急性 扁桃 腺 炎。 扁桃體炎

「急性扁桃炎」の原因について医師が解説ーほかの人にうつるの?予防方法はあるの?

急性 扁桃 腺 炎

[] 扁桃體炎(Tonsillitis),或称 扁桃腺炎,通常會快速發病。 扁桃體炎屬於的一種。 其症狀包括、、腫大、吞嚥困難、頸部的 ( 英语 : )。 併發症包括 ( 英语 : )。 由引起的扁桃腺炎稱為。 由、 ( 英语 : )、等其他細菌引起則較罕見。 扁桃腺炎通常是透過空氣於人群間傳播感染。 如 ( 英语 : )等評分系統可以協助釐清可能原因 ,並可以透過 ( 英语 : )或確診。 治療方式為試圖改善症狀及減輕併發症。 (乙醯胺酚)和(ibuprofen)可用來止痛 ;若咽喉發炎時,則通常會建議口服。 而對於盤尼西林過敏的病患,可考慮改用(cephalosoprins)或是(macrolides)治療。 又如孩童經常罹患此症,亦可考慮直接 ( 英语 : )以杜絕未來再次發炎的風險 在英國,約有7. 服用抗生素則可緩解症狀約16個小時。 病因 [ ] 根據耳鼻喉科专家一些的說法,扁桃體隱窩內部的細菌以及病毒同新陳代謝产生的物體進入體液后,可能产生抗體的形成,接著而來的是之腺體內將會产生抗原抗體結合物,可以達到一種複合的免疫作用,許多醫學專家從而認爲慢性扁桃體炎是一種自身的免疫反映。 因爲自身抗體抗原結合時亦會對自身的組織細胞产生損害,而有利于感染,亦促使抗原抗體反應,從而會产生一種惡性的循環。 症狀 [ ] 反复发作急性扁桃体炎亦會形成慢性的扁桃體炎症。 根據一些醫學資料顯示,亦有一部分病患發生人並沒有明顯的急性發作史。 主要的表現爲時常咽喉部位不適,並产生異物感,咽喉乾澀痕癢,時常還會引起刺激性咳嗽以及口臭等症狀。 兒童 [ ] 兒童由扁桃體可能會引起呼吸、吞嚥、語言困難。 如果伴有腺樣體肥大亦可能引起鼻塞、鼾聲以及其他性質的。 因爲時常嚥下分泌物以及隱窩中的細菌毒素,可能引起消化不良、頭痛、乏力、低熱等情况發生。 分級 [ ] 在臨床上,多數醫務人員爲了記錄方便,亦會將可将症狀分類。 根據扁桃體的外型尺寸分爲三度。 但扁桃體的大小不能被視爲炎症的發生,亦是因爲兒童有生理性肥大,成人多萎縮。 检查 [ ] 治療 [ ]• 一般首先用,肌注或靜脈滴注均可,也可選用類藥物。 因本病多為感染,故抗菌消炎是主要治療原則,解熱鎮痛是重要的對症治療措施,可用等製劑。 一般治療:患病後注意休息,多飲開水,以流質飲食為宜,體溫增高可予以解熱止痛劑,如復方,大便秘結則服用緩瀉劑。 手術治療:反復發作經保守治療仍無效者,可待急性炎症消退後施行扁桃體切除術。 參考文獻 [ ]• PubMed Health. [ 30 September 2016]. (原始内容于7 January 2017). [ 4 August 2016]. (原始内容于25 March 2016). Klug, TE; Rusan, M; Fuursted, K; Ovesen, T. Peritonsillar Abscess: Complication of Acute Tonsillitis or Weber's Glands Infection?. Otolaryngology—Head and Neck Surgery. August 2016, 155 2 : 199—207. Clinical practice guideline: tonsillitis I. Diagnostics and nonsurgical management.. European Archives of Oto-Rhino-Laryngology. April 2016, 273 4 : 973—87. 2009: 2083. (原始内容于2016-10-02) (英语). Ferri, Fred F. Elsevier Health Sciences. 2015: PA1646. (原始内容于2016-10-02) (英语). Windfuhr, JP; Toepfner, N; Steffen, G; Waldfahrer, F; Berner, R. Clinical practice guideline: tonsillitis II. Surgical management.. European Archives of Oto-Rhino-Laryngology. April 2016, 273 4 : 989—1009. Jones, Roger. Oxford University Press. 2004: 674. (原始内容于2016-08-18) (英语). Antibiotics for sore throat.. The Cochrane Database of Systematic Reviews. 5 November 2013, 11: CD000023.

