ウーバーイーツ 配達 手数料。 Uber Eats(ウーバーイーツ)のレストラン側の手数料を解説

ウーバーイーツの配達手数料って上がりました?

ウーバーイーツ 配達 手数料

どのぐらい近いレストランなら260円なんだ? って思っちゃいますよね。 実は、距離に関してはかなり曖昧、というより お店によって異なるようです。 なぜか、4kmも離れている遠いレストランなのに安い料金だったりする場合があります。 実際、2019年4月8日にウーバーイーツのユーザーに送られた配送手数料改定のメールには、このように記載があります。 2019年4月9日(火)より、東京・埼玉・千葉・神奈川・京都・大阪・兵庫における Uber Eats の配送手数料を改定することとなりました。 配送手数料はレストランごとに異なりますため、2019年4月9日(火)以降、アプリにて詳細をご確認ください。 なので、配送手数料を確認するには、アプリを見るほかありません。 ちなみに、例えば届け先を渋谷駅に設定したとき、神宮前のスターバックスの配送手数料は260円でした。 このくらいの距離感です。 注文が多くても少なくても、配送手数料は同じ ウーバーイーツの配送手数料は、注文の量とは関係ありません。 つまり、ドリンク1つだけの注文でも、定食10人前の注文でも、 配送手数料は同じです。 混雑時は配送手数料の値上げも でも記載したとおり、ウーバーイーツでは混雑時には 配送手数料が値上げがかかるようになりました。 引き続き混雑時には配送手数料の値上げがかかるようになっています。 天候が悪い時やランチタイム時など、注文が増えて 配達する人の数が足りない時に配送手数料値上げがかかります。 私が確認した限り、1回だけ台風並みのものすごい大雨のときに1,620円と言う料金も見かけました(かなりのレアケースですが・・) ウーバーイーツでは、注文の需要と配達する人の供給をマッチさせるために、このように配送手数料をリアルタイムに変動させています。 これは ダイナミックプライシングという手法で、近年いろいろなビジネスに導入されて注目されています。 飛行機のチケット• ホテルの宿泊料金• USJの入場料やパスポート• などなど 注文を受付停止することも ウーバーイーツでは、悪天候などで注文の数が増え、配達パートナーの数があまりにも少なくなると、注文できるお店の範囲が狭くなったり、注文ができなくなったりします。 配送手数料を安くしたい!送料を安くする方法 過去のウーバーイーツの配送手数料 ウーバーイーツの配送手数料は、2016年のサービス開始当初はキャンペーンで無料でした。 その後に配送手数料が設定され、2018年11月まで、一律で380円の配送手数料がかかっていました。 しかし、2018年11月にこの配送手数料が変更となり、現在では距離が近いレストランほど配送手数料が安くなる仕組みが導入されています。 距離別料金制が導入されてからも、何度も手数料の改定が行われています。 2019年10月には、サービス料と少額注文手数料の導入も行われました。 それまでのウーバーイーツの手数料は、シンプルに「料理代金+配送手数料」でしたが、複雑化されました。 ちなみに、ウーバーイーツの本国アメリカでは、既にこのようなシステムに変わっていたようです。 〜2018年11月 〜2019年4月 〜2019年9月 〜2019年1月 非常に近いお店 (〜1kmくらい?) 380円 110円 260円 50円 近いお店 (〜2kmくらい?) 230円 390円 100円 遠いお店 (2km〜くらい?) 420円 570円 250円 バイトより自由なウーバーイーツ配達の仕事を始めるには ウーバーイーツ配達の仕事は、普通のアルバイトのようなシフトはなく、 いつでも自由に働ける・面接も履歴書も 不要・資格スキルいらず・出勤もいらず・うるさい上司もおらず・ノルマもなく・ 報酬は週払い(即日払いなことも)・服装髪型も自由!・仕事中もスマホが使える!・登録費用はもちろんかからない・なのに 稼げる!という、何拍子も揃った素晴らしい副業・仕事です。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)の新配送手数料~配達パートナーが稼ぎやすくなる!?~

