血小板 多い 知恵袋。 血栓ができやすくなる本態性血小板血症生活習慣病の改善などで合併症予防|医療ニュース トピックス|時事メディカル

血小板が多い原因は?基準値を超えるとどんな症状が?

血小板 多い 知恵袋

体質によるもの 基準値を超えていても、特に異常はないということもあります。 つまり、その人の体質的にもともと 血小板が多く含まれている場合があるのです。 ただし、数値が高すぎると、以下で紹介するような血液の病気の原因となってしまうので注意が必要です。 血栓症 血小板が多すぎると、血液が固まりやすくなってしまいます。 つまり、血管が詰まりやすくなってしまうのです。 この病気を血栓症といいます。 血栓症が脳で起こると、 脳梗塞、心臓で起こると、 心筋梗塞となります。 どちらも、かなり重大な病気なので早期の治療が大切となります。 血液をサラサラにして、詰まりにくくするような薬にはワーファリンやバイアスピリンがあります。 これらについては以下を参考にしてみてください。 つまり、骨髄増殖性疾患というのはこれらの成分が異常に増えてしまう病気のことです。 白血球の数が多い場合の原因についてはこちらをご覧になってみてください。 こちらも早期の対処が大切になってきます。 まとめ 血小板が基準値より多い原因についてお伝えしました。 血液検査を定期的に受ける大切さがご理解いただけたと思います。 もし、血小板の数の異常が発見された場合は、必ず、再検査や精密検査を受けるようにしましょうね!.

