ベビーカー 2014。 電車でベビーカーたたむべき?論争、国交省が決着 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

2019年ベビーカーおすすめ6選!お手頃価格や超軽量も(A型・B型)

ベビーカー 2014

「Smart Angel」とは西松屋のプライベートブランドです。 話題のベビーカーを始め、おしりふきやフロアマットなど幅広い育児用品を提供しています。 Smart Angelのベビーカーの魅力はやはり安さです。 通常A型ベビーカーは値段が高くなりがちで、国産メーカーのものでも3~5万円程度のものが多いです。 海外の有名メーカーとなれば10万円近いことも珍しくありません。 一方、Smart AngelはA型ベビーカーでも2万円前後から購入でき、バギーに至っては5,000円以下のものまであります。 もちろん安いという値段ばかりでなく機能性も抜群で、グッドデザイン賞を受賞しているモデルもあります。 安い=低品質というイメージを持ってしまいそうですが、Smart Angelは違います。 西松屋が低価格で高品質な商品を販売できる理由は、徹底したローコスト経営にあります。 西松屋ではマネキンやワゴンなどの設備を最低限にとどめ、店内はいつも広々保たれています。 このため、お客さんは人混みを気にせず「商品取り棒」を使って完全セルフサービスで商品を探すことができ、従業員は最低限の人数で経営を回すことができるので、人件費の節約に成功しています。 そうして商品開発費を確保することで高品質低価格な商品が生み出されているそうです。 デ・ヨーネ のレジェの魅力は「軽さ」です。 A型ベビーカーは首すわり前の赤ちゃんが使用することも想定して作られているので、安全性を重要視するがゆえに重くなりがちです。 海外製のバギーなどは8kg前後の重さがあることも珍しいことではなく、デ・ヨーネ レジェの4. 9kgがいかに軽いかよくわかります。 また、購入者の中には覗き窓のついた大きな日よけがポイントだったと答える人もいます。 日よけには撥水加工が施されており、ちょっとした雨でも安心です。 このようにA型ベビーカーとして優秀な機能を持ちながら、価格は2万円以下。 4万円前後のA型ベビーカーが多い中で群を抜いて安く、子育てママに良心的な価格ですね。 余ったお金で抱っこ紐や布団なども購入できるかもしれません。 走行性を高く評価する口コミが多い一方で、デコボコ道など塗装されていない道には弱いという意見もありました。 しかし、使いやすさに関しては感じ方は人それぞれなので、気になる方は一度店舗で使ってみると安心ですね。 スティック状に畳めるコンパクトさは大きな魅力ですが、コツをつかむまではちょっと苦労するかもしれません。 A型ベビーカーによくある「片手でもワンタッチで折りたためる」というわけにはいきませんから、何回か練習しておくと良いでしょう。 また、コンパクトさゆえ身体の大きな1歳・2歳児だとちょっと窮屈に感じてしまうかもしれません。 不安に感じる場合は対象年齢が長めに設定されているバギーfanロングプラスや、ゆったりシートが特長のリクライニングバギーFをチェックしてみてください。 おむつ代、ミルク代…と、赤ちゃんを育てるのは思っていた以上に費用がかさみます。 そんな中でベビーカーの優先順位は低くなりがちで「そんなに使わないかもしれないから」「抱っこ紐があるから」と買わない選択をしている家庭もあるかもしれませんね。 ママやパパへの長期的な負担を考えると、やはりベビーカーは心強いアイテムです。 ベビーカーの購入を迷ったら、とりあえず西松屋に足を運んでみてください。 シンプルながら「あるとちょっと便利」を実現したお手ごろ価格なベビーカーは、きっと家族のおでかけの幅を広げてくれます。 リーズナブルな西松屋のベビーカーなら、行先や用途に応じて2台・3台と欲しくなってしまうかもしれません。 ベビーカーの概念をくつがえす西松屋のSmart Angelをぜひチェックしてみてくださいね。

