赤ちゃん おしっこ 黄色。 これって正常?赤ちゃんのおしっこ|GOO.N(グ~ン)

赤ちゃんの目が黄色い原因〜新生児黄疸や母乳との関係とは〜

赤ちゃん おしっこ 黄色

赤ちゃんの「おしっこ」について 気になる「おしっこ」 ママは出産後休む間もなくすぐに赤ちゃんのお世話が始まります。 授乳とオムツ交換ですねオムツ交換のときに、 この「おしっこ」「うんち」は普通なの? 大丈夫?? と心配になることがあります。 どんな時が正常でどんな時が異常かを知っておくことが大切です。 観察のポイントは、色、ニオイ、回数(頻度)、量です。 「おしっこ」普通の状態って? 色について 薄い黄色、黄色、茶色がかった黄色が正常なおしっこの色です。 赤、オレンジ、茶色、コーラのような色の場合には、血尿の疑いも 血尿がある場合、膀胱や尿道などからの出血、腎臓機能の問題、尿路感染症、腎炎、結石などの可能性が考えられます。 先天性の腎異常がある場合もありますので、すぐに医療機関を受診しましょう。 ただし、離乳食を始めたあとは、摂取したものによって色が濃くなることもあります。 夏場の場合、汗を大量にかくことで「おしっこ」の成分濃度が濃くなり、茶色やオレンジ色など、黄色を濃くした色になってしまうケースもあります。 また、排尿してから時間が経った場合は、成分の一部が変色してオレンジに近い色になります。 ニオイについて 母乳やミルクだけを口にしている赤ちゃんのおしっこは、大人の尿よりもにおいが強くありません。 ただし、排出されてから時間が経つと、アンモニア臭が強くなります。 また、離乳食を始めたあとは食べたり飲んだりしたものによってにおいが変化することもまれにあります。 回数について 低月齢(新生児から生後6か月)なら1時間から2時間に1回。 それ以上であれば2時間から3時間に1回。 赤ちゃんは膀胱(ぼうこう)が小さいため、大人より排尿の回数がかなり多いのです。 量について おむつ替えのペースで漏れずにおしっこが出ていれば正常な量。 夏場の汗をたくさんかく時期は少なくなることもあります。 我が子は、毎晩おむつから洪水を起こします・・・ 特に心配はしていませんが、気になる場合は医師に相談されると良いでしょう 赤ちゃんの「うんち」について 「うんち」は、赤ちゃんからの情報源 「うんち」は、言葉を話すことができない赤ちゃんからの貴重な情報源。 口から食べたものは胃に入り、小腸で栄養を吸い取られ、大腸で水分を吸い取られ、残ったものが「うんち」。 また、「うんち」はその日の体の調子や食べたものによって固くなったり柔らかくなったりします。 「おしっこ」や「うんち」は、話せない赤ちゃんにとって体調を知らせるための大切なものです。 おむつ交換をしながら赤ちゃんの体調をチェックしましょう。 新生児期 生まれたばかりの赤ちゃんは出生後数日間はネバネバした黒っぽい緑色のうんちをします。 胎便と言われるものです。 ママのおなかの中にいるときに飲み込んでいた羊水や腸管の分泌物からなり、新生児期は10回以上排便しますが、次第に回数は減っていきます。 5~6ヶ月頃 5から6ヶ月になると離乳食が始まるのでうんちも変化します。 色はやや茶色っぽくなります。 離乳食はまだ体が離乳食に慣れていないので一時的にゆるくなることもあれば固くなることもあります。 7ヶ月を過ぎた頃 7ヶ月を過ぎて離乳中期になってくると色はますます茶色くなり固まっていきます。 消化機能が未熟なので、食べたものや体調によって色や硬さが変わったり、食べたものがそのまま出てきたりしますが、あまり神経質にならなくて大丈夫とのことです。 離乳が、後期から完了期になるにつれて消化機能も発達していきます。 匂い、硬さがどんどん大人の便に近づきます。 量や回数も個人差はありますがだんだん定まってきて、1日1回から2回程度に落ち着いていくようです。 うんちの色には、要注意 異常なうんちとは、どのようなうんちなのでしょうか。 うんちの色や形状で赤ちゃんの体の異常を知ることができます。 おむつ交換をしながら健康のバロメーターとしてチェックするのを習慣にしましょう。 赤ちゃんのうんちは、思った以上に多様です。 気になるときは、母子健康手帳に綴じてある便色カードなどを利用して色を見比べましょう。 下の写真は、我が家にある母子手帳のものです。 白い粒が混じっている「うんち」 白い粒が混じっているうんちは、脂肪やカルシウムが消化されずに出てきたもの。 2歳ぐらいまでは、 食べたものが消化しきれずそのまま出てきてしまうことがよくありますが、成長と共になくなります。 水っぽい「うんち」 水っぽい下痢便の場合でも、1日に何回も便が出たり、オムツから漏れてしまったりする場合は注意です。 風邪や胃腸炎で抗生剤を内服した時や植物アレルギーが原因で起こることがありますかそれよりも脱水が心配ですから早めに受診しましょう。 その他「心配なうんち」 その他、病気になると「うんち」の色や硬さも変わってくるようです。 私は医師ではありませんので、詳細な説明はできませんが、日経新聞のNIKKEI STYLEにわかりやすいマンガが掲示されていましたので、引用させて頂きます。 NIKKEI STYLE スマホアプリも登場 赤ちゃんの便は「色」でチェック より引用•