次の

血小板が多い原因と症状

血小板 多い 知恵袋

この記事の目次• 血小板って? 血小板とは一体何なのでしょうか?血小板の働きや血小板を生成してる器官などについて知っている人は少ないかと思います。 まずは血小板の基本的な働きについて紹介していきたいと思います。 また正常な数値と多いことで及ぼす体への影響などについても解説していきます。 血小板の働きについて 血小板は、血液に含まれる成分です。 ネバネバした粘着性のある成分を持っていて、血管が傷ついた時などに反応して出血を最小限で抑える働きをします。 よく怪我をしたときに自然と出血が止まるのは、血小板凝集が起こり、血小板の止血作用が正常に働いた証拠といえます。 もし血小板の数が少なかったり、血小板が無かったりすると、傷口が塞がらずに出血したままです。 しかしこの血小板、多ければいいものでもありません。 血小板を含む血球は骨髄の中にある造血幹細胞でできています。 血小板や血液の量は、体質や性別によってもさまざまです。 特に女性は毎月の月経の期間など、血液の流出により、血小板の数値も減少します。 しかしこの場合、時間を経るごとに回復しますので、検査などは、月経期間をさけたときに行うのがよいとされています。 月経期間がとうに過ぎても血小板の数値が低い場合は何らかの疾患の可能性もあるので、検査が必要になったりします。 反対に血小板の数値が高い場合も何らかの異常を示しているので、再検査の必要がでてきます。 血小板の検査はあまり聞きなれないかもしれませんが、どのような症状があり、疾患の可能性があるのか、知っておくと重大な疾患の手遅れにならず、良いかもしれません。 血小板の正常値は? まず、血小板の数値を調べる必要がある状況とはどんな時でしょう? 一番分かりやすいのは、血小板の数が減少したときです。 血小板の主な機能として、血小板凝集と止血作用があります。 血小板の数が減少すると、ちょっとした怪我や鼻血などの時に血が止まらない状態になったり、血管を修復する作用が低下するので、青あざが出来やすくなったりします。 貧血などの症状もでます。 一方血小板の数が高いときは、血液凝固の作用が強く出るために、血液が固まりやすくなったり、血液が固まってできる血栓などから血管を塞いでしまい起こる脳梗塞や心筋梗塞などの症状が出たりします。 このような状態の時に医療機関に受診すると、まず始めに行われるのが血小板の検査です。 血小板の検査は、血液を採取した後に機械での検査になります。 血小板の正常値は、一般的に、13. 0万~34. 血小板が多いといけないの? では、血小板が多いとなぜいけないのでしょうか? 血小板はその機能からネバネバした成分を持っています。 その成分が多いということは、血液がドロドロした状態になっているということです。 さらにその血液は固まりやすく、血栓を作りやすい状況なので、ちょっとしたことが原因で血栓ができ、さらにその血栓が血管に詰まってしまう危険性があります。 エコノミー症候群などはその最悪の例でしょう。 場合によっては命の危険性があります。 血小板の増加だけでさまざまな疾患を誘発する危険性があることを理解しましょう。 血小板が多くなる疾患とは? では血小板が増えたときに考えられる疾患はあるのでしょうか?どの様な病気があり、症状や特徴にはどの様な物があるのかを紹介していきます。 血小板が高い数値になってしまっていた人は、以下の病気になってしまう事がありますので注意しましょう。 骨髄増殖性疾患 骨髄増殖性疾患とは、骨髄の働きが異常に活発になることによって起こる疾患です。 骨髄では、赤血球、白血球、血小板などを生成していますが、本来それは一定の数に保たれています。 しかし骨髄の異常な働きによってそれらのどれかもしくは組み合わせで増加することがあります。 それを総称して骨髄増殖性疾患といいます。 実は骨髄増殖性疾患は、別名、骨髄増殖性腫瘍といわれる血液のがんです。 病状は色々種類があります。 慢性骨髄性白血病も骨髄増殖性腫瘍の1つに分類されます。 そのほか、 真性多血症、本態性血小板血症、原発性骨髄線維症などがあります。 症状の多くは、比較的ゆっくりと進行するためにあまり自覚症状がなく、健康診断や血液検査の再検査で発見されることが多いです。 慢性骨髄性白血病 慢性骨髄性白血病は、血液を造る骨髄にある造血幹細胞自体ががんになってしまう疾患です。 この疾患は、遺伝子の異常が原因で発症します。 しかし遺伝病ではありませんので、子供や孫などには遺伝することはありませんので安心してよいでしょう。 この疾患は自覚症状が初期にはあまりありません。 多くの人がたまたま受けた検診などで発見されることになります。 白血球の増加を指摘されたら再度検査を受けましょう。 もしそのまま放置していた場合には、腹部の膨満感や圧迫感など感じたり、胃潰瘍などの合併症が起こったりする可能性があります。 さらに発熱や貧血、出血などの症状が出た場合は、病状が進行している可能性があり、早急な対応が必要となります。 早期の発見と早期の治療が進行を押さえ、完治に向かう唯一の手段であることを理解しましょう。 真性多血症 特に赤血球の増加に特徴のある真性多血症は、赤血球、白血球、血小板の増加もみられます。 中年男性に多い疾患といわれています。 原因は遺伝子の異常といわれています。 こちらも遺伝病ではないので、子供や孫などに遺伝することはありません。 症状は赤ら顔や目の充血、頭痛や耳鳴りなどのほか、めまいや皮膚のかゆみなどがあわられることもあります。 さらに脳梗塞や心筋梗塞、血栓症など合併症を起こす可能性もあります。 本態性血小板血症 慢性骨髄性白血病と同様で、造血幹細胞自体ががんになってしまう疾患です。 特に血小板の数値が異常に高くなります。 あまり自覚症状がなく、健康診断の血液検査などで血小板の数の増加や、血栓を確認することで発見されます。 原因は詳しく分かっていません。 しかし遺伝子の何らかの異常であることは確認されています。 遺伝子の異常ですが、遺伝病ではないので、子や孫などに遺伝することはありません。 症状としては、血小板の増加により、血栓が出来やすくなることや、脳梗塞などの合併症を引き起こす可能性があります。 自覚症状がでないことが多いので、脳梗塞や心筋梗塞、脳出血などの重大な疾患になる前に、健康診断などの血液検査を定期的に受けておくのも良いでしょう。 検査には、血小板の増加を確認するほか、血小板凝集能検査などで異常を確認します。 原発性骨髄線維症 腫瘍細胞ができることにより、血液を造る骨髄に線維化という現象が起きて、骨髄に代わって肝臓や脾臓といった別の器官で血液が造られるようになるのが最大の特徴です。 これを髄外造血と呼びます。 他に白血球の数の増加や血小板の増加もみられます。 またこの疾患は進行がゆっくりとしているために自覚症状があまり無いのも特徴です。 