じゃがいも おつまみ。 じゃがいもを使ったおつまみ特集!お酒と相性抜群のおすすめレシピをご紹介

じゃがいもの副菜レシピ17選!あと1品作りたい時の簡単レシピ!

じゃがいも おつまみ

じゃがいも調理のポイント 芽を取る 芽や皮の緑色になった部分にはソラニンという有害物質があるので、それらを包丁の刃元などで取り除きます。 水にさらす じゃがいもは切り口が空気に触れると変色しやすいので、切ったら水にさらします(じゃがいもの持つデンプン質を生かして調理する場合、そのまま使うこともあります)。 皮付きのまま「水」からゆでる 根菜類は水からゆっくりとゆでるのが基本。 丸ごと使う場合は、栄養やうまみが抜けないように、皮付きのままで。 沸騰したら火を弱め、竹串がスッと刺さるやわらかさまでゆでます。 マッシュポテトのすすめ! ゆでたじゃがいもを裏ごししたり、つぶしたりして作るマッシュポテト。 牛乳や生クリームなどを加えて練り、とろっとなめらかな口当たりに仕上げると、肉料理の付け合わせにぴったりです。 このマッシュポテト、つぶし加減を好みで調整し、他の具材と組み合わせると用途がグーンと広がります。 ポテトサラダ、コロッケ、ディップペースト、グラタン、スープなどにアレンジ自在です。 「新じゃが」の調理ポイント 水分を多く含む新じゃがいもは、味を含みにくいので、バターやチーズ、クリームなどコクのある食材と組み合わせるとより美味しくいただけます。 また、余分な水分を取り除いてから調理すると効率よく活用できます。 皮付きのまま「蒸かしいも」に 蒸気の上がった蒸し器に入れ、25〜30分を目安に蒸します。 竹串がスッと通るようになったら、蒸し上がりです。 蒸したてにバターをのせてシンプルに味わったり、保存したものを魚介や肉と組み合わせたソテーなどもおすすめです(皮をむく場合は、蒸し上がったらすぐに)。 火が通っているので、その後の調理は、短い時間で仕上がります。 ケーキやパンなどを焼く際、一緒に焼くと時間もエネルギーも節約できてエコクッキングです。 「蒸かしいも」同様に活用できます。 りんごと一緒に紙袋に入れて常温保存すると発芽防止になるそうです。 じゃがいもは必ず水にさらしてから調理する。 基本中の基本ですが、これをするのとしないのとでは味のしみ方など全然違います。 レンジでチン。 温かいうちにつぶして、マッシュポテト。 シンプルだけど、ベストです。 じゃがいもを、千切りにしてバターで炒めて塩、胡椒、醤油で味付け!!かんたんでおいしいし、おかずにも!!ビールのおつまみにもあいます!• 「じゃがいも」といったらコロッケでしょう。 新じゃがで作るコロッケほど美味いものはありません。 はちみつと絡めて、スイートポテトのようにすると美味しいです。 ご飯を炊くときに、アルミホイルで包んだジャガイモを入れてそのまま炊きます。 すると、ほくほくのジャガイモができあがり。 割ってバターと塩で「じゃがバター」としておいしくいただけます。 ジャガイモの不要になった皮でシンクのステンレスを磨くと綺麗になるので便利。 ちょこちょこっと掃除をしてます。 じゃがいもはお水でゆでるよりレンジでチンしたほうが簡単&栄養たっぷり。 肉じゃがの残りで、コロッケを作ると、すごく美味しいです!• 非常にありきたりではありますが、じゃがいもを皮つきのままオーブンで焼いてトッピングにバター、明太子、チーズなど好きなものを乗せて食べるのが大好きです。 薄くスライスして熱湯をかけて酢醤油で食べる。 やっぱBBQでまるごと、まず水に濡らした新聞誌で包み、さらにアルミホイルで包んで炭の端のほうへ放り込んでおく。 いつの間にかおいしい焼きふかしいもができ、じゃがバターでたべる。 じゃがから(じゃがいもとイカの塩辛のマヨネーズ和え)• ゆでたじゃがいもの上に溶かしたチーズをかけて食べると超おいしい!• ガレット!!!私の大好物です。 中はモチモチ、外側はパッリッ!! 材料はほとんどがジャガイモ、それにたまねぎ! あとはその日の気分でベーコンにしたりアンチョビにしたり明太子にしたり、ハーブやきのこ類を加えたり・・・• ラップでチン。 潰したら片栗粉をいれてまぜる。 チーズを中にいれてまるめる。 油をひいたフライパンで焼く。 じゃがいもを輪切りにして、フライパンにしきつめる。 鮭を乗せて塩コショウをしてバターをのせる。 弱火で15分位ホクホクのじゃがいもと鮭がマッチします。 じゃがいもとズッキーニの炒め物が大好きです。 作り方は簡単で、「ベーコン」と細く切った「じゃがいも」と「ズッキーニ」をオリーブオイルで炒め、味付けは「塩」と「黒こしょう」だけです。 ベーコンの代わりに魚肉ソーセージでも美味しく作れます。 電子レンジで作る簡単ポテトチップス ・じゃがいもを良く洗い皮付きのままスライサーでうすぎりにする。 ・クッキングペーパーで水分を良くふき取り、皿の上に新しいクッキングペーパーをおきじゃがいもを重ならないように並べレンジで3分チン。 ・裏返して2分チン。 ・塩をふってできあがり。

