吉良持広。 徳川家康の父・松平広忠の悲運な人生に迫る

麒麟がくる|松平広忠(浅利陽介)犯人は誰?謎の死を遂げた家康の父

吉良持広

この記事の目次• 父清康が家臣に殺され運命は暗転 松平広忠は、 大永 たいえい 六年(1526年) 松平清康 まつだいらきよやす の嫡男として生まれました。 松平清康は三河松平氏でも傑出した勇者で 家督 かとく を継いだ10年の間に分裂した松平一族を掌握し三河統一を果たします。 しかし、広忠が9歳の時、悲劇が起こります。 父清康が三河統一の勢いに乗り、1万余りの大軍で 織田信秀 おだのぶひで の弟 織田信光 おだのぶみつ の守山城を攻めている途中、家臣の 阿部弥七郎 あべやしちろう に逆恨みで斬られ絶命します。 これを守山崩れと言い清康は僅か25歳でした。 強力なカリスマを持った清康の死で結束していた松平氏は空中分解。 9歳の広忠は、織田信秀とも通じていた同族の叔父 松平信定 まつだらのぶさだ に岡崎城を奪われ、所領も続々と取られて、遂には命さえ狙われる羽目に陥ります。 家臣阿部定吉に匿われ伊勢まで逃げる 命の危機にあった広忠を救ったのは 阿部定吉 あべさだきち という家臣でした。 実はこの定吉、広忠の父清康を殺した阿部弥七郎の父です。 おまけに弥七郎が清康を殺した動機は、父の定吉を清康が 疎 うと んじて殺したのだと勘違いした為でした。 責任を感じた定吉は自害しようとしますが、広忠は定吉を咎めずにそのまま家臣にします。 父を殺した男の父をそのまま家臣として使うとは、9歳とは思えない英断です。 広忠の英断で強い恩義を感じた定吉は、松平信定に命を狙われた広忠を伴い、 吉良持広 きらもちひろ を頼り伊勢まで逃げました。 広忠は、ここで元服し持広の一字を貰って広忠と名乗ったそうです。 やがて吉良持広が死去して、吉良家が織田家に従うようになると、定吉は駿河の 今川義元 いまがわよしもと を頼ります。 なんか嫌な予感がしてきましたが、その通りで、この頃から今川義元は三河へ介入していきます。 でも、この事で阿部定吉を責めるのは 酷 こく でしょう。 阿部定吉は息子が主君を討った罪の重さを受け止め、養子を取る事なく定吉の病死で家は断絶しました。 今川義元の援助で松平家当主に返り咲く 定吉は駿河に渡り吉良家の口添えもあり、今川義元の兵力を借り受ける事に成功。 清康の弟、 松平信孝 まつだいらのぶたか ・ 康孝 やすたか 、 大久保忠俊 おおくぼただとし の協力を得て天文六年(1537年)岡崎城に返り咲くのです。 時に広忠は11歳でした。 追い落とされた松平信定は、渋々広忠に従いますが、翌年には病死しました。 天文十年(1541年)広忠は14歳で 尾張知多郡 おわりちたぐん の豪族、 水野忠政 みずのただまさ の娘、 於大 おだい を娶り、翌年には嫡男竹千代が誕生。 徐々に三河当主としての地盤を固めていきます。 しかし、この婚姻は水野忠政が死去し、後を継いだ水野元政が織田信秀に付いた事で破綻。 何の落ち度もない於大は離縁され実家に帰されていまい、竹千代は物心つかないうちに母との 別離 べつり を経験します。 