高校生 小遣い 平均。 中学生、高校生のお小遣いの平均は月いくら?若年層のお小遣い調査!

小中学生・高校生のお小遣いの平均額はいくら?使い道は?

高校生 小遣い 平均

幼児や 小学生・中学生・高校生・大学生お小遣いは平均でいくらでいつからあげているのか 子供のお小遣い平均相場をご紹介!お小遣いのあげ方や頻度・お手伝い制、もらっている子の割合などもご紹介。 【子供お小遣い平均相場表】幼稚園・小学生・中学生・高校生・大学生 子供の年齢別のお小遣い平均相場は、 住んでいる地域や、世帯の年収、お金に関する教育方針などにより異なります。 銀行系の発表や、大学生協・他サイト・独自アンケートを総合して算出した、2019年12月現在のお小遣いの大体の月額平均相場表はこちらです。 食費を含む。 足りない分はアルバイトで 下宿の大学生 平均70000円 小遣い+仕送り。 食費を含む。 500円未満の家庭が多いです。 また、必要な時に必要な金額を渡す形も増えているそうです。 日本銀行の調査によると、 お小遣いの使い道は、 小学校5・6年生では、1位:お菓子やジュース、2位:ゲームソフトやおもちゃ、3位:漫画で、 中学生は、1位友達との外食・軽食代、2位おやつなどの飲食物、3位友達へのプレゼント 高校生は、1位友達との外食・軽食代、2位おやつなどの飲食物、3位休日に遊びに行く時の交通費 とのこと。 テレビ番組「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」の調査による子供のお小遣い平均 2020年3月21日に放送されたテレビ番組「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」の小学生433人に対してのおこづかい平均金額の調査では、 小学1年390円 小学2年270円 小学3年470円 小学4年510円 小学5年830円 小学6年890円 という結果になっていました。 この調査で、小学2年生で金額が下がっている理由としては、調査人数が少なく、たまたま金額の少ない子が多めにいたからと思われます。 もっとたくさんの人数を調査すると、平均で400~460円になったと思います。 小学生のお小遣いの使い道~男子・女子 ・男の子は、漫画やゲームなどに使っているようです。 ゲーム内の課金をする子も。 ・女の子は、かわいい洋服、イヤリング、コスメ、流行りの洋服に、リップなどオシャレグッズ。 (小学生1位スクイーズ、2位メイク道具、3位アクセサリーなんだとか。 ) スクーイズは、パンや、ケーキ、果物、スイーツなどのウレタン製のやわらかい、いいニオイのするおもちゃ。 ちなみに小学5・6年生のスマホ所有率は、全国平均で19.2%で、都心部の平均で27.5%なんだそうです。 子供のお小遣いはいつからあげるべき? まず、子供にお小遣いはいつからあげるべきでしょうか? 家庭の事情や方針にもよりますが、一般的には、算数を学ぶ 小学生になってからが多いようです。 おこづかいをもらっている子供の割合は、 小学生低学年で72.9% 小学生中学年で73% 小学生高学年で73.2% 中学生で83.2% 高校生で80.9% とのことです。 小学生では、全学年で約73%がもらっており、約27%がもらっていないことが判明。 中学生・高校生では、約8割の子がもらっているとのことです。 高校生の割合が低いのは、アルバイトを始めたからかもしれません。 また、5年前の調査と比べ、全体的にお小遣いをもらっている子供の割合が下がっています。 世帯年収の低下や、スマホ料金などがかさみ、お小遣いをあげられないケースもあるのかもしれません。 おすすめは、 【報酬制】か 【ミックス制】です。 【報酬制】が良い理由が、大人になると普通は何もしないでお金をもらえることはありません。 自分で社会で働くようになり、労働の対価としてお給料を受け取ります。 そのお給料の中から食費や光熱費・通信費などをやりくりしていく必要があります。 