次の

特集「今が旬!じゃがいもを食べよう」│キリンレシピノート

じゃがいも おつまみ

野菜の煮物 186品 定番 102品 肉じゃが 99品 筑前煮 1品 ポトフ 22品 ロールキャベツ・ロール白菜 3品 野菜の煮物 その他 65品 野菜の和え物 36品 定番 3品 野菜の白和え 1品 野菜の和え物 その他 35品 野菜の炒め物 127品 チンジャオロース 3品 ジャーマンポテト 20品 きのこ炒め 2品 野菜炒め 3品 なすの味噌炒め 1品 野菜の炒め物 その他 98品 野菜の炒め煮 9品 野菜の炒め煮 その他 9品 野菜の焼き物 101品 定番 2品 野菜の肉巻き 10品 野菜の焼き物 その他 92品 野菜の揚げ物 65品 ポテトコロッケ 5品 フライドポテト 39品 野菜の揚げ物 その他 21品 野菜の蒸し物 28品 野菜の蒸し物 その他 28品 野菜のきんぴら 9品 にんじんのきんぴら 1品 きんぴら その他 8品 野菜のおかず その他 25品 野菜のマリネ 5品 ゆで野菜 6品 マッシュポテト 14品 肉のおかず 牛肉 48品 定番 1品 ビーフステーキ 7品 ビーフシチュー 8品 その他 牛肉料理 34品 豚肉 86品 定番 11品 とんカツ 2品 豚の生姜焼き 1品 角煮・煮豚・チャーシュー 8品 チンジャオロース 3品 ポークソテー 13品 野菜の肉巻き 10品 その他 豚肉料理 50品 鶏肉 80品 定番 25品 チキンソテー 11品 照り焼きチキン 2品 鶏の唐揚げ・竜田揚げ 8品 その他 鶏肉料理 59品 挽肉 49品 定番 21品 ハンバーグ 15品 メンチカツ 1品 餃子 4品 麻婆春雨 1品 そぼろ 2品 肉団子 2品 ミートローフ 1品 その他 挽肉料理 23品 加工肉 49品 定番 1品 ジャーマンポテト 20品 ベーコン炒め 2品 ベーコン巻き 3品 その他 ベーコン料理 6品 ウィンナソーセージ料理 9品 コンビーフ料理 4品 スパム料理 3品 ハム料理 3品 ラム肉 1品 その他 ラム肉料理 1品 魚介のおかず 魚介の煮物 35品 定番 2品 アクアパッツァ 1品 魚介の煮物 その他 34品 魚介の焼き物・ソテー 57品 鮭のムニエル 6品 鮭のホイル焼き 1品 魚介の焼き物 その他 50品 魚介の炒め物 25品 イカ・エビの炒め物 13品 魚介の炒め物 その他 12品 魚介の揚げ物 18品 定番 1品 エビフライ 1品 魚介のフリット 4品 魚介の揚げ物 その他 13品 魚介の蒸し物 7品 あさりの酒蒸し 2品 魚介の蒸し物 その他 5品 魚介のカルパッチョ・マリネ 1品 魚介のマリネ 1品 魚介のオイル煮 1品 魚介のアヒージョ 1品 練り物 4品 ちくわ料理 2品 かまぼこ料理 1品 はんぺん料理 1品 魚介のおかず その他 6品 定番 1品 魚介のアレンジ料理 6品 魚介の缶詰 10品 定番 1品 ツナ料理 10品 ごはんもの カレー 16品 定番 2品 チキンカレー 2品 野菜カレー 2品 シーフードカレー 1品 キーマカレー 1品 スープカレー 1品 ポークカレー 3品 カレー その他 6品 ハヤシライス・ハッシュドビーフ 1品 定番 1品 ハヤシライス 1品 炒めご飯・チャーハン 1品 チャーハン その他 1品 炊き込み・混ぜご飯 4品 パエリア 2品 炊き込みご飯 その他 1品 混ぜご飯 その他 1品 どんぶり 9品 定番 1品 カツ丼 1品 天丼 1品 丼もの その他 8品 雑炊・リゾット 1品 雑炊・おじや 1品 アレンジご飯 8品 ドリア 3品 アレンジご飯 その他 5品 卵・大豆製品 じゃがいもの基本情報 じゃがいもの特徴 和・洋・中、すべての料理に欠かせない、じゃがいも。 日本へは戦国時代ごろに、ジャカトラ(現インドネシアのジャカルタ)から伝えられたといわれています。 ジャガタライモ、略してじゃがいもと呼ばれるようになったとか。 生食はあまりしませんが、ゆでたり、焼いたり、煮たり、揚げたり、とさまざまな調理方法に使われます。 おもな品種は「だんしゃく(男爵)」と「メイクイーン」。 丸く大型のだんしゃくは、粉質で、マッシュポテトやサラダなどに。 長卵形のメイクイーンは、粘質で煮くずれしにくく、煮もの、炒めもの、揚げものに。 品種によって味わいも違います。 じゃがいもの選び方ガイド 一般に、皮が薄く、中くらいの大きさのものがおいしいとされます。 表面につやと張りがあり、品種らしい形、だんしゃくであれば丸く大型のもの、メイクイーンであれば長卵形のものを。 芽と皮の一部にソラニンという有毒物質が含まれ、中毒を起こすこともあるので、芽や、緑色になった部分はていねいに取り除きましょう。

