川口 市 コロナ 感染。 埼玉コロナウイルス病院どこ?対応の感染症指定医療機関の一覧とベッド数・病床数

【川口市】済生会川口総合病院の医師と入院患者に新型コロナウイルスの感染が確認されたそうです。

川口 市 コロナ 感染

<相談電話の開設> 【川口市新型コロナウイルス感染症相談電話】 TEL:048-423-6832 (8:30~17:15 日曜・祝日を除く) 【埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター】 TEL:0570-783-770 (24時間受付) <市役所・市施設などにおける感染予防>• また、風邪の症状があるかたには、入館の自粛を要請する貼紙を掲示しています。 <市保健所におけるPCR検査の実施>• PCR検査は、帰国者・接触者外来へ受診調整されたかたを対象に行っています。 1日20人程度の検査を行うことが可能で、検査結果は随時、市ホームページで公表しています。 <市内医療体制の確保>• 感染が疑われる場合には、「帰国者・接触者外来」への受診を調整します。 <学校における対応>• <市民向け注意喚起>• その結果、飲食業などでは相次ぐ予約キャンセルで売上が大幅に減少しており、また、製造業では部品の調達ができず生産に支障が生じているなどの意見が挙がり、対策が求められています。

次の

【2ch速報】埼玉・川口市

川口 市 コロナ 感染

これまでに確認された陽性者は1042人(チャーター便帰国者含む)、死者は65人。 重症者は3人。 感染者の指定医療機関への入院は10人、一般医療機関への入院は18人、ホテル療養は3人、自宅療養は1人。 565人が退院し、療養終了は376人となった(22日午後5時現在)。 越谷市によると、感染が確認されたのは市内に住む30代の会社員男性と60代の父親。 30代男性が発熱などの症状から20日に医療機関を受診し、PCR検査を実施したところ陽性が判明。 同居する父親にも発熱などの症状がありPCR検査を実施したところ、陽性が判明した。 感染経路は不明で、いずれも軽症という。 川越市によると、感染が判明したのは市内の70代の無職女性。 同居する会社員の息子と息子の妻(ともに40代)が20日に感染が判明したためPCR検査を受けたところ、陽性が分かった。 女性は発熱などの症状はなく、入院中。 川口市によると、新たに感染が判明したのは市内に住むトルコ国籍の20代無職男性。 渡航歴はないという。

次の

埼玉コロナウイルス病院どこ?対応の感染症指定医療機関の一覧とベッド数・病床数

川口 市 コロナ 感染

不要不急ではない用事があっても電車には乗りたくない。 親に車を貸してなんて言いたくもない。 そんなわけで埼玉県東部に行くのにチャリを使うはめに。 そこで荒川の河川敷を通って移動しました。 そんなわけでを通過したのですが、の感染者数が多い理由がなんとなくわかった気がします。 現在 日曜日 の河川敷の様子を写真で見ていきます。 の感染の様子 のコロナ感染者数は71人 4月23日発表分まで です。 埼玉県ホームページにある分布を見ればわかるのですがは、とともに極端に高い人数になっていると言えます。 埼玉県ホームページより引用 なぜの感染者数が多いのか? 河川敷の件も含め考察していきます。 1,東京都からの これはに限らず感染者数の多い市町村にいえることです。 感染者数の多い東京都からのアクセスの良い 、 、 、 、 東部 などは県北部の市町村に比べ感染者が多いです。 県北部に比べ母数が多いのも原因と言われそうですが割合的に見ても県南部は感染者が多いです。 2,人工密集 県南部全域にも言えることです。 人口が密集しているため必然的に感染のリスクが高まるということです。 特には新たに警察署ができるほど人口が増え続けていて市立幸町小学校においては7階建ての校舎ができるほどです。 3,不要不急の外出 やっと本題です。 戸田から川口への人の数の移り変わりを見ていきます。

次の