食用児。 ピーター・ラートリーとエマたち食用児は和解できるのか?対話の結果を考察

約束のネバーランド179話ネタバレ確定!エマが失踪?契約の代償は消滅だった!?

食用児

ピーター・ラートリ死亡 一緒に生きようと手を差し伸べるエマですが、自らの首をナイフで切ったピーター・ラートリー。 意識のないピーター・ラートリーをエマ達は必死に手当します。 意識を取り戻したピーター・ラートリーの目の前には、自分を手当する子供たちと、必死な形相のエマ。 ピーター・ラートリーは、なぜ助ける、なぜそんな顔をすると考えます。 エマの言葉、「もしあなたがGFにうまれたら、友達になれたのかな」との言葉を思い出し、エマ達と一緒に遊んでいる子供の自分を想像するピーター・ラートリー。 しかし次の瞬間には、断固願い下げだと否定します。 もういい、もう充分だ、お前達がつくる新しい世界は自分には眩しすぎると感じながら、再び目を閉じます。 意識を失ったピーター・ラートリーの前に、【謎の文字】が現れ、思っていたより長く楽しめたよと言います。 そして、1000年間ご苦労さまと伝え、ピーター・ラートリーは死亡します。 大人も含め全員で人間の世界へ ピーター・ラートリーの死を悔しがるエマ。 エマは涙を拭い立ち上がり、絶対手に入れてみせる、家族で笑って暮らせる生活をと決意し、シスター達と対峙します。 イザベラはエマに、これからどうするのかを聞きます。 2000の王兵もおり、まだやることも残っているため、一度退くとエマは答えます。 エマはGFに来たらママ達とも話をしなきゃと思っていたため、良かったと言います。 エマはママに、全部終わったら、ママ達も人間の世界へ行こうと言います。 エマが【謎の文字】と交わした約束、それは、大人達も含めて全員で人間の世界へ行くこと。 【謎の文字】とも約束を結んであるとエマは言います。 シスター達は、こんな自分たち大人を許してくれるの?と言いますが、それでも後悔や罪悪感から躊躇します。 イザベラはエマに言います。 私達はここに残る、気持ちは感謝するわ、でも私達は・・・ ここでレイが、ごちゃごちゃうるせーとイザベラに言います。 俺は生きてよかった、生きてこそ償える罪も、晴らせる悔いもある、もういいんだよ、もう誰も恨まない、恨んでない。 だから行こう、大人達も。 他の子供達も、行こう!と言い、皆はそれぞれのシスターのもとへ駆け寄ります。 イザベラはこれまでのことを思い出します。 辛くなかったはずがない、ショックでなかったはずがない、母親に裏切られたのよ、あんな恐ろしい形で。 今だってこんなに震えているのに、なのになんで?なんで許せるの? ごめんね、ごめんね、ごめんなさい、ずっと、ずっと! イザベラは大粒の涙を流しながら、「ごめんね、ありがとう、みんな」と言い、子供達を抱きしめます。 王都からの伝令 エマは、あと少し、やることを全部片付けたら必ずGFに戻ってくると言い、イザベラも待ってると答えます。 自分たちシスターの裏切りはまだ鬼達にも、ラートリー家の家来達にもバレていないため、上手くやるとイザベラ。 GFも、フィル達のことも、鬼達のことも任せなさいとイザベラは言います。 全食用児の解放、農園を全部なくしたい、食用児のいない世界、その全てにもうすぐ手が届くと考えるエマ。 エマはイザベラ達と別れを告げ、出発しようとします。 ノーマンは外のシスロと連絡を取りますが、シスロからは王兵の動きがおかしいとの報告が。 王兵がことごとく持ち場を離れて外橋の方へ向かっていると。 ハヤトは、援軍が攻めてくるため、早く逃げましょう!と言いますが、その時、シスターのタブレットに通達が入ります。 通達は王都からで、全国民への伝令です。 約束のネバーランドの漫画最新刊が無料で読める!? 約束のネバーランドの漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 (マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上) U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントで約束のネバーランドの最新刊を 1冊無料で読むことができます。 さらに約束のネバーランドのアニメも 全て「見放題」です!! アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!.