こうして、城主に返り咲くのに今川義元の力を借りた事で、広忠は、今川氏の盾として織田信秀と戦い続ける運命を背負う事になります。 織田信秀との激闘 天文十四年(1545年)、松平広忠は 安城畷 あんじょうなわて において織田軍と戦い勝利を得ます。 その後、天文十六年横暴な振る舞いが増えた松平信孝と 渡理川原 わたりかわら で戦い 本多忠高 ほんだただたか の功績で勝利しました。 同年、織田信秀が大軍を発して三河に攻めこむと広忠は義元に援軍を申し入れます。 この時、義元は広忠に嫡男の竹千代を人質に差し出すように命じ、広忠は従いますが竹千代は途中で織田家に奪われます。 天文十七年(1548年)小豆坂において織田信秀と対陣、この時には今川家から 太原雪斎 たいげんせっさい と二万の援軍を受けて大勝します。 翌年には再び織田信秀と戦い勝利を得て、 織田信広 おだのぶひろ を人質として息子の竹千代と交換、竹千代はそのまま駿河に送られました。 その間に叛いていた松平信孝を敗死させ、広忠はなんとか三河を守り抜いています。 暗殺から病死まで様々な死因 ところが、これからという時に松平広忠は、天文十八年(1549年)3月6日に24歳で死去します。 その死因については、病死、家臣 岩松弥八 いわまつやはち による暗殺、 鷹 たかがり 狩りの途中に一揆による殺害という説もあり一定していません。 一説には一揆による殺害は織田信長の差し金によるものという見方もあるようです。 麒麟がくるでは、この信長による殺害という説をアレンジしつつ取っています。 もしこれが本当なら、家康は長男、正室、父親まで信長に殺された事になりますね。 こうしてみると、今川義元の操り人形として評判がよくない広忠も、今川家の後ろ盾を得ながらとはいえ、なかなか頑張っている様子が見えます。 24歳で死ななければ、もう少し 老獪 ろうかい に戦国乱世を泳ぎ切ったのではないでしょうか? 徳川家康との関係 後に天下人になった徳川家康は、父である松平広忠について何も語っていないようです。 逆に、実家が織田家についた事で、今川家についていた松平広忠から離縁された生母の於大の方については、彼女が 尾張阿久比 おわりあぐい 城主 久松俊勝 ひさまつとしかつ と再婚してからも連絡を取り合っています。 桶狭間の戦いの後で自立した家康は、尾張阿久比城主久松俊勝をそのまま引き抜いて家来にし、生母の於大と再会する事に成功しています。 こうしてみると家康は自分に人質生活を強いて、生母との関係を断ち切った広忠には、あまり良い印象がなかったかも知れませんね。 戦国時代ライターkawausoの独り言 松平広忠については、その生涯について不明な点や文献の異同が多く、まだ、これという人物像は定まっていないようです。 麒麟がくるでも、信長の刺客に殺害され、すぐに出なくなってしまいますが、苦労しどおしの人生に思いをはせて見てみると、情けない家康の父という印象も少しは変わるかも知れません。 参考文献:NHK大河ドラマ完全ガイドブック 麒麟がくる 関連記事: 関連記事:.

