ザシアン 性別。 ザシアンとは (ザシアンとは) [単語記事]

【ポケモン剣盾】色違いポケモン一覧と見分け方【ソードシールド】

ザシアン 性別

2人の若者とタペストリー ポケモン剣盾において旅をしていると、途中で2人の英雄にまつわるタペストリーを見ることになります。 一度目は、ナックルシティと呼ばれる宝物庫の中にある4枚のタペストリーで、左から順に見ていくと、「ねがいぼし」を見る若者、災厄の訪れに困惑する若者、災厄を追い払う「剣と盾」を見る若者、そして最後は、王冠をかぶる若者が互いに手を握り合うという絵が描かれており、その続きとされているのが、キルクスタウンと呼ばれる街のステーキハウスに飾られている5枚目のタペストリーで、それは「剣と盾を失った若者」と説明されています。 剣と盾は、伝説のポケモンである「ザシアン」と「ザマゼンタ」を表していることがほぼ確定している一方で、描かれている若者が何者なのかについては様々な説があるそうですが、最も有力な説として「主人公とそのライバルであるホップ」を表していると言われています。 まず主人公たちは、マグノリア博士の家の前で「ねがいぼし」を目撃し、旅の終盤にてローズの野望およびムゲンダイナがもたらす「災厄」に直面しますが、剣と盾の象徴である「ザシアン」と「ザマゼンタ」と共に災厄たる「ムゲンダイナ」を倒し、2人はガラルを救った若者となりました。 このストーリーはあのタペストリーの内容と酷似していることから、タペストリーに書かれた絵は、過去に生きていたガラルの人間による予言であると考えられ、そして5枚目のタペストリーは、ザシアンとザマゼンタが眠った後に災厄を退けた2人の英雄が争っている様子を描いているのではないかと考えられています。 というのも本編終了後、ザシアンとザマゼンタが眠りについた後に、彼ら伝説のポケモンの住む森の奥にて主人公とホップはバトルをし、それを機にホップは当初の目標であったチャンピオンになることを諦めています。 仮にホップが英雄の1人だとするなら、英雄として最後に残ったのは主人公1人だけであり、エンジンシティのホテル「スボミーイン」に鎮座している英雄の像が1つしかないことの理由であると言われています。 ナックルシティの幽霊 ナックルシティは、中世の城壁を活かした歴史ある街です。 ポケモン剣盾における8番目のジムリーダーと戦う舞台でもあり、そして今作のホラー要素を楽しめる場所でもあります。 ナックルシティの城門から右に進むと大きな階段があり、そこを上がって右端に進むと、そこにはポーラという名前の1人の幼い女の子がいます。 話しかけると、ポーラは主人公に「古びた手紙」を渡しつつ「この手紙をアラベスクタウンにいるフランク君に届けてね」と頼んでくるので、言う通りに届けるために指定された街に向かい、「フランク君」が何処にいるのか捜し回るのですが、その街に住む1人の少年が違和感のあるセリフを言います。 「フランク?それ じーちゃんの 名前だぜ?」 少年はフランクの孫であり、当の本人であるフランクに会ってみると老人と呼べる程に年を取っていいて、彼に古びた手紙を渡すと以下のようなことを聞くことが出来ます。 「ポーラちゃんか!幼い頃一緒に遊んでいたが彼女は病弱でね、引っ越ししてからそれ以来会っていないが、彼女は元気にしていたかね?」 フランクは高齢で、手紙を渡してきた少女のポーラは幼い姿をしており歳を取っていなかったということを考えると、彼女は病気によって亡くなってしまったものの、友達であるフランクのことが忘れられず、現世に留まり主人公に思いを託したのだと考えられます。 なお、手紙を届け終わった後にナックルシティに戻ってもポーラの姿はなく、彼女のいた場所を調べると「れいかいのぬの」というアイテムを入手でき、「お手紙 とどけてくれてありがとう」と何処からともなくお礼の言葉が聞こえてきます。 主人公の良心的な行動を見届けて、彼女は心置きなく霊界に消えていったのでしょう。 このイベントはファンの間でも話題になっており、今までのポケモンのホラーとは違う、怖さのない心温まるイベントだと称賛されているようです。 化石ポケモンの卵が発見されない理由 剣盾における化石ポケモンは、現在のところ4種類確認されています。 パッチラゴン• パッチルドン• ウオノラゴン• ウオチルドン という名称で、トリ、サカナ、リュウ、クビナガという化石をそれぞれ組み合わせることで誕生するポケモンですが、これらの化石ポケモンは性別もなければ卵を作ることが出来ません。 その理由について、「あの姿は事実で卵以外の方法で繁殖をしていた」や「人の手によって作られたキメラであるから卵が出来ない」といった説が出ていますが、現在最も支持されているのが、後者の「キメラゆえに卵が出来ない」という説です。 その根拠として、プテラ、リリーラ、チゴラスなどの過去作に登場した化石ポケモン達には性別が存在しており、異なる性別同士かメタモンと一緒に育てやに預けることで卵を量産することが出来ます。 これらの化石ポケモンの復元は100%成功しているとされ、生物としての機能が正常に動いているからこそ卵を産んだり産ませたりすることが可能であると考えられています。 また、過去作の化石ポケモンには必ず岩タイプが付与されているという部分が共通点として挙げられていますが、剣盾の化石ポケモン達には岩タイプが存在しません。 これについては、このポケモン達が本来持っているはずの岩タイプは、今も発見されていない「トリ」「サカナ」「リュウ」「クビナガ」のそれぞれの半身に含まれていると、様々なプレイヤーが考えているとのこと。 つまり剣盾の化石ポケモンは、これまでの化石ポケモンとは異なり体が欠落した状態で人工的に組み立てられたキメラであるために肉体的に不完全で、生殖能力などの肉体の機能に何らかの不具合が生じてしまったために卵が作れないのではないかと考えられています。

