日産 ルークス。 【試乗インプレ】日産の新型スーパーハイトワゴン「ルークス」、軽自動車であることを忘れる快適さ / 自然吸気とターボに乗ってきた

ルークス(日産)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

日産 ルークス

車種の特徴 2009年にリリースされた日産の「ルークス」は、スズキのOEM供給を受けて開発された軽ハイトワゴンです。 このクルマの車名は、「Room」と「Max」から作られた造語で、「ゆとりある室内空間」をイメージしており、従来の軽自動車には無い広い車内空間と磨き抜かれた存在感のあるデザインなどが特徴となっています。 加えて、乗降性に優れた後席両側スライドドアや、低床で開口部の広い大容量ラゲッジルームなどにより利便性を高めています。 この車両の2012年6月発売モデルのグレードについては、「E」「X」「ハイウェイスター」「ハイウェイスターターボ」などがラインナップされている他、特別仕様車として「ハイウェイスター アーバンセレクション」「ハイウェイスター アイドリングストップ アーバンセレクション」などが設定されています。 このモデルには、乗降グリップとチャイルドシート用アンカーが標準装備されています。 また、「E」、駆動方式フルタイム4WDの「X」、「X アイドリングストップ」のインテリアは、インパネ下部がベージュからライトブラウンに、センタークラスターフィニッシャーがピアノブラックからダークブラウンに変更されています。 そして、用意されているボディカラーとしては、「ブルーイッシュブラック」や「シルキーシルバー」などがあります。 グレードからルークスの中古車を探す ルークス(日産)のクルマ情報(中古車両)をグレードから簡単に車両検索できます。 グレード名 中古車価格 新車価格 燃費 排気量 シフト 駆動方式 定員 ドア数 0. 1〜 78. 1万円 136. 3万円 19. 1〜 94万円 142. 6万円 21. 9万円 141. 5万円 21. 1〜 110万円 158. 3万円 18. 8万円 157. 3万円 21. 2万円 18. 5〜 108万円 160. 7万円 18. 6万円 21. 5〜 68万円 167. 5万円 18. 5〜 77. 8万円 155万円 22. 6万円 168. 1万円 22. 9万円 22. 9〜 187. 8万円 186. 9万円 22. 8〜 199. 8万円 197. 8万円 22. 8〜 212. 8万円 206. 7万円 21.

次の

新型日産「ルークス」試乗。王者N

日産 ルークス

13台 6台• 青森県 0台• 岩手県 0台• 福島県 0台 5台• 富山県 0台• 山梨県 0台• 1台 26台• 4台 7台• 1台 15台• 兵庫県 0台• 和歌山県 0台 8台• 鳥取県 0台• 岡山県 0台• 広島県 0台• 1台 7台• 香川県 0台• 1台 12台• 福岡県 0台• 長崎県 0台• 宮崎県 0台• 沖縄県 0台.

次の

日産 新型ルークス 徹底解説 Vol.2|エンジン&先進運転支援機構&安全装備編

日産 ルークス

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧は スーパーハイトワゴンの王者はホンダ「N-BOX」で、2019年は25万3500台を販売。 日産にも「デイズルークス」というスーパーハイトワゴンが存在したが、これまでは上位に食い込めず……という状況だった。 「デイズ」とはまったく別設計 そんな中、日産はシェア拡大の期待を込めて「デイズルークス」をフルモデルチェンジ。 その理由について日産は「マーケットが変化したから。 以前はハイトワゴンの市場ボリュームのほうが大きかったが、ここ数年でスーパーハイトクラスの存在感が増したので『デイズ』から切り離した」と説明する。 2019年3月に発売されたハイトワゴンの「デイズ」(写真:日産自動車) ハイトワゴンの「デイズ」は、先行して1年前にフルモデルチェンジを実施しており、新型ルークスもプラットフォームと呼ばれる車体の基本骨格やパワートレインは共用している。 しかし、パッケージングは今回の新型ルークスとまったくの別設計だ。 デイズなどハイトワゴンの全高は1650mm前後が中心だが、ルークスのようなスーパーハイトワゴンではそれより100mmほど高い。 しかし、単に天井が高いだけでなく、リヤシートの取り付け位置をより後方にして後席の足元を広くしているのが、大きな違いだ。 結果として、後席は驚くほどの広さを実感でき、それが人気の理由になっている。 さらに、後席にはスライドドアを備えるのも、ハイトワゴンと差別化される点の1つ。

次の