コロナ 予言 いつまで。 2020年に新型コロナウイルスの発生を予言したシルビア・ブラウンが見た未来の世界とは?

新型コロナウイルスはいつまで流行するのか【終息予想】東京オリンピックは大丈夫なのか

コロナ 予言 いつまで

コロナと言えどインフルや風邪と同じ感染症! 手洗いうがいは大切ですね! 新型コロナで結婚式や旅行はいつ頃から行ける? 新型コロナは日本のみならず、海外でも流行しています。 旅行に行く際の飛行機や旅先での感染も予想されますよね。 ・「ウイルスばらまいてやる」 50代 ・発熱後バスツアー強行参加 70代 ・発症の夫と旅行後ジム通い 60代 ・DP下船後ジム利用 保健所虚偽申告 60代 ・発症後5日間ジム通い1406人濃厚接触 70代 もう若者は自粛するの無駄だから止めませんか? 外で遊んで美味しいもの食べて日本の経済を救おうよ。 15日までは辛抱。 でもそれ以降は感染リスクの低い田舎へリフレッシュ旅行しても良いのではないでしょうか。 旅行等でお金使える奴がどんどん落としていかないと、店のスタッフも仕事無くなったりするしそっちの方がよろしくないと思うんだよな。 俺は自粛せずに今月、来月と温泉行きます! 潰れてもらったら困るもんな😅 — たったん。 saitama32da また結婚式では大勢集まる式に参列する中に子供や高齢者がいたり、公共交通機関を利用し参加する人もいることを考慮し、延期する人が続出しています。 コロナで結婚式が延期になった。 「中止か延期にしろ」って簡単に言うけど、私は感染者流行ではないけど他の理由で結婚式延期にして急逝された親御様に花嫁姿見せられなかったって式後も後悔してる花嫁様も知ってるし、 — ささみ sasamin0905 結婚式延期なのはもう分かった。 延期なのは辛くない。 辛いのは今まで準備にかけてきた時間、エステにかけたお金、ホワイトニング、美容室、マツエク、ネイル、ムービーの作成。 この過程はやったことのある人じゃないと大変なのわかんない。 簡単に延期なんて言わないで。 親がキャンセル料を貸すと言ってくれたからです。 悩みに悩んで、こんな近々の 判断となったのは、 ゲスト、親族の方々に 申し訳なく思います。 — ぴ S0sMwoNjP7MDaQ3 コロナの影響を考えて5月の結婚式を延期しました 同じような方と情報共有したいです💐 — nana 結婚式延期 nanana19879884.

次の

コロナの収束見込み、スピリチュアル予測・予言まとめ!いつ終息か占いで分かる?

コロナ 予言 いつまで

ーーー ついに私 高濃度酸素発生機を買いました。 酸素カプセルは10分ぐらいなので 24時間365日連続稼働できる 酸素発生機がよいです。 価格は10万円です。 ーーー コロナウイルスの被害状況、中国、日本での予測がズバリ的中してしまいました。 政府の対応がひどすぎるのは、皆さんご存じのとおりです。 さて、次なる対策を練りましょう。 今死者がでてないって?これから死者がでます。 理由としては・・・ 病院が機能しなくなるからです。 ので、また厚労省が間違えました。。 しかし、現状、検査キットが少ないため、コロナウイルスかどうか、病院では見てもらうことはできません。 NTTの職員は、2度にわたる診断を断られ、40度以上の熱が10日間続いてようやく、コロナウイルス検査をしてもらいました。 それまでの間、解熱剤を飲んでいたそうです。 ・39度以上の発熱が治るまで続く ・肺が炎症して呼吸ができなくなる。 肺炎とは、口から息を吸って、酸素を肺で取り入れる、肺が悪くなることです。 きわめて呼吸がしずらくなります。 呼吸ができないので、体内の酸素量が減り、低酸素血症になります。 低酸素血症になると、全身がつらくなり、敗血症になります。 敗血症になると 臓器の機能しなくなります。 臓器とは、心臓、肝臓、腎臓、小腸、大腸のこと、なので食事がとれなくなります。 点滴必須です。 次に、栄養を取るために点滴を打ちます。 が!これから患者が増えて病院のベッドで看病してもらうのは難しいでしょう、病院はいっぱいです。 つまり、ご自身で必要な栄養剤と酸素マスクを手に入れます。 理由としては、病院では見てもらえなくなるからです。 感染者数1万人超えたら、自宅療法になると思います。 3月ぐらいですかね。 ここまで情報がネットで出回らない可能性もあるので、もしかしたら品切れにならないかもしれませんが、マスクよりも供給できる量は少ないため、亡くなった場合、死活問題です。 早めになくなることでしょう。 あ、使い捨てマスクは、熱湯、酵素漂白剤で除菌できるので、使いまわしましょう。 最低でも 8月まではマスク必要です。 さむにえる 現在のコロナウイルス 極秘情報 日本の医学でみる、対処法がこちら.