次の

赤ちゃんの「おしっこ」、「うんち」について

赤ちゃん おしっこ 黄色

「赤ちゃんのおしっこ 尿 の色がいつもより濃い。 」、「おしっこが臭い」と感じたことはありませんか。 赤ちゃんのおしっこは無色透明で無臭に近いことが多いですが、口にしたもの 母乳や離乳食 や体調などによって色やにおいが頻繁に変化します。 そのため、ウンチと同じく、赤ちゃんの健康状態を知るための大切なバロメーター 指標 とされており、小児科などでもおしっこの色やにおいを確認されることが多いものです。 赤ちゃんの尿が臭いまたはいつもより色が濃い場合、家庭で様子を見ることで足りることが多いですが、中には病気や内臓の異常などが潜んでいることもあります。 そのため、親としては、日頃からオムツ交換の度に赤ちゃんの尿の状態をチェックしておき、異常が見られたら早めに小児科に相談することが大切です。 この記事では、赤ちゃんのおしっこ 尿 が臭い、色が濃い原因について紹介します。 赤ちゃんのおしっこ 尿 の色の濃さとにおい 赤ちゃんのおしっこの色は、黄色ではなく無職透明に近いものです。 また、おしっこの色についても、大人の尿のような強いアンモニア臭はせず、においがほとんどありません。 赤ちゃんのおしっこの色やにおいが大人と異なる原因は、腎臓のろ過機能や再吸収機能が未熟だからです。 この説明だけでは分かりにくいと思いますので、おしっこのメカニズムについて、簡単に触れておきます。 おしっこ 尿 が出るメカニズム おしっこが排泄されるまでの大まかな流れは、以下のとおりです。 体中の細胞から出た老廃物 尿素、窒素、クレアチニン、尿酸など が血液によって腎臓まで運ばれる• 老廃物が尿として尿管を通って膀胱に溜まる 簡単に言うと、老廃物を含む血液が腎臓でろ過されてできる原尿のうち、体内で再利用できる成分と水分が再吸収され、残りが膀胱に溜まっておしっことして排出されるということです。 大人のおしっこが黄色い色や強い臭いは、おしっこに含まれる老廃物に由来しています。 つまり、おしっこが黄色く臭いのは、体内の老廃物がおしっこと一緒に排出されている証なのです。 赤ちゃんのおしっこ 尿 が無色透明に近く、においがほとんどない理由 赤ちゃんの腎臓は、血液中の老廃物をろ過したり、原尿から水分を再吸収したりする機能が不十分です。 そのため、大人のようにおしっこが濃縮されず、老廃物が十分に排出されないため、色が無色透明に近く、においもほとんどしないのです。 なお、腎臓のろ過機能や再吸収機能は月齢・年齢の経過とともに向上し、生後2歳~3歳頃には大人と同程度になります。 つまり、健康な子どものおしっこの色が黄色くなり、においが臭くなるのは生後2~3歳頃ということです。 赤ちゃんのおしっこ 尿 が臭い、色が濃い原因 冒頭に書きましたが、おしっこの色やにおいは、赤ちゃんが口にしたものや体調などによって変化します。 例えば、黄色や赤色に変色したり、強いアンモニア臭を発したりすることがあるのです。 赤ちゃんの尿 おしっこ の色が濃くなったり、臭くなったりする主な原因について、確認していきましょう。 汗をかいて身体の水分量が減る 汗をかいて身体の水分量が減ると、膀胱に溜まる水分が減り、おしっこに含まれる老廃物の濃度が高くなります。 その結果、おしっこの色が濃くなり、におい臭くなります。 例えば、身体を動かして汗をかいたり、夏場の暑い時期に汗をかいたりして身体の水分量が減り、黄色くて臭いおしっこをすることがあります。 また、風邪などが原因で発熱すると、体温上昇で汗をかいたり水分が蒸発したりすることで身体の水分量が減り、やはり黄色くて臭いおしっこが出ます。 母乳からミルクに切り替える 母乳育児から混合やミルクのみに切り替えた場合も、赤ちゃんが濃くて臭いおしっこを出すことがあります。 ミルクは、母乳に比べて消化が悪くため、ろ過の後に残る不溶物「残渣 ざんさ 」がおしっこと一緒に排出されることもあり、残渣によっておしっこが濃く臭くなることもあります。 離乳食を開始して食べたり飲んだりするものが変わる 生後5~6ヶ月頃になると、離乳食を開始します。 離乳食を開始すると、食べた食材の成分によっておしっこの色やにおいが変わります。 口にする食材の種類が増えるにつれて、赤ちゃんのおしっこの色やにおいは変化しやすくなるものです。 また、病気やケガで薬を服用している場合、薬の成分によっておしっこの色やにおいが変化することもあります。 細菌がおしっこを分解する 赤ちゃんがおしっこをした後に、においが変化することもあります。 例えば、おしっこをしたオムツを交換せず放置した場合、細菌がおしっこを分解することによってアンモニアが発生し、臭くなることがあります。 