ウーバーイーツ 配達 手数料

売上にお困りの飲食店舗向けに無料公開! デリバリー・テイクアウトで飲食店の集客課題を解決 ウーバーイーツや出前館が注目されている コロナウィルスの影響で外出自粛が要請されるなか、消費者も外食を控える傾向にあります。 そのなかで家の外に出なくても、外食気分を味わえるデリバリーサービスへの需要が高まってきているのです。 様々な企業や飲食店がデリバリーサービスを展開していますが、そのなかでも特に注目されているのがウーバーイーツと出前館。 ウーバーイーツはデリバリーサービスの新しいかたちとして、出前館はデリバリーサービスの王道のサービスとしてそれぞれユーザーを集めています。 ウーバーイーツと出前館の違い ではウーバーイーツと出前館にはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。 それぞれのサービスを理解するために、まずは以下で確認していきましょう。 ウーバーイーツの特徴 配達パートナーが近くの飲食店のデリバリー配達を行う仕組みという点。 固定の配達スタッフが行うわけではなく、そのときに近くにいる配達パートナーをマッチングさせるというシステムです。 そのため、飲食店側で配達スタッフを用意する必要がなく、コストや初期投資をしなくてもデリバリーサービスを行えるという点が最大の特徴ではないでしょうか。 これまでデリバリーサービスを行っていなかった飲食店も、ウーバーイーツの台頭によりデリバリーサービスを開始する店も多くあります。 出前館の特徴 出前館は夢の街創造委員会株式会社が運営。 今日インターネットでデリバリーサービスを利用する先駆けとなったサービスとも言えます。 出前館では飲食店のフードデリバリーだけでなく、スーパーの配達サービスなど日常生活で必要なサービスのデリバリーも行っているのも特徴の一つです。 最近では、デリバリーサービスを行っていない飲食店の代わりに、出前館側で配達機能を提供する「シェアリングデリバリー」に注力しています。 ウーバーイーツと出前館の比較 実際にウーバーイーツと出前館のサービス内容や規模について、比較をおこなってみましょう。 加盟店数 ウーバーイーツの加盟店数は14,000店 2019年9月末時点 、出前館の加盟店数は19,122店 2019年4月末時点。 画像引用:出前館HP 現時点での加盟店数としては出前館が多いです。 しかし、2016年9月に始まったサービスであるため、急拡大していることがわかります。 今後ウーバーイーツが出前館の加盟店数を抜くということも予想できるのではないでしょうか。 参考データ 配達手数料 ウーバーイーツの配達手数料は、地域やお届けまでの距離、混雑状況等によって異なります。 お届け先までの距離が短ければ短いほど、配達手数料も安くなるということです。 出前館の配達手数料は店舗毎によって異なりますが、相場としては200円以上、無料で行っている店舗も多くあります。 しかし配達手数料はどちらもアプリやサイト上で注文前にリアルタイムの料金を確認することができるようになっているため、安心です。 お届け先の柔軟度 ウーバーイーツに関しても、出前館に関しても自宅に限らず屋外への配達も可能となっています。 公園等に配達希望の際は公園の入り口などわかりやすい場所を指定するようにしましょう。 注文料金の最低金額 ウーバーイーツの場合、注文最低金額を設けていません。 なのでドリンク1杯の注文も可能となっています。 タピオカドリンクを扱うお店ではこうしたドリンクのみの注文も多くあったようです。 出前館の場合、最低注文金額は各店舗で設定されていますが、相場としては1500円前後でしょう。 最低注文金額の設定に関して、気軽に注文できるのはウーバーイーツかもしれません。 注文対応時間 こちらも店舗によって異なります。 遅い時間だと出前館では深夜2:00まで、ウーバーイーツでは深夜1:00までの店舗があります。 東京都心部では夜中まで注文を受け付ける店舗が多いなど、地域や繁華街、店舗によっても異なるでしょう。 料理の数や配達時間、価格は状況による ここまで様々な項目で比較をしてきましたが、基本的には掲載している店舗毎によって異なるというのが基本ということを踏まえておきましょう。 また、お届けまでの配達時間に関しても注文数や距離、配達パートナーの数、時間帯によっても異なります。 また、料理の価格に関しても店舗毎で設定できるようになっています。 店舗としては手数料込みの値段で提供することになるため、しっかり考えたうえで価格を決定することになるでしょう。 ウーバーイーツの手数料 飲食店側 ウーバーイーツや出前館では、配達デリバリーのシェアサービスとして飲食店側が手数料を支払う仕組みになっています。 まずはウーバーイーツの手数料についてチェックしていきましょう。 注文金額から割合で決定 ウーバーイーツでは飲食店が支払う手数料を、注文総額の35%としています。 この手数料のなかに、システム手数料や配達手数料等が含まれているかたちになるでしょう。 ウーバーイーツでは手数料を引かれた金額が支払われる ウーバーイーツへの手数料支払いに関しては、売上金額から差し引かれるかたちになるようなので、振込の手間が省けるのがメリットでもありますね。 出前館の手数料 飲食店側 次に、飲食店が出前館に支払う手数料についてチェックしていきます! 出前館の手数料も注文金額に対する割合 出前館の手数料は、注文料金に対して割合で設定しているため、変動する仕組みになっています。 出前館サービス利用料は商品代金 税抜 の10%、配達代行手数料が30%、決済手数料が最大3%としています。 決済手数料はクレジットカード会社に支払うものなので、出前館に支払う手数料としては、注文代金の40%ということになりますね。 出前館が飲食店を支援!手数料割引を実施 注文代金の40%が手数料として引かれてしまう点が気になる方に朗報!出前館では、新型コロナウィルスによる飲食店への打撃を配慮して、手数料のなかで配達代行手数料の割引を実施しています。 通常30%の手数料を23%と、7%もの割引になります。 しかも期間は2020年5月1日~2020年10月31日までの長期間。 これからデリバリーサービスを検討している飲食店や、ウーバーイーツとともに出前館も活用することを検討している場合は是非この機会に始めてみてはいかがでしょうか。 飲食店にとっては集客が難しくなっている今の時期、新たな集客手段としてフードデリバリーという選択肢が注目されています。 そこで飲食店にとってウーバーイーツの魅力を大きく3点に絞ってご紹介します。 配達スタッフを自店で用意しなくてよい ウーバーイーツでは、配達スタッフをウーバーイーツ上で集めた人材をシェアすることで賄っています。 そのため、デリバリーを行う上で前提となる配達スタッフの用意や配達に必要な手段の用意という点も不要なのです。 また、店舗の従業員をあらかじめ配達パートナーとして登録しておくことも可能であるため、万が一配達パートナーが見つからないときな度に備えることもでき、安心です。 コストをかけずにサービス導入できる 上記で触れたとおり、配達スタッフの用意が不要であるため、基本的には人件費や配達手段等のコストをかける必要がありません。 また、ウーバーイーツでは月額料金も無料となっているため、ランニングコストも発生しないでしょう。 このように、ウーバーイーツなら、コストをかけずにデリバリーサービスを行うことができるようになっていて、新たな売上を作る方法としてメリットがあるのです。 コロナの集客対策に 昨今のコロナウィルスの影響により、消費者は外食を控える傾向が強まってきています。 飲食店にとっても売上が激減し、店舗の経営が厳しくなってきているケースが多いはず。 そこで、人との関わりが少なく、外出する必要がないデリバリーサービスが注目されているのです。 集客が厳しい状態のなかで、デリバリーサービスをできる環境がない場合でもすぐに始められるというメリットがあるとして、ウーバーイーツへの加盟店登録への注目が高まっているのでしょう。 まとめ 今回はウーバーイーツと出前館について、デリバリーサービスの2大勢力としてそれぞれの特徴とともに比較を行いました。 出前館にはデリバリーサービスの安心感、ウーバーイーツには新たなデリバリーサービスとしての注目度が高まっています。 これからの動きにも注目していきましょう!.

