絆2 極駿府。 バジリスク絆2:通常時概要:SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2

【バジリスク絆】駿府城(城背景)の恩恵・期待度(ハズレ)・継続率・その他

絆2 極駿府

2020年2月17日導入 6号機スロット新台「バジリスク絆2」の 天井期待値・恩恵・狙い目・朝一リセット・有利区間・やめどきなどをまとめました。 関連記事 天井情報 サブ液晶 リールの右側にあるPUSHボタンを押すと、サブ液晶で「TOTALGAME」と「スルー回数」を確認することが可能。 ゲーム数天井 天井G数 通常時800G消化 恩恵 同色BC確定 狙い目 400G〜• BCの消化ゲームは天井までのゲーム数に含まれない。 ゲーム数天井は途中でBCを引いても継続。 累計800G到達で同色BC確定 or 途中でBTに突入で有利区間リセット。 BCスルー回数天井 スルー回数 BC7スルー後にBC当選 恩恵 バジリスクタイム確定 狙い目 4スルー• BCスルー回数天井はBC8回目でバジリスクタイム突入。 BC8回 or 途中でBT突入 or 800G消化で有利区間リセット。 ここでBTに突入しなくてもスルー回数はリセット。 また0スルーからやり直し。 データランプで確認する際は前回のBTから何G経過しているかを計算しないと、スルー回数を間違える可能性があるので要注意。 通常時はモードA〜モードDの4種類• BC当選でモード移行抽選。 高確示唆演出 高確示唆演出 お胡夷演出 刑部野菜告知+レア役否定 地虫占い演出 良縁の相+レア役否定 夜叉丸と蛍火演出 青字セリフ+レア役否定 朧とお幻演出 第3停止告知+押し順ベル否定 佐屋路会話演出 掛け合い発生 七里の渡し会話演出 掛け合い発生 響八郎疾走演出 レア役否定 高確以上濃厚演出 蛍火ルーレット演出 ハズレシンボル+リプレイ キャラセリフ リプレイ成立 超高確濃厚演出 キャラセリフ 幼少期の弦之介 or 朧登場 ステージ ステージ 期待度 甲賀卍谷 通常ステージ 伊賀鍔隠れ 佐屋路 高確示唆 七里の渡し 吉田宿 超高確示唆 駿府城 BCの期待大 BT突入のチャンス 極駿府城 紫 BC確定 BT突入で上位シナリオ確定• 滞在ステージは内部状態を示唆。 内部状態は低確・高確・超高確の3種類。 高確以上でレア小役が成立した際はBC&BT期待度UP。 超高確中はレア小役以外からの当選にも期待。 9枚 コイン単価 2. 6 97. 3 98. 7 102. 4 106. 9 110. 7 112. 6枚 設定2〜5 調査中 打ち方 リール配列 通常時の打ち方 全リールフリー打ちでOK。 レア小役の判別方法• 液晶リールにチェリー1個 or 2個:弱チェリー• 液晶リールにチェリー3個:強チェリー• 液晶リールに巻物揃い:チャンスリプレイ• メインリール中段に「紫・黄・ANY」:チャンス目• メインリールに中段に黄色図柄揃い:共通ベル 中押し 「中リール上段に赤BARを狙う」 以下停止形で打ち分け。 BC+BT当選濃厚? 次回予告 通常時の次回予告はエピソードBC濃厚? カットイン演出 レバーON時に弦之介 or 朧 or 天膳のカットイン発生でBC当選の可能性UP。 名台詞演出 名台詞出現でBC当選の可能性UP。 開眼カットイン演出 通常時のレバーON時やボタンから瞳術を狙え演出が発生。 BC+BT当選濃厚? 閃光ルーレット演出 ルーレットで発展先を決定。 ついにバジリスク絆2の登場ですね! まどマギ叛逆、北斗天昇の稼働が落ちているので、6号機の最後の砦として頑張ってもらいたいところ。 天井のシステム的に、6スルー有利区間リセット、5スルー有利区間リセット、みたいなことが続くとBC連続地獄でとんでもないマイナスを食らうこともありそう…。 高設定はほぼないでしょうが、稼働が落ちる3〜4週間後はおそらく低設定祭り。 やっと天井を拾える状況になってもBC連続地獄でドマイナスってことも… 笑 天井は少しわかりづらい仕組みなので、ハイエナ台かと思いましたが、サブ液晶でゲーム数もスルー回数も確認可能…。 情報が広がる前ならなんとか狙えるかもしれません。 AT中の中押しは中段に赤BARで弱チェ、4コマ滑りで強チェ、下段赤BARで巻物となっていて、AT中の高確時にやると面白そうですね!6号機はぶん回す機会が多いので楽しみ要素が増えることは嬉しい 笑 BCは今作も弦之介、朧、天膳から選択可能で、天井狙いは次回のモードを示唆してくれる朧BCが良さそう!と思いましたが、BTに当選するか、有利区間が切れるまで打ち切るので、モード判別よりも弦之助を選択して、天井狙いしつつ設定判別をした方が良さそうですね。 モード狙いをする場合は、他の人が打っている台で月or赤い月でやめられている台を狙うことならできそう。 6号機はリセット恩恵が強い台が結構豊富で、美ら沖、呪怨再誕、沖っ娘、ガルパンG、スーパードラゴンなど、瞬間的に設定56並の出玉率になる台があります。 もしも、大量導入する絆2のリセット恩恵が強力なら…大リセット狙い時代の突入ですね 笑 ということで「バジリスク~甲賀忍法帖~絆2」の天井狙い記事でした。 設定狙い記事も随時更新しているのでよかったら見てみてください。 関連記事.

