開放感が感じられるのです。 一般的にチックは10歳までに現れ、その後、成長とともに減少します。 ただ、一部の人には成人を過ぎても症状が残る大人のチック症が見られることもあります。 このように慢性化するものはチックではなく「トゥーレット症候群」と呼ばれます。 チック症の患者の半数程度は、自閉症や学習障害(LD)、ADHD 注意欠陥・多動性障害 といった発達障害の合併症としてチックを発症していると言われています。 チック症の治療法は、軽度であれば、一般的には治療をおこなわず、家族などまわりの人のサポートを受けて生活をします。 重症化、慢性化したチック症の場合は、心理療法と行動療法が行われます。 また、日常生活に支障をきたすほど重い症状の場合に限り、薬物療法が用いられます。 てんかんの原因は、脳波の電気信号が乱れること 一方、てんかんは、手足がつっぱる、意識をなくしてぼーっとするなどの症状が繰り返し起こる病気です。 一般的な病気で患者数は100人に1人と言われています。 これは、脳の信号がいきなり混乱を起こし、正しい情報の伝達ができなくなるために起こるもの。 てんかんの症状のなかには、まばたきを繰り返す、肩をすくめる、手足の一部がつっぱる、口がピクピク動くなど、チック症と似たものがあります。 ただし、チック症とほかの運動性障害の違いは、突発、急速、一過性、狭い範囲に限られた運動、神経疾患がないこと、同じことを何度も繰り返すこと、通常は睡眠中に症状がでないこと、再現と抑制がコントロールできることです。 チック症の原因が解明されていないのに対し、てんかんの原因は脳の神経細胞が出す電気信号の調和が乱れて起こるものと原因がわかっています。 そのため、病院で脳波の検査、MRI、CTなどを行えば判明します。 特に、てんかん患者の脳波は、発作が起こっていない間も特徴的な脳波のグラフを表すからです。 原因が明らかな場合は、外科手術で治療できる場合もあります。 発作が起きている時は本人の意識がない場合もあるので、病院を受診する場合には、発作を見たことがある家族と一緒に行くか、その時の動画などを用意して行くなど、どんな発作だったのか明確に説明できるようにしていくと医師も診断しやすくなります。

次の

チック症・トゥレット症の芸能人・有名人まとめ!ジャニーズにも? | Voyage of Life 21

後藤せな チック症

小学校、中学校、高校では、教師の理解が不可欠です。 最初は、一過性のチックを発症し症状が長引き、トゥレット症候群 に移行していきます。 症状の悪化しやすいのは、高学年になったころ。 思春期や反抗期という難しい年齢にさしかかるので親子で乗り越える試練のときです。 子どもたちは、家庭より学校で過ごす時間が長くなるため、学校(教室や部活)での悩みが、人生の悩みとなりやすいものです。 大人から見たら些細な問題が本人にとっては、大問題で、親や教師の間違った対応で症状が悪化することもあるので注意しながら見守る必要があります。 あああ、うううう!うなり声は、わざとじゃないことを理解してください。 チックやトゥレット症候群の子供たちは、時折あああ、うううう!うなり声をあげることがあります。 これらの行動は、わざとじゃないことを理解してください。 教室で先生やクラスメートの邪魔をしたいわけではありません。 自分の意志では、止められないことを十分に理解して対応してください。 教室で汚言症の言葉や音声チック(大声奇声)がひどいようであれば保健室など気持ち的に避難できる場所を確保されるのも1つの方法です。 担任の先生とご相談ください。 教師に理解と対応.

