つくし あき ひと twitter。 パンやコーヒーにこだわりのつまったカフェ!町田つくし野「サンスエサンス」で過ごす優しい時間

#JIN #南方仁 みをつくし

つくし あき ひと twitter

概要 [ ] 出身。 、イラストレーション科卒業。 2000年からゲーム会社のに勤務した後、2010年よりフリーのイラストレーターとなる。 コナミ時代は主にモーションデザイン、インターフェースデザインを手掛けていたが 、2006年のWii用ゲーム『』、2008年のニンテンドーDS用ゲーム『』ではキャラクターデザインを担当し、また、アニメ『』にキャラクター原案として参加した。 コナミ退社後から本格的に漫画を描くようになり、2011年発行の同人誌『スターストリングスより』は自身にとって初めて完成させた漫画作品となった。 2012年よりのWebサイト「」で漫画『』の連載を始める。 同作は2017年7月に化された。 細かい描写とストーリー性のある絵が特徴。 尊敬する人物としてを挙げている。 作品 [ ] ジグソーパズル [ ]• 雨のち遥かの空想日和(アップルワン)• 背負ったのは100人分の勇気(アップルワン) 漫画 [ ]• () アニメ [ ]• (ナナキデザイン) ゲーム [ ]• (美術、キャラクターデザイン)• (制作) 脚注 [ ] []• 2017年3月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年3月25日閲覧。 2017年3月25日. の2017年4月26日時点におけるアーカイブ。 2017年3月25日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• tukushiA -.

次の

COMITIA

つくし あき ひと twitter

概要 [ ] 出身。 、イラストレーション科卒業。 2000年からゲーム会社のに勤務した後、2010年よりフリーのイラストレーターとなる。 コナミ時代は主にモーションデザイン、インターフェースデザインを手掛けていたが 、2006年のWii用ゲーム『』、2008年のニンテンドーDS用ゲーム『』ではキャラクターデザインを担当し、また、アニメ『』にキャラクター原案として参加した。 コナミ退社後から本格的に漫画を描くようになり、2011年発行の同人誌『スターストリングスより』は自身にとって初めて完成させた漫画作品となった。 2012年よりのWebサイト「」で漫画『』の連載を始める。 同作は2017年7月に化された。 細かい描写とストーリー性のある絵が特徴。 尊敬する人物としてを挙げている。 作品 [ ] ジグソーパズル [ ]• 雨のち遥かの空想日和(アップルワン)• 背負ったのは100人分の勇気(アップルワン) 漫画 [ ]• () アニメ [ ]• (ナナキデザイン) ゲーム [ ]• (美術、キャラクターデザイン)• (制作) 脚注 [ ] []• 2017年3月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年3月25日閲覧。 2017年3月25日. の2017年4月26日時点におけるアーカイブ。 2017年3月25日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• tukushiA -.

