目 腫れる。 まぶたや口唇が腫れる蕁麻疹(じんましん)ー血管浮腫と、遺伝性血管浮腫という病気について徹底解説ー

アイプチでまぶたが腫れる原因と治し方

目 腫れる

こんにちは。 TMクリニック西新宿院長のおかだりかです。 まぶたや口唇が突然腫れる症状を経験したことはありませんか。 まぶたが腫れると、視界が悪くなり、表情も変わるためとても不安になります。 また口唇が腫れた場合、症状が強いと呼吸困難感を感じることもあります。 これらの症状は、蕁麻疹の1種で血管浮腫と言います。 蕁麻疹との違い、原因、治療方法について詳しく説明していきます。 まぶたや口唇が腫れる蕁麻疹(じんましん):血管浮腫について 蕁麻疹とどこが違うのか まぶたや口唇が突然腫れるような症状を、血管浮腫(または血管性浮腫、クインケ浮腫)と言います。 蕁麻疹は皮膚の浅い部分で生じる反応である一方、血管浮腫は皮膚の深い部位で起こる反応を言います。 よって、赤みなどの皮膚の変化はなく、かゆみも伴わないことが多く、単なる「腫れ(浮腫)」の症状だけが現れます。 蕁麻疹は数時間でよくなることが多いですが、血管浮腫は改善までに2、3日かかることがあります。 また、皮膚だけではなく粘膜の浮腫も生じることもあります。 口腔内や気道の粘膜が腫れた場合、呼吸困難感を感じたり、強い気道浮腫が生じた場合、窒息する危険性もあります。 このように、血管浮腫は皮膚の深い部分で生じる蕁麻疹の1種と考えることもできますが、異なる特徴もあるため、別途で扱うこともあります。 血管浮腫の原因は 血管浮腫の原因は、蕁麻疹と同様に特定できないことが多くあります(特発性の血管浮腫)。 特発性の蕁麻疹は、毎日出現することが多いですが、特発性の血管浮腫は、数日間隔で生じることが多いとされています。 また、薬剤によって誘発されることもあり、特に降圧剤であるACE阻害剤(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)や、ARB(アンジオテンシンII 受容体拮抗薬)が原因となることが多いです。 新しい降圧剤を飲み始めてから、まぶたや口唇が腫れるようになった場合は、内服薬を見直す必要があります。 血管浮腫に特徴的な原因として、C1-INH C1-inhibitor:補体第1成分阻害因子)の機能不全があります。 C1-INHと言う血液中の1つの成分の機能が低下していることにより、血管浮腫が生じます。 これには、先天性のものと後天性のものがあります。 採血を行うことで、診断は可能なので、まぶたや口唇の腫れを繰り返すような場合は、しっかり検査することが必要です。 参考 まぶたや口唇が腫れた時の治療方法 まぶたや口唇が腫れる血管浮腫の治療は、大きく2つに分けられます。 先ほど説明したC1-INHが低下している場合とそうでない場合です。 まず、C1-INHが関与しない血管浮腫の治療は、基本的には蕁麻疹の治療と同じで、まず抗ヒスタミン剤が開始されます。 蕁麻疹と異なり、症状の改善までには時間を要することがあります。 数日で治療の効果を判断せず、数週間の経過を見る必要があります。 補助的な薬として、血管浮腫には特にトラネキサム酸が有効とされています。 口腔内や気道の浮腫を伴うような強い症状の場合、ステロイドの全身投与や、エピネフリンの投与が必要な場合もあります。 C1-INHが関与している場合、抗ヒスタミン薬が無効な場合が多いです。 血管浮腫の原因として、血液検査でC1-INHの機能不全が関与していることがわかった場合、症状が出現した時には、C1-INH製剤(ベリナートP)の投与を行うことで症状が改善します。 発作が頻回に起こる場合は、トラネキサム酸を予防的に服用する場合もあります。 まとめ まぶたや口唇が突然腫れる「血管浮腫」の症状、原因、治療方法について説明しました。 蕁麻疹の1種と考えられますが、異なる特徴も多くあります。 また、粘膜に浮腫が及んだ場合、呼吸困難感が出現する場合がありますので、症状が出現した場合は、自己判断で治療をせずに、専門医に相談して原因検索や治療を行っていきましょう。