お金の使い方を学ばなかった子は大学入学時や就職時・結婚時にお金のやりくりに苦労することが多いです。 そこで、子供のうちからお手伝いして働いたり、 何かを頑張ったらお給料という形で 「歩合制のお小遣い」を取り入れてみてはいかがでしょうか? 報酬制のお小遣いは社会の仕組みを学ぶ絶好のチャンスです。 働くことでお給料がもらえる。 無駄遣いを反省する・我慢する・どちらがお得か考えるといった練習になりますよ! 報酬 お小遣い が発生する事例として、例えば、 ・お部屋や机、お風呂やトイレなどの掃除のお手伝い ・洗濯やお料理やお買い物のお手伝い ・勉強を頑張った 時間制または、成果制 ・運動やスポーツを頑張った ・兄弟姉妹の面倒をみた ・試験に合格した などの時にご褒美・報酬としてあげるとよいでしょう。 速さだけを求めて、雑・適当にやった場合には減額したり、きれいにお掃除できた、上手にできた、結果が出ても出なくても、すごく頑張った場合に増額してあげるのもよいでしょう。 頑張ってためたお金は、 無駄遣いせず、大事に使ってくれるはずです!頑張って買った物は大事にしてこと間違いなしです。 【その都度渡す制】は基本的にお金を親が管理しますので、無駄遣いしないメリットがある反面、あまりお金の使い方を学べません。 ただ、高額のおもちゃやゲームなどを買いたい場合などに、報酬制も取り入れるのもよいでしょう。 子供のお小遣いはいつからあげると良い? お小遣いは、年齢を考えてあげ始めるよりも、子供の成長に合わせてあげるのがおすすめです。 物を大切にできるようになっていることが重要で、せっかくお小遣いをあげても、なくしてしまっては意味がありません。 子供の成長には個人差があり、幼児でも自分のお財布を持ってお買い物をすることができる子もいます。 ただ、一般的には、 小学生になってからお小遣いをあげるのが平均的のようです。 そのため、 親がお金 お財布 を管理しておいて、スーパーや駄菓子屋、おもちゃ屋などで子供が欲しがったときに出してあげる形がよいでしょう。 もちろん、自分で管理できるのであれば、お財布を持たせてもよいと思います。 小学一年生・二年生あたりでは、まだ管理や、おつりの計算など難しいかもしれませんが、小学三年生でしたら、算数も理解していますし、おつりなどの計算もできるようになっていると思います。 小学生高学年ともなると、友達同士で遊びに行って、ジュースやおかし、おもちゃや本などを買うようになります。 小学校高学年になるまでには、お小遣いやお金の使い方、お財布の管理などができるようになっていたいですね。 中学生であれば、お小遣いをあげ始めるには少々遅いかもしれません。 ・安いものを2つと、高いものを1つ、どっちにしよう・・・ ・大きさを選ぶか、数を選ぶか・・・ ・あといくら残るのか といった感じで、 いろいろ考える力が付きます。 子供は不思議に思うかもしれませんが、税抜き・税込みの違いや、消費税という「みんなのために使うお金」が必要というのも教えてあげましょう。 レシートをもらい、どういう風に見たらよいかも教えてあげましょう。 お小遣いやお買い物は、子供の成長にとても役に立ちますよ! お小遣いのあげ方・タイミング・いつあげる? 基本的には、 月額制と、週間制が多いようです。 ・おかし ・外食 ・外出の際の交通費 ・文房具やスポーツ用品 ・洋服、バッグ、アクセサリなどのファッション ・化粧品 ・おもちゃやゲーム ・カラオケ、ボーリング、映画、ゲームセンターなどの娯楽 ・スマホ料金、スマホコンテンツ代(課金) ・書籍 など。 お小遣いが足らず、お小遣い稼ぎする子も多い 実際、今どきの子供は、もらっているお小遣いでは全然足らないのが実情のようです。 両親からもらうだけでなく、祖父母からもらう場合も多いようです。 また、高額なものを買う場合は、お年玉を足しにしたり、誕生日、クリスマスに買ってもらうという子供も多いようです。 お小遣い稼ぎをしている子もいるようです。 アルバイトが許可されている学校ではアルバイト、禁止されている場合は、その他の方法で稼いでいるようです。

次の