次の

【バジリスク 絆2】スロット初心者のための天井狙いの狙い方・やめ時・天井期待値

絆2 極駿府

最近は番長三昧な私。 このところかなり 設定状況は良いように感じる。 やっぱり設定4が保険として打てるラインであるというのは大きい。 まどか叛逆も、もう少しだけ456のスペックが高かったらもっと人気出たんじゃないかなぁと思う。 そして、まさにスペック的にそのまんまパワーアップしたような台が登場。 バジリスク絆2! 【広告】 満を持して登場。 事前情報だと、AT出現率のバランスなどがまどか叛逆と酷似していたので、正直バジ3の立ち位置止まりだと思っていた。 だが、打ってみて思ったのは 思ったよりも長く持ちそうだということ。 6 機械割 97. 3 機械割 98. 7 機械割 102. 4 機械割 106. 9 機械割 110. 7 機械割 112. 9% 注目すべきは設定2と設定4の機械割。 設定2の機械割が若干辛い代わりに、 設定4が1日打ち切れるスペックになっている。 これで台の完成度が高ければ、当分はメイン機種間違いなしだろう。 6号機ならではと大きく変わった北斗に対して、ユニバはまどか叛逆と同じく5号機とゲームフローをあまり変えない道を取った。 その中でも最低限損を感じさせないようにとAT中の継続率はテーブル制に。 6号機でテーブル制と言えば戦コレ家康が出てくるが、あれもせめて2週目くらいまであればもう少し人気が出たんじゃ無いだろうか。 ここもバランスとしては悪く無いかと。 まぁ後は打ち進めながら。 まずは弱チェリー。 最近の流れに乗り、前作ではユニメモで数えてくれなかった弱チェリーも今作ではしっかりカウントしてくれる。 夕方のステージは前作でいう土岐峠。 2種類あるが性能に差は無いと思われる。 強チェリーは今作も状態アップ濃厚。 出現率が前作の倍くらいになったので、BC当選率は下がったんじゃ無いかな? 吉田宿は前作でいう弾正屋敷。 移行時点では 超高確濃厚。 そこで初の 巻物! これはもらった。 初の発展先は 朱絹を倒せ。 対決系演出は前作同様 発展しただけでチャンスだが、吉田宿滞在中は対決系が基本。 さらにこれは対決系の中で一番弱い演出。 少し不安だったが その不安は的中し、討ち取られてしまった。 しかし 直後の強チェリーで リベンジ完了! 今作のバジリスクチャンス=BCは自動で揃う。 液晶上部のLEDでBT当選を示唆しているが、前作同様 赤LEDハズレには設定差がある模様。 146G 赤異色BC そんな感じで、ゲームフローはやはり絆そのもの。 当たった後も絆。 弦之助は撃破人数で 設定示唆。 朧は モード示唆。 天膳は詳細は出てないが AT中のテーブル示唆。 通常時のモードは、なんとユニメモを入れていれば自分で1から終了まで消化した有利区間に限り後で確認可能。 その代わりユニメモのミッションを進める必要がある。 よって、設定狙いの場合は 朧を選ぶ理由は一切無くなる。 やめようとしたAT後の高確でちゃっかりBCが刺さった時くらいか? 天膳に関しては、現状では何もわからないのでこれまた選ぶ理由は無いが、設定別AT中のテーブル振り分けや天膳での示唆振り分けが出れば化ける可能性もあるかもしれない。 長くなったが、現状では 弦之助一択。 撃破人数で設定示唆をしてくれる。 ゾロ目系はそれ以上の設定確定、その他に246人や456人など種類は多彩。 実戦上、示唆系が出た場合バジリスクタイム=BT当選確定。 超高確でのBCは前作同様BT当選率が優遇されているので、できればBTが欲しかったが 残念。 甲賀卍谷へ。 BC後のステージ法則も前作と恐らく同じ。 【広告】 伊賀ステージスタートなら高確以上orモードC以上だろう。 そして、遅くなったが天井詳細。 絆2の天井は有利区間内で 8回BCを引くか800G消化。 前者ならBT確定で、後者なら同色BC当選。 これにまつわる情報は リール右のプッシュボタンを押せばこのように出るので要チェック。 両方とも有利区間内の情報なのでわかりやすい。 なお、BC天井に関してはほとんどの場合7回目で当たる模様。 ・・・ちなみに、 BC間天井というものは今作には存在しない。 前作になかった上に待ちと言える演出の一つは これだろう。 結構当たりに絡む。 見事にお茶を被らずに済んだ。 原作だと被る方が正史だが。 144G 赤異色BC BC中はもちろんレア役でもBT抽選を行っており 巻物を引ければチャンス。 直後に瞳術カットインとくれば 当たって欲しかった。 前作よりリプレイ確率が下がっているので、瞳術カットインでの告知は下がった印象。 次に期待。 念鬼を倒せは前作でいう小四郎を倒せ。 発展した時点で大チャンス。 147G 赤異色BC で、これもダメ。 さらに 前作でもよく出た家康の金セリフで当たってもダメ。 72G 赤異色BC これで4スルーだが これはいいんじゃないか? BC後、吉田宿スタート。 これをしっかりと 生かせず本日一番のハマり。 238G 赤異色BC 前作同様、赤頭BCが偶数示唆で青頭BCが奇数示唆。 ここまで全部赤頭だし、さすがに偶数かな? そもそも、当分は 設定2がベースだと思うので偶数挙動だから喜べるほどのものではないが。 このBCは ついにBT当選! 途中に巻物を引いたので、それが刺さったような気がする。 いよいよお楽しみバジリスクタイム。 もちろん開始画面は3種類。 弦之介、朧、天膳。 示唆内容も同じで、朧なら 全セット50%以上のテーブル確定で、天膳なら 全セット80%以上のテーブル確定。 追想の刻もほとんど前作と同じだが、たまに絆玉をゲットできる場合がある。 手に入ると、数に応じて 絆高確が発動する。 ここも同じ。 奇数なら絆高確確定。 縁なら巻物、恋ならベル、想ならチェリー対応。 争忍中の背景も概ね前作と同じ意味合いを持つが、継続率がテーブル制なのでより大事に。 夕方なら50%、夜なら80%、駿府城なら100%に対応しているが 平気で矛盾するので参考程度。 ただ、駿府城はそのセットが100%のセット確定では無いが、継続はさすがに確定。 はい、上手。 縁点灯中の巻物と想点灯中の強チェリーは BC確定! 次のセットで負けたけど。 BT終了画面では次回のモードテーブルかATのテーブルかわからないが示唆あり。 左の液晶をタッチすると朧か弦之介がしゃべる(確認していないだけで他のキャラが存在する可能性もある)。 基本的には終了って出た次のゲームに有効だが、たまに有利区間がセットされずにその次のゲームにもつれ込むこともあり。 上の方にのめりこみなんちゃらと出た時が確認できるタイミング。 基本的には朧の「では参りましょう」か弦之介の「出発の準備じゃ」だった。 一度だけ「なんちゃらの支度が整っております」と言われた時があり、同時に上のランプが光ったのでこれに関しては何かしら強い示唆だと思われる。 お次は 朧のしゃっくりを止めて当たり。 48G 青異色BC ユニメモのミッションを進めるために朧BCを選んだら BC中の強チェリーが刺さったらしく、あっさり当たり。 BC中の朧カットインを華麗に外し 2連。 次は 61G 赤異色 をスルーし 駿府城へ。 今回はさらに上の極駿府城なるものがあるらしい。 BT確定に加えて高継続テーブル示唆。 今作の駿府城はBC当選濃厚。 ということはBT非当選場合もあるのか? 今回はきっちり当選したが。 192G青異色 天膳の告知は前作より劣化したかな?•

