働か ざる もの 食う べから ず。 働けない若者に受け入れられた「働かざるもの食うべからず」論(工藤啓)

働けない若者に受け入れられた「働かざるもの食うべからず」論(工藤啓)

働か ざる もの 食う べから ず

先日、NHK「ニッポンのジレンマ」のスピンオフイベントが行われた。 テーマは「働きたいのに働けない・・・若年無業のジレンマ」というもので、モデレーターに古市憲寿さん、公式サイトでキャンペーンキャラクターを務められている足立梨花さん、そして漫画家の蛭子能収さんとともに登壇させていただいた。 会場には、働きたいのに働けないという若者や、就職活動に向けて疑問や不安を持っている大学生、いまの働き方でいいのかどうか迷っているビジネスパーソンなどが参加し、事前アンケートや挙手によるインタラクティブなものであった。 私はNPO法人の経営者、古市さんはフリーランス、足立さんは芸能界、蛭子さんは漫画家と、いわゆる一般企業に属しているわけではないメンバーではあったものの、厚生労働省のデータや地域若者サポートステーションを追った映像などを交えながらイベントは進んだ。 無業の若者に関するイベントやシンポジウムに登壇させていただくなかで、「働きたい」という想いをもちながら、さまざまな理由によって「働けない」若者をどうとらえるのか。 社会的にどんなサポートが可能なのか。 当事者の想いはどこにあるのか。 それぞれの立場から、働けない状態にある若者に理解を示しつつ、一方でどうしたら働きたい気持ちを実現できるのかを議論していくというのが典型的なパターンだ。 そして登壇者にほぼ混じることのないのは、「働かざるもの食うべからず」「飯を食うために働くのは当然」「いただける仕事はなんでもやる」といった意見の持ち主であり、イベントの最後の質疑でこの手の話をされると、会場のムードは重いものとなる。 実際、私も会場質疑でこのような話を持論として話続けられる方に出会った経験は少なくなく、司会なりモデレーターが止めないといつまでも話が終わらなかったりする。 もちろん、個々人が持つ考えは自由であり、否定されるものではないかもしれないが、少なくともこの手のイベントにおいては、あえて聞きたいというひとは会場にほとんどいないがゆえに、持論展開の際に会場の空気は非常に重苦しいものになりがちである。 しかしながら、このようなテーマを掲げたイベントにおいて、会場に来られている方々を含めて、これほどまでに「働かざるもの食うべからず」論が受け入れられた経験は初めてであった。 それも働けなかったり、働くことが苦しい若者にだ。 それは受け入れられただけではなく、「働きたいけど働けない」という漠然とした言葉に輪郭を描くことにも一役かっていた。 それは70歳になられた蛭子能収さんのキャラクターがそうさせているものと最初は考えたのだが、どのような話の展開になっても蛭子さんの軸はぶれることがなかった。 記憶にある範囲で印象的であった蛭子さんの言葉を書き留めておく。 ・働かずもの食うべからず ・食っていくためには働かなければならない ・生きていくにはお金がかかるのだから、稼ぐために働く ・いただける仕事はなんでもありがたく受ける、ありがたいに決まっている ・昔、熱湯風呂に一日に何度か入る仕事があり、熱くて嫌だったがお金もよかったのでありがたかった これらの言葉は、働けない状態のひとたちや、働くのがつらいひとには受け入れられないのではないだろうか。 働く意味や価値について悩んでいるとき、「食っていくためには働かないと」と言われて納得することは難しい。 働けない心情を吐露したところ「働かざるもの食うべからずだ」と言葉を向けられたら、今後そのひとに相談をすることはなくなるだろう。 しかし、受け入れられないはずの言葉も、蛭子さんが言うとまったく異なる受け止められ方をする。 イベント中はずっとその理由を探していた。 そして後から気が付いたのは、蛭子さんはそれらの言葉をすべて「自分の話」の範囲を出ることなく使っていた。 一般論や「べき」論ではなく、あくまでも「私」という一人称の考え、経験に留めている。 漁業をされていたご両親を見て、命を懸ける怖さを感じて看板屋に入り、それからさまざまな仕事をされてきた。 もらえる仕事はありがたく受け、それは熱湯に入るものも含まれる。 生きていくにはお金が必要で、仕事をいただければありがたくなんでも受ける。 しかし、その考えを周囲に押し付けることもなく、同意も求めない。 自分はそう考えて生きてきており、これからも継続していく。 ただそれだけというものだ。 イベント中は、真面目な「働く」話以外にも、笑いを誘うような話題にもなるが、そういうとき蛭子さんは私がテレビなどで知っている感じで応答し、会場の笑いを取っていた。 しかし、働くこと、働く理由、働く未来という話になれば、また「働かざるもの食うべからず」というご自身の場所に立ち、ご自身の言葉と経験を語る。 東京工業大学の西田亮介先生との共著『』などを通じて、働きたくても働けない若者の存在を少しでも知っていただけるようさまざまな場面で発言などをさせていただいていたが、蛭子さんのような「働かざるもの食うべからず」の立場を取り、それが受け入れられるとき、若者と無業の議論はより深く鮮明な形をもって進んでいくものと考える。 会場のスクリーンには、蛭子能収さんの新刊『】が投影されていた。 その帯にはこう書かれていた。 」 他人の評価にとらわれないというのは非常に難しい。 しかし、蛭子さんの言葉を聞いているなかで、他人の評価にとらわれないだけでなく、自分の軸や価値観をしっかり持たれているからこそ、一般論として受け入れられない言葉も必要なものとして若者の心に入っていくのだろう。

