宇多丸 入院。 ライムスター宇多丸が大腸憩室炎で入院、公演中止

ダースレイダーと宇多丸 緊急搬送と集中治療病棟を語る

宇多丸 入院

こんにちは。 文字起こし職人のみやーんです。 僕が選んだラジオクラウドのおすすめコンテンツを紹介するコーナーの第51回目。 今回は『アフター6ジャンクション』の中から「宇多丸『ゲーム・オブ・スローンズ』を語る」です。 宇多丸さんが大腸憩室炎で入院した際に見始めた人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』をついに最終話まで完走。 その感想などを話していました。 宇多丸:そんな中で私、現在ちょっと2つの達成感を……。 日比麻音子:あ、そうそう。 なんですか? 宇多丸:ささやかなことですよ。 オープニングトークにふさわしい……オープニングトークってこういう身の回りのどうでもいいこともしていいんでしょう? 日比麻音子:そうそう。 ゆるっと。 宇多丸:ひとつは、ある仕事……これは言えない範囲もあるんですけども。 とあるレコーディング仕事というか、それを昨日の夜、放送が終わった後にちゃんとやってきた。 でも、比較的僕にしては順調にポンポンと進んでいい感じに終わったかなと。 その仕上がりを待つばかりという。 これ、ずっと僕は「考える時間をくれ」っていうのが長いので。 ずっとずーっと考えて作って、それでブラッシュアップしてみたいなのが長いんで。 ようやく解き放たれたというか。 これはいずれ、発表できるかなと。 いま、みなさんに発表してないやつ、2つぐらいやっていますから。 これ、いいですね。 日比麻音子:おっ、結構あるじゃないですか。 宇多丸:弾が2つ! 日比麻音子:それってでも、ワクワクしません? 宇多丸:そうですね。 早くお聞かせしたいな、みたいなのがあって。 それがひとつ、達成感ね。 で、そのひとつ、仕事を終えた達成感に包まれて家に帰ってきました。 深夜過ぎですよ。 もう3時ぐらいになってましたよ。 まあ、はっきり言って作業は終わっていたんだけど、1時間半ぐらいずっとダベッてたんですけども。 日比麻音子:フフフ、解き放たれたからね(笑)。 宇多丸:そうそう。 それで帰ってきて、そこでもうひとつの達成感。 これはずっとそのレコーディングが終わったら……っていうことで取っておいたんですけども。 『ゲーム・オブ・スローンズ』、アメリカのドラマシリーズ。 シーズン8で完結したんですけど。 僕は令和に変わる前後のタイミングで大腸憩室炎になって10日ぐらい入院したじゃないですか。 まさにそのタイミングで、その入院している時に病室にWi-Fi! Wi-Fiをトーン! 『ゲーム・オブ・スローンズ』、トーン、トーン、トーンッ! で『ゲーム・オブ・スローンズ』をついに本格的に……前、途中まで見ていたんだけども。 やっぱり『ゲーム・オブ・スローンズ』を履修しなければならないっていうことで始めたわけです。 日比麻音子:くぅーっ! 宇多丸:それがついに、要するにそのレコーディングが終わって帰ってきたら最後の1話を見るぞっていうことで。 日比麻音子:おお、取っておいたんですね。 ショートケーキのイチゴ的に。 宇多丸:取っておいたんですよ! で、最後、その『ゲーム・オブ・スローンズ』の最終話を見終わり、見終わりってからの、まだちょっと寝るには時間があるぞっていうことで。 まあ正直、すでに1杯やっています。 1杯やっている状態で、なんなら、なんならこれ……1話! 第1話に戻るっていうのもこれ、オツなもんかもしれんぞ?っていうことで、1話目に戻って、もう1回1話目を見直しちゃって。 そうすると、1話目を見るとまた続きが見たくなっちゃうから……ということで。 いま、2周目に突入ぐらいの。 日比麻音子:アハハハハハハッ! 宇多丸:そんぐらいやっぱりね、『ゲーム・オブ・スローンズ』ロスがね。 「ああ、終わっちゃった……」っていうね。 日比麻音子:でもだって、令和になった時ですから、めちゃくちゃ短期間で一気に? 宇多丸:まあ約3ヶ月ですね。 日比麻音子:すごいペースですね! 宇多丸:まあとにかく、ちょっとした合間。 出かける前に「ああ、1時間あるな? 『ゲーム・オブ・スローンズ』見よう!」。 帰ってきて「ああ、寝る前にまだちょっとあるな? 『ゲーム・オブ・スローンズ』見よう!」って。 日比麻音子:じゃあ結構この3ヶ月は濃密に『ゲーム・オブ・スローンズ』と共に? 宇多丸:そうそう。 合間にやっていて。 で、もちろん世界的に……いま、たぶんそういうコンテンツとしていちばん人気がある……ある世代にはものすごいアイコンになる、『スター・ウォーズ』級のそういうものになるっていう。 MCUや『スター・ウォーズ』級っていうところもあると思うから。 やっぱり、まあ面白いんですよ。 