エコ ポイント 申請 方法。 ポイントの発行/交換方法

ポイントの申請方法(リフォーム)|国土交通省 次世代住宅ポイント制度|グラスウール断熱材のパラマウント硝子工業

エコ ポイント 申請 方法

廃止された。 マイナンバーとか色々記録されている。 これから免許証なみに色々出来るようになる予定。 超便利になる予定。 実はすでに国民全員に割り振られています。 通知カードがある方 通知カードというのは、上記のやつです。 その通知カードの真ん中の部分、上記の【ココ】の部分に、実は「 交付申請書」が付いています。 その「交付通知書」を使って、下記4通りの方法で、マイナンバーカードを作る(申請する)ことができます。 あとは、それぞれのやり方で申請します。 自分の写真が必要なのがめんどいですが、スマホかパソコンからが楽でしょうか。 通知カードの真ん中の部分て「交付申請書」になってたのいままで知らんかったですよ!笑。 実は裏面に写真貼る所とかあったんだ!って初めて知ったよ。。 通知カードがない方 通知カード(の真ん中の部分)をなくしてしまった方や捨ててしまった方も多いと思いますが、下記2通りの方法があります。 交付申請書と封筒をダウンロードして郵送で申請する。 お住いの市町村に行って交付申請書を貰う。 そのまま市町村窓口に提出して申請もOK。 1.交付申請書と封筒をダウンロードして、郵送する 通知カードは廃止されていますので、交付申請書と封筒をダウンロードして郵送で申請をします。 やり方は、マイナポイントの公式サイトの方の「」に載っています。 交付申請書と封筒をダウンロードして、郵送で申請します。 2.お住いの市町村窓口に行って交付申請書を貰う。 そのまま市町村窓口に提出もOK。 もしくは、お住いの市町村窓口で「交付申請書」を再発行してもらえます。 そのまま記載して窓口に提出もできるようです。 本人確認書類が必要だと思います。 市町村によっては、写真撮影や申請補助も行ってくれる所もあるようです。 優しい。 ・NFCとは、スマートフォンの非接触通信技術(対象に触れずにかざすだけで通信できる方法)のことです。 iPhone7以降、Androidも新しいものはNFC対応です。。 ・ICカードリーダライターとは、パソコンにつないで同じく非接触通信が出来るようになる機械のことです。。 上記3つ「マイナンバーカード」「マイナンバーカードのパスワード」「NFCスマホか、ICカードリーダライタを付けたパソコン」が用意できましたら、実際の予約方法は、下記2つです。 NFC搭載のスマホで、アプリをダウンロードして、予約を行う。 ICカードリーダライター付きのパソコンで、予約を行う。 別途、上記しましたが、7月からマイナポイント手続きスポットでも予約・申し込みができるようになるようです。。 実際の予約の方法は、下記公式サイトをご確認くださいね。 専用のサイトに行って、色々します。 多分、7月に入ったら、なんやったらお買い物期間が始まる9月ギリギリごろまでに、各種キャッシュレス決済で、設定してくれたら500円とか、そういうキャンペーンが開催されるかも知れません(既に、、など始まっています)。 その中から決めても良いかと思いますが、使わないと還元されず意味がないので、いつも使っているものに決めても良いと思います。 ここは好みかもですね。 キャッシュレス決済をお持ちでない方は、何かしら作らないといけません。 現在、キャッシュレス決済をお持ちでない方は、何かしら作らないといけません(マイナポイント事業はキャッシュレス決済推進も含んでいる為)。 一番最初は、交通系電子マネーICカード(SuicaカードやICOCAカードなど)をよく使う駅で作ってみてチャージして日々使ってみるか、クレジットカードを1枚持ってそれ中心に使ってみるのが簡単で分かりやすく便利だと思います。 ですが、クレジットカードに抵抗があるなら、スマホQRコード決済でも良いと思いますが、使える場所が交通系やクレカに比べて少ないです。 例えば「」などの年会費永年無料のクレジットカードが良いと思います。 例えば、ドコモをお使いでしたら「d払い」、auなら「auPay」、ソフトバンクなら「PayPay」とお使いのスマートフォンで決めても良いと思いますし、単純に使える場所が多い「PayPay」にしても良いと思います。 4.【2020年9月から】申し込みしたキャッシュレス決済でチャージやお買い物をすると、最大5,000円分還元される という訳で、マイナンバーカードでチャージやお買い物をする訳ではありません。 上記で申し込みした、それぞれ各自のキャッシュレス決済でのチャージやお買い物に応じて、最大5,000円分還元されます。 実際の還元方法は、それぞれのキャッシュレス決済で違います。 チャージした時に上限5,000円分が順次追加チャージされたり、使った後2,3ヶ月後に上限5,000円分が順次ポイント還元されたり、色々あるようです。 例えば、• 例えば、• 例えば、、 下記、お申し込みされたキャッシュレス決済の所にそれぞれ書いてありますので、見ておきましょう。