発症原因については、多くの患者において遺伝子の異常があるのが分かっていますが、具体的な原因については詳しく分かっていません。 また遺伝子の異常によるものであれば、遺伝病とは違うので、子や孫などに遺伝しません。 血栓症 血栓症は、血管の内側で血液が固まりになって血管を塞ぎ、血流が悪くなったり、血流を止めることで起こる細胞の壊死や炎症のことをいいます。 心筋梗塞や脳梗塞などはこの血栓症が原因で起こります。 また血栓ができ、それが剥がれ、血流にのって別の場所に行き血管を塞ぐ血栓塞栓症などを起こす可能性もあります。 血小板が多いとこのような状態になるほか、血小板数の増加とともにコレステロール値が高いとさらにドロドロ血液になり、血栓症を引き起こす可能性がさらに高くなります。 また傷ついた血管を修復する血小板が多いと傷の修復で大きな固まりが出来ることもあります。 よく聞くのは、足の静脈に血栓ができる深部静脈血栓症です。 血栓が心臓や脳や肺にまでいき血流を塞いでしまい、命の危険もある恐ろしい疾患です。 肺に行き肺の静脈を塞いでしまうエコノミー症候群などは近年話題になりました。 血栓症で特に気をつけたいのは、糖尿病や高脂血症の方です。 血管が傷つきやすいだけでなく、血栓も出来やすい状態なので、長時間同じ姿勢でいたりすると血管が傷つき、血栓が出来やすくなります。 足の静脈の血栓は取り除くのに手術が必要となる場合もあるので、日常生活の中で注意しましょう。 血栓症を原因とした脳梗塞では、手足のしびれや軽い口の麻痺などの症状があります。 また肺梗塞や心筋梗塞などが息苦しいなどの症状ができます。 足の血栓については、急に足がしびれたり、痛くなったりするので、不安なときはすぐに医療機関に受診しましょう。 治療法は、血栓を溶かす薬や血液をさらさらにする薬などを処方されます。 また血栓が大きい場合は手術などの処置が行われます。 血栓症の予防には、血小板の数を安定させることと、日常生活や食生活などで血液が固まりにくくする身体作りが必要です。 健康的な日常生活や食生活を送ることで血液の質があがります。 血小板の数値は薬や医療機関の方針に従い数を安定させることで症状はなくなります。 血小板増加症 血小板増多症とは、血液中の血小板が増加する疾患です。 血小板の増加によって血栓症の症状が起こります。 ほかに血小板の機能が正常に働かなかったり、血小板そのものの異常により、鼻血や紫斑、頭痛、まれに視覚異常や耳鳴りなどの症状が現れたりします。 血小板増加症には、骨髄自体の異常から起こるものと骨髄以外の異常から起こるものにわかれています。 症状は、痛みや痺れが多く、紫斑や鼻血なども多くみられます。 実は出血性のものより、血栓症の症状のほうが危険性が高く、脳梗塞や心筋梗塞、肺梗塞などの合併症を引き起こす可能性があります。 原因は、造血幹細胞が腫瘍化したことにより血小板を作り出す機能が異常を起こし、血小板が異常増殖を始めるのが原因です。 腫瘍化した原因については詳しく分かっていません。 ただし遺伝子の異常が原因である可能性が高いことは分かっているので、今後の解明に期待したいところです。 治療方法は、薬による治療法が主です。 まずは血小板の増加を止めることが先決です。 さらに血栓症の予防のための薬などが処方されます。 血小板の数を安定させることで症状も安定してきます。 血小板の適正な数値のために行うべき改善法 血小板の数値の異常に気がついたら、どうしたらよいのでしょうか? まずは医療機関に受診し、適正な検査と診断を仰ぎましょう。 血小板が多い状態というのは、血液が固まりやすいということです。 血糖値の多い人や高脂血症などの人はさらにそのリスクが高くなります。 血管の中で血栓が出来ないように、日常生活や食生活から改善し、できるだけ健康的な生活にしていきましょう。 血液ドロドロの時に気をつけて欲しいことがあります。 運動や入浴後にはしっかりと水分を補給しましょう。 水分をしっかり補給できていないと、血中や体内の細胞の水分量が下がり、血液がドロドロになります。 余計に血小板の働きによって問題となる症状が発生しやすくなりますので特に水分補給をしっかり行うことが重要です。 血液は常にしっかり流れていないと固まってしまいますので、しっかり心臓に循環させて古い血液を一箇所に溜めないように血流を良くした状態を保っていきましょう。 血小板増加に加えリスクがあがります。 脂っこい食事や肉類ばかりを食べているとこの問題につながりやすくなります。 特に肥満体型の人は血小板の働きを活性化させやすく、心筋梗塞などの事故につながりやすくなります。 運動なども行ってしっかり基準体型維持を目指していきましょう。 これらのことに気をつけて、さらに医療機関と連携し、血小板の増加対策をすると、薬の効きも良くなりますし、症状も軽くなる可能性もあります。 遺伝的要素の強い、血小板増加ですが、それが原因で起こるさまざまな疾患は日頃の生活から予防することも可能です。 血液をサラサラにするおすすめの食材 血液をサラサラにすることが、病気に繋げないために非常に有効になります。 有効な食べ物としては納豆、黒酢、梅肉、青魚、緑茶、卵、ブロッコリーなどがあります。 これらの食材を積極的に食事内容に組み込んで、血液のサラサラ化を目指しましょう。 また、血小板が多くなっている問題(血小板増加症)が貧血などから来ている場合もあります。 その場合には鉄分を含んでいる食材を積極的に取ることが重要になります。 レバーなど、動物性のものから摂るほうが吸収効率がいいのでおすすめです。 野菜から鉄分を摂る場合は非ヘム鉄という単体では吸収されにくい栄養素になりますので、あわせてビタミンCと一緒に取ることで動物性の鉄分と同じヘム鉄に変換し、吸収しやすく出来ます。 逆に血小板を増加させてしまう食材として気をつけたいのは、にんじん、せろり、柑橘系の果物などになります。 しかし基本的にバランスよく摂取すれば問題に繋がる事はありませんので、そこまで意識しなくても大丈夫でしょう。 バランスのいい食事でしっかり血液の質の改善を目指していきましょう。 まとめ いかがでしたか?血小板の増加がさまざまな疾患の原因になり得ることがわかりました。 日頃から定期健診の血液検査などをよく注意してみるのも良いでしょう。 もし、あなたやその周囲の家族などが血小板の数値に異常があった場合は、これらの問題が引き起こってしまわないように何かしらの対策法を打つようにしていきましょう。 もし病気に関連する症状が発生している場合は専門家の先生のいる病院での検査や治療を受けるようにしましょう。 専門科は血液内科になります。 逆に少ない場合では難病指定されている病気もありますので血小板の異常数値には注意するようにしましょう。 関連記事として、 ・ ・ ・ これらの記事も合わせてお読みください!.