次の

働かざる者食うべからずってほんと?子供の頃の価値観がビリーフとなる

働か ざる もの 食う べから ず

聖書の中での労働観ということで見ていくと、新約聖書のこの慣用句よりも 前に、旧約聖書では知恵の実をアダムとイヴが食べたことに対する罰として、 男性であるアダムに労働の苦しみが与えられています。 元々、労働とは罰 であったわけです。 しかし、中世に禁欲主義思想が発達して修道院で自給 自足が行われるようになり、労働に対して肯定的な意義を見出すように 変化していきます。 これが中世における商業の発達を促し、後の資本主義 発展の基礎となるのです。 16世紀になるとヨーロッパでは土地の囲い込み運動の結果、農民は土地 を失い、仕事を見つけられなかった人たちは失業者、浮浪者となり、彼らは 農村から都会に出てきたため、貧困者層が都会で増加し、社会問題となり ます。 これに対して当時のプロテスタントの宗教指導者たちは、貧困が仕事 の不足によって生じたということを認めずに、人々の怠惰にその原因を求めた のです。 そのため彼らは貧困層を怠惰で非道徳的な人々として非難します。 そして、こうした貧民たちを道徳的に矯正する必要性を主張し、彼らを一箇 所に集めて収容することが必要だと唱えたのです。 イギリスやオランダでは、こう した収容所をワークハウスと呼び、収容所で仕事を覚えることで、退所後は 市民として働くことが可能になるというものでした。 「働かざるもの食うべからず」 という聖書の慣用句が社会的に強く意識されたのも、この時代から、プロテス タントによってなのです。 そして特にカルヴァンの禁欲生活の倫理と「勤勉」の倫理が資本主義の発展 に寄与することになります。 有能な労働者が登場するためには労働者にとって の労働倫理が必要でした。 すべての職業が「聖職 calling 」と見なされ、プロ テスタントによって「勤勉」の労働倫理が付与されます。 さらに「聖職」とされた ことによって強制的な禁欲生活も必要であるとの認識も高まったのです。 この 時代にワークハウスという一種の労働収容所での強制労働の仕組みができて ブルジョワジーや産業資本家という支配階級の先導による労働者の強制労働 を促すというメカニズムを生みだしたのも、プロテスタンティズムの禁欲と勤勉の 倫理を媒介としたためなのです。 以上見てきたように、カトリックの中世時代には労働を罰という否定的なもの から人間にとって意味のあるものという価値観の転換が起こりましたが、それを 更に一歩進めて「働かざるもの食うべからず」という道徳倫理を強く主張して 実践し、更に労働を「聖職」と呼んで、「勤勉」という新たな労働倫理を付加 したのがプロテスタントだったわけです。 「働かざるもの食うべからず」という慣用句はマックス・ウェーバーの『プロテスタ ンティズムの倫理と資本主義の精神』でも取り上げられていて、プロテスタント の倫理観の説明に使われています。 ウェーバーによれば、カトリックにおいては 神学中心の高等教育、ギルドのマイスター 親方 であったものが、プロテスタン トにおいては工業・経理などの中等教育、工場の技術者というように形を変え ているわけで、カルヴァンの予定説に見られるような「非現世的で禁欲的な プロテスタントは資本主義と親和的である」のです。 一方でマルクスもこの慣用句に近い労働観からマルクス主義哲学を発展させて いて、労働は人間の本質と唱えています。 そのため、社会主義や共産主義思 想においてもこの慣用句は重視され、後にソ連では、これを共産主義の精神と して憲法に導入しているわけです。 日本においては二宮尊徳的労働観がこの 慣用句と類似性を持ったため、特に明治維新後にキリスト教が広まってくると、 この慣用句は日本人にも容易に受け入れられることになったのです。 マタイによる福音書10章10節において 「働く者が食べ物を与えられるのは当然だからです。 」とイエスの言葉があります。 おそらくパウロはそれを受けて 「テサロニケの信徒への第二の手紙」3章10節で 「働きたくない者は、食べてはならない」と述べています これがスターリン憲法第12条で 「ソ同盟においては、労働は、『働かざる者は食うべからず』の原則によって 労働能力あるすべての市民の義務であり、名誉である。 」 と述べられました。 この慣用句は戦後になってから人々の口にのぼった歴史の浅いものです 支配階級・悪徳商人・怠け者などを批判し 労働者階級の闘争意欲を鼓舞するために使われた共産主義的なものでしたが 本来勤労を美徳とする日本人にはすんなり受け入れられたのでしょう なお、福音書でもパウロ書簡でも この言葉においてカトリックとプロテスタントで解釈が分かれているものではありません 読んで字の如しです.