次の

約束のネバーランド歴史考察3 食用児の始まり 天才児の誕生 そして脱獄へ

食用児

レウウィスも 食用児を殺さずに 狩りを楽しんだ 犯罪行為でした。 多分 また、エマ達以外にも脱獄児が いたとしてもおかしくありません。 そして、 昔はまだ支援者も生きていて、 脱獄はしやすかったと言えます。 脱獄が起こっていても 不思議ではないとも思えます。 しかし、 今回で敵が4人の食用児より 絶対に長く生きているソンジュが、 「脱獄児なんて聞いたことがない」 と言っていることから、 この説は無さそうです。 また4人だけではなく、 1,量産農園 100を超える を全て破壊 2,食用時を全て救い出す 3,あの放送、あのシェルターにも エマたちに 届いてたかなという発言 ライオンのアゴは仲間宛メッセージか これらから考えるに、 仲間は4人以上いそうなので、 少数での脱獄児という考えは やはりできなさそうですね。 エマ達に嘘をついた、 という可能性もあります。 しかし、 エマ達に生き延びてもらい 自然交配をしてもらうことで 天然肉を食いたいソンジュにとって、 食用児たちを合わせるのを 避ける嘘はメリットが無いので、 やはり結論としては 嘘をついた可能性は無いでしょう。 やはり脱獄はいても数人程度で、 ほぼ居ないと考えられます。 ムジカはなぜか人肉を 食べなくてもいい特殊体質なので 除いて考えるとして、 いくら少数とはいえど、 ソンジュとムジカ以外にも 原初信仰は各地に存在するでしょう。 そしてその教徒は、 ソンジュと思考が同じはずです。 天然物が欲しいので、 盗難を起こして、 自然交配を狙うのです。 そうすることで、 20~40年くらいしたら 天然物が食べられるでしょう。 盗難が稀にある、 と説明してくれたのは ソンジュです。 盗難している場合なら、 ソンジュはエマたちに 嘘を付くこともあり得ます。 ソンジュが人肉を食べる、 というのはエマ達もまだ 知らない情報です。 言わない理由としては、 油断をさせておいたほうが、 エマたちの子供を楽に 食べられるからでしょう。 ソンジュがこの盗難の 真犯人なのかもしれませんね。 この食用児たちですが、 時期に判明していくことでしょう。 今後の展開にも期待です!

