プレサンス コーポレーション 社長 逮捕。 プレサンス社長が辞任 会社「社長は横領関与を否定」:朝日新聞デジタル

プレサンスコーポレーション【3254】~イケイケ銘柄、社長逮捕の衝撃~

プレサンス コーポレーション 社長 逮捕

プレサンスコーポレーションとは プレサンスコーポレーション【3254】とは、関西を中心にワンルームマンションやファミリーマンションを手掛ける会社(マンションデベロッパー)です。 販売戸数は住友不動産に次ぐ業界第2位で、関西では圧倒的なシェアを誇ります。 社長1代で築いたこの会社ですが、という衝撃のニュースがあり、株価は大きく下落しました。 組織ぐるみの犯罪である可能性は残りますが、そこは警察・検察の捜査におまかせしましょう。 もし社長個人の問題だった場合・・・この株価で買える機会を逃してはいけません。 プレサンスコーポレーションの株価 2020年1月現在、株価は1350円前後で推移しています。 直近1年のチャートは以下の通りです。 綺麗な右肩上がりを形成してきましたが、社長逮捕のニュースで突如として下落しています。 この結果、PER4. 03倍、PBR0. 78倍、配当利回り3. 83%と、各指標は今の株価が割安であることを示しています。 直近1年のチャート 次に長期チャートを見てみましょう。 こちらも綺麗な右肩上がり(でした)。 直近10年のチャート この綺麗な右肩上がりの株価は、業績という裏付けがあってのものになります。 次に、業績を確認していきます。 プレサンスコーポレーションの業績 プレサンスコーポレーションの業績を確認します。 2019年会社説明資料より 9年間、売上・利益ともに最高を更新し続けるというスタイル。 素晴らしいです。 逮捕された社長はやり手の経営者で有名だったそうですが、これはすごい。。。 なお、2019年11月に発表された 中間決算では、通期予想に対する進捗率が 74. 4%となっており、上方修正が確実な状況でしたが、社長逮捕を受けてどうなるか・・・。 ちなみにですが、通期の業績予想(利益)自体が前期比の17. 6%UPというチャレンジングな内容となっており、それを上方修正するとなるとその衝撃は計り知れません。 プレサンスコーポレーションの配当・優待 先にちらっと記載していますが、配当は1株あたり52円となっており、中間・期末の年2回となっています。 しかも配当性向は20%以下!まだまだ余力たっぷりといったところでしょうか。 不動産の仕入れ(開発)にたくさんのお金を使う必要があるので、これ以上配当性向を上げることは株主も望んでいないかもしれません。 配当出す金あるなら、ガンガン投資に回さんかい!という声が聞こえてきそうです。 私も、それでいいと思います。 また、ありがたいことに優待ももらえます。 400株でギフトカード5000円分なので、1株あたり12. 5円分ですね。 高いっ!! プレサンスコーポレーションの今後 社長逮捕の全貌が明らかになっておらず、少々危険を孕んだ銘柄ですが、割安度合いと業績は非常に魅力的です。 社長逮捕が組織の問題に発展しなければ株価は下落前の1700円程度に戻ることが想定されますし、もし通期の上方修正が出れば一気に2000円の大台に乗せる可能性もあります。 個人的には、社長逮捕翌日に即社長解任のIRを出したこの会社に非常に好感を持っており、社長逮捕後も、これまでの勢いのまま最高益を更新し続ける集団であり続けるのではないかと考えています。