次の

【みんなが作ってる】 じゃがいも おつまみのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

じゃがいも おつまみ

タラの切り身160g• じゃがいも160g• 塩適量• コショウ適量• 牛乳80g• 生クリーム20g• ニンニク1片• タイム2本• ローリエ1枚• 薄力粉適量• 溶き卵適量• パン粉適量• バジルお好み• タラの切り身は骨をに抜いて塩コショウで下味をつけておきます。 小鍋に下ごしらえしたタラとにんにく、牛乳、生クリーム、タイム、ローリエを加えて、弱火で煮ます。 タラの皮が自然に剥けたら取り除きます。 鍋で じゃがいもを茹でて皮を剥きます。 茹で上がった じゃがいもを適当な大きさにカットし、タラの鍋に加えます。 煮あがったらブレンダーにかけてペーストにします。 粗熱がとれるまで待ち、小さく丸めます。 小麦粉、溶き卵、パン粉をつけて180度の油で揚げます。 きつね色に色づいたら完成です。 じゃがいも4個• 厚切りベーコン70g• バター15g• 白ワイン100g• ピザ用チーズ適量• 塩適量• コショウ適量• じゃがいもは茹でて半月切りにしておきます。 玉ねぎは薄切り、ベーコンは食べやすい大きさにカットしておきます。 熱した鍋にベーコンと玉ねぎを入れて炒めます。 玉ねぎが透明になる程度炒めます。 白ワインを加えます。 じゃがいもを入れて塩コショウで味付けをします。 蓋をして じゃがいもが煮崩れる程度まで煮込みます。 耐熱皿に盛って、たっぷりチーズを見えなくなる程度までかけます。 180度のオーブンで30分程度焼けば完成です。 ベーコン150g• じゃがいも150g• オリーブオイル少々• 塩適量• コショウ適量• 粒マスタード大さじ1杯• レモンしぼり汁小さじ1杯• じゃがいもはよく洗い、皮が付いたまま茹でます。 竹串が刺さる程度に茹で上がったらざるにあけて水気を切ります。 粗熱をとります。 ベーコンは3cm角にカットします。 玉ねぎも同じくらいの大きさにカットします。 コショウ、粒マスタード、はちみつ、レモンしぼり汁を合わせてハニーマスタードソースを作ります。 フライパンにベーコンを入れ、中火で焼きます。 表面がカリッとしたら皿に取りだし同じフライパンで玉ねぎを中火でしんなりとするまで炒めます。 粗熱が取れた じゃがいもを加えて更に炒めます。 ベーコンをフライパンに再度入れ、塩こしょうで軽く味付けします。 ハニーマスタードソースを加えて強火で炒め合わせれば完成です。 じゃがいも6個• 豚ひき肉300g• 塩適量• 胡椒適量• 鶏がらスープの素大さじ1杯• 小麦粉適量• 卵1個• パン粉適量• じゃがいもは洗って皮を剥き、手頃な大きさにカットして大きめの鍋で茹でます。 フライパンで豚ひき肉とおろしにんにくを炒めます。 そぼろ状にしておきます。 じゃがいもが茹で上がったらボウルの中で潰します。 じゃがいも挽き肉を混ぜ、鶏がらスープの素と塩コショウで味付けします。 食べやすい大きさに丸めて小麦粉をまぶします。 溶き卵をくぐらせてパン粉を付けます。 180度の油できつね色になるまで揚げれば完成です。

次の