インスタ 埋め込み。 Instagram Graph APIの基本的な使い方・Webサイトにインスタの写真を埋め込みする方法

【インスタ】タイムラインの写真や投稿一覧を埋め込みする方法

インスタ 埋め込み

該当の投稿から「埋め込みコード」を取得して、自身のサイトに貼り付けるだけ。 ブログなどからインスタへの流入が増やせますし、ほかのインスタユーザーの投稿を貼り付ければ話題の幅も広がります。 PC版とスマホWebブラウザ版の手順は同じ。 スマホの方は『Safari』などのWebブラウザからインスタにログインしましょう。 スマホアプリ版では埋め込みコードの取得はできないのでご注意を。 (インスタ埋め込みコード) サイズを変えて表示する 埋め込んだ投稿画像の表示サイズを大きくしたり、小さくすることもできます。 元のサイズ 【横幅】max-width:540px; 【縦幅】min-width:326px; 埋め込みコード内の上記max-width:とmin-width:の数値を変更しましょう。 下記サンプルは「max-width:300px; min-width:300px;」で設定。 複数投稿並べた自動更新の埋め込みができる外部ツール 先述のとおり『Instagram』のAPIは2020年3月には廃止されるため、 APIを利用した外部ツールは使用できなくなっていくでしょう。 複数投稿を並べたり、自動更新仕様にもできた埋め込みツールの『InstaWidget』は、現在サイトにアクセスできなくなっています。 『SnapWidget』はまだ使えるようですが、こちらもいつ使えなくなるかは不明。 それでも今やりたいという方は、以下簡単にご紹介しますのでご参考までに。 SnapWidget 設定項目の意味 Thumbnail Saize サムネイル画像(一つひとつの投稿画像)の表示サイズ Layout Columns X Rows Columnsが横、Rowsは縦にいくつ並べるかのレイアウト表示設定 Photo Padding 画像と画像の間の余白 Hover Effect 画像にマウスを合わせた際の動きを付けるか Rsponsive PCとスマホそれぞれの端末に合わせた表示(レスポンシブ)にするか 注意点、不具合と対処法 埋め込んだ投稿が削除されるとどうなるか、ほかのユーザーの投稿を埋め込む場合の注意点や不具合がある際の対処法を見ていきましょう。 埋め込んだ投稿が削除されると非表示になる 埋め込みはインスタの投稿を参照表示しています。 投稿内容が変更されれば埋め込みの方にも反映されます。 投稿自体が削除されている場合は下記のように非表示となります。 定期的に埋め込んだ投稿の更新・削除がないかチェックすると良いでしょう。 - 2019年12月月11日午前12時29分PST 他ユーザーの投稿を埋め込む場合の著作権について では投稿の再シェアを許可しています。 「再シェア」とは、インスタが提供するAPI(埋め込み機能など)を使ったネット上での投稿シェアを指します。 つまりInstagramの投稿を引用として、埋め込みで掲載すること自体は問題ありません。 画像をいったん保存してから貼り付けるのはNGなので注意しましょう。 なお、許可なく勝手に掲載をしてほしくないと感じるユーザーもいます。 もし投稿者本人から取り下げるようお願いされた場合には、掲載をやめるのがベターです。 埋め込みが表示されないときの対処法 Wi-Fiなどの通信環境を確認する インスタの埋め込みに限らず、ページがうまく表示されない場合は真っ先に通信環境を確認しましょう。 Wi-Fiやモバイルデータ通信がオフになっていたらオンにしましょう。 スマホはiOSやAndroidを最新版にアップデートする 最新版に合わせて仕様を更新しているサービスでは、 iOSやAndroidのバージョンが古いと不具合が出やすくなります。 端末のバージョンはこまめにアップデートをしましょう。 手順は以下のとおりです。 『Internet Explorer』も同じ位置に歯車アイコンがある。 上記でも解決しない場合には サイトとの相性もあるため、使っているブログやサイトの運営に問い合わせしましょう。 『WordPress』だと『InstaShow Lite』などのプラグインを追加して解決する場合も。 最終手段ですが、 ブログによってはリンクを貼り付けるだけで「埋め込み」にできるものもあります。 まとめ インスタの「埋め込み」で持っている他サイトに投稿を表示させることで、 新しい間口からユーザーを引き込むことができます。 自分以外のユーザーの投稿も埋め込みできるため、第三者の投稿(発言)は記事への信憑性にも繋がるでしょう。 デザインを変えたり 自動更新仕様の埋め込みをするには外部ツールの利用が必要ですが、API廃止に伴い徐々に使用できなくなっていきます。 必要な方は理解した上で活用してください。 こちらの記事もおすすめ.

