コンビニ fax 送り 方。 【超簡単!】コンビニでのFAXの送り方と受信方法セブンローソンファミマ

FAXの送り方とマナー・ルール

コンビニ fax 送り 方

コピー機の投入口にお金を入れる• フタを開けて、原稿をコピー機にセットする• タッチパネルで「ファックス」を選択• 原稿用紙のサイズ・相手先のFAX番号など指示通り入力• 読み取りボタンを押す• 「読み取り完了」と表示が出たら、送信ボタンを押す• 「送信完了」と表示が出るまで待つ とても簡単ですよね! 注意点としては、 相手先のFAX番号や原稿用紙のサイズを間違えてしまうと、正しく相手先にFAXが到着しません。 不安な場合は、 送信後に数分待ってから相手先に到着確認をすると確実です。 また、プライベートな用事のFAXであれば不要ですが、 仕事等でFAXを送る際は急ぎじゃない限り送付状を用意しましょう。 FAX内容と枚数を送付状に書き、不足の際は連絡が来るよう添え書きすると親切ですし、マナーです。 コンビニでファックス複数枚の送り方 1枚だけFAXしたい場合はわかりやすいですが、複数枚は?と思いますよね。 複数枚の送り方もとても簡単なので、覚えやすいです。 コンビニで違うということはありません。 原稿サイズを読み取る行程を繰り返すだけです。 1枚目を読み取り、読み取り完了と表示が出たら、 「次原稿読込」というボタンがあるので押します。 するとまた読み込めるような画面に切り替わるので、1枚目と同じように読み取りましょう。 最大何枚までというような制限もありませんので、仕事で多くのFAXを送らなくてはいけないという人でも安心して利用することができます。 また、予想外の枚数になって 当初コピー機に投入したお金より金額が多くなっても、不足分を支払えます。 有名コンビニのセブンイレブンやローソンなどでファックスの送り方は違う? 近年、コンビニの店舗数はかなり増え、利用者の選択肢は様々あります。 コンビニからファックスを送ろうにも、 セブンイレブンやローソンで何か違いはあるのだろうか?と思いますよね。 実は、 全く違いはありません。 操作画面のボタンの位置や送受信ができるできない、国内外対応しているかいなかの違いしかないので、送り方で違うということはないのです。 なので、基本的なファックスの送り方さえわかっていれば、OKということになります。 また、ローソンは送受信や海外へのFAXも対応していますが、セブンイレブンはしていません。 そのため、ファックスを送った後に返信などがある場合は、ファックス受信も可能なコンビニを選ぶ必要があります。 POINTそれぞれのコンビニで支払い方法や送ることができる番号、受信先に通知非通知で表示されるかの違いはあります。 自分がどのような相手にファックスしたいのか、 相手のファックス受信環境なども考慮しておきましょう。 コンビニでファックスの送り方を覚えたら料金にも注目! コンビニからファックスの送り方を覚えたら、次は料金についても知っておきましょう。 どこでも同じじゃないの?と思うかもしれませんが、実はそういうわけではありません。 セブンイレブン・ローソン以外のコンビニでもファックスを送ることができるので、それぞれの料金を比較してみます。 今回は、全国でよく見かけるコンビニ4つの料金をご紹介します。 セブンイレブン 原稿サイズ問わず一律50円 ローソン 国内50円 海外 アメリカ・カナダ 100円 海外 その他 150円 ファミリーマート 国内50円 海外100円〜150円 ミニストップ 国内50円 ファイン用紙は60円 海外100円〜150円 ファイン用紙は120円〜180円 このように、 コンビニ各社で料金が少し違います。 また、それぞれのメリットデメリットもあるので覚えておくと良いです。 セブンイレブンは、 一律50円でファックス送信できることや支払いにnanacoが使えるのはメリットです。 一方で、 海外に送信できないことや受信に対応していないことはデメリットだと言えます。 ローソンやファミリーマートは、コピー機の画面表示がわかりやすく親切なことや受信可能な部分がメリットです。 一方で、 電子マネーが使えないことがデメリットだと言えます。 ミニストップは、 用紙種別が選択できることやフリーダイヤルだと少し安くファックス送信できることはメリットです。 それぞれの特徴を理解して、自分が使いやすい店舗を選ぶようにしてください。 電子マネーを利用する人や用紙がキレイなものがいい人など、こだわりはあると思うので 近くのコンビニがどのようなファックスなのかをあらかじめ理解しておくといいですよ。 セブンイレブンの場合、非通知送信なので相手先が受信拒否の際は送信不可• ファミリーマートの場合、発信制限がかかっている地域には送信不可• どのコンビニでも高画質モードで送信の際は、1枚送るだけでも数分かかる場合がある たくさん注意点があるわけではありませんが、知らないといざ利用しようと思った時に困ってしまうこともあるかもしれません。 なので、コンビニの中でも自分が使いやすそうな店舗を利用しましょう。 どのようなコンビニでも非常にファックスの送り方は簡単ですし、年齢関係なくすぐに覚えられます。 注意点だけはポイントだと思って覚えてくださいね。 まとめ どこに行っても、最近ではいろんなコンビニが並んでいます。 なので、急にファックスを送らなくてはいけない!という事態になっても安心です。 コンビニでファックスの送り方を覚えておくと、必ず自分のメリットになるので、参考にしてみてください。