次の

西尾吉次

吉良持広

松平広忠の特徴や能力はどれくらいだったのか? また、政治家や武将としての評価の高さについて見ていきましょう。 松平広忠の特徴や肖像画:記録は残っていない 松平広忠は、江戸幕府初代将軍である徳川家康の父にも関わらず、肖像画などが残っていません。 また 身長や体格など、見た目に関する記録も残っていません。 広忠は若くして亡くなった事もあり、謎の多い人物です。 体格に関しては、息子・家康の身長が159cm、孫の二代目将軍家忠が158cmと伝わっているため、広忠の身長も恐らく160cm弱だったと推測できます。 戦国時代の平均身長が155cm~157cmである事を考えると、広忠は平均的な体格だったため、 あえて記録に残す事は無いと考えられた可能性があります。 このように平均的な体格の人物だったと推測される広忠ですが、武将としての能力も平均的だったのでしょうか。 松平広忠の能力・政治や武将としての評価 広忠は三河国額田郡(現在の愛知県岡崎市)という小さな地域の領主でした。 朝廷から位を貰ったのは家康が将軍になってからなので、当時はそれほど偉い立場ではありませんでした。 しかし 広忠の家臣は、松平家に代々仕え続けた人物が多いという特徴があります。 特に広忠の父・清康の代から松平家に仕えた家臣達は、とても忠誠心が高かったと言われています。 清康から家康まで、3代に渡って仕え続けている人物もいる事を考えると、10歳で家を継ぐことになった広忠を見捨てなかった家臣達の存在はとても心強かったと思います。 また 広忠に当主に相応しい才能があったからこそ、家臣達は10歳の少年に仕え続けたのではないでしょうか。 浄土真宗との関係:家康と違って寛容 広忠の特徴として、 新興宗教であった浄土真宗に対して比較的寛容だった事も挙げられます。 浄土真宗は仏教の一派で、一向宗とも呼ばれ、戦国時代に一般庶民や地方領主達の間で広まった宗派です。 彼らは、 たびたび武装して一揆を起こしました。 これには多くの戦国武将が悩まされ、息子の家康や織田信長は一向宗を弾圧し、徹底的に戦っています。 対照的に広忠は、浄土真宗の三河の重要拠点であった3つのお寺• 本證寺• 上宮寺• 勝鬘寺 に対して、 権力の介入をしない約束や、税の免除などの特権を与え、一向宗と良い関係を築こうとしました。 周りに敵が多かったため、領地内ではなるべく争いごとを起こしたくないという考えがあったのかもしれません。 しかしこの政策から、広忠が武力で領民を従わせようと思っていなかった事が分かります。 松平広忠への信長や家元からの評価:殺さず利用したい これらの事から広忠は、領民や家臣に愛された良い領主だったのではないかと思います。 優秀な領主であったことは、人質になった息子・竹千代(のちの徳川家康)の扱いからも分かります。 広忠の治めていた三河国は、尾張国(現在の愛知県西部地方)の織田信秀、駿河国(現在の静岡県中部地方)の今川義元という強力な武将に挟まれていました。 特に信秀は何度も三河に攻めてきたため、広忠は義元と協力して織田家と戦っていました。 ところが竹千代が護送中に織田家に奪われ、人質にされてしまうという事件が起こります。 信秀は竹千代を返す代わりに、今川家を裏切って織田家に付くように迫りました。 しかし広忠はこれを拒否します。 普通であれば人質としての価値のない竹千代は、 信秀に殺されてしまうところですが、信秀は竹千代をそのまま織田家に残します。 見せしめのために殺す選択もあったはずなのに、あえて生かして手元に置いたのは、 信秀が三河地方を支配した時には、広忠にそのまま領地を治めさせようと考えていたのではないでしょうか。 そして竹千代は広忠が死んだ後に、今川義元の命令で織田家から奪い返されました。 義元は竹千代を殺して松平家を滅ぼし、領地をそのまま自分の支配下に置くことが出来たはずです。 しかし奪い返した 竹千代を自分の元に置いて、松平家との協力関係を続けていく事を選びました。 更に広忠の死後、岡崎城には今川家から城主代行が派遣されましたが、実際に政治を行っていたのは広忠の家臣達でした。 これは 広忠を慕っていた家臣や領民に、反乱を起こされたくなかったからだと考えられます。 これらの事から、広忠は周囲の武将にも「討ち取るのではなく、自分に従わせて三河地方の政治を任せたい」と思われた、優秀な人物だったのでは無いでしょうか。 松平広忠と今川義元の関係や今川家に支援を求めた理由 松平広忠と今川義元の関係が続いた理由は何か? どうして今川家に支援を求めたのでしょうか? 松平広忠が今川家を頼った理由:吉良持広の影響 松平広忠は父・清康が急死し、たった10歳で家を継ぐことになった上、本拠地である岡崎城を奪われました。 広忠が自らの城を取り戻すために助けを求めたのは、駿河を本拠地とする戦国武将・今川義元でした。 