次の

ザマゼンタ (ざまぜんた)とは【ピクシブ百科事典】

ザシアン 性別

「ウルォーード!! 」 基礎データ 図鑑番号 No. 8m 重さ 110. 0kg けんのおう 特性 概要 初登場は『』。 に存在するの一体で、ソード版のパッケージを飾る。 古傷だらけのすらりとした身体を持つ青い狼の姿であり、黄金に輝く『』を咥え、騎士の鎧のような刃と、ツインテールのような首毛を生やしている神々しい出で立ち。 「盾」のような装甲を纏うとは対をなし、共に長い眠りについていたザマゼンタのとも とも伝えられている。 人の王と力を合わせガラルを救った「伝説の英雄」と呼ばれる存在で、金属を取り込み武具に変化させて戦う力を有している。 咥えた剣の切れ味は凄まじく、あらゆるものを切り捨て、のポケモンたちが持つ分厚い鱗も紙のように切り裂かれてしまうほど。 そのは肉眼で捉えることが不可能なほどのを有し、疾風の如き速度で戦場を駆け抜け、その刃に討たれた者たちは、痛みも感じぬままに散っていくとされる。 そうして敵を倒す華麗な身のこなしは美しく、繰り出される攻撃は相対するものさえも魅了し、の舞を見ているようとも比喩される。 この事から『 妖精王の剣』の異名を持ち、味方はおろか敵からも崇められていたようだ。 特に剣を蒼く発光する大剣に変化させての斬撃は、ダイマックスポケモンの持つパワーに強い特効性を有し、海を真っ二つに切り裂くほどの破壊力だと云われている。 名前の由来は「The・ 色の一種 」から。 曰く「青いヤツに出会った」「蒼い騎士を見た」といった人間の目撃証言が言い伝えとなり,ザマゼンタ共々そのまま名前として定着していったらしい。 全身の色合いはザマゼンタと比べると淡いパステルカラー寄りの色調になっており、色違いは全身がよりはっきりしたシアン色に変化する。 フォルム ザシアンは2種類の姿を持ち、普段の姿は 「れきせんのゆうしゃ 歴戦の勇者 」というフォルムでフェアリー単タイプ。 「くちたけん」の力により剣と鎧を装備した 「けんのおう 剣の王 」となり、はがねタイプが追加される。 歴戦の勇者の姿はタテガミのような青い毛全体が伸びており、ツインテール状の首毛は三つ編みになっている他、左耳の半分が切れている。 また首毛はの触手のように自在に動かす事ができるらしく、非戦闘時はそれで剣を巻き付けて鞘代わりとし、背中側に保持している。 不思議な力が宿っているのか、そのまま切れてしまう事はない模様。 ゲーム上での特徴 フォルム H A B C D S T 歴戦の勇者 92 130 115 80 115 138 670 剣の王 92 170 115 80 115 148 720 上昇値 0 40 0 0 0 10 50 上述の設定から前作の同様メスであると思われるが、ゲームでは多くの伝説ポケモンの例に漏れず性別不明となっている。 歴戦の勇者でも攻守共に優れた能力を持ち、このままでも十分強力。 剣の王が苦手とするやのポケモンが増えて来たら此方の形態にするのも手だろう。 歴戦の勇者ではザマゼンタと全く同じ能力値であるが、くちたけんを装備してけんのおうになると攻撃と素早さが上昇してかなり攻撃的な配分となる。 (因みに能力値上昇はより低めだが、その分無駄が少ない) 攻撃170はあのと同じ数値。 加えて下記の特性で攻撃ランクが上昇するため、実質的な攻撃の種族値は最大 281に達する。 これはあの 最大262 をも凌駕する を使う場合はこの限りではない。 この状態から放つタイプ一致のは驚異。 火力指数にして49410と 1ターン目からデメリット無しで出せる火力としては最大級であり、生半可な耐久のポケモンなら軽く消し飛ぶ。 さらに素早さも 148に上昇。 ・共に 最速のポケモンとなった。 禁止伝説の中でも抜きん出た高さであり、これを上回るのは禁伝ではあののみ。 突出した攻撃に目がいきがちだが、何気に耐久面も優秀。 元のフェアリータイプにはがねタイプが加わり、弱点2、半減9、無効2となる。 HPはそこまで高くないが、防御特防も115と数値だけで見ればと同等ほどにあり、 不一致のや程度なら軽く耐える。 専用特性は「」 不撓の剣 で、場に出た瞬間に自分の攻撃ランクを1段階上げる。 