いとおかし 使い方。 いとおかし(いとをかし)にはどんな意味があるの?今風で言えば?

いとおかし(いとをかし)にはどんな意味があるの?今風で言えば?

いとおかし 使い方

古典文学には「いとおかし」という独特の表現があります。 「いとおかし」の「いと」は、普通より程度が高い状態を示す「非常に」「大変に」などを表し、「おかし」は、愚かなものを指す「をこ」が月日の流れと共に意味が変化した言葉だとされています。 この記事では、古典文学で使われる「いとおかし」の意味や表現、文例を通して古文の美しさをご紹介します。 「おかし」は打ち消し言葉ではないので「とても」などの意味で使われます。 この「おかし」と「をかし」は同じ意味ですが、正しい表記は「をかし」で、現代語仮名遣いにしたもが「おかし」です。 このように現代に合わせながら読み解くと、古典文学も身近に感じるのではないでしょうか。 古語での意味 古典文学などで使われている「いとおかし」は前後の文脈により意味が多少異なります。 「をかし」は感動を表わす言葉で、対象を客観的に観察することで沸き起こる知的感動を表すのに使われ、「明るい知性的な美」を表す言葉だとされています。 機知に溢れた気づきから生まれる感動には、楽しさや美しさがあり、明るい印象を与える言葉として使われています。 いとをかしの使い方と例文 「いとおかし」の意味は1つだけではなく、文脈によってさまざに変化することを前述しました。 「いとをかし」という表現に出会ったら、前後の文脈を踏まえた上で「とても美しい」のか「とても滑稽」なのか、また別の意味になるのかを判断する必要があります。 ここでは、「いとをかし」の使い方と例文について詳しくご紹介します。 「いとおかし」の使い方 「いとをかし」は「いとあはれ」と共に、平安時代における文学の基本的美的理念として使われていた表現です。 対象に入り込む「あはれ」と異なり、知的・批評的に対象を観察することで沸き上がる感動を鋭い感覚によって起こす情趣です。 5つの例文を通して「いとをかし」の使い方や異なる意味について解説します。 「いとをかし」を使う場面 「いとをかし」は枕草子などで多く見られる表現で、美に対する感嘆や称賛などを明るい印象で伝える時に用いられることが多い言葉です。 「もののあはれ」は源氏物語などで多く見られる表現で、「しみじみとした情緒の美」と伝えられるように、心に響かせる気持ちを表現する時に多く用いられています。 「いとをかし」を使った例文 「いとおかし」の意味はおおまかに理解できたでしょうか。 ここからは、例文と合わせて「いとをかし」の使い方やそれぞれの状況に合わせた意味について具体的に解説していきます。 例文4「いとをかしき琴の音」 「いとをかしき琴の音」 現代語訳:とても見事な琴の音 が聞こえてくる この文での 「いとをかし」は「とても見事に」という意味で使われています。 「美しい」「優美な」「素晴らしい」という意味に置き換えても文脈として間違っていません。 いずれも琴の音の美しさを称賛していることが伝わります。 「をかし」は美への称賛や感嘆を表す言葉ですが、「をかし」そのものが「美しい」という意味で使われることもあります。 この「古記録資料の敬語の研究」は、古記録の敬語についてまとめられた最初の書物で、敬語の実を研究対象として表題に挙げられているため、記録語の研究史上で意義のあるものだといえます。 「いとおかし」は、奈良・平安時代などの日本古典文学に用いられた表現の1つで、人物や所作、物事や自然の風景などへの称賛や感嘆を表す言葉です。 自然や景色などの趣や風流な印象、笑いを誘うような可笑しさ、強く興味を引くことや面白いと感じること、子供や女性などの人物や動植物などが綺麗であるなどと感じた気持ちを表現する言葉として使われていました。 いとおかしが使われた文学作品 狭い意味での古文とは、奈良・平安時代までに文語体で書かれた文章などのことです。 「いとおかし」が用いられている日本の古典を指し、この時代の慣習や行事など、当時の暮らしや制度を知る上で貴重な資料や記録でもある著作のことです。 この時代に多く使われた「いとおかし」ですが、「いとおかし」を広げた文学作品として最も有名なのが「枕草子」です。 枕草子について 枕草子は「おかし」の文学として知られ「いとおかし」が多く用いられています。 機転の利く対処が求められる宮廷で、細やかな感性と鋭い観察力、知識と文学的素養、ウイットに富んだ文章が周囲を惹きつけました。 同時代の源氏物語と合わせて、日本だけでなく世界中で読まれている文学作品であることから、枕草子は優れた古典随筆文学だということがわかります。 枕草子の作者 清少納言 966年~1025年頃 は平安時代中期の三十六歌仙の1人で、女流歌人・随筆家です。 代表作は「いとおかし」で有名な「枕草子」で、父は「後撰集」の撰者清原元輔、祖父の深養父も有名な歌人で三十六歌仙の1人です。 一条天皇の中宮定子に約10年間女房として仕え、藤原道隆や伊周、藤原斉信などの公家貴族との華やかな社交界に生きました。 古文に親しもう 「いとおかし」を通して古典文学の奥深さを解説しましたが、 古典文学では自然の風景や風物、人物や所作などから感じる日本人特有の細やかな感性や美意識を「いとおかし」と表現することをご理解いただけたでしょうか。 「いとおかし」の意味を文脈から汲み取るのは古典文学ならではの美しさですが、今も昔も変わらぬ人々の感性が根源にあると教えてくれます。 いとおかしが使われている文学作品を読んでみよう 「いとおかし」という美しい言葉が現代で使われることはありませんが、格調高く雅な趣のある「枕草子」や「源氏物語」などの古典文学に親しむことで、その時代を生きた人々への思いをはせることができます。 「いとおかし」が使われている文学作品を読むことで、正に美しい世界を感じることができるでしょう。