高校生のお小遣いは、どれぐらい渡してますか❓

高校生 小遣い 平均

閲覧ありがとうございます。 高校2年生の者です。 私は中学生の頃から変わらず月1000円のお小遣いをもらっています。 文具や洋服、携帯代は親が払ってくれています。 趣味、遊びの代金 交通費含む はほぼ自分持ちです。 打ち上げ等は払ってくれる事もあります。 お年玉、クリスマス、誕生日に1万円貰っています。 バイトは親、学校共に禁止されています。 最近は物欲ややりたい事が増えお金が足りないです。 ネットで調べた所高校生の平均は5000円でした。 私自身成績が悪く生活態度も良くありません。 しかしそれでも少ないと思い、値上げして欲しいというのはおかしいでしょうか。 皆さん、特に親御さん方はどう思われますか?回答よろしくお願いします。 ユーザーID: 4087017577 国立大医学部志望の同年代の娘がいますが、 お小遣いは特に渡していません。 バイト等(学校では禁止ですが、イベント等でボランティア通訳などをしていて其の流れでバイトを)(学業が大変よく親戚の子供の家庭教師も「復習になる」やって)で結構、貯め込んでいるうえ、 両祖父母から高額・お年玉(おばあちゃま孝行だし)もゲットしていて充分だそうです。 乳幼児時代「可愛い服でも買ってあげて」と実家の母は3万なんていれてくるし、義母はそれ以上だったので、金額を確認するのも怖い位、もらっているかも。 まあ娘の趣味は運動と読書で、これは親の趣味でもあり、制限なしで親がだしています。 洋服も母(洋裁も趣味)が制限なしだし…義母や義姉達(娘がいない)も ホイホイ購入するし〜(困惑) 娘が遣うとしたら、友人と遊びに行くとき位でしょうかね? まあ 今のところ、遊び回るより、読書したい、勉強しなくっちゃ、家で末妹と遊んでやりたい、なので大していらないらしい。 どんな生活態度なの? 学生の本分の勉強もせず、遊びまわっているの? ユーザーID: 9712468877• 何にいくら使いたいのか交渉する 我が家の高3息子のお小遣いはありません。 私立高校の運動部に所属しているので、遊ぶ時間がないからです。 毎日、最低2000円は持たせるようにしています。 2000円を切ったら、都度渡しています。 だいたいが、飲み物、捕食代です。 欲しいものは、ネット通販で探し、ラインで連絡してきます。 参考書か部活で必要な物ばかりです。 たまに、半日オフの時は焼肉食べ放題などに行きますが、4000円渡します。 2ヶ月に1度位です。 周りも同じ感じです。 部活が盛んな学校の為、帰宅部のお子さんがほぼいません。 なので、帰宅部の子がどのような小遣いかは、わかりませんが、高校生の付き合いには、月千円では、足りないと思います。 ご家庭の事情もあると思いますが、何にいくら必要かを紙に書いて交渉してみてはどうでしょうか? ユーザーID: 9936748178• まずできることは、勉強すること、生活態度を見直すこと 各家庭お金の教育というのは、それぞれです。 経済的事情も違うだろうし、考え方も違います。 多分親御さんは、あなたのお金の使い方について心配なのだと思います。 今より多いお小遣いを渡すと、遊びに行く回数が増えて、勉強時間がもっと少なくなることは、避けたいんでしょう。 お小遣いの交渉よりも先に、成績を上げる方に尽力すると、その後の話の展開もうまく行くと思います。 そして、希望のお小遣い額(うーん、5000円かな)を出して、だいたいどんな風に使うのか、予算立ててプレゼンしてみてください。 自由に使えるのが本来のお小遣いではありますが、まだ保護者の庇護の下にある高校生なので、しょうがないかな。 月に何回どこに遊びに行くであろうか考えて、少ないながらも毎月のお小遣いの中から貯金もしてください。 300円とか500円でいいのです。 貯める習慣をつけましょう。 お金が足りないから、バイトすればいい、、というのは一理ありますが、それよりも大事なのは「足りない」という状態を作らないことです。 趣味や買い物も計画的にするのです。 