また どこ か で 会 いま しょう 英語。 子供英語教室ランキング【全18社を徹底比較したブログ】

TV「ぶっちゃけ寺」で話題のお坊さん 大來尚順さんに話を聞いてきた

また どこ か で 会 いま しょう 英語

A ベストアンサー Gです。 こんにちは。 ~をしたくなった、と言うのは、何かがそうさせた、と言う事なのでいわゆる使役動詞を使って表現する事が出来ます。 It made me feel so. と言う感じにも使えますし、It made me do it. と言う言い方にも使えますね。 ですから、Your story made me want to go there. と言う表現を使ってこの~したくなった、と言うフィーリングをあらわす事が出来るわけですね。 You made me want to go there with the story. と言う言い方をして「その話を使ってあなたが、、、、」と言う表現をして、その話が、と言うフィーリングを出す事もします。 更に、Your story excited me and now I want to go there. Your story was so excited that I now want to go there. と言うような「現在形」を使って、その話が私を興奮させたのはそのときだけど(行きたくなって)今も行きたいと感じる、と言う表現に持っていく事も出来ます。 ここでI wanted to goとするとその時行きたくなった(今は分からない)と理解されがちです。 つまり、You made me want,も Your story excited meも過去の事ですね。 しかし、行きたくなった、と言う日本語の表現が果たして、そのときだけ行きたくなったのか、今も行きたいのかハッキリしない表現だと私は感じます。 と言う事は、この日本語の表現がどの時点の事を本当は言いたいのかを決めて英語に直さないと本当の事が伝わらない、と言う事になってしまうわけです。 お分かりでしょうか。 I want to go there, you know why? Because your story was so interesting! そこへ行きたいね、なぜだか分かる、君の話が面白かったからなんだよ。 と言うような会話的表現も出来るし、I don't want to go there anymore, but when I herad you story, it sure made me feel like going there, もう行きたくはないけど、その話を聞いたときは本当にいきたいって感じたね。 と言う表現も出来るわけです。 つまり、上に書いたように、過去の事と現在の事とは違うんだ、と言うことをはっきり示す事で誤解を減らす事が出来るわけですね。 誤解を減らす事がこの状況ではさほど問題とはならないかもしれません。 しかし、人間県警やビジネスでは大きな問題にもなりかねませんね。 Jackie, I wanted to make love to you. を聞いてジャッキーさんはどう理解するでしょうか。 今の感情を気にしているはずのジャッキーさんには過去の事なんか関係ない!とまで考えているかもしれませんね。 You made me want to make love to you. も過去ですね。 今は? この文章からは分からないのです。 お分かりでしょうか。 さてまた本題に戻りますが、行きたくなった、と言う表現を使うとき、やはり、そのときから今までそう感じるようになった、というフィーリングを出しているときもありますね。 I have been wanting to go there because of your story. あなたの話のおかげで行きたくなってしまったよ。 しまったよ、と言うフィーリングは今も行きたい、と言うフィーリングですね。 ですから、この現在完了進行形が生きてくるわけです。 また、Your story has made me want to go there. と現在完了を使って、いきたいと感じるようにその時してしまった(だから今も気持ちは変わっていない)と言うフィーリングも出せるわけです。 さらに、会話を盛り立てる、その話がすべてを変えた、と言うフィr-印具を出すために、I did not even think about going there until you told me about it. I'm now dying to go there! その事を言うまではそこにいこうとなんて考えた事もなかったよ。 今では行きたくて行きたくてしょうがなくなりました。 というかなり感情的な表現まで持っていく事が出来るわけです。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 Gです。 こんにちは。 ~をしたくなった、と言うのは、何かがそうさせた、と言う事なのでいわゆる使役動詞を使って表現する事が出来ます。 It made me feel so. と言う感じにも使えますし、It made me do it. と言う言い方にも使えますね。 ですから、Your story made me want to go there. と言う表現を使ってこの~したくなった、と言うフィーリングをあらわす事が出来るわけですね。 You made me want to go there with the story. と言う言い方をして「その話を使ってあなたが、、、、」と言う表現を... Q 「私は旅行代理店で働いていました」という英文を作りたいと思っています。 そこで「~で働く」の「~で」は何を使えばいいのか「work」を調べたところ3つの例文がありました。 work on a ranch. 牧場で働く He works for a newspaper. 彼は新聞社に勤めている She works in the city. 彼女はその市で働いている と書いてありました。 私が書きたいことを英語にするなら、 I was working on a travel agency. I was working in the travel agency. I was working for a travel agency. どれになるのでしょうか?(英文自体が違っていたらご指摘お願いします) またそれぞれどのように違うのでしょうか? どうぞよろしくお願いします。 A ベストアンサー 基本的に on グループとか何かの組織に属する時に使います。 in その人の仕事・職業を示す時に使います。 for 雇われている時に使います。 牧場の時は何故かonを使うようですが これは決まった言い方のようで 何故そうなのかわかりません。 「私は旅行代理店で働いていました」 I worked in a travel agency. 私ならこういいます。 「ある旅行代理店」ということで限定していないので for より in を使います。 これがきちんとした会社名を書くのだったら I worked for 会社名). とします。 ご提示の例文は過去進行形になっていますが 進行形は一瞬の動作を表すのが基本ですから 私だったら過去形にします。 ただ 文脈によって 一時的に働いていたということを強調したい場合には使えます。 ところで ここのところ大変でしたね。 回答しようかと思ったのですが 見たときにはすでに多くの方のご回答が寄せられていましたので しゃしゃり出ることもないかなと思い回答しませんでした。 不愉快な思いもなさったことと思います。 気になさらないことです。 まああの件に関しましては ほっておかれたらよろしいかと思いますが・・勘違いオジサンは困ったものです。 余談ですが。 基本的に on グループとか何かの組織に属する時に使います。 in その人の仕事・職業を示す時に使います。 for 雇われている時に使います。 牧場の時は何故かonを使うようですが これは決まった言い方のようで 何故そうなのかわかりません。 「私は旅行代理店で働いていました」 I worked in a travel agency. 私ならこういいます。 「ある旅行代理店」ということで限定していないので for より in を使います。 これがきちんとした会社名を書くのだったら I worked for 会社名...