次の

いとおかし(いとをかし)にはどんな意味があるの?今風で言えば?

いとおかし 使い方

全体がしっかりしていて、形が変わらない。 外部からの影響を受けない。 頑な(かたくな)であること。 物や気持ちがしっかりしていて、外部の影響・意見で変わることがない。 そういった「かたさ」が、固いにはあるんですね。 また固いの 反対語には、次のものがあります。 緩い(ゆるい)• 柔らかい• 軟らかい 「緩い」は、水分などを含んで柔らかい状態であるということ。 また張りがなく隙間などが存在する、寛大であるという意味もあります。 ちなみに「柔らかい」と「軟らかい」の違いは、対象となる物の「かたさ」によるもの。 一度変形しても自然に戻るなら「柔らかい」• 変形すると自然には戻らない場合は「軟らかい」 を使用します。 また物事の考え方に対しては、「柔らかい」を使います。 堅いとは? 堅いには、次の 意味があります。 中身が充実していて、しっかりしている。 品質などがしっかりしていて、確実である。 しっかりした性質をもつ、人や物。 「しっかりしている」とは、物事の基本が安定している様子を表す言葉。 また人柄・考え方が安定していて、信用出来る人という意味もあります。 これらを合わせて、 人柄や品質が安定していて確実性がある状態を「堅い」と表現。 物理的な頑丈さもありますが、安定感と安心感がある状態を表しているんですよ。 ちなみに堅いの 反対語は、次の3つ。 脆い(もろい)• 柔らかい• 軟らかい 「脆い」は、崩れやすい・壊れやすいという意味の言葉。 考え方や品質に安定性がなく、すぐに形を保てなくなってしまう事を表しています。 硬いとは? 硬いには、次の 意味があります。 材質が密になっていて、形が変わることがない様子。 ぎこちなく、こわばっている。 かたくるしい。 「固い」の意味と似ていますが、硬いは 力強くあって影響を受けない状態。 一方で人の心持ちを表す場合は、 未熟・不慣れであることを表現しています。 そんな硬いの 反対語は、次の2つ。 柔らかい• 軟らかい 硬いでは、こちらの2つのみが反対語となりますね。 固い・堅い・硬いの違い、まとめ 固い・堅い・硬いの 違いを簡単にまとめると次の通りです。 「かたい」 意味 固い• 全体がしっかりしていて、外部の影響を受けない• 気持ちが頑なである。 反対語は、 緩い・柔らかい・軟らかい 堅い• 品質・性質がしっかりしていて、安定性があること• 反対語は、 脆い・柔らかい・軟らかい 硬い• 材質が密で、形が変わることがない• 特に人の場合、ぎこちない状態やこわばっている様子• 反対語は、 柔らかい・軟らかい 意味が似ていて迷いがちですが、わかりにくい時は、反対語(緩い・脆いの違い)の特徴を思い浮かべるといいですね。

