フットボール速報。 フットボール速報

サッカーまとめサイト|FOOTBALL TOPIC(フットボールトピック)

フットボール速報

しかし、J1では中断前に採用されていたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が再開以降の使用は見送られることとなった。 DAZNで配信される『Jリーグジャッジリプレイ』もJ1再開に伴い、7日に配信を再開。 そのなかで、SNSで最も話題となったシーンも取り上げられている。 【動画】中断期間が審判員のパフォーマンスにも影響? 川崎DF谷口、リプレイではオフサイドも…得点が認められたシーン 対象のシーンは、J1第2節、川崎フロンターレと鹿島アントラーズとの一戦の前半2分に発生した。 川崎が左CKからつなぎ、MF家長昭博がゴール前へボールを入れると、右サイドから走り込んだDF谷口彰悟がダイレクトで右足を合わせてゴールイン。 ただ、谷口のポジションがオフサイドではないかとの声が多く上がった。 結果的に試合では得点が認められたわけだが、番組に出演していたFIFA・AFC・JFA審判インストラクターの深野悦子氏は「オフサイドの反則でした」と判定の間違いを認めた。 オフサイドは競技で使える身体の部位が対象となる。 この時の谷口に関して言えば、上半身が完全にオフサイドラインを超えていたことが、リプレイの映像で明らかだった。 ただ、深野氏は審判団のミスを認めたうえで、約4カ月の中断期間の影響も大きかったと指摘している。 「(試合勘などの問題は)確実にあったと思います。 フィジカルの準備はできても、ナイトゲームで照明も入って久しぶりに見ると本当に(プレースピードが)速く感じたと思います。 開始早々で目も慣れていない状況で…。 ミスはミスですけれども、ミスの前にこういう状況でサッカーに触れることができなかったというのはあったなというふうには感じています」 Jリーグ副理事である原博実氏もこの件に関して、イレギュラーな状況で再開されたJリーグについて言及した。 「難しい条件が重なったのは事実だと思います。 それも含めて今年はいろいろあるんですけど、審判にもやはりミスはある。 そのなかでみんなにJリーグを観ていってもらわないと、というふうには思いますね」 毎年、シーズン前には多くの練習試合等で実践を重ねて準備しているJリーグ担当のレフェリーたち。 プロとして活動する審判員、プロフェッショナル・レフェリー(PR)はほんのごく一部だ。 数多くの審判員は、副業で試合を吹いている。 そうしたなか、新型コロナウイルスによる約4カ月間のJリーグ中断が与える影響は、想像よりもはるかに大きかったのかもしれない。