次の

TV「ぶっちゃけ寺」で話題のお坊さん 大來尚順さんに話を聞いてきた

また どこ か で 会 いま しょう 英語

すでに回答がでているとおりですが、台湾での標準語というか日常で使われている言葉は、戦後中国大陸からきた国民党のおかげで、一般的に使われているのは普通話(北京語)にあたるものです。 ですので、彼らは大陸の中国人と会話ができます。 (ただ台湾人にとって国語であり、普通話とはあまりいいませんが、英語にして話すときMandarin Chineseというのでルーツは大陸とわかっています) 台湾の人とやりとりするなら、謝謝 再見 で通じます。 私の友人は本省人ですが、家では台湾語(これはもっと昔大陸の福建あたりからはいった言葉)と日本語で親と会話しています。 しかし仕事で外にでると、国語(北京語)になります。 翻訳サイトはあやしいので、私は手元の本をみながら文を組み立てます。 台湾は繁体字なので、中国語のサイトはいくつかあっても、字が簡体字になってしまい違うのでなかなかお勧めのものがみつかりませんでした。 実は繁体字で習う書籍も、少ないのです。 お書きになっているのは、台湾では国語と言われている中国語です。 (正しくは、「謝謝」と書くので、日本語の「々」は使わない) 北京語と呼ぶ人もありますが、通称ですね。 台湾語と言う場合はミンナンとかホーローと呼ばれる福建省(元・ミンという国の時代があったため)の方言の一派を指すのが普通です。 方言ですので、漢字はあったりなかったりして、ないけど漢字に当てた表現もあります。 台湾語の場合、ありがとうは、「多謝(イ尓)」(「イ尓」は一文字で、中国語の「あなた」を指す漢字)、読みは「トーシャー(リー)」とか「ドーシャー(リー)」みたいな発音ですね。 「あなた」は付けなくてかまいません。 また会いましょうは、「再見」で、読みは「ツァイゲン」でしょうか。 まあ、日本語由来とされる「再会」(ツァイホェイ)を使う人も多いらしいです。

次の

次のレベルのチャレンジを与えるのか

また どこ か で 会 いま しょう 英語

Well, it depends on a combination of factors how you express the point that you wish to meet this person again. If you are the dominant one in the relationship, you could just use example 2. However, that may be seen as a little presumptuous by some people and a softer approach as in the example 1 version may be more successful. These expressions mean that you'll most likely see someone again, but each have a different time frame. The first expression "Hope to see you soon" denotes that you are hopeful or want to see someone again "soon" or in a short period of time. This can be used more formally. The second expression "see you later" has a similar meaning, which is you will likely see this person again, but at an unspecified time, which is why "later" is used. This expression is most commonly used when saying goodbye to someone, and is definitely less formal. The third expression "see you next time" is similar; "next time" refers to the next time you will see the person, whether it's very soon or very far in the future. This phrase is also common and more informal. これらの表現は全てまたすぐに会いましょう、といういみになりますが、それぞれの表現はタイムフレームが違います。 最初の例文 の表現 "Hope to see you soon" これは"soon"(すぐに)、短い期間にまたその人に会うと言うことを意味しています。 これはフォーマルとして使うことが出来ます。 例文2の表現 "see you later" これも同じような意味になります。 その人にまた会うだろうけど、いつかは不明と言う意味になります。 ですので "later"(後で)が使われています。 この表現は誰かにさよならを言う時に使われますが、もちろん、フォーマルではありません! 3. 例文3の表現 "see you next time" これも同じ意味になります。 "next time"(次回)とは、近い将来か、遠い将来かは分からないけど次回また会いましょう、と言う意味になります。 この表現もよく使われますが、インフォーマルな表現です。

次の