次の

コンビニでFAXを送る方法|セブン・ローソン・ファミマの料金と送り方

コンビニ fax 送り 方

海外へのFAX送信についてです。 アメリカにFAXしなければならくなったんですが、自宅にFAXが無いのでコンビニですることにしました。 先方に番号はcountry number001, 5xx-2xx-7xxxと言われたので、まずファミリーマートに行って 010-1-5xx-2xx-7xxx とダイヤルしたのですが送信エラーとなってしまい、ファミマを3軒回ったのですがすべて同じ結果でした。 仕方ないのでミニストップのクロネコFAXでやったところ送信は完了したのですが、先方からは送られてないと言われました。 別の担当者に、再度番号を確認したのですが間違っていないようです。 何がいけないのでしょうか? なぜファミマで送れないのでしょうか? 教えてください。 40 pt 送り方としては間違ってないと思います 本来,FAX は規格なので,メーカや機種の組み合わせによらず送受信できるはずではありますが,実際には送れないこともあります 私も仕事で,会社の回線から米国の会社に FAX する機会があるのですが,たまに先方から届いてないと言われることがあります 技術的に届いてないのか,先方の FAX 受信担当者レベルで紛失してるかは不明.米国だと,電話や FAX 業務はアウトソーシングしていて,実際にはインドとかで受け取ってる場合もあります 先方の番号が間違ってないか確認するだけなら,FAX は要りません.一般の電話回線から, 010-1-5xx2xx7xxx へ電話してみてください お使いの電話回線の契約状況によっては,先頭に 001 KDDI をつける必要があります これで受話器から,ピーと FAX 音が聞こえてくれば,先方は間違いなく FAX です 国コード1,エリアコード 5xx ということは,米国カリフォルニア周辺でしょうか 別の解決法ですが,Skype をお使いなら,PamFax というサービスがあります 20 pt ご質問の内容と少しずれた回答ですみません。 ファミリーマートの公式アナウンスでは、できるようですね。 ファクス送信は、簡単な操作で、国内および海外、フリーダイヤルへの送信が可能です。 A3サイズまでの大きな原稿や、製本された原稿をそのまま送信ができます。 しかしファミリーマートのサイトでは送信できない地域があるようですが、アメリカは大丈夫のようですね。