次の

やり手と評判 逮捕の大手不動産「プレサンス」社長

プレサンス コーポレーション 社長 逮捕

このページの目次• プレサンスコーポレーションってどんな会社? 業務内容は「関西を中心に、投資用ワンルームからファミリー向けの開発・販売に展開。 名古屋、東京にも拠点」となっています。 業績は問題なく、毎年、増収増益を続けているような優良企業です。 事件の背景 事件を時系列で見ると、ざっとこんな感じです。 2016年 山岸社長が明浄学院元理事長の大橋氏に18億円の資金を提供する。 大橋氏は、そのお金を使って当時の理事長から、明浄学院の経営権を譲り受ける。 2017年 プレサンスコーポレーションから明浄学院への土地売買の手付金21億円が支払われる。 大橋氏は、その手付金を横領して、そのうち18億円は山岸社長に送金する。 2019年 山岸社長が好立地の土地を取得する狙いで、大橋氏に資金を提供した疑いで逮捕(横領の共犯) 山岸社長が大橋容疑者から返してもらったお金が、明浄学院からの横領のお金だったことが問題となっています。 業績、株価への影響 業績への影響 (出典:) 今期の業績は、会社四季報に「ワンルーム・ファミリーともに今期計上戸数の9割超が契約済み。 」と記載があり、ほぼ契約済みであるため問題はなさそうです。 ただ一方で、来期以降の業績は、社長逮捕による 信用力の低下や販売が落ち込む可能性があります。 財務(下の図)を見ると、銀行借入などの 有利子負債が多く、営業キャッシュフローがマイナスであることがわかります。 プレサンスコーポレーションは、銀行借入を使って不動産を買っているため、ビジネスモデル的にも有利子負債が大きくなりがちです。 また、不動産を買った分はお金が出て行くため、営業キャッシュフローもマイナスになっています。 今回の不祥事をきっかけに、銀行から融資の返済を迫られたり、在庫が積みあがったりするとお金が回らなくなって、経営危機に発展する可能性もあります。 (出典:) 株価への影響 冒頭でも書いたように、ほとんど投げ売り状態で非常に強い売り圧力となっています。 事件発覚の最初の営業日はストップ安でしたが、翌日以降も厳しい状態が続き、寄り付いた後の株価は激しく乱高下しそうです。 落ち着くまでは、いわゆるマネーゲームとなりそうなので、初心者の方は取引しない方がよさそうです。 一方で、あまりにも株価が下がって、割安になりそうであれば、リバウンドのチャンスになるかもしれませんが、ファンドの投げ売りが断続的に続く可能性もあるため、自己責任でご判断をお願いします。 過去の不祥事事例 最後に、過去に起きた社長の不祥事を調べてみました。 スペースバリューホールディングスも、今回の事件と同様に、ひふみ投信などのファンドが買っていたため、断続的に売られることで、株価は、 1か月でおよそ40%以上も下がりました。 リバウンドはあったものの、その後の株価は低調に推移しています。