次の

目頭の腫れに悩む人必見!赤く腫れる5つの原因

目 腫れる

結膜炎 結膜とは、白目とまぶたの裏側を覆っている半透明な膜のことを言います。 この結膜が感染やアレルギーによって炎症を起こすと結膜炎になってしまうのです。 この結膜炎によって目頭が腫れてしまうことがあります。 他にも、白目の充血や目やにが特徴的な症状となります。 結膜炎は炎症を起こす要因によってさまざまな種類に分類されています。 そこで、それぞれの症状や原因を中心に見ていきましょう。 細菌性結膜炎 結膜に黄色ブドウ球菌などの身近な細菌が感染して炎症を起こしてしまう目の病気です。 目頭やまぶたの腫れ、黄色くネバネバした目やに、充血などの症状が出ます。 抗生物質の点眼液で治療することで 数日〜1週間で治ることが多いです。 流行性角結膜炎(はやり目) 感染力が強いアデノウイルス8型の感染によって起こります。 伝染力が強いので、学校や職場などの人が集まる場所で集団感染してしまうケースも多いです。 目の違和感やまぶたの腫れ、充血などの症状が出ます。 咽頭結膜炎(プール熱) アデノウイルス3型の感染によって発症し、プールなどで広まることが多いことから プール熱とも言われています。 急性出血性結膜炎(ウイルス性結膜炎) エンテロウイルス70型の感染によって起こり、激しい充血が特徴的な症状です。 他にもまぶたなどでの腫れも起こります。 一般的にウイルス性結膜炎は伝染力が強く、手で目をこすったり、顔をタオルで拭いたりするときに感染してしまうことが多いです。 さらに、有効な点眼薬もないため治療に1〜3週間ほどかかってしまいます。 アレルギー性結膜炎 過敏に身体が反応してしまうことをアレルギー反応と言います。 アレルギー反応が起こる原因物質(アレルゲン)が結膜に接触することで、炎症が起こることでアレルギー性結膜炎になってしまうのです。 アレルギー性結膜炎はさらに、通年性と季節性に分けることができます。 通年性の場合はダニやカビ、ホコリなどがアレルゲンとなることが多いです。 一方で、季節性の場合はスギなどの花粉がアレルゲンとなることがほとんどです。 どちらの場合もまぶたや目頭の腫れ、かゆみ、充血などが出てきますので注意しなければなりません。 涙嚢炎(るいのうえん) 涙は、目頭から涙小管と呼ばれる細かい管に入って、目と鼻の間にある涙嚢という部分に集まります。 さらに、涙嚢に溜まった涙は鼻と目の間にある鼻涙管を通って、鼻へと流れていくのです。 しかし、何らかの原因でこの鼻涙管が詰まってしまうと、涙嚢にたまった涙に細菌が感染し涙嚢炎になってしまうのです。 涙嚢炎の根本的な原因である「鼻涙管の詰まり」は鼻炎や蓄膿症、あるいは結膜炎の悪化が要因で起こりやすいです。 麦粒腫:ものもらい、めばちこ 麦粒腫(ばくりゅうしゅ)とは、一般的に「ものもらい」や「めばちこ」と呼ばれている目の病気です。 まつ毛の根本にある脂腺や汗腺に黄色ブドウ球菌などの細菌が感染することにより起こります。 初期症状では、目頭やまぶたの腫れが起こり、症状が悪化するにつれて赤みや腫れが強くなり、充血、痛み、目のゴロゴロ感などが出てきます。 ものもらいは多くの人が感染する身近な目の病気です。 ものもらいを発症しないような予防あるいは、発症してからの対処法として以下のことを心がけましょう。 目の周りを清潔に保つ• 手で目をこすらない• メイクはしっかり落とす• コンタクトレンズを清潔に保つ• 目に違和感があるときは飲酒や刺激物の食事は避ける 特に、栄養不足や風邪などで身体の免疫力が低下しているときに感染しやすいので気をつけなければなりません。 霰粒腫:めいぼ 霰粒腫(さんりゅうしゅ)も、ものもらいの一種で「めいぼ」とも呼ばれています。 霰粒腫は麦粒腫とは違い、通常痛みはなくまぶたや目頭にコリコリとした腫れが生じるのが特徴的です。 ただし、腫れで炎症が起こると痛みも生じ麦粒腫と似たような症状が出てきます。 むくみ 目をこすりすぎてしまったり、血行が悪かったり、睡眠不足、寝すぎ、水分のとりすぎ、などによってまぶたがむくんで、目頭が腫れてしまうことがあります。 このようなまぶたのむくみが原因となっている場合は、目の周りのツボを押したりマッサージをして血行を促進することで改善させることができます。 目頭の下にあるくぼみのツボを軽く押してみましょう。 3秒間ほど軽く押す動作を3回程度繰り返すことで血行促進が期待できます。 また、刺激の弱い目元専用のクリームなどを使って目の周りをマッサージすることもおすすめです。 ただ、目の周りはとてもデリケートなので目を傷つけないように注意しましょう。