おしっこが酸化する おしっこ中にウロビリノーゲンという物質が含まれていた場合、ウロビリノーゲンがおむつの中で空気に触れて参加し、おしっこをオレンジ色に変色させることがあります。 ウロビリノーゲンは、ウンチと一緒に排泄されることが多いですが、おしっこ中に含まれることもあります。 また、ウンチとおしっこが同時に出た場合も、ウロビリノーゲンの酸化によっておしっこの色が変わりやすいものです。 腎臓機能の向上 腎臓の機能は時間の経過とともに向上します。 大人と同程度の機能を発揮するには生後2~3歳頃まで待たなければなりませんが、新生児期と乳児期後期を比較すると、若干ですが色が濃くにおいも臭くなっているものです。 オムツ交換を日常的に行っていると気づきにくいですが、月齢ごとに写真を撮影しておくとおしっこの色が濃くなる過程を確認することができます。 腎臓のろ過機能が未熟 腎臓のろ過機能が未熟なことがおしっこの変色を招くこともあります。 例えば、尿酸塩、乳酸塩、ショウ酸塩などがろ過されずおしっこに混じることで、おしっこの色がピンク色になることがあります。 血液が混ざる おしっこの色が赤黒い場合は、要注意です。 おしっこに血が混じっている 血尿 の可能性があるからです。 血尿が出る主な原因は、以下のとおりです。 腎臓のろ過機能の異常• 尿管、膀胱、尿道の出血 いずれも家庭で対処できる症状ではないため、血尿が見られた場合はすぐ小児科を受診させてあげましょう。 蛋白尿 たんぱくにょう 蛋白尿とは、血液中に含まれる蛋白 たんぱく がおしっこに混じっている状態です。 蛋白尿は、おしっこが白く濁る、おしっこが泡立つなどの特徴がありますが、程度によっては通常のおしっこと見分けがつかないこともあります。 蛋白尿の原因は、疲労や発熱、脱水など一時的なものが多いですが、腎臓が圧迫されたことや病気が原因となっていることもあるため、基本的には小児科受診を検討することになります。 尿路感染症 にょうろかんせんしょう 尿路感染症とは、腎臓から尿管、膀胱、尿道口まで続く尿の通り道に細菌などが感染して炎症を起こす病気です。 大人の病気だと思われがちですが、赤ちゃんが発症することもあります。 脱水や水分不足などによりおしっこが出る量が低下したり、膀胱の排尿機能が未塾であったりすることで発症しやすい病気です。 女の赤ちゃんの方が男の赤ちゃんよりも尿道が太く短く細菌などが尿路に侵入しやすいため、発症しやすいものです。 尿路感染症になると、尿の通り道が炎症を起こして化膿し、おしっこが濁り、腐った臭いを発することがあります。 おしっこが臭い、色が濃い以外に以下の症状がある場合、尿路感染症を疑います。 上部尿路感染症 尿管・腎盂・腎臓など• 38度以上の高熱• おしっこが濁る• おしっこに腐敗臭がする• 背中や腰の痛み• 吐き気や嘔吐• 食欲不振 下部尿路感染症 尿道、膀胱など• 38度以下の熱• 赤黒い血が混じったおしっこ• おしっこが濁る• 強いアンモニア臭• 排尿時の痛み おしっこの度に赤ちゃんが泣き叫ぶ• 残尿感• 蛋白尿 たんぱくにょう• おねしょ 尿路感染症の症状が見られる場合、早急に小児科を受診させ、治療を受けさせてあげる必要があります。 おしっこが濃い、臭いだけで判断しないことが大切 赤ちゃんのおしっこの色やにおいが変化する原因は、水分量の低下など家庭で対処できるものや、授乳方法や食事の変化など対応が必要ないもの、おしっこが出た後の酸化など赤ちゃんの体調とは無関係のものなどが多いものです。 したがって、急に赤ちゃんのおしっこの色やにおいが変化したからといって慌てる必要はありません。 尿路感染症や尿蛋白、血尿などの病気や異常が原因でおしっこの色やにおいが変化する場合の症状を把握しておけば、小児科受診が必要か家庭で対応できるかの判断は難しくないはずです。 なお、冒頭に書いたとおり、おしっこの色やにおいは赤ちゃんの健康状態の指標ですが、それだけで判断できることは多くありません。 おしっこでいえば量や回数なども重要ですし、ウンチの色・におい・回数・量、赤ちゃんの食欲、発熱や嘔吐下痢の有無なども大切な指標となります。 赤ちゃんの健康状態を把握するには、一つの指標だけを見るのではなく、複数の指標を細かく確認し、それらを総合して見てみることが大切です。 まとめ 赤ちゃんのおしっこが濃い、においが臭い原因は複数あります。 水分量の低下、授乳方法の変化、離乳食の開始など問題のない原因もありますが、腎臓機能の異常や尿路感染症など注意を要する原因もあります。 赤ちゃんのおしっこの色やにおいがいつもと違っている場合は、おしっこの量や回数、赤ちゃんの体調や食欲などを確認し、小児科受診を検討してください。 ikujilog.