次の

つくしあきひと『メイドインアビス』がハードでヘビーな穴もぐりマンガだったので今さらながら絶賛する

つくし あき ひと twitter

行灯の明るさは筆を取る手元をなんとか照らせる程度で、気づくとずいぶん猫背になっていた。 昔の人は目が良かったのかもしれないし、そもそもこれが普通だったはずだ。 部屋の四隅まで見渡せる環境にいた人間に、すぐに慣れろという方が無理な話だ。 仁が顔を上げたのは、そんな自分に気づいたからだった。 そうしてその時を見計らったかのように、南方仁、の下手くそな署名が白い光に浮き上がった。 障子を開けると、厚い雲の切れ間からずいぶん大きな月が見下ろしていた。 長く翳っていたからわからなかった。 今日は月が明るいようだ。 何ということはない、衝動的な行動だったはずなのに、しばしの間息を忘れた。 黒と呼ぶのか藍と呼ぶのか、深い深い色の空にひとつぽかりと浮かぶ月。 元の世で聞く真珠だとか鏡だとかの例えを、誇大だと感じることもあったけれど、改めて見やるとあながち嘘でもない気がしてくる。 思えばこうして空を見るなど、いつ以来だろう。 そもそも見上げることなどあっただろうか。 東京の空はもっと狭くて、星は電飾にかき消され、冷たい明るさだけを湛えるばかりだったような。 「先生、まだ起きていらっしゃいますか?」 控えめな衣擦れと共に、手燭を持った咲がやってきたところで我に返った。 夜四ツも過ぎたかという時刻に、彼女は昼と変わらぬ佇まいだ。 さすがは武家の娘といったところだが、江戸に不慣れな仁は気づかないでいる。 「夜分に申し訳ございませぬ。 書き物をされているのではと思いましたので、ご入用でしたら油をと」 「ああ……」 居候、それも平成からの余所者である自分と違って、咲はまごうことなきこの時代の女性だ。 傍らにあってさえ、覗き込まねばわからぬ行灯の火の残り具合を、彼女は把握しているらしい。 それも、他者の部屋のものの。 自分のことを棚に上げた物言いになるけれど、咲こそこんな時間まで何をしていたのだろう。 針仕事か、家のことか。 栄に案じられるほど、医術にのめり込んでいなければいいが。 夜更かしを見つかった子供のような跋の悪さを覚えながら、仁は目尻を和らげた。 「いえ、そろそろ休みますから。 ただ……」 「ただ?」 言いよどむと、咲が上目で問うてくる。 「月が、綺麗だなと思ったんです」 視線を再び天に戻す。 返事は少し上の空になっていた。 「書き物をしてたら、明るくてびっくりして。 月ってこんなに明るいものなんですね」 「先生のおられた時代では、月は暗ろうございますか?」 「そうでもないと思うんですけど。 あんまりじっくり見ることもなかったっていうか」 仁の目が空ではなく、元いた時代へ向けられているように見えたからかもしれない。 咲の口元が複雑な色でほころんだ。 「ご存知でいらっしゃいますか? 今宵のあのような月は寒月というのです。 冬の夜空に冴えて見える月のことでございます」 その口ぶりがいやに凛としていたから、仁は思わず彼女に見入る。 注視されているのに気づいた咲は、面映そうに目を伏せた。 「いえ白月と言うのやもしれませぬ。 ああ、どちらでございましょう」 「すごいな、いろんな言い方があるんですね。 咲さんは博識ですね」 「そのようなことは」 娘は慎ましく謙遜したが、自然と共生している時代だ。 こういった観点はただ自分が知らないだけだろう。 「不思議ですね。 同じものなのに、その言葉の数だけの見方があるんですね……」 それにきっとこれだけではない。 季語や二十四節気などというものが存在する国だ。 他の呼び名はまだあるに違いない。 日本人は感性が豊かだなと何気なく呟いて、数瞬後にどきりとした。 ここ最近、思う全てをそれに結びつけてしまうのは、悪い癖だとわかっている。 馬鹿げているとわかっている。 けれど日を重ねるたびに、意識せずにはいられない。 その日はやってくるのだ。 理に則っているのなら確実に。 だから。 だからこそ。 『同じものなのに』『その言葉の数だけ』と、そんな風に思ってもいいだろうか。 例え歴史が史実通りに進んでいても、自分の行動の数だけ雲をはらう可能性があるんだど、そう、思ってもいいだろうか。 現金だと思う。 あれだけ歴史を変えてはいけないと考えていたはずなのに、今はそのためになら何だってしようと思う自分がいる。 この年齢まで生きてきて、少し年をとった気になっていたけれど、俺もまだまだ青いみたいだ。 「……先生」 咲の手燭がゆらりと揺らいだ。 いけない、風が出てきたかもしれない。 「今宵は少し冷えております。 お早めにお休み下さいませ」 「はい、ありがとうございます。 咲さんも、お休みなさい」 月ばかりを見上げていたから、呆れられてしまったのかもしれない。 せっかく気を遣ってくれたのに申し訳ないことをしたなと溜息をつきながら、咲の後ろ姿を見送る。 その背にも、やはり月明かりは射していた。 ……なれるだろうか、そんな風に。 その昔、船乗りが星を航海の指針としたように。 ざり、と砂を踏む足音がする。 耳が覚えてしまった特徴的なリズム。 格子窓から外を覗くと、そこにいたのは龍馬だった。 「まだ、起きちゅうかえ」 重ねて届くのは、日頃反芻する愛しい声。 「はい」 「もんたぜよ、先生」 「……はい」 ……願いではない。 これは決意だ。 なれるといい。 大海原を行くあなたの、 「……おかえりなさい、龍馬さん」 ささやかな夜の指針に。

次の