次の

大学アメフト【Football TV!】関東大学・高校アメリカンフットボール動画配信サイト

フットボール速報

net 9日、ツイッターでウエスカFW岡崎慎司(34)へメッセージを送った。 「日本に帰って来て若い選手たちに還元したら。 なぜアジアの他国へ行くんだ。 もう1度日本での君のプレーを見せて彼らの成長を助けて」。 岡崎がいつか日本または韓国、オーストラリアなどでのプレーを視野に入れているという記事を目にした。 親交は深くないが、だまっていられなかったのだ。 怒った表情の絵文字つきで自身の思いをぶつけた。 ジェイのメッセージに、すぐに本人から返信が来た。 将来的に帰国する考えでいること、メッセージへの感謝、最後にジェイの経験を生かした日本の若い選手へのさらなる還元を願った言葉がつづられていた。 なぜ岡崎へメッセージを送ったのか。 ジェイは「シンジは素晴らしい選手だ。 それなのに欧州ではない他国へ行くのは納得できなかった。 日本の若い選手たちの成長のために彼は必要だ」と理由を語る。 日本のサッカー界の将来を考えての行動だった。 プレミアリーグを知り、イングランド代表の経験もあるストライカーは、常に「Jリーグはレベルの高いリーグだ」と話す。 可能性を感じている日本サッカー界のために、できることはなんでもしたいという思いは強い。 札幌では若手選手へ声を掛け、全体練習後に個別指導する姿をよく目にする。 「若い選手の成長のために俺の経験や技術を伝えたいんだ」は口癖だ。 異国のためにこんなに熱心な選手がいることがうれしい。 46 ID:jfcf5rvb9. net 【エイバル(スペイン)16日=豊福晋】エイバルのMF乾貴士は、ホームのバリャドリード戦に先発出場し、今季2点目のゴールを決めた。 * * * 乾は来季の去就について、「絶対にエイバル」と残留を明言した。 エイバルとの契約をあと2年残しており、「2シーズンやって、その後はわからないですね。 クラブが契約を延長してくれるのなら、その年にはカタールW杯もあるから、2022年の冬まででもいいからこっちでプレーしたいという思いもある」と明かした。 さらに「それが終わったら日本かな。 最後は日本でやりたいという気持ちは昔からある。 ただ、スペインでやりきったとその時に思ったら、別にその必要もないかもしれないし、分からないですね」と語った。 51 ID:Qvy8cCLy9. 2018年に名古屋に加入した大型ストライカーは、1年目に24ゴールを挙げてJ1得点王に輝く大活躍。 ただ、昨季は足首の怪我の影響もあって6ゴールに終わり、名古屋との契約を打ち切って、古巣のコリンチャスに復帰している。 そのジョーは、家族とともに『Raca』誌の表紙を飾り、その中のインタビューで「日本の文化に馴染めなかった」と語ったようだ。 ブラジル・メディア『Globo』が伝えている。 「日本に行くまでに5か国で暮らしたため、ただ言葉が違うだけだろうと思っていたが、そうではなかった」と語ったジョーは、次のように続けている。 「我々とはまったく逆の文化で、人々がとても冷たく閉鎖的な国でどう暮らしていくのかを理解するのは難しかった。 彼らはアメリカとの戦争に負けて抑圧されているため、熱意と喜びに欠けている」 また、「疑うような目で見られることも多かった。 それには慣れたが、誰も英語を話せないので、言葉の問題も経験した」という。 ただ、もちろん良い面もあったようだ。 「非の打ちどころのないセキュリティ、けた違いの衛生面、 オーガナイズされているところ」を日本文化の長所として挙げている。 ピッチでは結果を残した元セレソン戦士だが、プライベートでは日本の水が合わなかったようだ。 21 ID:IxYrakEi9. net バルセロナ指揮官キケ・セティエンが、自らの進退に関わるコメントを発している。 本人は更迭も覚悟しているようだ。 ラ・リーガ第37節でバルセロナはオサスナに1-2で敗戦。 今季ホーム戦初黒星を喫した。 首位レアル・マドリーとの勝ち点は7に広がり、バルセロナはリーグ1試合を残して今季の2位が確定している。 試合後、セティエンはメディアの前で「チャンピオンズリーグでバルセロナを指揮するかどうかわからない」と、自らクビになる可能性があると述べている。 「私はチャンピオンズリーグでも引き続き指揮したいと思っている。 それが可能ならね。 ただ、現時点でそれはどうなるかわからない」 「(リオネル)メッシが試合後に語っていたように、今のバルセロナは自己批判をする必要がある。 それをまずクリアにしないと、何をしたところですべてが無駄になる。 今日、オサスナは3本のシュートで2ゴールを決めた。 我々は15回シュートを打ったが、結果に結びつかなかったからね」 バルセロナは現地時間8月8日、チャンピオンズリーグのラウンド16第2戦でナポリと激突する。 2月に行われたスタディオ・サン・パオロでの一戦は1-1で分けている。 8月にはバルセロナをセティエンが率いているのか、それとも他の監督が指揮を執っているのか、近日中にその動きも決着するかもしれない。 60 ID:IxYrakEi9. net ラ・リーガ第37節が16日に行われ、マジョルカとグラナダが対戦した。 マジョルカは今節の結果次第では降格が決まる状況で迎えた一戦。 久保建英は右ウィングで13試合連続の先発出場を飾った。 試合は20分、マジョルカがカウンターから先制。 クチョ・エルナンデスが左サイドを疾走すると、最後はカットインから右足を振り抜き、ネットを揺らした。 40分にはグラナダが右サイドからのクロスで決定機。 マジョルカDFのクリアがゴールへと向かうが、右ポストに救われ、マジョルカは肝を冷やす。 しかし、前半終了間際にゴラッソ。 左サイドからのクロスのこぼれ球をグラナダDFビクトル・ディアスが右足で豪快にニアへと突き刺し、1-1で前半を終える。 