次の

セブンイレブンからFAXが送れる!受信の仕方や料金・使い方も紹介

コンビニ fax 送り 方

受信の場合は一回50円となります。 ファインモードには対応していないコンビニもあります。 通常の画質でも問題ありませんので、小さい文字を使ったFAXでない限りは通常モードを使うことをおすすめします。 コンビニから 海外へ送る際の料金は一回100円~120円です。 送信する国やファインモードを使っての送信などによって料金が変わります。 ただし同じブランドのコンビニでも、店舗によってFAXの受信に対応していなかったり、送受信自体できない店舗もあります。 最寄りのコンビニがFAXに対応しているかは事前に調べておいた方が良いでしょう。 【手順】• コンビニのマルチコピー機で、メニュー画面内のファクスにタッチする。 ファクス送信にタッチする。 国内に送信するか国外に送信するかを選択する。 利用規約を確認し、同意するにタッチする。 送信先の番号を入力して次へにタッチする。 信レポートをプリントするかしないかを選択し、次へにタッチする。 原稿をセットし、原稿読み込みにタッチする。 読み込んだ原稿イメージを確認して送信スタートにタッチする。 宛先の番号を確認してOKにタッチする。 送信結果を確認し、データの消去画面を確認、領収書の発行をするかを選択してファクスを終了をタッチする。 ファミマのコンビニFAXは、スキャンなどの使い方がイメージ画像で表示されてわかりやすくなっています。 読み込んだ原稿を送信前に確認してスキャンし直せることや 送信電話番号を確認できる点が安心です。 確認画面が多いと感じるかもしれませんが、間違いなく送信することができます。 またFAX送信中は、間違い探しをしながら待ち時間をつぶせます。 ファミマのFAXは国内と海外に送信できますが、一部の番号には送信できません。 コンビニでのFAX受信にも対応しています。 【手順】• コンビニのマルチコピー機で、メニュー画面内のファックスにタッチする。 使用同意を確認して同意するにタッチする。 送信先の番号を入力してこれで決定にタッチする。 送信レポートをプリントするかしないかを選択し、これで決定をタッチする。 原稿を読み取り台にセットして、原稿を読み取るをタッチする。 コインで支払うかnanacoで支払うかを選択し、送信スタートをタッチする。 送信が完了したことを確認して終了をタッチする。 続けてFAXする場合は、ファックスを続けるにタッチする。 領収書が必要な場合は領収書をプリントするにタッチし、不要な場合はメニューへ戻るにタッチする。 セブンでのコンビニFAXの使い方は、送信の確認がしやすくボタンも大きいため初めてでも簡単です。 他のコンビニにはない、 支払い方法が小銭かnanacoかを選べる点も特徴で、小銭を持ち合わせていなくてもFAXが使えます。 また、 高画質でも料金は変わらず50円とお得です。 セブンではFAXの送信のみで受信ができないことに注意しましょう。 【手順】• メニュー画面でファクスにタッチする。 国内ファクス送信または海外ファクス送信を選択する。 利用規約を確認して同意するにタッチする。 送信先のFAX番号を入力する。 濃度や画質、原稿サイズを確認して原稿をセットし、読み取りスタートをタッチする。 読み取った原稿を確認して送信スタートをタッチする。 送信結果を確認し、レポートをプリントするかしないか選択する。 領収書を印刷するかしないかを選択して終了する。 ミニストップのコンビニFAXは、送信前に読み取った原稿を確認して送ることができて安心です。 また海外にも送信することができます。 同じ宛先には最大10枚のFAXが送信でき、同じ原稿を違う宛先に送信することができます。 宛先を変えて送信する際に、最初からやり直す手間が省けるため便利です。 【手順】• コンビニのマルチコピー機で、メニュー画面内のファクスにタッチする。 ファクス送信にタッチする。 国内に送信するか国外に送信するかを選択する。 利用規約を確認し、同意するにタッチする。 送信先の番号を入力して次へにタッチする。 信レポートをプリントするかしないかを選択し、次へにタッチする。 原稿をセットし、原稿読み込みにタッチする。 読み込んだ原稿イメージを確認して送信スタートにタッチする。 宛先の番号を確認してOKにタッチする。 送信結果を確認し、データの消去画面を確認、領収書の発行をするかを選択してファクスを終了をタッチする。 ローソンにあるマルチコピー機はファミマと同じメーカーのものを使っており、FAX機能の使い方はファミマと同じです。 送る直前に画面で宛先やスキャン結果を確認し、修正したい場合はその場でスキャンのし直しができるため、追加料金がかかったりはじめからやり直す必要もありません。 