次の

おしっこが黄色いのはビタミンが多すぎるからですか?

赤ちゃん おしっこ 黄色

尿の色でなにがわかる? ハンク・グリーン氏:みなさんは、摂取する水分の量により、尿の色が日々わずかに変わることにお気づきでしょう。 でも、赤や緑など、驚くような色の尿を便器の中で見たことはありますか? 緑の尿は、ぎょっとしますよね。 同様に、青、紫、オレンジの尿もありますし、黒のものまであるのですよ。 不思議な尿の色は、時に体の異常を教えてくれるサインです。 一方で、単に特定の食品や薬品を摂取した時に現れることもあります。 では、どんなものを摂れば虹の七色の尿が現れるのか、順番に見ていきましょう。 まず最初は黄色です。 これは正常な尿の色です。 尿の黄色は、赤血球を分解してできる老廃物であるウロクロム(ウロビリン)に由来します。 黄色の濃度は、体内に含有される水分量により変わります。 体内に水分が溜まっていた場合、尿は凝縮されウロクロム量が増えるので、より濃い色になります。 それが茶色のような濃い色であれば、もしかして肝臓や腎臓に問題があるのかもしれません。 しかし、抗生物質や抗マラリア薬のように、尿の色を濃くする薬品はたくさん存在します。 また、そら豆やアロエ、ルバーブをたくさん食べても、尿の色は濃くなります。 ただし、蛍光色の黄色だった場合は、原因はウロクロムではありません。 それがあなたの幻覚でなければ、単にリボフラビンかビタミンB2の過剰摂取で、尿として排泄しているのです。 ニンジンやジャガイモのような、ベータカロチンを豊富に含む食品や、ワーファリンのような抗凝固薬を摂取すると、尿はオレンジ色になります。 また、尿路感染症の治療薬を使うと、尿は鮮やかなオレンジ色になります。 赤い尿は血液を連想しますが、実はそのとおりなのです。 腎臓や胆のう、尿路に損傷や感染が起こったり、その他の原因で尿に血液が混ざると、尿はピンクになったり赤みを帯びたりします。 いずれにせよ、良くはないですね。 白や黒の尿も ところで、原因は常に血液だとは限りません。 ビーツ尿という現象では、ビーツを食べることにより尿が赤くなります。 人によっては腸から赤い天然色素をたくさん吸収するため、余分な赤い色素が尿として排泄されるのです。 緑の色素を生産する、シュードモナスというバクテリアに感染することにより、緑の尿が出ることがあります。 しかし、緑の尿は、たいていは薬の副作用です。 尿を野菜ジュースのエクトクーラーのような色にしてしまう薬品の1つは、手術中の麻酔薬としてよく使われるプロポフォールです。 この薬品が肝臓で分解される時に生じる物質の1つが緑色であり、それが尿に排泄されるのです。 おもしろいことに、プロポフォールは尿を白やピンクに変えることもあります。 生物学者たちには、その理由は完全にはわかっていませんが、プロポフォールにより尿酸が多く生成され、尿をピンク色に変えているのではないかと考えています。 