次の

目頭の腫れに悩む人必見!赤く腫れる5つの原因

目 腫れる

気がつけば出ていることも多い目やにですが、あまりに量が多いなどの場合には心配になることもあるのではないでしょうか。 今朝起きたら目やにで目が開かなかった• きちんと顔を洗ったはずなのに、いつの間にか目やにが出ている• 目が痛くて、目やにもひどい このような症状がある場合、考えられる原因とはどのようなことがあるでしょうか? 何らかの病気による目やに 病気によって目やにが増える場合もあります。 細菌などの感染によるもの 目やには細菌などに感染した際にも多くなります。 緑黄色でドロッとした膿のような目やに、白くネバネバと糸をひくような目やになどが出ることもあります。 感染性結膜炎 かんせんせいけつまくえん 細菌やウイルスに目が感染して、白目の部分に炎症を起こす病気です。 目やにが出る他、涙がにごる、目が痛い、腫れるなどの症状を引き起こすことがあります。 とくにアデノウイルスによるものは感染力が強く、喉の痛み、発熱などの風邪に似た症状が出やすいことも特徴です。 気になる症状がある場合には、早めに眼科で相談しましょう。 点眼薬が原因になることも 点眼薬によるもの 一部の向け点眼薬などで目やにの量が増えることもあります。 とくに害はありませんが、気になるようならば処方された眼科で相談してみても良いでしょう。 受診の目安とポイント いつもと違う色の目やにが出る、目が開かないほどの量が出る、他の目の症状があるような場合には眼科を受診するとよいでしょう。 眼科を受診する時には、いつから、どのくらいの量の目やにが出ているのか、目やにの色や性状などを医師に伝えることがポイントです。 日常生活上の原因と対処法 日常生活上の習慣が原因で目やにが多くなることもあります。 コンタクトレンズの装用 コンタクトレンズに付着した汚れにより反応が起き、目やにが多くなることもあります。 コンタクトレンズを使うときには 毎日のお手入れをきちんとするようにしましょう。 汚れが付きにくいタイプのレンズや、使い捨てレンズを選択するのもひとつの方法です。 目の乾燥 目が乾燥すると、目を保護しようと涙の分泌が盛んになり、老廃物も増えて目やにがたまりやすくなります。 また、目が乾燥することで感染症による目やにの増加を招いてしまうこともあります。 目の乾燥を感じたら 室内の湿度を保つことや、点眼薬で目に潤いを与えるようにしましょう。 意図的にまばたきを増やして涙の分泌を促したり、短時間目を閉じて休ませるようにするのもよいでしょう。 ディスプレイの見過ぎ パソコンやスマホのディスプレイを長時間見過ぎると、や疲れ目を招くことがあります。 その結果、目やにが増えることもあります。 ディスプレイを長時間見るときは パソコン作業などは1時間連続して行ったら15分程度は目を休ませるようにしましょう。 また、ディスプレイは目の下の位置にくるようにすると、疲れ目予防に良いとされています。 ディスプレイに向かう時には意識的にまばたきを多くすることや、点眼薬でうるおいを補うようにしても良いでしょう。 よくならないときには 自分でできる対処法を試してみても改善されない場合には、一度眼科で相談してみましょう。

次の