FAXを送信中の間は間違い探しゲームで時間をつぶせるため、体感的に送信を待つ時間も短く感じるでしょう。 海外へのFAX送信、コンビニでの受信にも対応しています。 【手順】• コンビニのマルチコピー機でメニュー画面内のファックスにタッチする。 国内FAX送信か、海外FAX送信かを選んでタッチする。 料金を確認し、次へにタッチする。 注意事項を確認し、同意するにタッチする。 送信先の番号を入力する。 原稿をセットし、セット完了をタッチする。 原稿サイズと解像度を確認してスキャン開始をタッチする。 宛先の番号と読み取った原稿を確認し、送信開始をタッチする。 送信レポートが必要か不要かを選んでタッチする。 領収書が必要な場合は領収書をプリントするにタッチし、不要な場合はメニューへ戻るにタッチする。 デイリーヤマザキでは、国内と海外の両方にFAXを送信することができます。 実際に送信する直前にFAX番号や読み取った原稿を確認できることが大きなポイントです。 白紙の原稿を送ってしまい料金を無駄にしてしまったというケースを防げます。 また通常コンビニのFAXは一枚読み取って送ることを繰り返しますが、デイリーヤマザキのFAXは一度に原稿を複数枚読み取れます。 複数のFAXを送信する時に便利です。 最後にデータ消去の確認画面も表示される点も安心です。 【手順】• コンビニのマルチコピー機で、メニュー画面内のファクスにタッチする。 ファクス送信にタッチする。 国内に送信するか国外に送信するかを選択する。 利用規約を確認し、同意するにタッチする。 送信先の番号を入力して次へにタッチする。 信レポートをプリントするかしないかを選択し、次へにタッチする。 原稿をセットし、原稿読み込みにタッチする。 読み込んだ原稿イメージを確認して送信スタートにタッチする。 宛先の番号を確認してOKにタッチする。 送信結果を確認し、データの消去画面を確認、領収書の発行をするかを選択してファクスを終了をタッチする。 ポプラにあった以前のコンビニFAXは国内送信のみの取り扱っていました。 使い方がシンプルでわかりやすいという利点があったものの、読み取った原稿の確認機能やコンビニでのFAX受信機能がついていませんでした。 2017年からは順次ファミマやローソンといった大手コンビニに導入されているマルチコピー機へ切り替わっています。 そのため、 ポプラでも海外へのFAX送信やコンビニでのFAX受信に対応できるようになりました。 使い方はファミマやローソンのマルチコピー機と同じです。 現在マルチコピー機の導入は一部店舗のみとなっていますが、2020年には全国的に切り替わっていくようです。 【手順】• メニュー画面でファクスにタッチする。 ファクス送信にタッチする。 国内に送信するか国外に送信するかを選択する。 利用規約を確認し、同意するにタッチする。 送信先のFAX番号を入力して次へにタッチする。 信レポートをプリントするかしないかを選択し、次へにタッチする。 原稿をセットし、原稿読み込みにタッチする。 読み込んだ原稿イメージを確認して送信スタートにタッチする。 宛先のFAX番号を確認してOKにタッチする。 送信結果を確認し、データの消去画面を確認、領収書の発行をするかを選択してファクスを終了をタッチする。 生活彩家はポプラと同系列のコンビニです。 そのため、マルチコピー機もポプラと同じものを使っています。 以前は国内送信のみのシンプルなコピー機でしたが、 生活彩家でも大手コンビニと同じマルチコピー機が導入されて、 海外へのFAX送信やコンビニでのFAX受信もできるようになりました。 FAXの使い方は、ポプラやその他同じマルチコピー機が導入されているコンビニと同じ使い方となります。 【手順】• メニュー画面でファクスにタッチする。 ファクス送信にタッチする。 国内に送信するか国外に送信するかを選択する。 利用規約を確認し、同意するにタッチする。 送信先のFAX番号を入力して次へにタッチする。 信レポートをプリントするかしないかを選択し、次へにタッチする。 原稿をセットし、原稿読み込みにタッチする。 読み込んだ原稿イメージを確認して送信スタートにタッチする。 宛先のFAX番号を確認してOKにタッチする。 送信結果を確認し、データの消去画面を確認、領収書の発行をするかを選択してファクスを終了をタッチする。 コミュニティストアも関東圏やなどでよく見かけるコンビニです。 一昔前に置かれていたコピー機ではFAXを使えませんでしたが、近年ではファミマやローソンにあるものと同じマルチコピー機が導入され、FAXの送信や受信に対応するようになりました。 コミュニティストアのマルチコピー機では、 白黒のFAXやカラーFAX、海外へのFAX送信もできます。 