江東 区 コロナ 患者 数。 発生届に基づく新型コロナウイルス感染症の患者数の推移について|板橋区公式ホームページ

#コロナ、東京都23区の感染者数および感染率(7月27日時点)

江東 区 コロナ 患者 数

新型コロナウイルス感染症 東京都 4月1日 はじめて東京都の 区市町村別の新型コロナウイルスの 感染者数が公表されました。 都が自治体ごとの数を発表するのは初めてです。 <新型コロナ>都が自治体別感染者数発表 区の独自公表も広がる 2020年4月2日 新型コロナウイルスの感染者急増に伴い、都は一日、区市町村別の感染者数の公表を始めた。 二十三区でも、区内の感染者数をホームページで独自に公表する動きが広がっている。 小池百合子知事が記者会見で「感染爆発の重大局面」と述べた三月二十七日、練馬区は感染者の年代、性別を一覧にして、区のホームページに掲載。 保健予防課の担当者は「感染者は年配の人、というイメージがあった。 実態を知ってもらうため年代を載せた」と話す。 三十一日現在、累計二十人に上る患者のうち三十代は二人、二十代が一人、十歳未満は一人いる。 これ以前、感染者数を公表していたのは江戸川、渋谷の二区のみ。 江戸川区の担当者は「正確な情報を伝えることが感染拡大やデマを防ぐことになる」と説明。 公表にあたっては感染者の同意を条件にしている。 三十日に公表を開始した杉並区は、プライバシーに配慮して年齢や性別、発生エリアは公表しない。 「感染リスクがあることを胸に刻み、自己防衛に努めてほしい」としている。 世田谷区は一日から、区民でPCR検査が陽性だった人数と退院者数の午後三時までの合計を、毎日、午後五時までに公表することにした。 年齢や住んでいる地域などは公表しない.

次の

公明党 江東区議会議員 中根 たくや: 新型コロナ 関連情報

江東 区 コロナ 患者 数

年代別• 江戸川区の人口10万人に対する感染患者は、70. 0人(23区中23番目)です。 区主催行事の自粛期間を原則、年内まで延長します。 なお、今後状況に変化があった場合にはそれぞれ個別に判断することとします。 掲載の無いイベント等についても中止となる可能性があるため、事前に主催者等へお問い合わせのうえお出かけください。 生活困窮の相談• 休業・離職等による緊急小口資金・総合支援資金の貸付制度• なごみの家 緊急困りごと調査 この調査は終了しました。 経済的な理由等でお子様の食の支援が必要な家庭• フードドライブにご協力ください ご家庭の未利用食品をフードバンクを通じて支援を必要とする方へお届けします。 定期予防接種の期限の延長について 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、定期予防接種の有効期限で令和2年3月19日以降に有効期限が切れたものについて、有効期限を延長します。 有効期限が延長された定期予防接種の予診票はそのままご使用いただけます。 区役所・各事務所に来庁しなくてもできる手続き 江戸川区役所・各事務所に来庁しなくても受け付けることができる手続きがありますのでご利用ください。 各種申請書のダウンロード 各種申請書を事前にダウンロードし、ご記入いただくことで窓口での待ち時間を減らすことができます。 また、郵送でできる手続に関する申請書もダウンロードが可能です。 ぜひご利用ください。 令和2年5月1日(金曜日)受付分から、新型コロナウイルス感染症の影響による各種証明書の交付手数料を無料にします。 来庁・来所時の時間帯の事前予約 令和2年5月1日(金曜日)から、各種手続き(住所・戸籍・印鑑)のために来庁・来所いただく際の時間帯の事前予約制を始めます。 特別区民税・都民税の納付が困難な方へ• マイナンバーカード搭載の「電子証明書」更新手続き(有効期限通知書を受け取られた区民の方向け) マイナンバーカードの電子証明書の有効期限が過ぎても、マイナンバーカードの有効期限内であれば新しい電子証明書の発行が可能です。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う占用料等徴収対応について 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一時的に道路占用料等の納付が困難な事情がある占用者に対し、納付期限を猶予いたします。 戦没者等のご遺族の皆さまへ(第十一回特別弔慰金) 前回と同じ方が申請する場合には郵送での手続きが可能となりました。 行政、生活、教育、健康など様々な情報 国や都のテレワーク支援制度等のサイトをまとめています。 新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業者のみなさまが利用できる各種支援策をご案内しています。 宿泊施設における対応について 旅館業営業者の方へのお知らせ• 住宅宿泊事業者(管理業者)の方へのお知らせ•

次の

新型コロナウイルス感染症について|江東区

江東 区 コロナ 患者 数

新型コロナウイルス感染症 東京都 4月1日 はじめて東京都の 区市町村別の新型コロナウイルスの 感染者数が公表されました。 都が自治体ごとの数を発表するのは初めてです。 <新型コロナ>都が自治体別感染者数発表 区の独自公表も広がる 2020年4月2日 新型コロナウイルスの感染者急増に伴い、都は一日、区市町村別の感染者数の公表を始めた。 二十三区でも、区内の感染者数をホームページで独自に公表する動きが広がっている。 小池百合子知事が記者会見で「感染爆発の重大局面」と述べた三月二十七日、練馬区は感染者の年代、性別を一覧にして、区のホームページに掲載。 保健予防課の担当者は「感染者は年配の人、というイメージがあった。 実態を知ってもらうため年代を載せた」と話す。 三十一日現在、累計二十人に上る患者のうち三十代は二人、二十代が一人、十歳未満は一人いる。 これ以前、感染者数を公表していたのは江戸川、渋谷の二区のみ。 江戸川区の担当者は「正確な情報を伝えることが感染拡大やデマを防ぐことになる」と説明。 公表にあたっては感染者の同意を条件にしている。 三十日に公表を開始した杉並区は、プライバシーに配慮して年齢や性別、発生エリアは公表しない。 「感染リスクがあることを胸に刻み、自己防衛に努めてほしい」としている。 世田谷区は一日から、区民でPCR検査が陽性だった人数と退院者数の午後三時までの合計を、毎日、午後五時までに公表することにした。 年齢や住んでいる地域などは公表しない.

次の