次の

次世代住宅ポイントの申請期限はいつまで?申請方法なども紹介!

エコ ポイント 申請 方法

通常は、建築業者が書類の準備をしてくれることになると思いますが、施主の方も手続きについてはある程度理解しておくことが大切です。 (A)省エネ法に基づくトップランナー基準相当の住宅 申請書に次の書類を添付して申請を行います。 工事施工者が発行する工事証明書(工事施工者の名称、住所、建設業許可番号、工事期間、工事内容等を記載) 3. 工事施工者若しくは販売事業者が発行する領収書又は契約書の写し 4. 確認済証の写し 5. 検査済証の写し又は竣工写真(全景1枚) 6. 申請者の確認書類(健康保険証、運転免許証の写し等) 7. のエコポイント対象住宅であることの確認書類として、次のもののうちいずれかを取得する必要があります。 確認書類 発行機関 住宅事業建築主基準に係る適合証 エコポイント対象住宅証明書 (B)省エネ基準を満たす木造住宅 申請書に次の書類を添付して申請を行います。 工事施工者が発行する工事証明書(工事施工者の名称、住所、建設業許可番号、工事期間、工事内容等を記載) 3. 工事施工者又は販売事業者が発行する領収書又は契約書の写し 4. 確認済証の写し 5. 検査済証の写し又は竣工写真(全景1枚) 6. 申請者の確認書類(健康保険証、運転免許証の写し等) 7. のエコポイント対象住宅であることの確認書類として、次のもののうちいずれかを取得する必要があります。 確認書類 発行機関 設計住宅性能評価書・建設住宅性能評価書 長期優良住宅建築等計画認定通知書 長期優良住宅建築等計画に係る技術的審査適合証 住宅事業建築主基準に係る適合証 フラット35S 適合証明書 (省エネルギー性に該当するもの) エコポイント対象住宅証明書 スポンサードリンク.

次の

リフォームエコポイントの申請方法と必要書類まとめ!