次の

Aprica アップリカ ベビーカー STICK(スティック)2014年モデル

ベビーカー 2014

「Smart Angel」とは西松屋のプライベートブランドです。 話題のベビーカーを始め、おしりふきやフロアマットなど幅広い育児用品を提供しています。 Smart Angelのベビーカーの魅力はやはり安さです。 通常A型ベビーカーは値段が高くなりがちで、国産メーカーのものでも3~5万円程度のものが多いです。 海外の有名メーカーとなれば10万円近いことも珍しくありません。 一方、Smart AngelはA型ベビーカーでも2万円前後から購入でき、バギーに至っては5,000円以下のものまであります。 もちろん安いという値段ばかりでなく機能性も抜群で、グッドデザイン賞を受賞しているモデルもあります。 安い=低品質というイメージを持ってしまいそうですが、Smart Angelは違います。 西松屋が低価格で高品質な商品を販売できる理由は、徹底したローコスト経営にあります。 西松屋ではマネキンやワゴンなどの設備を最低限にとどめ、店内はいつも広々保たれています。 このため、お客さんは人混みを気にせず「商品取り棒」を使って完全セルフサービスで商品を探すことができ、従業員は最低限の人数で経営を回すことができるので、人件費の節約に成功しています。 そうして商品開発費を確保することで高品質低価格な商品が生み出されているそうです。 デ・ヨーネ のレジェの魅力は「軽さ」です。 A型ベビーカーは首すわり前の赤ちゃんが使用することも想定して作られているので、安全性を重要視するがゆえに重くなりがちです。 海外製のバギーなどは8kg前後の重さがあることも珍しいことではなく、デ・ヨーネ レジェの4. 9kgがいかに軽いかよくわかります。 また、購入者の中には覗き窓のついた大きな日よけがポイントだったと答える人もいます。 日よけには撥水加工が施されており、ちょっとした雨でも安心です。 このようにA型ベビーカーとして優秀な機能を持ちながら、価格は2万円以下。 4万円前後のA型ベビーカーが多い中で群を抜いて安く、子育てママに良心的な価格ですね。 余ったお金で抱っこ紐や布団なども購入できるかもしれません。 走行性を高く評価する口コミが多い一方で、デコボコ道など塗装されていない道には弱いという意見もありました。 しかし、使いやすさに関しては感じ方は人それぞれなので、気になる方は一度店舗で使ってみると安心ですね。 スティック状に畳めるコンパクトさは大きな魅力ですが、コツをつかむまではちょっと苦労するかもしれません。 A型ベビーカーによくある「片手でもワンタッチで折りたためる」というわけにはいきませんから、何回か練習しておくと良いでしょう。 また、コンパクトさゆえ身体の大きな1歳・2歳児だとちょっと窮屈に感じてしまうかもしれません。 不安に感じる場合は対象年齢が長めに設定されているバギーfanロングプラスや、ゆったりシートが特長のリクライニングバギーFをチェックしてみてください。 おむつ代、ミルク代…と、赤ちゃんを育てるのは思っていた以上に費用がかさみます。 そんな中でベビーカーの優先順位は低くなりがちで「そんなに使わないかもしれないから」「抱っこ紐があるから」と買わない選択をしている家庭もあるかもしれませんね。 ママやパパへの長期的な負担を考えると、やはりベビーカーは心強いアイテムです。 ベビーカーの購入を迷ったら、とりあえず西松屋に足を運んでみてください。 シンプルながら「あるとちょっと便利」を実現したお手ごろ価格なベビーカーは、きっと家族のおでかけの幅を広げてくれます。 リーズナブルな西松屋のベビーカーなら、行先や用途に応じて2台・3台と欲しくなってしまうかもしれません。 ベビーカーの概念をくつがえす西松屋のSmart Angelをぜひチェックしてみてくださいね。

次の

電車でベビーカーたたむべき?論争、国交省が決着 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

ベビーカー 2014

これまで議論が続いてきた背景の1つに、鉄道各社の対応や規定がバラバラだったことが考えられる。 マナー啓発や注意を呼びかけるポスターの掲示やパンフレットの配布を行う会社がある一方、国交省の調査によると13年6月の段階でベビーカー使用に関する規定がなく、案内も行っていない会社は3割を超えていた。 13年6月、鉄道だけでなく、バスや旅客船も対象にした「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」が発足、14年3月に意見を取りまとめた。 子どもを抱っこしたり、荷物を持ったりしたままでベビーカーを折りたたむのは困難な場合が多く、不安定な状態で子どもを抱っこすると転倒の危険がある、などから、「たたまずに使用できるよう取り扱うことを基本とする」との指針を示した。 たたむべきか否か、という論戦に一応の終止符が打たれた形だ。 協議会の決定を受け、各社も取り組みを加速した。 東京メトロなど鉄道各社は車両内外に車いすマークと一緒にベビーカーマークを掲示したり、駅にポスターを貼ったりして、ベビーカーを使用する人だけでなく、周囲の乗客にも呼びかけるキャンペーンを実施した。 また、JR東日本は15年秋、山手線に導入する新型列車の全車両にベビーカーや車いす使用者向けのフリースペースを設けることを発表した。 「ベビーカーが邪魔」という書き込みは絶えない ただ、協議会が指針を発表する以前から、ベビーカーに関する呼びかけは各社で実施していたのも事実だ。 たとえば13年3月には、安全なベビーカー使用や、周囲の乗客への協力を呼びかけるキャンペーンが関東の電鉄各社で行われた。 また、親子を招待して安全使用を訴えるイベントも鉄道博物館などで定期的に開催されている。 そのため、新たに指針ができたからといって、すぐに使用する人と周囲の乗客の間で摩擦がなくなったわけではない。 ある鉄道会社の担当者は「乗客同士でトラブルに発展した、という話はないが、ベビーカーに関する苦情や問い合わせがなくなったわけでは決してない」と話す。 ツイッターを見ても、 「電車内でベビーカーしぬほど邪魔だけどな」 「子供と喋ってるくらいならまず明らかに邪魔なベビーカー畳めよ。 子連れだからって何でも許される訳じゃねーぞ」 などと使用者に向けた厳しい意見は毎日のように投稿されている。 また、「ベビーカー使いたいけど電車邪魔になって迷惑かけそうで」といった使用を遠慮したという書き込みも少なくない。 協議会が公表した「とりまとめ」も、ベビーカーを折りたたむか否か、賛否両論あることに触れるなど、さまざまな意見があることを認めている。 国交省担当者も「協議会で決まった内容は強制力のあるルールではなく、あくまで乗客への『お願い』」とする。 実際のルール作りなどは事業者に任せざるをえない部分があり、指針の反応などを受け、今後も協議会は開催される予定だという。

次の