後半に入ると、48分にマジョルカが決定機。 右サイドのクロスにアンテ・ブディミルが合わせるが、GKの好守に遭って勝ち越し点はならず。 60分にはサルバ・セビージャの直接FKがクロスバーに直撃し、チャンスを作る。 65分には、久保がゴール右45度からシュートを狙うが、惜しくも枠は捉えきれない。 しかし、勝ち越したのはグラナダ。 70分、ショートコーナーから鋭いクロスにカルロス・フェルナンデスが頭で合わせ、逆転に成功する。 さらに80分には、途中出場のマジョルカDFセドラルが危険なスライディングタックルで一発退場。 数的不利となり、マジョルカは厳しい状況へと追い込まれる。 アディショナルタイムにはグラナダのダメ押し弾も決まり、1-3で終了。 マジョルカは2012-13シーズン以来の1部挑戦となったが、1シーズンで降格が決まっている。 net 15日に行われたセリエA第33節で、ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋はナポリと対戦した。 その試合の選手採点をイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が発表している。 ボローニャ加入以来定位置となっている右サイドバックではなく、センターバック(CB)の一角として先発出場を果たした冨安。 しかし、開始早々ナポリが試合を動かす。 7分、マッテオ・ポリターノがパスを送ると、冨安に競り勝ったコンスタンティノス・マノラスがヘッドで決めて先制点を奪った。 ボローニャは後半に入った67分にロドリゴ・パラシオがゴールネットを揺らすも、VARの結果オフサイドの判定に。 しかし80分、ロベルト・ソリアーノのラストパスを受けたムサ・バロウが冷静に決め、ボローニャが試合を振り出しに戻した。 勢いの乗ったボローニャはバロウ、ダニーロ・ラランジェイラらがシュートを放ちゴールを脅かすも、逆転ゴールを手にすることはできず。 試合は1-1のドローで決着した。 前節から引き続きCBで起用された冨安だったが、失点シーンに関与。 その他の場面でもマノラスらに競り負ける場面が見受けられた。 『ガゼッタ』紙は「ヘディングで先制したマノラスとのフィジカル対決に敗れ、いくつかのミスも見られた」と守備面の課題を指摘した。 しかし、試合を通じての冨安のプレーには一定の評価を与え、「最後まで諦めなかった」とコメント。 採点は「5. 5」を与えた。 なお、この試合のボローニャ内最高点はバロウの「7」、最低点はアンドレアス・スコフ・オルセンの「5」となっている。 ボローニャは次節、18日にアウェイでミランとの対戦を迎える。 30 ID:IxYrakEi9. net [7. 16 リーガ・エスパニョーラ第37節 エイバル3-1バリャドリー] リーガ・エスパニョーラ第37節が16日に開催され、MF乾貴士の所属する15位エイバルはホームで14位バリャドリーと対戦し、3-1で勝利を収めた。 乾は2試合連続でスタメン出場し、1-1の前半28分に決勝ゴールとなる今季2得点目をマーク。 後半20分までプレーし、チームの2連勝に貢献している。 すでに残留を決めているエイバルは前半21分に先制した。 左CKからキッカーのMFペドロ・レオンが右足でクロスを供給。 DFペドロ・ビガスがヘディングで合わせ、右ポストを叩いたボールがネットを揺らす。 同28分にはバリャドリーMFフェデ・サン・エメテリオからGKホセ・アントニオ・カロへのバックパスがずれると、乾が素早く反応。 ボールを拾って無人のゴールに決め、追加点を奪った。 2-1の後半20分にFWシャルレスとの交代で退いた。 エイバルは同26分に1点を返されたが、同アディショナルタイム2分にMFパブロ・デ・ブラシスがPKを沈め、ダメ押し弾を奪取。 3-1でバリャドリーを振り切り、6月以来の連勝を飾った。 09 ID:OVsTDhyl9. net 降り注いでくる拍手を聞きながら、ファジアーノ岡山の北川真也代表取締役社長は「鳥肌が立ちました」と明かした。 試合後に特別に設けられたオンライン会見の、冒頭におけるひとコマだった。 「試合前のウォーミングアップが始まるときに拍手が起きて、選手たちは私以上に感情をかみしめたと思っています。 普段はどれだけありがたい環境で試合ができているのか、を実感しました」 拍手を送ったのはスタンドから見守るファジアーノのファン・サポーターだった。 ホームのシティライトスタジアムでギラヴァンツ北九州に0-2で屈した10日の明治安田生命J2リーグ第4節。 土日に先駆けて行われた唯一の試合は、先月27日から無観客試合改めリモートマッチで再開したJリーグが、ファン・サポーターの入場解禁へ初めて移行した一戦として大きな注目を集めた。 北川社長が続ける。 「開催にあたって多くの方々に力をいただきました。 岡山市の保健所の方もスタジアムや練習場に来ていただき、送っていただいたいろいろなアドバイスのもとで試合運営ができたことを、この場を借りて感謝を申し上げます。 いまのところ大きなトラブルはなかった、と聞いています。 まずは(有観客試合を)スタートすることができて、そして無事に終われたことに少しホッとしています」 Jリーグは政府が5月下旬に定めた「イベント開催制限の段階的緩和の目安」に沿って、新型コロナウイルスによる長期中断からリモートマッチでのJ1・J2の再開およびJ3の開幕へ、そして強い入場制限が課された10日からの「超厳戒態勢時」へ段階を踏んで状況を移行させてきた。 観客数の目安は5000人か、あるいはスタジアム収容人員の50%のうち、人数が少ない方を上限して選択する。 シティライトスタジアムの入場可能数は1万5479人。 ゆえに前者が上限となるなかで、ファジアーノは3500人から最大4000人を迎え入れる準備を進めてきた。 引用元:.