次の

ウーバーイーツ(UberEats)配達やり方とコツ|配達員の人気エリアと時間帯

ウーバーイーツ 配達 手数料

黒いリュックを背負った、配達パートナーがお料理を運んでくれるデリバリーサービスの【Uber Eats(ウーバーイーツ)】。 最初は首都圏からスタートしましたが、エリアは順次拡大され日本中で利用できるようになってきました。 それに伴って、Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店する飲食店も増加傾向にあります。 しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店するための情報などは、Uber Eats本体のサイトにはあまり情報が公開されていないため、出店をためらっているという声もお聞きしたことがあります。 この記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店しようと考えている飲食店のために、「レストラン側の手数料はいくらなのか」についてご説明いたします。 Contents• Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店している店は「レストランパートナー」と呼ばれる 先に、Uber Eats(ウーバーイーツ)で使われている用語についてご紹介します。 Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店している飲食店のことを、 【レストランパートナー】と呼びます。 【レストランパートナー】は、オーダーを受けてから、注文の入った料理をつくり、【配達パートナー】と呼ばれるUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員に商品を渡すところまでが役割になります。 Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店して登録を行った後は、【レストランパートナー】と呼ばれることになるので、覚えておきましょう。 レストラン側の手数料は注文金額によって変動する レストラン側の手数料は注文金額によって変動します。 注文が入るまでもちろんいくら引かれるかわからないのですが、引かれるパーセンテージは決まっています。 ちょっと高い気もしますが、コストをかけずに収益アップを目指すためと考えれば安いかも…しれません。 例えば、総額2,500円のオーダーが入ったとすると、以下の計算になります。 35】=【支払う手数料・875円】 手元に残る金額は、以下の通りです。 【オーダー金額・2500円】-【支払う手数料・875円】=【手取り・1625円】 ここから、食品の原価や、従業員の給与、包材資材代などを引いた分が、純粋な利益になります。 レストラン側の手数料を減らす方法は? Uber Eats(ウーバーイーツ)のレストランパートナー側で支払う手数料を減らす方法はあるかというと、残念ながら現状は ありません。 手数料でも受けているUber Eats(ウーバーイーツ)では、システムの提供や注文者とのマッチングをしてくれるので、35%の手数料を支払うのは妥当かもしれません。 毎月固定の運用費がかかるのではなく、売上が立った分から手数料は引かれるため、収益が発生しない限りは支払う必要もありません。 また、売上を増やす方法としては、Uber Eats(ウーバーイーツ)専用のメニュー開発を行うことも大切です。 包材や資材などの費用もしっかり計算して、しっかり【儲かるメニュー】を作りましょう。 リアル店舗で販売しているよりも、少し高めに金額を設定して利幅を増やすことがポイントになります。 まとめ Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録している飲食店のことを、レストランパートナーといいます。 レストランパートナー側で支払う手数料は、オーダーの金額によって変動しますが、35%が必ず引かれます。 売上が立った分からしか引かれないので、オーダーが入らなければ支払うことはありません。 ローコストで始めることができるUber Eats(ウーバーイーツ)!お店の宣伝にもなりますし、店舗の収益アップも見込めるため、飲食店を経営している方はぜひ活用してみてはいかがでしょうか?.

次の