次の

SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2

絆2 極駿府

どうもようへいです。 天井狙いでかなり使えそうです! 積極的に狙うことをおすすめします。 それではご覧下さい。 BCはAT「バジリスクタイム」のCZになっています。 【ATの基本仕様】 純増枚数・・・2.9枚 期待枚数・・・407枚 【ゲーム数天井】通常時800G 同色BC確定 AT期待度50% 【BCスルー天井】 BC7スルー後8回目のBCでAT当選確定 【狙い目】350G~、 BC4スルー 【有利区間がリセットされるタイミング】 ・ AT終了後 ・ゲーム数天井からのBCでATに非当選の場合も有利区間がリセットされます。 ・ゲーム数天井 ・BCスルー天井 ・ゲーム数天井 天井は800Gで恩恵は同色BC確定です。 注意点としては有利区間 800G 内にBCが当たっても、ゲーム数天井はリセットされません。 ただし、 ゲーム数天井800GでBCに当たりAT非当選だった場合はゲーム数天井はリセットされるので注意して下さい。 同色BCは、AT期待度50%あります。 ゲーム数天井の狙い目は、350G~です。 ・BCスルー天井 有利区間内つまり 800Gの内にBC8回当てればAT確定です。 BCスルー天井の狙い目は、BC4スルーです。 まとめ バジリスク絆2は天井が若干ややこしいのですが、ややこしいからこそ期待値のある台が拾いやすくかなり天井狙い向きだといえます。 経験上、このような機種は期待値拾いやすいです。 特にポイントとなるのが ゲーム数天井がBCではリセットされない点です。 ここを意識して期待値のある台を探せば拾える機会が増えるはずです。 天井の仕様をしっかり理解し、期待値のある台をバンバン拾っていきましょう。 参考までにどうぞ。 最後までありがとうございました。

次の