広忠は何故、義元を頼ることにしたのでしょうか。 それは自分を助けてくれた吉良持広という人物の影響が大きかったようです。 広忠は岡崎城を追い出された後、家臣達に助けられながら逃亡生活を送っていました。 そんな 広忠を保護したのが吉良持広です。 広忠は成人した時に、持広から一文字をもらって「広」忠と名乗ったほど、彼を尊敬していたようです。 吉良家は同族の間で、西条吉良家と東条吉良家という2つの家系に分かれて争っていました。 持広は、このうち東条吉良家の当主でした。 そして西条吉良家は織田家に付き、 東条吉良家はそれに対抗するため今川家と協力関係にありました。 松平広忠と今川義元の関係:織田家と対抗するために利用 この頃の 今川家は、三河の隣国である遠江(現在の静岡県西部地方)にまで領地を拡大し、強大な力を持っていました。 力を借りられるのであれば、これほど強力な相手は居ません。 しかし当時の今川家は、隣国の領主である北条家や、領地内の反義元派の武将との争いが続いており、これに対抗するために義元は、三河地方の領主たちと友好的な関係を築きたいと考えていました。 広忠が岡崎城を取り返す事に協力すれば、義元は大きな恩を売ることが出来ます。 こうして お互いの利害が一致した事で、広忠は義元の力を借りることが出来ました。 しかし、このとき義元の力を借りた事で、広忠は生涯、織田信秀と戦い続けることになりました。 義元は北条家との関係が良くなり、領地内の反乱も収まった事で、三河地方へも進出したいと考え始めます。 そんな義元にとって、何度も三河に攻めてくる信秀はやっかいな存在です。 そこで、今川家に借りがある広忠を信秀と戦わせることで、 今川家の兵力を使わず織田家に対抗し始めます。 今川家と織田家の戦には必ず広忠も参加しており、松平家が今川家に従う立場になっていたようです。 広忠が、息子の竹千代(のちの徳川家康)を人質にされても、織田家に降伏しなかったのは、今川家には逆らえない立場だったからとも考えられます。 今川義元から連歌を学んだ 一方で、広忠が義元から受けた影響には良いものもあったようです。 広忠は連歌が好きだったようで、自ら連歌会を主催しています。 連歌会自体は誰でも開催できますが、それなりの知識と腕前が無ければ恥をかいてしまいます。 主催者はかなりの腕前が無ければ務まらず、連歌師という専門家に任せる事も多かったそうです。 しかし、自分で主催を務めることが出来た広忠は連歌が得意だったようです。 広忠は公家文化を愛した義元から、文化人としての教養を学んだのではないでしょうか。 また、広忠と連歌に関しては、面白いエピソードがあります。 ある日、称名寺というお寺で連歌会が行われ、広忠も出席しました。 そこで広忠が詠んだ歌を見た住職に、「息子の名前は竹千代にしたらどうか」とアドバイスされたと言われています。 広忠は、岡崎城を取り戻す際に今川家の力を借りた事で、以後は今川家に逆らえなくなり、苦しい思いをしました。 しかし今川家に尽くした事で、広忠が若くして亡くなった後も松平家は滅びずに残りました。 そして息子は大人になった後、今川家から独立し、徳川家康と名乗る戦国大名になりました。 こうして見ると、広忠が今川家に助けを求めた事は正しい選択だったと言えそうです。 まとめ ・松平広忠の特徴や肖像画:記録は残っていない 松平広忠は、江戸幕府初代将軍である徳川家康の父にも関わらず、肖像画などが残っていません。 また 身長や体格など、見た目に関する記録も残っていません。 ・松平広忠の能力・政治や武将としての評価 広忠の家臣は、松平家に代々仕え続けた人物が多いという特徴があります。 ・浄土真宗との関係:家康と違って寛容 広忠の特徴として、 新興宗教であった浄土真宗に対して比較的寛容だった事も挙げられます。 ・松平広忠への信長や家元からの評価:殺さず利用したい 広忠は周囲の武将にも「討ち取るのではなく、自分に従わせて三河地方の政治を任せたい」と思われた、優秀な人物だったのでは無いでしょうか。 ・松平広忠が今川家を頼った理由:吉良持広の影響 そして西条吉良家は織田家に付き、 東条吉良家はそれに対抗するため今川家と協力関係にありました。 ・松平広忠と今川義元の関係:織田家と対抗するために利用 広忠が岡崎城を取り返す事に協力すれば、義元は大きな恩を売ることが出来ます。 こうして お互いの利害が一致した事で、広忠は義元の力を借りることが出来ました。 ・今川義元から連歌を学んだ 広忠は公家文化を愛した義元から、文化人としての教養を学んだのではないでしょうか。 いつもたくさんのコメントありがとうございます。 他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。 カテゴリー•