シンプルに強い効果であり、物理アタッカーの天敵と相殺し合えるのが大きな利点。 専用技の「 巨獣斬 」は、けんのおうの姿の時「」から変化するはがねタイプの物理技。 威力100、命中100とはがね技の中でも最高峰の性能を誇り、 さらに対象がダイマックス状態のときはダメージが2倍になる追加効果がある。 これによりダイマックスしたポケモンを相手にするでは無類の強さを誇り、 レイドのお供として日々駆り出されている。 圧倒的な火力と素早さに高水準の防御、優秀なタイプと特性、習得技のラインナップと、 どの点を取っても文句の付けようが無い凄まじいポケモン。 デメリットは持ち物がくちたけんに固定されることだが、そもそも型のレパートリーが少ないザシアンにとっては大した弱点ではない。 …が、どうしてもほかの道具を試したいのなら歴戦の勇者で使ってみるのも良いだろう。 ただし、は致命的に相性が悪い。 共演するかどうかは不明だが共演した場合はマークしておこう。 外部出演• 期間限定のコラボイベントにおいて、スピリッツボードにザマゼンタとセットのアタッカースピリット 無属性 ととして登場。 階級は伝説に相応しい「LEGEND」級。 余談だが、パッケージデザインの伝説ポケモンが、最高クラスのスピリットに設定されるのは、何気に以来だったりする マイチェンも含めるならば 超化 以来。 対戦では、 持ちのと バックシールド装備のを相手に、終点化したをステージに戦う。 特別なステージギミックは無い為、気軽に戦えると思えるが、攻撃力の高いウルフに加え、10000超えの強さもあるので、油断はせずに1体ずつ倒してクリアする事を薦める。 元ネタ考察 「剣」を咥えた「騎士」のような風貌の「狼(っぽい獣)」ということで、この3要素を中心にモチーフ考察が進められている。 「騎士」要素については、本作の舞台からしてをモチーフにしているのではないかと言う意見が多い。 本作のタイトルが剣盾というタイトルから 盾を持つ騎士ギャラハッドの父親 、猛犬と呼ばれ、アーサー王伝説にも影響を与えた英雄という可能性もなきにしもあらず クー・フーリンは槍を使う逸話の方が有名な一方で剣を使っているエピソードも存在している。 「剣」については、前述のから連想して をイメージしているのではないかと言われている。 一方「狼」モチーフについては第7世代の後に発売された作品に登場する事からにおける太陽と月を食らう双子の狼という説やアーサー王の飼っていた狼ゴルラゴン等の説がある。 歴史人物であるの象徴する動物も「青い狼」である事から何らかの関係があるのかもしれない。 先述の情報から、やはり元ネタはである可能性が非常に高い。 アーサー王の持つは湖の妖精から賜った剣であり、激しい戦いの中で折れたという伝承は 『妖精王の剣』という異名やキーアイテムの 『くちたけん』の特徴に合致する上に、くちたけんは元々石碑に刺さっていた物という設定がまんまアーサー王伝説のそのまんまである為。 また、この石碑があるのはまどろみのもり奥地の湖というエクスカリバーと選定の剣の出典をミックスしたものになっている。 また、ザシアン自身も剣を加えた姿が『けんのおう』と呼ばれていたり、頭のデザインがザマゼンタよりも王冠に近くなっていたりとアーサー王を思わせる要素が多い。 一方で、ポケモン図鑑にはわざわざの姉とも言われているとの記述があり、またには盾に関する逸話もあることから、ザマゼンタこそがのポジションで、姉であるザシアンはアーサー王の異母姉であるがモチーフであるとする説もある(モルガンに関してはもモチーフ上の関連が指摘されている)。 なお、「犬型の動物が武器を口に咥えて戦う」というアイデア自体は、日本の漫画であるなど先達が存在している。 四足獣に物理的な手段で武器を保持させるには他に方法が乏しいため、偶然類似した可能性もあるが、ポケモンはパロディ色が強いシリーズでもあり、先行作品へのオマージュ・リスペクトが入っていることも十分考えられる。 関連タグ ・対になるポケモン 世代 ポケモン ポケモン 第2世代 第3世代 第4世代 第5世代 第6世代 第7世代 第8世代 ザシアン.