次の

【逮捕】プレサンス社長:山岸忍の資産↓出身高校+大学や経歴

プレサンス コーポレーション 社長 逮捕

事実関係 学校法人明浄(めいじょう)学院(大阪府熊取町)の元理事長らが法人資金21億円を着服したとされる事件で、大阪地検特捜部は16日、東証1部上場の地場不動産大手プレサンスコーポレーション(大阪市)社長の山岸忍容疑者(56)=神戸市東灘区=が共謀した疑いがあるとして業務上横領容疑で逮捕し、発表した。 捜査関係者によると、山岸社長は特捜部の任意の事情聴取に容疑を否認していたという。 山岸社長(プレサンス社ホームページより) プレサンスコーポレーションの株価は暴落 2019年12月17日の株式市場で、関西を地盤とするマンション販売大手プレサンスコーポレーション(東証1部、大阪市)がストップ安(値幅制限の下限)となる400円安(-22. 6%)まで下げました。 それでも、まだまだ売り注文が殺到している状況であり、連日の大幅下げが予想されます。 今後の動向について 現状は、山岸社長は容疑を否認しており、今後の捜査による全容解明が待たれる状況。 但し、資金の流れについても複雑なスキームが組まれている様子であり、プレサンスコーポレーションの早期での信頼回復は困難かと考えられます。 プレサンスコーポレーションと言えば、投資用マンションの大手です。 不動産投資家の皆様におかれましても同社のマンションを所有されている方は多いと思われます。 投資用マンションのオーナーは、業界大手という信頼により、プレサンスの投資マンションを購入されているものと思います。 こういったコンプライスに直結する問題が出てくると、その信頼は一挙に崩れます。 特に、現在社会においては、コンプライスに反する企業は即淘汰されていく時代です。 今後においては、社長個人のみならず企業全体として、同社の強引な営業・テレマ販売手法などに問題が飛び火していく可能性もあり、危機的状況も予想されています。 プレサンスコーポレーションの投資用マンションオーナーは保有物件の見直しが必要 そもそも、プレサンスコーポレーションの投資用マンションオーナーの属性は、医者、弁護士、税理士などの士族や公務員、上場企業社員といった安定した収入を持つ方が多いのですが、その理由は、収入はあるが、忙しく、時間のない上記のような顧客に対して営業マンが執拗なテレマ攻勢で言葉巧みにマンションを販売してきた経緯がある為です。 実際問題としては、プレサンスコーポレーションの投資用マンションの新規販売価格は高く、利回りは低いもので4%と毎月の持ち出しは必須です。 「将来の資産として」、「節税効果」等といった営業話法によりなんとか販売してきましたが、 そもそも、常識的に考えて、投資して毎月の収支がマイナスになる投資なんてありえないんです。 私は、貸出金の大半が不動産向けの、不動産融資に特化した銀行で10年務め、その知識を生かしてこの「サラリーマン投資ちゃんねる」を運営しています。 不動産業者からは毎日のように、住宅ローンや投資マンションローン、事業性不動産融資の相談があり、その物件の融資の可否を決定してきました。 融資の可否を決定するということは、すなわち、その物件の優劣を判断してきたということです。 銀行融資はその物件の資産性や投資回収可能性から、絶対にロスが発生しないよう精査する必要があります。 そういった仕事を日々してきた経験から、不動産投資については、手堅い意思決定が身についている訳です。 もう一度言います。 そもそも、常識的に考えて、投資して毎月の収支がマイナスになる投資なんてありえないんです。 プレサンスコーポレーションの投資用マンションのオーナーは、4%の利回りの物件を購入するんじゃくて、利回り8%の物件を購入しましょう。 じゃあ、利回り8%の物件ありますか? あります。 中古ワンルームマンションです。 中古ワンルームマンションの流通数は、現在大幅に成長しており、ますます注目を集めています。 【公共財団法人 東日本不動産流通機構より】 現在の市況から考えると、ワンルームマンションの投資対象は価格高騰の新築ではなくて、中古なんです。 中古で利回り8%の物件を購入し、毎月資金収支プラスに持っていく。 そんな投資家として当たり前のことに気づいてほしいと思います。 中古ワンルームマンションに関する手法はこちらの記事で解説していますので参考にして下さい。 また、中古ワンルームマンションの情報を収集するなら、 以下の2社は利回りの高い中古ワンルームの物件を豊富に保有しているので、お勧めです。 まずは資料請求をしてみて下さい。 【関東圏にお住まいならランドネット】 ランドネットで情報収集するメリットは、 堅実に家賃収入を得ながら資産拡大をしていく事が 最も効果的な方法であるとの考えから、 失敗しない不動産投資の情報を提供してくれます。 限定PDF資料を無料でダウンロードできるので、物件探しの前に、このPDFで基礎的な不動産投資を学ぶことが可能です。 【関西圏にお住まいならグランド1コーポレーション】 グランド1コーポレーションは関西圏の中古マンション情報に強味を持っているので、 関西圏にお住まいなら優良情報が収集可能です。 現在は、資料請求するだけで1,000円分のクオカードも貰えるので、まずは情報収集から始めて下さい。 不動産投資は、 情報が命になります。 忙しいからといって、営業マンの言いなりにならず、自身で日頃から情報収集をするようにして下さい。 以上、不動産銀行で10年間務めた経験を基に、ついでにアドバイスもさせて頂きました。

次の