次の

「働かざる者食うべからず」の本当の意味とは?

働か ざる もの 食う べから ず

4月7日、新型インフルエンザ等対策特別措置法(特措法)に基づき、東京を始めとする7都府県を対象に5月6日までを期限とするが発令された。 欧米のメデイアは一様に「感染拡大を抑制するには不十分な措置である」と厳しい評価を下しているが、緊急事態宣言を発令したことの成否は、「どこまで人の動きを抑えられる」にかかっている。 緊急事態宣言発令により、地方自治体は外出自粛要請と休業要請が行えるようになる。 このうち休業要請については、罰則はないが要請に従わない企業名を公表することにより実質的な強制力を発揮できることから、「人と人の接触を8割減らす」という目標達成の切り札である。 だがその休業要請について、休業補償の是非を巡って国と地方自治体が対立している。 小池百合子都知事 財政に比較的余裕がある東京都を除く6つの府県知事は「休業要請と休業補償はセットである」との態度を明確にし、これが認められなければ休業要請を行わない構えであるのに対し、国は「休業補償は現実的ではない」として応じる姿勢を示していない。 自民党の有力若手衆議院議員によれば、政務調査会の場で「休業補償を実施すべきだ」と主張したところ、「働かざるもの食うべからず」という自己責任論を振りかざす議員が圧倒的多数を占め、賛同者はほとんどいなかったという。 国は「欧米でも休業補償制度は存在しない」と説明しているが、英国やフランス、ドイツでは実質的に休業補償が行われていると言っても過言ではないだろう。 欧州と日本の間の休業補償についての温度差はどこにあるのだろうか。 筆者は社会福祉に関する歴史的変遷の違いがその背景にあると考えている。 欧州では働きたくても働けない者を救う役割を古くからキリスト教会が果たしてきたが、「囲い込み運動」により大量の失業者が発生したことにより、16世紀の英国で初めて政府主導の救貧行政が実施された。 英国ではその後も制度の拡充が図られ、革命など社会の混乱が生じなかったことから、欧州の他国も「貧民を救済することによって社会秩序が保たれる」との認識が広まり、こぞって類似の制度を導入した。 これに対し日本にはこのような歴史を有していない。 「働かざる者食うべからず」 貧困の公的救済に関する歴史に詳しい奈良大学教授・木下光生氏は、「日本の社会は恒常的で十分な生活保障を良しとする歴史的教訓を積み重ねてこなかった」と主張している。 木下氏によれば、江戸時代、貧困に陥った者が村の公的救済を受ける場合、金銭的な負担のない施しよりも低利な貸し付けをあえて選ぶことが多かったという。 「タダで助けてもらう」ことに対する忌避感が社会全体に広がっていたからだろう。 労働に対する社会の価値観も公的救済についての考え方に影響を与える。 日本の庶民史に詳しい歴史民俗学研究会代表の礫川全次氏によれば、「戦後の奇跡の復興という成功体験によって、日本人の間で『勤勉性』という価値観は不動のものになった」という。 1970年代から欧州では「勤勉」は反社会的な行為であるとの考え方が広まったのに対し、日本では過労死など数々の社会問題を生み出してもなお「勤勉」に対する評価が変わることはない。 「働かざる者食うべからず」という格言は新約聖書の一節に由来する。 聖パウロがキリスト教の信者に対して怠惰な生活ぶりを戒めるくだりがもとになっているが、キリスト教徒の比率が1%程度に過ぎない日本で、この教えが本家以上に堅く守られているのはなんとも皮肉な話である。 しかし愚痴を言っているばかりでは何も始まらない。 労働を通じて組織に忠誠を尽くすことを重んじる日本社会で休業補償制度を導入するには、「社会の中で新たな役割を与える」ことを条件として金銭給付を行うやり方しかないのではないだろうか。 すぐに思いつくのは、休業により手持ち無沙汰となったマンパワーをの感染拡大抑制の最前線に投入することである。 医学的な知見を必要とする業務は無理だが、保健所やコールセンターで大量に発生している事務的・肉体労働的作業を担う即戦力として期待できる。 さらなる活躍の場もある。 フランスの農務省は7日、仕事がなくなった労働者に対し、夏が近づくにつれて労働力の確保が急務となっている農家で働くことを呼びかけたところ、20万人以上から応募があったという。 日本でも新型コロナウイルス感染拡大の影響で中国などからの農業研修生の来日が困難となり農家は深刻な労働力不足に悩んでいる。 農林水産省も今年から若年層に加え中年層の就農を支援する動きに出ている。 農業の担い手になってもらうことなどを条件に休業補償を行えば、社会の反発を回避するとともに日本の食糧安全保障に資することになり、一石二鳥である。 政府と地方自治体は直ちにこの案を検討すべきではないだろうか。 藤和彦 経済産業研究所上席研究員。 1960年名古屋生まれ、1984年通商産業省(現・経済産業省)入省、2003年から内閣官房に出向(内閣情報調査室内閣情報分析官)、2016年より現職。 週刊新潮WEB取材班編集 2020年4月12日 掲載 外部サイト.

次の