次の

周期性血小板減少症 診断の手引き

血小板 多い 知恵袋

血しょう版での種類となる、成分献血関連で数値単位が良い (基準値よりも、高い数値単位)での方であり、さらに 追加で、血管も太めで成分献血に適している方に対しては 献血ルームでの中には、成分献血専用の個別カードを追加で 発行してくれる所もあるのでね。 埼玉県での献血ルームでの場合には、PC成分献血カード となるのでね。 回数増加でカードの色等も変化(別色の分にと 交換)等で、平日のAMに~事前に、成分献血での区分の中で 血しょう ではなく、血しょう版 での区分の予約をして 当日に、献血の実履行化で、血しょう版での区分で献血を したら、PC(血しょう版)成分献血カードでのポイント数 加算、献血回数も加算 ラブラッドに登録していて、ラブラッド から事前に献血予約をすれば、ポイント数増加 血しょう版での区分での、成分献血を何回かすれば、粗品数 増加!となる献血日が来るのでね。 血しょう版での区分での成分献血は、大抵の場合・・・ 実際に、採血室内での献血の時間は、約50~65分 受付、タッチパネル 血圧測定 問診 採血 献血後での 休憩15~20分も追加で、合計で約2時間?等での 長さとなるのでね。 成分献血も出来るし、400mLでの全血での区分の献血も 出来る 追加で~成分献血時の際には、PC+PPC 血しょう版と同時に、血しょう での区分も2つ一緒に 献血が出来る、極めて希な貴重な!タイプでの献血者となるのでね。 トリマでの専用器材設置での、個別での採血室内で、専用器材設置の 個別番号のベット番号で、献血が出来る等での数少ない方 と なるのでね。 年間最大回数、男の方なら15回数、女の方なら14回数を 是非とも!目指して下さいね。 全血での区分は、年3回(男の方ならね)成分献血は、12回数 での合計15回数をね。 血しょう版での区分では、献血をした当日を含めて、血液センターに 血液輸送車で輸送、検査 結果~OK!であれば、需要先での病院まで 輸送 保存&保管期間は、最大で 4日間 しか~ない!のでね。 定期的に、血しょう版での区分での成分献血に御協力での方は 大歓迎!でも、たまに~事前に、予約での際には 血しょう版と していてもね。 当日には 血しょう または 400mLでの 区分に急変更となる場居も生起なのでね。 各血液型と、種類相違での需要(要請&要望数)での変化でね。 成分献血(特に、血しょう版でのPC)予約をした場合において 献血予定日の3日前?くらいから、献血をする&やる前での 各食事等の際には、出来る限り~乳酸菌飲料関連&乳製品関連 甘い食べ物関連 ラーメン 餃子 しゅうまい 鶏肉関連 焼き肉関連 カツ丼とかとんかつ ベーコン ハム類 ウィンナー関係 スナック菓子類等の脂質系の多さの飲食物の 摂取とか、飲酒も 控えて下さいね。 何せ、中には~献血時の際に、器材がエラー表示&警報音と 警報ランプ表示になり、献血途中で中止!となってしまう場合も 生起するのでね。 血しょう版での細胞のサイズが小さいのでね。 遠心分離機で 分離の際に、脂質系等の多さなら・・・上手く!分離出来ない! となる方が、生起するのでね。

次の