次の

西尾吉次

吉良持広

松平清康像(蔵。 (安祥松平家)の第7代当主。 第6代当主・の子。 三河国城主および主。 安祥松平家は清康の代に岡崎を征服し、武力により一族・重臣の掌握を急速に進めを支配下においた。 の祖父にあたる。 生涯 [ ] 武力により三河を掌握 [ ] 8年()、安城松平家6代当主・のとして生まれる。 3年()に隠居の祖父・道閲()や一門衆が父・信忠を隠居させて、子である竹千代(清康)にを継承させた。 ののを受けて 清孝(きよたか、のち 清康)と名乗る。 5年()にのを攻めてこれを降伏させる。 大永6年(、または大永4年())、のを攻撃して西郷信貞()を屈服させる。 信貞の居城であった旧岡崎城は破棄し、現在地の龍頭山に新岡崎城に移転し、岡崎に松平氏の拠点を移した。 岡崎ではを作り、・代官・小代官体制を整備。 また、松平氏菩提寺の化や修築・多宝塔の新築、松平郷からの勧請を受けての創建、の創建等を行った。 西三河の実質的な支配権を得るなかで、従来の支配層である三河に対する権威性の確立が求められており、このころのひとつ一門であるの庶流・に注目。 吉良氏に対する対立軸として 世良田次郎三郎と名乗った。 これが後に孫のが松平から改姓を行うことにもつながっているという(この経緯についてはの項も参照)。 清康は更に、東西に軍を進めて勢力を広げる。 2年()、尾島城(小島城:所在)を攻め獲る。 その一方で、同年5月28日(新暦7月3日)ににも進出してのを攻め落とした。 清康は更に吉田城の南方・に進軍。 は戦わずに降服したので清康は吉田城に兵を戻して10日間在城。 この間に北方・のの城及び菅沼氏と、の牧野氏等の東三河国人衆の多くが従属を申し出た。 ただし三河の東端に在ったのだけが服属を拒んだためこれを包囲し、()に攻め落とした。 なお、一説によれば宇利城攻め以後、の叔父・との仲を悪化させたともいわれる。 その理由に挙げられるのが、宇利城攻略戦において、大手門を攻めるの叔父・を失った際に、支援が遅れたとして信定を清康が罵倒したという。 森山崩れ [ ] 愛知県岡崎市鴨田町の内にある松平八代墓の松平清康の墓 (2019年(令和元年)11月) 享禄3年()にはへ再出兵、 を落とし岩崎郷(岩崎町)を、を落とし品野郷()を奪った。 3年6月22日には、を焼き討ちし、9つの堂塔を焼失させる。 これらはその後、梅坪城主の三宅氏や那須氏などが再建した。 そして三河統一の勢いに乗った清康は、との対立で苦戦する織田家の間隙をついて、8千名余りと称する大軍で尾張に侵攻。 天文4年()12月、清康は尾張に侵入しの弟のの守るを攻めた。 この守山の陣の最中の()、清康は大手門付近で突如、家臣の(弥七郎)に斬られ即死した。 これを「 (守山崩れとも)」という。 近年ではこの戦いは織田信秀と対立するを清康が支援し、これに対して織田信秀と松平信定が連携する構図の中で発生したとされ、信定による陰謀とされる背景となっている(信定の妻は信秀の姉妹であった)。 なお、正豊が清康殺害に用いた刀が「千子」と伝えられている。 「村正」が徳川家に仇なす妖刀であり、家康が村正を嫌ったという伝説の一部として語られることがあるが、実際には家康の生前にはそのような認識はされていなかったと見られている。 人物・評価 [ ] 『』には、「善徳公(御諱清康安祥二郎三郎殿と世に称し申す)士卒をあはれみ、勇材おはしませしかば、人々其徳になびき従ひ奉れり」とあり士卒に慈悲深く、優れた統率者であったことがうかがえる。 一方で、前述の譜代重臣である阿部親子、戸田氏などの国人衆からの不信や親族であるの叔父・との不仲も知られており、宇利城攻略戦において、の叔父・が討死した際には信定の責とし清康が激昂したという。 三葉葵家紋の由来 [ ] のある西三河の賀茂郡はの神領で、松平氏が賀茂神社の氏子であったことから葵紋であった。 『新編柳営続秘鑑』十二巻(「葵之御紋来由」)による と、の代に攻めの際に酒井氏にの家紋を与えたというが、祖父長親の代に三河に侵攻してきた今川軍の伊勢盛時()に勝利した後に何らかの理由からより回収し松平家の家紋としたという。 この時、酒井氏は酸漿()の家紋とされた。 なお『』(著。 各大名家の家系図と事跡を記したもの)では松平清康の攻めの際に伊奈城主のの立葵の家紋をもらったものだとしている。 注・出典 [ ]• 『』では、清康は「案(安)祥之三郎殿」という呼称で登場する。 但し、華陽院の清康再嫁説は子の生年等の考察から否定されている。 三河における吉良氏の権威性によるものであり、清康の子・広忠も持清の子・の援助を受けて一字を賜っている。 「松平清康」『第二版』• 「松平清康」『』• 岡崎市歴史的風致維持向上計画• 「三州吉田記」『近世三河地方文献集』(久曽神昇・ 近藤恒次編 、国書刊行会、1980年)所収。 清康の吉田城攻めを宇利城攻め直後とする説もあり、またこの時降伏した吉田の牧野氏を元年()再度攻めて滅ぼした。 江戸初期の著作である『三河物語』では清康がが城へ押し寄せた際に、四方を打ち込むと記載されている。 3年()のこととされる。 鉄砲伝来は1543年であり、『』の記述とも矛盾する。 「松平清康」『第二版』• 柴裕之「桶狭間合戦の性格」黒田基樹 編『シリーズ・戦国大名の新研究 第1巻 今川義元』(戎光祥出版、2019年6月) P296. では「千子村正の刀」と言及されている(『』 - 、166p)• では清康殺害時の記述に「センゴの刀にて」という 一文がある 『』 - 、40p• - 2013年11月21日14時41分 外部リンク [ ]• - (2008年10月11日アーカイブ分).

次の