ただし一部のコンビニではまだ導入されていない場合もあります。 【手順】• メニュー画面でファクスにタッチする。 ファクス送信にタッチする。 国内に送信するか国外に送信するかを選択する。 利用規約を確認し、同意するにタッチする。 送信先のFAX番号を入力して次へにタッチする。 信レポートをプリントするかしないかを選択し、次へにタッチする。 原稿をセットし、原稿読み込みにタッチする。 読み込んだ原稿イメージを確認して送信スタートにタッチする。 宛先のFAX番号を確認してOKにタッチする。 送信結果を確認し、データの消去画面を確認、領収書の発行をするかを選択してファクスを終了をタッチする。 スリーエフは元々単独で展開していたコンビニブランドでしたが、現在は大手コンビニのローソンと合併されてローソン・スリーエフとなっています。 スリーエフに置かれているマルチコピー機はローソンと同じものですので 、ローソンと同じ価格で国内・海外へのFAX送信やコンビニでのFAX受信が行えます。 海外へのFAXに対応しているコンビニは、ファミマやローソンなどです。 上に記載のコンビニ各社ごとの料金表を参考にしてみてください。 コンビニで海外へFAXをする場合は、国内への送信よりも料金が二倍ほど高くなります。 一度に大量送信したり何度も送信するとかなりの金額になりますので、注意しましょう。 コンビニからは送信できない番号もありますので、相手の番号や地域によってはFAXが送れない場合もあります。 コンビニで海外へFAXを送る場合の使い方は、マルチコピー機のFAX送信メニューで海外への送信を選択すれば、あとは国内へ送る時の使い方と同じです。 画面の手順に沿って原稿をスキャンし宛先を入力するだけで送信できます。 【手順】• あらかじめ0570-05-1000の番号にFAXを送信しておく。 送信側のFAX機に10桁の文書番号通知レポートが届くため、控えておく。 最寄りのクロネコFAXに対応しているコンビニへ行く。 コンビニのマルチコピー機にコインを投入する。 メニューからクロネコサービスをタッチし、受信またはファックスを受け取るを選択する。 枚数と料金を確認して次へをタッチする。 FAXが受信される。 クロネコFAXの使い方は二通りあります。 会社などのFAX機からクロネコFAXの番号あてに送ってもらう方法と、 コンビニからFAXを送って別のコンビニで受け取るという方法です。 どちらの使い方もクロネコFAXに送信した時払い出される文書番号は必須ですので、必ず控えておく、または送信者に教えてもらいましょう。 コンビニのFAXについて、料金や使い方、利便性などの口コミを調査しました。 まず利便性については、どこにでもあるコンビニで使える点が便利という口コミが多かったです。 反面、わざわざコンビニまで行くのが面倒という意見もあり、自宅などからの近さやFAXをするためだけという目的のためにコンビニへ行くことに面倒さがあるようです。 料金については、安いと感じる人と高いと感じる人の両方の意見が見られました。 使う頻度や郵便など他の輸送手段と比較してどうかによるようです。 コンビニでの白黒コピーが1回10円でできることを比較して高いと感じる人もいるようでした。 使い方については、使いたいけど使い方がわからないというように使ったことのない人にとっては敷居が高く感じるようですが、一度使ってみると意外と簡単と感じる人も多くいるようでした。 コンビニの店員に教えてもらいながら使ったという人もいました。 コピーなどに便利なコンビニのマルチコピー機にFAX機能が導入されるようになり、家にFAX機がなくても送信や受信ができるようになりました。 最初は使えるコンビニが大手のみでしたが、現在は事業の統合や業務提携などによって、国内ほとんどのコンビニチェーンでFAXが使えるようになりました。 コンビニによっては海外へ送信できたり、クロネコFAXが導入されているコンビニであれば受信もできます。 全国どこからでも送れて、どこに送っても料金はほぼ変わりません。 コンビニでのFAXの使い方は画面にガイドが出てるため初心者でも簡単です。 他のコンビニでもほぼ使い方は同じですので、一度使えば抵抗感がなくなる人も多くいます。 一方でコンビニのFAXは日常使いにしにくい、大量送信には手間がかかり料金も高いというデメリットもあります。 また、コンビニが不特定多数の人がいるという環境である以上、情報漏洩も起きやすいです。 送信先番号の覗き見や原稿の置き忘れには注意しましょう。 出先で急にFAXが必要となったり、普段は使わないけれどたまに送る必要が出てきた場合、コンビニでならいつでも簡単に送ることができますので、是非コンビニのFAXを活用してみてください。

次の