大人になってもお金が足りなくなると、消費者金融に行ったり、クレジットカードのリボ払いを使ったりする人がいます。 そういう行き当たりばったりにならないように、計画的に買い物をして、今から練習して貯金の習慣をつけることは大事です。 計画的にお金を使い、貯金まで出来れば親御さんは、心配しなくて済みますし、快く5000円くれるんじゃないかな、、、。 5000円のお小遣い交渉、がんばって! ユーザーID: 9600020754• 親との信頼関係によるのでは? うちも高校2年の娘がいます。 一月5000円。 交通費、服、イベントの時には追加で出します。 まあ、我慢しているものはほとんどないでしょうね。 無制限みたいなものです。 でもね、娘は小さい頃から欲しがりなところがなく、不必要なものを買ったことがありません。 普段の生活も成績もまあまあ真面目ですし、金額で行動を制限する必要がないんですよ。 下の息子は違います。 時計やら部活の道具やら、少しでも高額のものを欲しがったり、制限をかけないと友達とゲームセンターやら買食いに使います。 こちらは要求をそのまま受け入れることはないですね。 家庭的に経済状態が厳しくなければ、要するにお小遣いは親との関係によるのではないでしょうか。 トピ主さんの文章を読んでいると、数千円値上げしても結局また余分に欲しいものができて、使いたいことが増えて、きりがないように思えてしまいます。 自分の生活を律するようになれないと、金額にこだわっても親はイライラするだけでしょうね。 ユーザーID: 9308452387• レスありがとうございます! あささん、信天翁さん、母2号さん、かなこさん、くみさん、なっちさん、ピーターウィさん、返信ありがとうございます!多くの方がお時間を割いて返信してくださり、とても嬉しいです。 私の成績と生活態度についてもう少し詳しくお伝えします。 中学卒業時は5段階評価で3と5が1つずつ、他全て4でした。 私としては良かったと言えるのですが、母は3がある事に対して良くないと思っています。 オール4と3があって平均オール4では意味が違う、と言っていました。 高1の成績は5段階評価で2と4が1つずつ、他全て3でした。 これは私自身悪いと思っています。 テストはほとんど平均下です。 最近のテストはまだ 下位ですが全体順位も20人程度上げました。 ある苦手な教科は98位上げました。 やっと平均位ですが 勿論ダメダメな教科もあります。 赤点も2回取ってしまいました。 これは非常に怒られました。 当たり前だと思います。 親は高校の成績に対して心配しています。 次に生活態度についてです。 これは小学生の時からですが、朝が苦手でいつも登校時間ギリギリです。 就寝時間は12時半〜1時です。 高校に入りスマホを使い始め、使用時間が長いです。 この3つが大きな問題点です。 お手伝いは頼まれた事しかほぼしていませんが、掃除機、皿洗い、洗濯物を取りこむといったことをしています。 ユーザーID: 4087017577• 続きです。 次に貯金についてですが、私は『お年玉貯金』をしています。 すみません、昨年クリスマスに祖母から貰ったお金はこちらに貯金していました。 手元のお金にとても余裕がある時はお年玉以外も貯金します。 小学生の頃から何となく貯めていただけですが、どうしても欲しい物があった時買えるように、と手持ちの使うお金とは別口で貯めています。 最近はここから出して使うことがよくあります。 中学の時は1ヶ月に1000円以上使うことも少なく、どこかに遊びに行く…という事も少なかったので足りていました。 現在電車を使って遊びに行く頻度はおおよそ月1. 2回です。 程度使い道としては趣味 漫画等の娯楽、興味を持ち始めた化粧品 、交際費、飲食費 学校帰りにコンビニでの買い食いはほぼしないので遠出時にお昼や甘味を食べる程度 などです。 今は欲しい物、行きたい所、やりたい事をするためにもっと頑張りたいです。 話が逸れてしまいますが中学の時のように勉強に取り組めません。 理解できず、楽しくないからでしょうか。 やらなくてはいけないのに手を付け始めるのが遅いです。 