尿を緑に変えうるもう一つの薬品は、人工染料やメトヘモグロビン血症の治療薬としても使われるメチレンブルーです。 もう見当はつくと思いますが、メチレンブルーは青色です。 これが黄色いウロクロムと結合することにより、尿はセントパトリックの日のような綺麗な緑色になります。 もともと排泄されるウロクロムのせいで、純粋な青い尿というものはなかなか見られません。 しかし、アミノ酸の一種であるトリプトファンを吸収できない遺伝子異常を持つ人の尿が青くなることがあります。 この疾患はごく幼いうちに発見されることが多く、「青いおむつ症候群」として知られています。 赤ん坊が吸収しきれないトリプトファンを、腸内バクテリアが分解し、結果としてインディカンという分子に転化します。 このインディカンが空気に触れると、染料にもなるインディゴに変化し、おむつが青くなるわけです。 同様に、純粋な紫色の尿は存在しませんが、尿路感染症の治療にカテーテルを使用している人が「紫色採尿バッグ症候群」になることがあります。 この場合の尿の紫色は、尿路のバクテリアが、尿中の分子を青いインディゴと赤いインジルビンに分解し、双方が混ざることによって発生します。 尿そのものは、排泄される際には紫色ではありません。 これに化学反応が起こって紫に発色するには、高いpHとアルカリ度の環境が必要です。 尿路感染症の患者にはこのようなアルカリ性の尿が多く、採尿バッグは、尿が印象に残る濃い紫色になるには、うってつけの環境を提供するのです。 このように、不思議な色は多々ありますが、これらの虹の七色以上に不思議な、黒や白の尿も存在します。 白い尿は牛乳のように白濁しています。 原因は複数ありますが、1つの可能性として、重症の尿路感染症からの膿で濁っていることが考えられます。 稀に、リンパ液が尿に流入して白濁している例もあります。 これは乳麋尿といわれる症状で、寄生虫(フィラリア)に感染することにより生じます。 黒い尿の原因はたくさんありますが、原因は尿が赤くなるものと共通している場合があります。 アルカプトン尿症の患者には、特定のアミノ酸を分解する酵素が足りず、ホモゲンチジン酸が過剰に蓄積され、これが尿として排泄されると空気に触れて黒くなります。 問題は、尿がダースベーダー色になることだけではありません。 ホモゲンチジン酸は細胞組織に軟骨状になって蓄積し、これを変色させ損傷を起こすのです。 しかし、ほとんどの場合の尿は、普通の黄透明です。 服薬後にオレンジや緑に変色することもありますが、それほど心配することはありません。 とはいえ、異常な色の尿は、医師が体の異常を判断する最初の手掛かりとなります。 ですから、便器の中を見て、尿の色の異常をチェックするのは、損ではありません。 もしおかしいなと感じたら、医師に相談しましょう。

次の