次の

「いとおかし」の使い方

いとおかし 使い方

古典文学には「いとおかし」という独特の表現があります。 「いとおかし」の「いと」は、普通より程度が高い状態を示す「非常に」「大変に」などを表し、「おかし」は、愚かなものを指す「をこ」が月日の流れと共に意味が変化した言葉だとされています。 この記事では、古典文学で使われる「いとおかし」の意味や表現、文例を通して古文の美しさをご紹介します。 「おかし」は打ち消し言葉ではないので「とても」などの意味で使われます。 この「おかし」と「をかし」は同じ意味ですが、正しい表記は「をかし」で、現代語仮名遣いにしたもが「おかし」です。 このように現代に合わせながら読み解くと、古典文学も身近に感じるのではないでしょうか。 古語での意味 古典文学などで使われている「いとおかし」は前後の文脈により意味が多少異なります。 「をかし」は感動を表わす言葉で、対象を客観的に観察することで沸き起こる知的感動を表すのに使われ、「明るい知性的な美」を表す言葉だとされています。 機知に溢れた気づきから生まれる感動には、楽しさや美しさがあり、明るい印象を与える言葉として使われています。 いとをかしの使い方と例文 「いとおかし」の意味は1つだけではなく、文脈によってさまざに変化することを前述しました。 「いとをかし」という表現に出会ったら、前後の文脈を踏まえた上で「とても美しい」のか「とても滑稽」なのか、また別の意味になるのかを判断する必要があります。 ここでは、「いとをかし」の使い方と例文について詳しくご紹介します。 「いとおかし」の使い方 「いとをかし」は「いとあはれ」と共に、平安時代における文学の基本的美的理念として使われていた表現です。 対象に入り込む「あはれ」と異なり、知的・批評的に対象を観察することで沸き上がる感動を鋭い感覚によって起こす情趣です。 5つの例文を通して「いとをかし」の使い方や異なる意味について解説します。 「いとをかし」を使う場面 「いとをかし」は枕草子などで多く見られる表現で、美に対する感嘆や称賛などを明るい印象で伝える時に用いられることが多い言葉です。 「もののあはれ」は源氏物語などで多く見られる表現で、「しみじみとした情緒の美」と伝えられるように、心に響かせる気持ちを表現する時に多く用いられています。 「いとをかし」を使った例文 「いとおかし」の意味はおおまかに理解できたでしょうか。 ここからは、例文と合わせて「いとをかし」の使い方やそれぞれの状況に合わせた意味について具体的に解説していきます。 例文4「いとをかしき琴の音」 「いとをかしき琴の音」 現代語訳:とても見事な琴の音 が聞こえてくる この文での 「いとをかし」は「とても見事に」という意味で使われています。 「美しい」「優美な」「素晴らしい」という意味に置き換えても文脈として間違っていません。 いずれも琴の音の美しさを称賛していることが伝わります。 「をかし」は美への称賛や感嘆を表す言葉ですが、「をかし」そのものが「美しい」という意味で使われることもあります。 この「古記録資料の敬語の研究」は、古記録の敬語についてまとめられた最初の書物で、敬語の実を研究対象として表題に挙げられているため、記録語の研究史上で意義のあるものだといえます。 「いとおかし」は、奈良・平安時代などの日本古典文学に用いられた表現の1つで、人物や所作、物事や自然の風景などへの称賛や感嘆を表す言葉です。 自然や景色などの趣や風流な印象、笑いを誘うような可笑しさ、強く興味を引くことや面白いと感じること、子供や女性などの人物や動植物などが綺麗であるなどと感じた気持ちを表現する言葉として使われていました。 いとおかしが使われた文学作品 狭い意味での古文とは、奈良・平安時代までに文語体で書かれた文章などのことです。 「いとおかし」が用いられている日本の古典を指し、この時代の慣習や行事など、当時の暮らしや制度を知る上で貴重な資料や記録でもある著作のことです。 この時代に多く使われた「いとおかし」ですが、「いとおかし」を広げた文学作品として最も有名なのが「枕草子」です。 枕草子について 枕草子は「おかし」の文学として知られ「いとおかし」が多く用いられています。 機転の利く対処が求められる宮廷で、細やかな感性と鋭い観察力、知識と文学的素養、ウイットに富んだ文章が周囲を惹きつけました。 同時代の源氏物語と合わせて、日本だけでなく世界中で読まれている文学作品であることから、枕草子は優れた古典随筆文学だということがわかります。 枕草子の作者 清少納言 966年~1025年頃 は平安時代中期の三十六歌仙の1人で、女流歌人・随筆家です。 代表作は「いとおかし」で有名な「枕草子」で、父は「後撰集」の撰者清原元輔、祖父の深養父も有名な歌人で三十六歌仙の1人です。 一条天皇の中宮定子に約10年間女房として仕え、藤原道隆や伊周、藤原斉信などの公家貴族との華やかな社交界に生きました。 古文に親しもう 「いとおかし」を通して古典文学の奥深さを解説しましたが、 古典文学では自然の風景や風物、人物や所作などから感じる日本人特有の細やかな感性や美意識を「いとおかし」と表現することをご理解いただけたでしょうか。 「いとおかし」の意味を文脈から汲み取るのは古典文学ならではの美しさですが、今も昔も変わらぬ人々の感性が根源にあると教えてくれます。 いとおかしが使われている文学作品を読んでみよう 「いとおかし」という美しい言葉が現代で使われることはありませんが、格調高く雅な趣のある「枕草子」や「源氏物語」などの古典文学に親しむことで、その時代を生きた人々への思いをはせることができます。 「いとおかし」が使われている文学作品を読むことで、正に美しい世界を感じることができるでしょう。

次の