次の

《大予言》コロナウイルスいつ落ち着く?SARSと比較・日本の未来は!

コロナ 予言 いつまで

日本はもちろん、世界にも大きな影響を及ぼしている新型コロナウイルス。 株価暴落に経済悪化、会社倒産・・・など恐ろしい事態を引き起こすコロナウイルスは「リーマンショック」とも言われています。 コロナウイルスの影響で今後が不安になる声も多く、一体いつまで続くのでしょうか。 コロナウイルスにより様々なイベントやライブの中止、テーマパークの休園や店舗の営業停止など経済を悪化させる一方ですね。 果たしていつまで続くのか悩ましい限りですね。 なかなか収束に向かわないコロナウイルスですが、実は予言や予想によりコロナウイルスがいつまで続くのか明らかにしていることが話題となっています。 日本では果たしていつまで続くのか気になりますね。 そこでコロナウイルスがいつまで続くのかについての予言・予想まとめ、日本の収束時期はいつなのかについて調査していきます。 関連記事 スポンサーリンク コロナウイルスで世界危機になることを予言・予想していた!? 今やテレビで流れることが日常になりつつあるコロナウイルス。 世界中に大きな打撃を与えており、日本でも様々な影響を受け国民全員が混乱しています。 リーマンショックに匹敵するとも言われるコロナウイルスですが、実は既にコロナウイルスが蔓延することを予言・予想していたことが明らかとなっているようです。 80年代の漫画 「AKIRA」にはコロナウイルスが蔓延することや東京オリンピックが2020年に開催されること、日本がWHOから問題視されることなどを描いている描写があるのです。 とても信じられないですが、今まさに日本が陥っている状況化を予言・予想したかのように漫画に描写しているのです。 漫画「AKIRA」は1982年から「週刊ヤングマガジン」にて連載していたSF漫画で世界中の多くのファンから愛された有名な作品の1つです。 舞台は東京で、新型爆弾がさく裂したことで第三次世界大戦が勃発し東京が壊滅。 この時点で2020年に東京オリンピックを開催するとの設定がありますね。 この他にも 新型コロナウイルス蔓延を意図するシーンや WHOが伝染病対策を非難するといった描写が描かれいるのです。 ネットでも 「当たりすぎてて怖い」、 「背筋が冷たくなった」などの声もあがっているほど。 昭和の時代に描かれた漫画が現代の状況下を見事に的中するのはある意味恐ろしいですよね。 予言・予想して描いていたとは思いませんが、作者自身がビックリしているのではないでしょうか。 スポンサーリンク コロナウイルスはいつまで続くのか予言・予想まとめ! コロナウイルスの蔓延が以前から予言・予想されていたことが判明していたわけですが、いつまで続くのかについての予言・予想も気になるところ。 ではコロナウイルスがいつまで続くのかについての予言・予想についてみていきます。 現状では専門家や研究家の判断によると、 収束時期は判明していないと明らかにしています。 収束するどころか、今後もコロナウイルスにかかる患者が増え続けていくとも発言しています。 コロナウイルスの最盛期がまだ来ていないとも言われており、 一向に収束する気配を感じさせません。 予言・予想についての情報はありませんでしたが、専門家や研究家の方々の発言から、 しばらくの間は蔓延することが予想されます。 ネットでも様々な予想が立てられています。 「まだ1年は余裕でかかりそう」、 「さすがに今年までには終わるでしょ」といったコメントがありました。 結局のところ、コロナウイルスに対する関心の有無でみなさん予想していので予想はバラバラですね。 予言・予想も気になりますが、まずは自分にできることをして対策することが重要ですね。 日本でのコロナウイルスの収束時期はいつ? 様々な憶測が飛び交うコロナウイルスの収束時期。 いつまで続くのか、という答えは依然としてわかってはいませんがリーマンショックにも似た状況でもあるので 約1年程は続くのではないでしょうか。 ですが相手は目に見えないウイルスなので、完全に縮小しない限り収束することはないでしょう。 長ければ2年程の期間がかかるのではとも思っています・・・。 少しでも早く収束するためにも徹底した感染予防が大切になってきますね。 いち早く収束することを願うばかりです。 まとめ 以上、コロナウイルスがいつまで続くのかについての予言・予想まとめ、日本の収束時期はいつなのかについて調査しました。 漫画 「AKIRA」がコロナウイルスによる今の日本の状況を描いていたことは驚きですね。 実は作者が本当の予言者なのかもしれませんね。 また、収束時期については明らかになっておらず、 今後も拡大する恐れがあると発表しています。 個人的にはリーマンショックに似た状況でもあるので 約1年ほどでは?とも予想してはいますが甘い考えかもしれませんね。 いち早く収束する為にも私たちの感染予防が収束に向かうための近道であることは変わらないでしょう。 関連記事 スポンサーリンク.

次の