宿題の類も小学生の時から期日ギリギリ、徹夜…という事が多いです。 これも問題です。 長文、乱文すみません。 もう少しお付き合いいただけるととても助かります。 よろしくお願いします。 ユーザーID: 4087017577• でも自分でも、成績悪くて生活態度も悪いのはわかっているのですね。 ところでトピ主さんちの家庭の経済状況は分かっていますか? 小遣い値上げに問題なさそうな状態なら、交渉の余地はあると思います。 ただ、必ず条件は付きそうな気がします。 今の時代(20数年前に高校生だった私でさえ)5000円以上の小遣いは当たり前。 それをあえて1000円にしているということは何か理由がありそうです。 そういうのも含めて相談・交渉してはどうでしょう。 ちなみに私のお小遣いは、「ポケベル代・洋服・雑誌・化粧品・下着・文房具・その他娯楽」など、家で取る食事と日用品以外のほぼ全ての自分の身の回りのことに使っていました。 あ、美容院代は出してくれてた気が。 ただバイトをしていたので月の収入は3〜5万ほどはありました。 とりあえず、しっかり勉強してマトモな成績取るから、お小遣いも人並みにしてほしい!とお願いしてみては。 ユーザーID: 9267462201• 通学は徒歩? 電車? 『Suica』などに予備に入れて貰えば? そして、今の世の中何があるか分かりません。 電車が不通な事も。 急に、病院へ。 なども含めて予備に持たせて貰いましょう。 これは、必要経費です。 今時は、小・中学生でも『ファストフード』『ミスド』。 高校生にもなれば、偶にはお洒落な、流行りのスイーツショップに行きたいでしょうねー。。 それから『交渉』に。 ユーザーID: 1127761781• 親ではなく子供の視点から 20代前半の女です 自分語りになってしまい恐縮ですが、私の場合お小遣いというものをもらったことがありません 最低限、学校生活やなんかで必要な物やなんかは買ってもらえていましたが、それも自分が高校生になってからは自分でアルバイトして自分で必要なものは全て(学費、携帯代、食事代等)賄っていました というのも、私の家庭の場合シングルマザーで、私以外にも子供が二人いましたから金銭事情はかなり悪かったからです 知り合いの中で自分の家が一番貧乏だったので、他の子がおしゃれで可愛い文房具や洋服を買ってもらえる中、私は男兄弟のお下がりばかりで可愛い洋服なんて子供の頃は一枚もなかったし、長期休暇で皆が旅行の土産話をしている中、私が子供の頃人生で一番行った遠出は祖父母の家(車で30分ほど)のみでした 子供ながら家に余裕がないのは分かり切っていたので、一度も高価なものや旅行をねだったことはありませんでしたが、当然不満だったし欲しいものは数えきれないほどありました 長々と自分語りばかりしてしまいましたが、高校生にもなればお家の金銭事情や、親御さんがどういったことにならばあなたにお金を出してくれるか分かっているのではないでしょうか? あなたがいくらお金が欲しいと言ったところで無い袖は振れませんし、他の方が言うようにあなたと親御さんの仲がどれほど良好なのかにもよると思います 目的がはっきりしているならともかく、何に使うか分からないのにお金をたくさん渡すのが不安な親御さんも多いと思います 文章の書き方からしてしっかりした方のようですし、親御さんとどういう理由でお小遣いを上げて欲しいのか(他の家ではいくら貰ってる、なんて言っても親からしたら無駄です。 例えば、友人と放課後や休日遊びに行くのにお金が無くて自分だけ一緒に遊びに行けなくて悲しい等)、恥ずかしいかもしれませんがしっかり話した方がいいですよ ユーザーID: 3520726730• ありがとうございます 部活はやってないの? なのにそんなに成績悪いの?? 殆どが平均点以下? それなのに遊びに行く?ありえないよ! 2なんて我が家では認めない。 上位15%以下になったら部活も休部!と約束してたよ。 他にも、生活態度全般、我が家なら叩き出されるレベル。 家事手伝いもそんなの当たり前。 もっとやってる。 