次の

【約ネバ】174話ネタバレ!エマの約束は食用児全員で人間の世界へ行くこと

食用児

消えたエマ! フィル人間界に飛ばされたエマ達! 始めに目を覚ましたのは フィルでした。 みんなは海岸沿いに打ち上げられたように横たわっており 立ち上がって正面を見ているフィルの目には 多くの家や ビルの建っている光景が広がっていました。 食用児としての長き旅が終わりたどり着いた 夢見る人間界の世界! フィルは驚きすぐに皆に声を掛けました。 フィル 「みんな起きて!」 「ねぇ見て!」 ノーマン 「う…」 頭を抱え起き上がり始めるみんな ドン 「着いた…?」 「やった…」 みんな 「人間界の世界だ!」 目の前の光景と人間界に来たという事実に感動し喜ぶみんな ギルダ 「本当に来れた…」 それぞれに人がいる事やビルが建ってる事に驚くフィル達 そして、そこに導いたエマ フィル 「よかったねエマ!」 と振り返りました。 フィル 「エマ?」 「え」 そこで何かに気づく レイやノーマン達! 【エマがいない】 膝から崩れ落ちるノーマン 「エマ!どこだ!」 「いたら返事して!」 先ほどの状況と一変し、騒ぐ一同。 そして、今までの状況を思い出すレイ 『やはり代償はあったんだ』 『何もないなんて嘘だった』 『あいつ(エマ)の言葉をまんまと信じた』 『あれは本心だった嘘じゃなかった』 『だからこいつなら大丈夫って俺は油断して』 『大馬鹿野郎!!』 自分を責め始めるレイ。 同じく自分の行動を考え直すノーマン。 『僕は何をしている』 『何をのうのうと』 『でもなんでエマ…』 『なんで…ひどいよ!』 『こんな消え方するなんて』 そして、人間界に行く直前まで手を握っていたフィル 『手…繋いでいたのに…』 『さっきまで隣にいたのに』 「エマ!!」 大きな声で呼び泣き出すフィル。 すると、そこへ三角飛行船のような物に乗った 1人の老人が現れました。 マイク・ラートリー? 突如皆の目に姿を現した人物! 皆は驚きじっとその人物を見つめました。 その人物は、警戒する皆に対し ゆっくり近づき声を掛けました。 ??? 「私は マイク・ラートリー」 「ピーターの叔父で今は当主代理だ」 マイク・ラートリー 「コード solid(ソリッド)話は聞いている」 「私たちは敵ではない」 「一族はもう食用児(君たち)に危害は加えない」 「身元を受け持つ」 「乗れ 面倒な騒ぎになる前に」 *周りにはフィル達をみてざわつく人たちの集団がいました。 そのころ人間界の世界では すでに皆のニュースが流れていました。 ニュース 「首や腹などに数字や図案のある出自不明の子供達が」 「 世界各地で見つかっている問題で…」 ノーマン達はマイクの飛行船の中で 自分たちの情報が報道されているニュースを見ていました。 マイク・ラートリー 「他の食用児も順次保護している」 「安心したまえ」 そして、ノーマン達は ラートリー家の北米支部へと案内されました。 食用児たちは各地に飛ばされていたようで ノーマン達が見つかったのは旧アメリカ合衆国 エリア01と呼ばれている地域の東側でした。 *この考えだと、エリアは他にもありそのエリアでも食用児が保護されているのでしょう。 かくれんぼ開始! マイク・ラートリーの館に言った後 みんなが想像していた人間の世界とは全く違い ハウスでの情報では追いつけない程の情報という事を知りました。 そして、国境の撤廃もあり 世界は一つの大きな国となっていました。 ノーマン 「よかった」 「幸いだった」 暗い表情で自分に言い聞かせるノーマン 怒りを表し壁を殴るドン 「くそっ!」 「エマがいないってどういうことだよ」 「やっぱりごほうびに何かあったんだ」 その時には、ラートリー家が探しに出ていましたが どの地域でも見つかっていないという状況でした。 フィル 「エマ死んじゃったのかな」 「それともやっぱり鬼の世界に」 「エマだけ残されちゃったのかな」 しかし、エマは 『食用児全員で人間の世界へ』と約束を結んでいたので エマの命を取る事もできないし、鬼の世界の残すこともできないはずでした。 エマの現状を考えながらそれぞれに言い合うみんな そして、エマへの感謝を言い始めました。 無茶なことばかり言い出すエマ しかし、その言葉のおかげで今ここに来られた みんなは、エマは どうしたいか で動き出す人物という事を思い出しました。 それぞれに思いを出し合い答えに辿り着きました。 ここで、今回の話は終わりです。 まとめ 遂に人間の世界のたどり着いたエマ達ですが 肝心のエマが皆と同じ場所にはおらず、行方不明となりました! エマが何かの代償で消されたと諦めかけていましたが みんなは今までエマと行動してきて どうすればいいか?ではなく どうしたいか! と自分の意思を貫く事の大切さを知っているため エマに会いたいという皆の考えの元 どのにいるかの情報も全くない状況で エマを探しに行く事を決意しました! やはり、今まで行動を共にしてきたため みんなの想いは同じで誰1人掛ける事を許されない 大切な家族となっているのでしょう。 ここまで大切に思われているエマですが それだけ皆にも愛情を注いできたという事が改めて感じられましたね。 そして、始まる エマの捜索! ノーマン達は知りませんがエマは生きていました。 場所は特定されていませんが、他の食用児のようにどこか違う場所に飛ばされていたのでしょう。 そのため、次の話では ノーマンやレイたちがエリアがいくつあるのかを確認し そこから情報を集めエマのような人物がいるのかを捜索し始めるのではないでしょうか? そして、一方で エマに近づく謎の人物! 次の話でその人物の正体が明らかとなってくるのでしょう。 鬼との争いが終わりハッピーエンドかと思われた人間界! 鬼との長き戦いを終えクライマックスから完結という展開になるかと思いきや 主人公(エマ)がいなくなるという重大な事件。 約束を結んだ代償としてエマだけが 他の人間と違う道を歩むことになってしまうのか? もしくは、人間界にすら来れておらずに 別の世界へと足を踏み入れてしまったのか? 謎が深まる人間界編! この事件にノーマンやレイ達はどのように立ち向かっていくのか まだまだ見どころだらけですね! 次週の週刊少年ジャンプも楽しみですね!.

次の