次の

【JFL】日本フットボールリーグオフィシャルWebサイト

フットボール速報

サッカーまとめサイト• カルチョまとめブログ on 2020. Samurai GOAL on 2020. フットボール速報 on 2020. WorldFootballNews on 2020. Samurai GOAL on 2020. Samurai GOAL on 2020. フットカルチョ on 2020. フットボール速報 on 2020. WorldFootballNews on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. NO FOOTY NO LIFE on 2020. ドメサカブログ on 2020. フットボール速報 on 2020. ドメサカブログ on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. WorldFootballNews on 2020. サッカーミックスジュース on 2020. フットカルチョ on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. WorldFootballNews on 2020. フットボール速報 on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. WorldFootballNews on 2020. フットカルチョ on 2020. ドメサカブログ on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. ドメサカブログ on 2020. WorldFootballNews on 2020. Samurai GOAL on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. WorldFootballNews on 2020. フットカルチョ on 2020. Samurai GOAL on 2020. WorldFootballNews on 2020. Samurai GOAL on 2020. カルチョまとめブログ on 2020. フットカルチョ on 2020. WorldFootballNews on 2020. Samurai GOAL on 2020. WorldFootballNews on 2020. フットボール速報 on 2020. Samurai GOAL on 2020. フットカルチョ on 2020. フットボール速報 on 2020.

次の