ひらたく言えば。 日比麻音子:へー! 始めたいけどな……。 宇多丸:特にシーズン1ぐらいはまだ全然セッティングの段階で。 やっぱりメインのキャラクターが一通り出揃って。 それで、さあ……っていうぐらいのところまで行って。 要するに、どういう話かが把握できて、キャラクターもそれぞれに把握できて。 まあ好きなキャラクターや嫌いなキャラクターができてくる頃になるともう、いよいよっていう感じなんですよね。 だからね、シーズン1ぐらいはまだセッティングの段階。 日比麻音子:うわっ、でも長いですね。 そう思うと。 宇多丸:でも、1話ごとの引きが上手いから。 特にシーズン終わりの引きがすごい! みんなあれさ、2011年からやっていますから。 8年、要するに1年1シーズンのペースじゃないですか。 まあそのぐらい手間がすごい……特に最後の方とか、映画でもちょっとこの規模はないでしょう?っていうレベルで。 日比麻音子:CGとかですか? 宇多丸:セットですね。 CGもすごいですけど。 巨大セットと巨大エキストラと。 当然、ファンタジーだけど時代物チックなファンタジーなので衣装とかも全部きっちりやらなきゃいけない。 もうめちゃくちゃ金もかかっていて壮大なんですよ。 いまの映画でもあの規模のものはないなっていうぐらいのあれがあって。 だからそれぐらい時間がかかっている。 リアルタイムで見ていた人はこれ、だから間ですげえ待っていたわけでしょう? よく我慢できたな!っていう。 俺はだから一気に見れてストレスがなかったですけど。 日比麻音子:365日待たなきゃいけなかった人もいっぱいいたでしょうから。 宇多丸:で、そのシーズン8のエンディング、僕もすごい感心したのはやっぱり、ほら。 ドラマシリーズって人気があるから続いちゃって。 もうピークはすぎたのにな……っていうの、あるじゃないですか。 ちゃんとやっぱりね、その終わりの一点に向けてちゃんと全部がきれいにうねっていくっていうか。 すごくよくできていて。 シーズン8の終わり方に関してはね、いちぶファンが「こんな終わり方かよ」って。 要するに原作を超えてエンディングに行っちゃったんで不満もあるようですけども。 僕はちょっとその一気に見たせいもあるのか、僕はこれはこれでやっぱりこうなるしか……それぞれのキャラクターが「ああ、この人はこうなるよな」っていうところに収まったように僕には見えたけどね。 日比麻音子:ほう。 ストンと。 宇多丸:まあ、ちょっとあっけなく見える部分というのもあるにはあるけど。 僕はだからすごくね、大満足です。 日比麻音子:へー! しかも結構、本当にまさに達成感ですよね。 だって8シーズン分って……。 宇多丸:ねえ。 平成の終わりからずっと見てきたんだけど。 だからということでね、日比さんももし機会があったらというような。 日比麻音子:へー! 時間がね、いるんで。 やっぱり覚悟がいるなって。 いまさら始めるには。 宇多丸:もちろんクリエイターたち、次の『スター・ウォーズ』の新しいシリーズを任されたりもするんで。 これはちょっと、履修は必須の時代に入ってきているなと。 でも本当に面白さは保証しますんで。 ただね、エロい、グロい……。 日比麻音子:エロいんですか? 宇多丸:頭の方に戻ったら「あれっ? こんなに裸が出てきてたっけ?」っていう。 後半よりも最初の方がこれでもか!っていうぐらい性の要素を打ち出していて。 あと、やっぱりバイオレンスはね、結構俺も途中で見ながら「ええーっ!? 」って。 結構そういうの、見慣れているつもりだったけど、「ええっ?」ってなったりもするし。 いやいや、ぜひぜひ。 まあ「なにをいまさら」って思っているかもしれないけども。 でも、そのシーズン8はこの4月とかでしたっけ? 配信されたのは。 だから比較的完結してから間もないので、乗るならいまだっていうことでね。 日比麻音子:はい。 いまのうちに乗っておかないといけないなと。 宇多丸:あと日比ちゃんはね、あと我々、作家の古川さんとかも交えての『ふぞろいの林檎たち』会とか、いろんなものを履修しなきゃいけないという。 日比麻音子:それも徹底的に講習を受けないと(笑)。 宇多丸:おまけに春日太一さんのガンダムまで履修をしなくちゃいけないという(笑)。 日比麻音子:そうなんですよね(笑)。 ガンダムを見たらちゃんと時代劇まで見たくなるから。 もう科目数、夏休みの宿題が多いのよ(笑)。 宇多丸:本当ですよね。 俺、しかもその合間に県立美術館もいろいろ回らなくちゃいけないから、大変なことになっているという。 日比麻音子:アハハハハハハッ! 大変だ(笑)。 全世界的な大ヒットドラマで、かつ次のシリーズの『スター・ウォーズ』の製作にも関わるということであればやはり『ゲーム・オブ・スローンズ』、必見なんでしょうね。