就寝時間も遅すぎるし、登校ギリギリって本当は遅刻してるんじゃないの? スマホ解約させますね。 >お年玉、クリスマス、誕生日に1万円貰っています >打ち上げ等は払ってくれる事もあります 充分でしょう。 我が家は、誕生日は現物支給です。 お年玉、クリスマスはあげてません。 >話が逸れてしまいますが中学の時のように勉強に取り組めません。 >理解できず、楽しくないからでしょうか 逸れてるどころか本筋です!! 今の貴方に必要なのはお小遣いでは無く、補習塾!! 学校の勉強についていけなので塾に行かせてもらえませんか? と親に頼むべきです。 このままじゃ、高校卒業も危ういのではないですか? 大学進学したいでしょ? 遊びより勉強ですよ! 今の貴方にお小遣い増やしたら、 お化粧しておしゃれして遊びに行くだけでしょ? 増々、成績さがりますよ。 私が親なら、絶対お金渡しません! ユーザーID: 4343884322• 家庭の収入や方針によると思います 家の1か月の生活費を知っていますか。 家庭科の勉強にもなるし、一度、聞いてみてはどうでしょうか。 隠す親御さんも居るようですが、 「この機会に、将来の参考のためにも学んでもらおう」ときちんと教える親も居ます。 家計の中身を知れば、「欲しいから欲しい」というのではなく、 「平均5000円だから」でもなく、 「我が家の場合、いくらが妥当か」と考えられるでしょうし、 親御さんとも話し合えると思います。 話し合いの材料がなければ、ただ「ねだる」だけになってしまうでしょう? それでは交渉になりません。 なお、成績や生活態度でお小遣いが変わるという考え方には、違和感があります。 お小遣いは、子どもの「楽しみ」になるとともに、 お金の使い方・貯め方の練習をする「教材」なのであって、 何かの対価として支払われる「給料」とは違うと思います。 親子は、雇い主と労働者ではありません。 「優等生になればたくさんもらえる」という発想はおかしいと思うのですが・・・ 親御さんに確かめてみましたか? 「成績を上げれば、小遣いを上げる」と言っているのですか? 「1000円のままなのは、成績が悪いからだよ」と? 主さんがそう思い込んでいるだけ、ということはありませんか。 努力するのは良いですが、それとこれは別問題かもしれませんよ。 ところで、私の友人には面白い例がありました。 社長令嬢だったのですが、相場よりかなり少ないお小遣いしか、もらっていなかった。 彼女は嘆きつつ、でも、だからこそ使う時は、それはそれは真剣に考えて使っていました。 親御さんは、価値を吟味する練習をさせていたのでしょう。 大人になった今、彼女は社会的にかなり成功しています。 ユーザーID: 8129470056• ありがとうございます おもちさんの文章見る限り、育ちも良いし頭も良さそうなのに 何で成績が悪いんだろう・・・と考えてみた。 やっぱり、スマホと付き合ってるメンバーが悪いのかな・・・ レス入れてる時間が23時過ぎが2回もあるのが気になります。 いきなりは難しいかもしれませんが、22時以降のスマホは止めたほうが良いですよ。 親に取り上げられたとか言い訳したら? そのかわり、朝、夜の分の返信付けるとか習慣にしたら 早起き出来ますよ。 私と親御さんと認識がわりと近い気がします。 なので、部活は頑張っているので、 部活にかかる交通費やその他必要経費はケチらず親持ちになっているのでは? また、体育祭・文化祭・合唱祭の打上げ代は親持ちでは? だとすると、後は友人との遊び代ですよね。 成績が悪いのに夜中までスマホだけでも気に入らないのに 化粧して遊びに行くとなるとお金があっても渡したくないんですよ。 友人と遊びに行く時の場所や帰宅時間に問題ないですか? 本当は、親も少なすぎると思っているようなので 生活態度が改まれば増額可能でしょうね。 若気の至りで済むような事ならいいですが 取り返しの付かない事もあるのでね。 高校生は何に一番力を注ぐべきか考えて行動してね。 ユーザーID: 4343884322•

次の

高校生のお小遣いの額は何円が妥当でしょうか?