エコ ポイント 申請 方法

今回は、国交省が行っている『次世代住宅ポイント』を、エコキュートの導入時に上手に活用するためのポイントをご紹介します。 『次世代住宅ポイント』とは、 次世代住宅ポイント制度とは、一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を満たす住宅や家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームをされた方に対し、さまざまな商品と交換できるポイントを発行する制度です。 引用: 上記のようなもので、エコキュートのような「エコ住宅設備」を導入された方に対して、さまざまな商品と交換できるポイントを発行してくれる制度となっています。 ただし、『次世代住宅ポイント』には、対象となる製品や、いつ施工を行ったか?など細かな規定がいろいろ作られているため、ちょっとしたことでエコキュートを導入したとしても対象外となってしまう場合があるのです。 そこで今回は、エコキュートの入れ替えや、新築住宅にエコキュートの導入をお考えの方のため、『次世代住宅ポイント』の基礎知識をご紹介します。 参考サイト: 目次• 『次世代住宅ポイント』制度の全体像は? 引用: 『次世代住宅ポイント』とは、上図の通り、一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を満たす住宅や家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームを行った方が、申請を行うことによって決められたポイントを発行してもらえる制度となっています。 発行されるポイントは、どういった工事を進めたのか、どういった機器を導入したのかによって決まっており、受け取ったポイントを利用してさまざまな商品に交換してもらうことが可能です。 発行されるポイント数などは、細かく規定されており、公式サイト内に記載されていますので、ぜひ一度ご確認してみてください。 参考サイト: 『次世代住宅ポイント』の対象と対象期間について 『次世代住宅ポイント』を受け取れるのは「住宅の新築をするとき」と「住宅のリフォームをするとき」の2つとなります。 新築の場合 それではまず新築の場合の条件をご紹介します。 大前提となるのは、 所有者自らが居住する住宅が対象であり、「借家」などは対象となりません。 条件 1. 一定の性能を有する住宅• 認定長期優良住宅• 認定低炭素住宅• 性能向上計画認定住宅• ZEH• 断熱等性能等級4、または1次エネルギー消費量等級4以上• 劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2以上(共同住宅および長屋については一定の更新対策を含む)• 耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上、または免震建築物• 高齢者等配慮対策等級3以上 2. 耐震性を有しない住宅の建て替え 3. 家事負担軽減に資する設備を設置した住宅 リフォームの場合 次はリフォームの場合です。 「工事請負契約」を伴う住宅のリフォームが対象となるため、DIY等自分で工事を行う場合は対象外となってしまいます。 なお、住宅であればどのようなタイプでも問題なく、借家やマンションなど管理組合が実施するリフォームも含まれます。 対象となるリフォームは以下のようなものです。 開口部の断熱改修• 外壁、屋根・天井または床の断熱改修• エコ住宅設備の設置• バリアフリー改修• 耐震改修• 家事負担軽減に資する設備の設置• リフォーム瑕疵保険への加入• インスペクションの実施• 若者や子育て世帯が既存住宅を購入して行う一定規模以上のリフォーム エコキュートに関しては、上記の中で『エコ住宅設備の設置』に該当します。 もちろんすべてのエコキュートが対象製品になるわけではなく基準を満たした機種のリフォームなどが対象です。 なお、この『次世代住宅ポイント』制度の対象期間は、2019年4月1日から2020年3月31日までに契約したものとなります。 ただし、2018年12月21日~2019年3月31日までの工事請負契約であっても、2019年10月1日以降に工事着手する案件は対象となります。 ただし、例外として、2019年3月31日までに締結された注文住宅などの工事請負契約であった場合、着工が2019年10月以降となるものに関しては次世代エコポイントの対象となり、消費税も8%です。 2019年度の次世代住宅ポイントでは、今までになかった「家事負担軽減に資する設備」が対象となっているため、食洗器なども対象になるそうです。 上手に使えばかなりお得な制度となりますので、ぜひ詳細をおさえておくことをオススメします。 まとめ 今回は、国交省が行っている『次世代住宅ポイント』制度の基礎知識についてご紹介してきました。 『次世代住宅ポイント』制度は、対象となるエコキュートなどを導入すればもらえるものですので、導入時にはぜひ申請することをオススメします。 交換できる商品も、パソコンやテレビなどの家電製品から食料品までさまざまなものが用意されています。 前回の次世代住宅ポイントでは蟹が一番人気だったそうですが、今回も多くの交換商品が用意されていますので、一度交換できる商品も確認してみてはいかがでしょうか?• 【滋賀県】 電気温水器からの交換を考えています。 【兵庫県】 10年経過で故障し他社で50万の見積もり、家族構成も変わってるので提案をお願いします。 【兵庫県】 マンションです。 エコキュートの交換を考えているので見積をお願いします。 【大阪府】 SRT-4665CF-BLの老朽化に伴い現行エコキュートへの交換希望。

次の