次の

ライムスター宇多丸 体調不良がヤバい!大腸憩室炎で合併症、人工肛門に?

宇多丸 入院

ザ・シネマハスラーとは、の・気である。 番組がの1から6のに開中のを振り分け、出たのを翌週ので番組のが評論する。 当たったはたとえ乗り気でなくても必ず評論しなければならず、また期待されていたの作品をで外すこともしばしば。 まさに博徒()である。 扱うは単館上映の作品からの製、・までと幅広い。 の放送をもって、当は終了した。 放送時間は:頃に変更。 趣旨は以前と変わらないが、これまで決めに使われていたはくなり、代わりにという新が登場。 補作品数の既定が実質くなった他、からのとしてなるものも用意されており、が採用されると代として2,000円のお小遣いが貰える。 の名前は某系の名前から取られているが、何故かOP曲は「」のである。 特徴 豊富な知識は論のこと、時に執拗なまでの下調べを行なってから評論に臨む姿勢が特徴。 までので、の作品、、等底的に収集をしてから批評する。 (本人く小心者ゆえとのこと) 発足当初は20分程度で評論していたが徐々に時間が長くなり、最近は分前後でることが多くなっている。 またどんなであってもの最後は「 オススメです!!」の言葉で締めくる。 それがそのものとは限らないが ちなみにこれまでの批評はで全て聴くことが出来る。 新規のものは1ヶ間開の後、随時されてしまうので聞きたい方はおめに。 外部を参照のこと。 シネマランキング 毎年年末の放送ではその年に ザ・シネマハスラーで扱った全てを形式で振り返るを行なっている。 以下には各年の5とワーのみを挙げる。 余計なお世話だヤ! 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 外部リンク•

次の

Rhymester

宇多丸 入院

先ほどニュースを見てちょっとびっくり がの体調不良のため、本日4月28日にHEAVEN'S ROCK さいたま VJ-3で開催予定だった「KING OF STAGE VOL. 14 47府県TOUR 2019」埼玉公演の中止を発表した。 は先日から腹痛が悪化し、都内の病院で検査を受けたところ大腸憩室症を患っていることが発覚。 そのまま入院し、当面安静が必要な状況だという。 公演中止に際して彼は「僕の体調管理が不十分だったせいで、皆様の貴重なお時間を無駄にし、期待を裏切ってしまったことを、深くお詫び申し上げます。 いつかこの埋め合わせができることを祈りつつ」とコメントしている。 「KING OF STAGE VOL. 14 47府県TOUR 2019」は3月3日にスタートしたの結成30周年記念ツアー。 中止となった本日の公演の振替公演の開催やチケットの払い戻しについては決定次第アナウンスされる。 おいおいまじかよ・・・明日のアトロクも休みか・・・ このお方もなかなか多忙な方なので非常に心配です。 大好きなんですよ。 ラップももちろんなのですが、何より喋りが達者。 を出ているだけあって頭がいい。 話が聴きやすいのです。 尊敬しているくらいです。 そんな彼の体調不良。 管理も何もないと思いますけどね。 芸能人の方って。 忙しすぎて管理どころじゃないと思いますけど・・・ 因みにですね、 大腸憩室症ってなに?と思ったので簡単に説明したものを引用しておきます。

次の