宮古島 天気 雨雲 レーダー。 沖縄県宮古島市の雨雲レーダーと各地の天気予報

沖縄県宮古島市の雨雲レーダーと各地の天気予報

宮古島 天気 雨雲 レーダー

宮古島市(みやこじまし)は、沖縄県宮古列島に位置する市。 2005年(平成17年)10月1日、平良市と宮古郡伊良部町・上野村・城辺町・下地町の5市町村が合併(新設合併)して誕生した。 沖縄県宮古事務所(旧・宮古支庁)所在地。 地理 宮古列島の宮古島の全域と池間島、大神島、来間島、伊良部島、下地島からなる。 宮古島と池間島は池間大橋、宮古島と来間島は来間大橋、宮古島と伊良部島は伊良部大橋、伊良部島と下地島は6本の橋によって結ばれている。 気候 熱帯雨林気候や、それに限りなく近い温帯湿潤気候となっており、一年を通して高温多湿である。 宮古島地方気象台 気温 - 最高35. 1ミリ(1959年(平成12年)9月15日) 最大瞬間風速 - 85. 3メートル(1966年(昭和41年)9月15日) 夏日最多日数 - 259日(1998年(平成10年)) 真夏日最多日数 - 128日(1971年(昭和46年)) 猛暑日最多日数 - 2日(1971年(昭和46年)) 熱帯夜最多日数 - 127日(2013年(平成25)、1998年(平成10年)) 冬日最多日数 - 0日(1938年(昭和13年) - ) 字名一覧 住所表示はいずれも字名の前に旧市町村名がつく。 沖縄県宮古島市に関するYouTube動画 沖縄県宮古島市に関するYouTube動画を表示します。 雨雲レーダーの見方・使い方 地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「ー」「+」で縮尺を調整します。 雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。 雨雲レーダーは5分間毎に自動更新されます。 拡大しすぎると雨雲が表示されなくなります。 降水量の見方 雨雲は色によって降水量を表示しています。 0~1• 1~2• 2~4• 4~8• 8~12• 12~16• 16~24• 24~32• 32~40• 40~48• 48~56• 56~64• 64~80• 80~• 地図(雨雲レーダー) 検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。 Yahoo! 地図では雨雲レーダーも見ることができます。 住所でYahoo地図検索(地図と雨雲レーダー).

次の

宮古島の天気は雨雲レーダーで確認!外出前にチェックしよう

宮古島 天気 雨雲 レーダー

石川県庁 ライブカメラ HAB と雨雲レーダーについて 石川県金沢市鞍月の石川県庁が見られるライブカメラと雨雲レーダーです。 ライブカメラは、北陸朝日放送 HAB により運営されており、石川県庁 行政庁舎に設置されています。 石川県庁近くの北陸自動車道・金沢バイパス・県道229号線の道路の様子(交通状況・渋滞・積雪・冠水)、街の様子、周辺の天気などがライブ映像で確認できます。 台風や大雨、道路の冠水、地震などの自然災害が発生した際は、被害の状況がリアルタイムで確認でき、防災カメラとして活用できます。 では、石川県庁を中心とした石川県周辺の雨雲の様子をリアルタイムに確認することができます。 お出かけ前に雨雲の動きをみて、天気予報に役立てることができます。 他の北陸朝日放送のカメラもご覧ください。 石川県庁について [出典:wikipedia] 石川県庁(いしかわけんちょう)は地方公共団体である石川県の行政機関(役所)である。 観光産業や伝統工芸育成といった特徴のある政策も行われており、特に能登空港においては、全国で初めて就航便に対して目標搭乗率を定め、目標搭乗率を下回った場合航空会社に対して保証金を支払い、これを上回った場合は航空会社が販売促進協力金を支払う「搭乗率保証制度」を導入した。 ライブカメラ情報 ライブカメラで石川県の北陸朝日放送・街・道路のリアルタイムな映像が確認できます。 ライブカメラ配信情報 配信種類 動画(YouTube) 配信期間・時間 365日・24時間 石川県庁周辺のその他のライブカメラ 石川県庁周辺のその他のライブカメラを地図上に表示します。 石川県庁の周辺地図と雨雲レーダー 石川県庁の周辺地図と雨雲レーダーをYahoo! 地図で表示します。 旅行や出張前の天候チェックにご活用ください。

次の

沖縄県宮古島市の雨雲レーダーと各地の天気予報

宮古島 天気 雨雲 レーダー

宮古島の天気予報は当たらない テレビなどの天気予報で「本日の宮古島は晴れ」となっていても、突然雨が降り出すことは良くあります。 また、「降水確率30%」とか言われても良くわかりませんよね。 私が東京に移住してびっくりしたことは、天気予報が当たること。 「夕方頃から雨が降るので、傘を持って出かけましょう」とアナウンスされます。 「こんな細かく言っちゃって大丈夫なの?」と思いきや、本当に降るんです。 (笑) これには驚きましたね。 宮古島では、雲の動きが早く、天気がコロコロ変わることは当たり前です。 急に雨が降ったと思っていたら、数十メートル先まで進むと晴れるということも良くあります。 また、亜熱帯地域特有のスコール(にわか雨をともなった疾風)もあるので、天気予報は当たらない。 ということが前提です。 雨雲の動きを確認する 宮古島では、天気予報ではなく、「雨雲の動きを確認する」ことが確実です。 一昔前ならテレビやラジオ・新聞で、1日単位の天気予報を知るまでが限界でした。 しかし、今はインターネットの時代。 数時間おきの雨雲の動きが、個人レベルでも確認できるようになりました。 ほんと、すごい時代になりましたね。 雨雲レーダーは、地図の上で、雨雲が1時間後・2時間後にどの位置まで来るということがはっきりと分かります。 ですので、外出後に雨が降って予定が台無し・・・ということを事前に防ぐことができます。 天気予報や防災情報、指数情報など、天気に関する情報が満載の、日本気象協会が運営するサイトです。 その中での「雨雲の動き(実況)」というカテゴリーがかなり役に立ちます。 北海道から沖縄まで、地域別に分かれていて、沖縄はさらに、沖縄本島と先島諸島(宮古・石垣・与那国)と南大東島の3つに分かれているので、その中の先島諸島を選びます。 現在の状況はもちろん、1時間ごとに15時間先まで、雨雲の様子を確認することができます。 なんと、もうすぐ70歳近い私の父も愛用しているサイト。 このページだけはお気に入りに入れて、毎日確認するそうです。 (笑) 宮古島で生まれ育って70年の人が、「これは便利!」と利用しているなら、使わない手はありませんね。 このサイトを確認して、雨が降らなさそうだったら釣りに行く、畑に行く前に確認する、といった生活スタイルを取っています。 海に泳ぎに行く時、洗濯物を干して外出する時、バーベキュー、外でのスポーツなど、雨が突然降ってしまうと困る場面はたくさんありますよね。 外出する前に1〜2時間の雨雲の様子を確認することがポイントです。 まとめ 以上、宮古島の雨雲レーダーについてでした。 以前は、雲の様子を見て、大丈夫かな?と一か八かで外出するのが当たり前でした。 しかし今は、「外出する前に雨雲レーダーを確認する」そんな生活に変わりました。 本当に便利な世の中になりましたね。 ぜひ、外出前に雨を避けたい場合は、雨雲レーダーをチェックしましょう。

次の