次の

【ポケモン剣盾】ムゲンダイナの厳選方法と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ザシアン 性別

管理人がプレイしているのはソードバージョンです。 こんにちは!ユウキ()です。 今回は、ザシアンのオススメ育成論について紹介していきたいと思います。 ザシアンを育成する予定の人はぜひ参考にしてください。 ザシアンのオススメ育成論 ステータス(Lv100) H 326 A 482 B 266 C 176 D 266 S 395 性格【いじっぱり】 厳選がめんどくさいので、バトルタワーで 「いじっぱりミント」を入手して性格補正を変更しましょう。 努力値【AS 252】 シュートシティのポケモンセンターで、 「タウリン」と 「インドメタシン」を26個ずつ購入して使用するのが手っ取り早い。 特性【ふとうのけん】 持ち物【くちたけん】 わざ• せいなるつるぎ• じゃれつく(わざレコード90)• きょじゅうざん• つるぎのまい わざレコード90は、Wショップ(ランダム)で購入するか、レイドバトルの報酬で入手できます。 種族値 H 92 A 170 B 115 C 80 D 115 S 148 累計720 解説 ザシアンはソードバージョンで入手できる伝説のポケモンであり、 「くちたけん」を持たせると戦闘中にフォルムチェンジして、ステータスが上昇すると同時に、アイアンヘッドが専用わざである 「きょじゅうざん」に変化します。 「きょじゅうざん」は ダイマックスした相手に2倍のダメージを与えることでき、バトルタワーのランクバトルや、シュートシティのトーナメント戦に便利です。 また、フォルムチェンジすることでタイプが 「フェアリー・はがね」になるため、弱点は 「ほのお・じめん」のみで、とくに欠点がありません。 しかし持ち物が「くちたけん」に固定されてしまうため、どうしても戦略のバリエーションが減ってしまいます。 また、 キョダイマックスが使えないのでレイドバトルの出番はないでしょう。 「くちたけん」により攻撃が1段階上がっているため、「つるぎのまい」を使用した後の 「じゃれつく」が凄まじい威力で、 壁役のポケモンにも大ダメージを与えることが出来ます。 「じゃれつく」と「きょじゅうざん」は、ほのおタイプのポケモンに効果イマイチなので、 対策として「せいなるつるぎ」を使いましょう。 攻撃と素早さの種族値が高いため、 物理アタッカーとしてはトップクラスの優秀なポケモンですが、どうしても似たような育成論になってしまい、恐らく簡単に読まれて対策される可能性があるため、 過信は禁物ですね。

次の