次の

発症後10年の経過

後藤せな チック症

この記事の目次• 慢性化した場合のチックの治療法は3つ チックは発症から1年ほどで自然に症状が見られなくなっていきますが、まれに重症化することもあります。 複数のチックが同時に見られたり、発症から何年経ってもその症状が治まらないという場合もあります。 そんな時家族も不安ですし、子供本人としても非常にストレスになっていると思います。 対人関係の不和を招くこともあります。 そうなるとチックの症状が治っても心に傷がのこってしまうことがあります。 慢性化してしまったチックはどのように直していったらいいのでしょうか。 効果的と考えられる治療法を3つ調べました。 重いチックで悩んでいるご家庭は是非実践してみてください。 家族全体で子供を受け入れる チックは本人の責任で起きるものではありません。 悪気があってやっている訳でもありません。 あくまで病気なのです。 先ずは家族がその意識を持っていることが大切です。 少し以前までは、チックは子育ての仕方が原因げ起こると思われていました。 親が悪い、という考え方ですね。 そんなことを言われたママはとてもショックだと思います。 でもそれは古い考え方です。 チックは精神疾患として原因が解明されつつある病気なので、責任を本人に転化する必要は全くありません。 「あなたは悪くないのよ、病気だから仕方がないんだよね。 」という意識を持っていてあげることが重要です。 こういうことを「病識を持つ」といい、精神疾患の治療をするうえで大切なステップです。 自分は悪くない、これは病気なんだと思うのです。 チックの原因が自分のせい、親のせいだと思っていると、何も解決はしません。 誰も悪くないし誰もせいでもないのです。 先ずはこうした意識を持って、家庭全体で子供を受け入れてあげることが大切です。 家庭が子供の安心できる場所であることが重要なのです。 無理にやめさせようとしてストレスを与えない 精神的ストレスもチックの引き起こす原因の一つになります。 チックを直すためには子供の心にあまりストレスを与えないことも効果的です。 子供に変な癖が現れてしまうと、親は叱って無理に直させようとしてしまいがちです。 ですがチックは癖ではありません。 自分の意思では治りません。 また、おじいちゃん、おばあちゃんからのプレッシャーもあるかもしれません。 年代が上の人にはチックと言ってもなかなか理解されないことが多いのです。 ですから、なんとしても直せ、と言って圧迫感を与えられてしまうこともあるかもしれません。 ならばそういう時こそ強い態度に出ましょう。 子供にストレスを与えないためには、親が守ってあげなくてはいけませんよね。 時には学校の先生でも無理解で、絶対に直すようにと強要するかもしれません。 そんな時は思い切って強い態度に出ます。 この子は病気なんです、わざとやっている訳ではないんです、と強く周囲に主張しましょう。 周囲の無理解が一番のストレスのもとになります。 周りの人たちにも理解してもらえることが一番ですが、それが無理な場合は親が盾になってあげてください。 自分の味方になってくれるひとがいる、自分は理解されていると思えることが子供の心に安心と安定をもたらします。 そのためにも、チックの症状に神経質になって無理にやめさせようとしないことです。 親は、いつかは治るものだという意識を強く持っていてください。 「ああ、またやっちゃったね。 」と軽く笑えるくらいにおおらかに構えていられるといいですね。 チックは悪いことではないのです。 「あ、私またやっちゃったね。 」と子供も反応してくれるようになったら、気持ちの上でストレスが無くって来ている兆しかもしれません。 慢性化しないための対策は言葉掛け チックは慢性化しないうちに治ると理想的です。 多くのチック症は1年以内に症状が消えて行きますが、トゥレット症に発展すると治療もたいへんです。 そのためには、チックと気づいたときからの言葉掛けが大事です。 でもこの言葉掛けには注意が必要です。 子どものチックはストレスによって重度化する可能性を持っていますから、声掛けを失敗すると余計に悪化してしまうかしれません。 言葉掛けの時に大切なのは、「子供が安心できるような言葉」を選んであげる事です。 緊張を強いてはいけません。 「心配しないでね。 「安心してね。 「大丈夫だよ。 「いつか治るからね。 」 と言ったように、チックで苦しんでいる子ども自身がほっとできるような言葉を掛けてあげてください。 特にお母さんからもらう言葉は子供の中で力を持っています。 お母さんが「大丈夫だよ」と言ってくれると、子供は本当に大丈夫だと思えるのです。 ママや家族が信頼できる存在だったなら、その信頼する相手から「大丈夫」と言われることが子どもの心に大きな自信をもたらします。 これは(チックは)いつか治るんだ、大丈夫。 と子供本人が思えるようになったら、ストレスから解放されて症状の緩和につながります。 安心できる言葉、緊張を解くようなほっとすることばを工夫してみてください。 そしておまじないのように使ってみてください。 慢性化が酷い場合には薬物療法も効果的 トゥレット症などのようにチックが慢性化、重症化してしまった場合には薬を使った治療もよく行われています。 チックの原因には、脳の神経伝達物質であるドーパミンの分泌が過剰になっているというものがもっとも支持されています。 ですから、そのドーパミンの働きを抑制するような薬剤の投与を行うことで症状の緩和を目指します。 主使われている薬剤は以下の通りです。 ハロペリドール 抗精神薬の一種です。 化学薬品を原因とした運動昂進に対抗する薬物として発見、開発されました。 脳の中枢神経にあるドーパミンD2受容体というものの働きを遮断することによって、ドーパミンが過剰に分泌されている状況を改善します。 統合失調症、うつ病などの治療にも使われています。 これによって不安、緊張、妄想、幻覚などの症状を改善できます。 しかし、副作用も多く報告されている薬なので、使用する場合には医師とよく相談することが不可欠です。 リスペリドン 主に統合失調症の治療に用いられている抗精神薬です。 気持ちが高ぶってしまうのを抑えてくれる効果があります。 こちらも脳内のドーパミン受容体をブロックすることから、筋肉の異常な緊張などを改善する作用を期待できます。 また副作用も少ないことから、比較的に利用しやすい抗精神薬となっています。 幻覚や妄想に対抗する薬物としても高い効能を持っています。 漢方薬 精神病に使う薬は、体への副作用の心配から敬遠される親御さんも多いのです。 そのため、比較的副作用の少ない漢方が処方されることもあります。 漢方ではチックのことを体の痙攣と捉えていて、それを改善するために、神経を落ち着かせて、気持ちを楽にする薬が用いられます。 桂枝加竜骨牡れい湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)と言って、異常な緊張に使用される薬や、発作的な痙攣への頓服薬もあります。 他には柴胡清肝湯(さいこせいたんとう)という、神経質な傾向が良く見られる人も使われる薬もあります。 このようにチックに効果を持つ漢方薬は様々なものがあります。 生薬なので、効き目はゆっくりなのがネックですが、精神科の薬とのリスクを考えて使用するは効果的です。 チックの治し方、一番大切なのは周囲の理解 チック症は一見すると変な癖のように見えてしまって、周囲からなかなか理解されないことが多いものです。 特に重症化した場合にはものを蹴飛ばしたり、汚い言葉使いが止まらなかったりなど人間関係に亀裂を作ってしまうこともあります。 そうなるとチックが治ったとでも心に傷が残ってしまい、後々他の精神疾患の原因を引き起こしてしまうこともあります。

次の