高校生 小遣い 平均

この記事の想定の読者さま 「簡単に貯金を増やしたい」、「他の人がどのように貯金を増やしているのか気になっている」という方に向けて、高校生でも成功しやすいオススメの貯金方法や節約術を紹介します。 高校生で貯金を増やしたい方 着実に貯金を増やしたいという方には、ポイントサイトがオススメです。 好きなサービスを利用するだけで、無料で誰でも簡単にポイントを貯められます。 例えば、楽天市場では、最大40%のポイント還元もあるので、高校生でも簡単に貯金を増やすことができます。 どのサービスも無料で利用でき、誰でも簡単に始めることができます。 あなたもまずは気軽に新規登録してはいかがでしょうか。 高校生の貯金の平均は? 他の人はどのくらい貯金をしているのだろう?というのは気になるところです。 はたして高校生の貯金額はいくらくらいなのでしょうか。 もちろんアルバイトをしている人や、そうでない人によって大きく差はありますが、アルバイト情報誌anの調査によると65,000円くらいが高校生の平均貯金額となっています。 高校生が貯金をするためのコツとは いくら収入があっても、なかなか貯金が貯まらないという人もいれば、それほど収入はないのに貯金が多いという人もいたりします。 貯金の上手な人とそうでない人の違いは何なのでしょうか。 貯金をする理由を明確に持つ まず、貯金をする前に「なぜ貯金をするのか」という明確な理由を持つことが大切です。 貯金に限らず何をするにしても、目標がなければ頑張ることは、なかなか難しいでしょう。 例えば、ダイエットにしても「あの人と付き合いたい!」とか「夏にみんなで海に行く予定がある!」などといった明確な目標があれば、頑張ることができるでしょう。 漠然と「痩せたい」というだけではなかなか頑張ることができないのと同じです。 そのため、手段である貯金をすることを目標にするのではなく、貯金をして何を買いたいのか、何をしたいのか、という目標を明確にすることから始めましょう。 毎月の貯金額を決める 「原付バイクを買うために10万円貯めよう」という貯金の目的を決めても、10万円という金額だけを考えると、なんだか途方もない額のように感じてしまいます。 そこで、毎月いくらずつ貯金して、いつまでにその目的を達成するかという目標を決めることが大切です。 例えば、「5kgダイエットしよう」というのは大変なイメージがありますが、毎月0. 8㎏ずつ体重を落とすことを目標にして、半年後までに5㎏痩せようと目標を立てれば、実現可能だと感じるでしょう。 人は難しいと感じることや、無理だと感じることには頑張れません。 そのため、これなら頑張れるという毎月の貯金額を決めることが大切です。 貯金をするための手段を考える 貯金をする目標を明確にしたら、次は貯金をするための手段を考える必要があります。 毎月5,000円貯金しようという目標を決めたのに、毎月の収入がおこづかいの5,000円のみでは難しいと言えるでしょう。 そのため、貯金をするための手段ををみていきましょう。 アルバイトをする 毎月1,000 円や2,000円などの貯金であれば、おこづかいだけでも可能かもしれません。 しかし、毎月1万円以上の貯金を目標にするのであれば、やはりアルバイトをして貯金をするのがよいでしょう。 では、貯金をするためにはどのようなアルバイトを選べばよいかをみていきます。 高校生のアルバイト平均額 アルバイト情報誌anの調査によると、高校生でアルバイトをしている人の平均額は1カ月に45,000円ほどです。 これだけあれば、月に1〜2万円の貯金というのも現実味をおびてきます。 例えば時給800円のバイトであれば、1日3時間で2,400円、週に4回アルバイトをすれば、1カ月で約4万円は稼ぐことができます。 