次の

ワードプレスにインスタを埋め込み手順【画像つき】キャプションはどうする?|ネットで稼いで家計を100倍楽にするTOYODAブログ

インスタ 埋め込み

今回は、こちらの『Instagram Grid』を選択しました。 6.こちらの画面になりましたら、まずはInstagramの情報を呼び出しますので、『Username』をクリックします。 ポップアップで下記のような画像が表示されます。 すると下記のようにインスタに接続する画面が表示されますので、インスタのアカウントが合っていたら『Authorize』をクリックします。 もしインスタのログインが必要であればログインしてください。 ) 7.下記のように自分のインスタグラムが表示されているのを確認できたら、設定していきます。 下へスクロールさせて必要項目を選択していきます。 わたしが設定した項目です。 ・Layout・・・表示したい レイアウトの設定です。 32は横が3つで縦が2つということになります。 ・Hover Effect・・・ エフェクトの設定です。 画像にマウスを合わせた時に画像に対して動きを付けれたりします。 不要のときは、 【None】を選択します。 ・Sharing Buttons・・・ シェアボタンの設定です。 必要か不要かを選択します。 ・Responsive・・・ レスポンシブの設定です。 携帯とかスマホでも対応したサイズに変更させたいときは、 【Yes】を選択して下さい。 これらの設定が完了しましたら 【GET WIDGET】をクリックします。 8.HTMLのコードが表示されますので、このコードをコピーしてください。 これで【SnapWidget(スナップウィジェット)】でのコード取得はすべて完了です。 WordPressのトップページに埋め込む方法 コードの取得が完了しましたら、続いてはワードプレスへの埋め込みになります。 まずトップページのどこに埋め込むのかを決めます。 わたしはトップページの下に埋め込みたいと思います。 1.Wordpressのダッシュボードを開きます。 左サイドバーの 【外観】にマウスを合わせ 【ウィジェット】もクリックします。 2.ウィジェットの画面に切り替わります。 トップページ下部に埋め込みコードを設置します。 他には、トップページ下部ウィジェットなどになっている場合もあります。 通常はテキストで良いです。 4.トップページ下部のところに 【STINGERフリーボックス】が追加されました。 5.【STINGERフリーボックス】に、 【タイトル】を入力して、下のテキストエリアに先ほどSnapWidgetで取得したコードを貼り付けをして 【保存】をクリックします。 これでトップページの下部にInstagramが表示されるようになりました。 パソコンが苦手な初心者さんのブログ運営をサポートしたり、代行でWordPressの立ち上げをしています。 当ブログでは、WordPress作成方法・ブログ記事の書き方・アフィリエイトの方法など、パソコン苦手な初心者さんの『困った!!』を解決しています。

次の

ワードプレスにインスタを埋め込み手順【画像つき】キャプションはどうする?|ネットで稼いで家計を100倍楽にするTOYODAブログ

インスタ 埋め込み

例えば、インスタグラムでの集客を図るものの思うように客数を伸ばすことができないといったときにインスタグラム埋め込み一覧リンクを使用します。 そうすることでホームページやブログなどのWebサイトでインスタグラムタイムライン一覧のリンクから辿り、インスタグラムへの観覧へと誘導させることができます。 人は最初は中身からは判断できないと言われています。 中身よりも目で見るもので良いものは評価でき、悪いものをは評価できないなどの判断をする傾向があるため、画像や写真で人を惹きつけるようなものがあればインスタグラムタイムライン一覧のリンクをクリックしてくれるものだと思います。 このようにWebサイトを利用して埋め込まれたインスタグラムタイムライン一覧のリンクから、インスタグラムの観覧してもらうことでインスタグラムのフォロワーを増やすなどといったことにも有効な手段となります。 InstaWidgetとは、Webサイトやブログなどにインスタグラムの写真一覧を気軽に追加することができるブログパーツ ウィジット です。 InstaWidgetを使うことで誰でも簡単にWebサイトにインスタグラムの投稿画像を埋め込みできます。 InstaWidgetの特徴として、完全無料で利用できるうえにインスタグラムとは別に新規ユーザー登録のようなものもないので気軽に利用できるメリットがあります。 完全無料というとWebサイトに広告が入るデメリットがあると思われがちですが、このインスタグラムサービスにはWebサイトへの広告表示は一切ありません。 このようにInstaWidgetはシンプルかつ完全無料で利用できるインスタグラムWebサイト埋め込みサービスなので、是非うまく利用してみなさんのWebサイトやブログにもインスタグラムの埋め込みリンクを作成してみてください。 コピーしたらあとは自分の持つブログやホームページなどのWebサイト編集画面からペーストするだけで「プレビュー」のようなインスタグラムの画面一覧を埋め込みすることができます。 ここでの例ではインスタグラムのユーザーを指定しないため、多数のインスタグラムユーザーのインスタグラムハッシュタグ「ラーメン」一覧をWebサイトに埋め込みすることができるといった形です。 インスタグラムでの写真画像のWebサイト埋め込みでは注意すべき点に著作権の問題があります。 小説、論文、音楽、絵画、映画、写真など著作物を作成した作成者に発生する権利を著作権と言います。 今回紹介したまとめサイトなどでのインスタグラムの埋め込みコードでリンク作成する行為は、引用の範囲と判断される可能性が高く、インスタグラムでの利用規約上問題とはならないと考えられています。 ただし基本的にはホームページやブログなどのWebサイトでは、自分で作成した著作物であるインスタグラム画像以外のものは使用しないことがインスタグラム埋め込みでの大前提という認識を持つように心掛けてください。 どうしても自分のWebサイトで自分のインスタグラム画像だけでは紹介できないなどがあるため、他人のインスタグラムのタイムライン一覧などを紹介したいときには、著作者から許可を取り掲載することが最適な方法と思われます。

次の