時給よりもシフトを重視 限られた時間の中で働く必要のある高校生は、時給の高さでアルバイトを選ぶよりも、シフトの入りやすさや自由度で選ぶのがおすすめです。 どんなに時給の高いアルバイトを選んでも、あまりシフトに入ることができなければ意味がないほか、学生であれば試験期間の休みなども欲しいところです。 そのため、時給が高いことに越したことはありませんが、ある程度シフトの自由が効くというのも高校生のアルバイトでは大切なポイントです。 続きそうなバイトを選ぶ 高校生でアルバイトをする人の多くが、アルバイト未経験だったりします。 そのため、思っていた仕事と違ったなどの理由で、アルバイトを辞めてしまう人もいます。 当然、どんなに時給が高くて稼げるアルバイトでも、続かなければ意味がないので、続けられそうなアルバイトを選ぶようにしましょう。 続けられそうなアルバイトとはファーストフードやコンビニのアルバイトなどが挙げられます。 これらのアルバイトは、どのような仕事なのかイメージがしやすいため、思っていた仕事と違ったということも少ないでしょう。 必要のないものを売る 読んでいない漫画や聴いていないCD、遊んでいないゲームや着ない洋服などが家にありませんか? まずは、そういったものを中古品店などに売って処分するというのも、お金を作るには有効な手段のひとつです。 確実に毎月の収入の足しになる、なんてことはありませんが、目標金額を少しでも増やすことができます。 もし使っていない不用品が家にある場合は、売って処分するということも考えてみましょう。 高校生でもできる節約術とは よくテレビなどで役に立つ節約術が紹介されていますが、大抵は高校生には関係のないような話ばかりです。 しかし、高校生でもできる節約術も探せばあるものです。 ここでは、高校生でも簡単にできる、おすすめの節約術をいくつか紹介します。 学校での飲食代を節約する 高校生の昼食は弁当か学食、売店の利用のどれかではないでしょうか。 親が弁当を作ってくれているのであれば別ですが、毎日500円の昼食代をもらっているなどの場合は、それを節約してみてはどうでしょうか。 例えば、家からご飯だけを弁当箱で持参しておかずのみを購入し、500円を使い切らなければ多少なりとも節約に繋がります。 また、毎日学校でジュースやお茶を購入している場合は、家から飲み物を持参するのもよいでしょう。 こういった外での飲食代の節約も考えてみましょう。 コンビニではなくスーパーを利用する ジュースやお菓子を買うときはどこを利用していますか?おそらく高校生はコンビニが多いのではないでしょうか。 コンビニは確かに便利ですが、商品のほとんどは定価で販売されています。 それに比べてスーパーは、割引が当たり前の価格なので、当然日々の買い物はスーパーを利用したほうが、お得なことは言うまでもありません。 微々たる差かもしれませんが、塵も積もれば…ということです。 節約とはそういった細かいことが大切です。 通勤手段を自転車に変えてみる 学校と自宅との距離があまりに遠い人や、自転車通学が禁止されている高校であれば無理ですが、自宅の最寄り駅と学校の最寄り駅が近い人であれば、貯金をする間、自転車通学に切り替えてみるのもひとつの手です。 おそらく、定期券を購入して通学している人も多いかと思いますので、その定期代を貯金に回せば、かなり貯金の足しになってくれるでしょう。 ただし、親に黙って定期代をネコババしてしまうと、バレたときが大変ですので、貯金のために自転車で通い、その間の定期代は貯金にまわさせて欲しい、ときちんと親に相談しましょう。 まとめ たとえ高校生であっても、きちんと目標と手段を決めさえすれば、おのずと貯金の目標金額達成までの道のりは見えてきます。 どうしても欲しいものがある人や、やりたいことがある人は、ぜひ参考にしてみてください。 貯金のコツについてもっと広く知りたい方はこちらの記事がおすすめです!.

次の