次の

急性扁桃腺炎と慢性扁桃腺炎の症状・原因・治療【写真あり】

急性 扁桃 腺 炎

急性扁桃腺炎とは のどの奥の「扁桃腺」が 急性扁桃腺炎は、喉の奥にある 「扁桃腺(へんとうせん)」が炎症を起こすことで発症します。 口を大きく開けて喉の奥を覗いてみると、両はじに少し出っ張りがあるのが扁桃腺。 大人の扁桃腺は見えない事も有りますが、子供の扁桃腺は見てわかるほどの大きさがあります。 扁桃腺は、ウィルスや細菌を体の中に入らないようにする防御の役目を果たす器官。 体の免疫が完成していない子供の頃に大活躍し、大人になるにつれ小さくなります。 大人になった後も役目を果たしていますが、実際はなくてもさほど問題ありません。 今回紹介するのは急性の扁桃腺炎ですが、中には慢性的に扁桃腺炎を患う人も。 慢性化した場合の治療として、扁桃腺を手術で取ってしまう事もあります。 機能が裏目に? 急性扁桃腺炎を発症する 原因は、扁桃腺が果たしている「防御の役目」に理由があります。 ウイルスや細菌を取り込んだ結果、炎症を起こしてしまうのが扁桃腺炎の原因です。 急性扁桃腺炎を発症すると、次のような 初期症状が出ます。 急性扁桃腺炎が治るまでの期間は? 一週間は安静に 風邪と症状が似ている急性扁桃腺炎ですが、治るまでどれぐらいの 期間が必要なのでしょうか? 一度炎症を起こしてた扁桃腺は、原因となる細菌を退治しないと症状は治まりません。 病院に行って医師の診療を受け、処方された薬を飲むことが大事です。 薬を飲むことにより細菌が退治され、自然と治まります。 期間にして 2日程度で細菌やウイルスは退治できるので、後は炎症が収まるのを待ちましょう。 ただしこの 炎症が収まるまでには5~7日ほどかかり、その間に無理をすれば再発してしまいます。 医師の指示に従って薬を欠かさず服用し、1週間ほどは無理をせず安静を心がけましょう。 治ったと思っても… 扁桃腺炎の怖い点は、治らないうちに無理をすると慢性化してしまう恐れがあることです。 慢性扁桃腺炎の原因は、元々防衛機能が過剰に反応しやすい体質であることも挙げられます。 しかし一方で、急性扁桃腺炎の再発を繰り返して慢性化してしまった例も挙げられます。 慢性化すると扁桃腺が肥大化し、慢性的に飲食がしづらい状態が続くことに。 こうなると入院して化膿してしまった部分を治療したり、扁桃腺を切除する治療が必要になります。 その答えは、 「扁桃腺炎自体はうつらないが、原因となる風邪やインフルエンザはうつる」です。 急性扁桃腺炎は前にも書きましたが、扁桃腺が炎症を起こすことで発症する病気。 風邪に似た症状をおこしますが、風邪ではありませんので人にはうつりません。 エチケットとして しかし扁桃腺炎の多くが、風邪の菌やインフルエンザウイルスによる炎症。 なので 急性扁桃腺炎の時には、風邪をひいていることも多いとも言えます。 急性扁桃腺炎の患者がせきやくしゃみをすると、唾液の中に風邪の菌が含まれていることが。 そうなると、他人に風邪を移してしまう可能性が出てきます。 扁桃腺炎にかかった人の近くにいて、自分も「うつった」と思うのはこれが原因。 急性扁桃腺炎に限らず、 くしゃみ・せきの症状がある人は、マスクを着用しましょう。 基本は無理をしないこと! 季節の変わり目に、風邪などの菌が侵入することで発症する 急性扁桃腺炎。 予防には風邪の予防と同じく、 うがい・手洗いがとても大切です。 他にも、• 暖かくして過ごす• 無理をしない• 喉を適度に潤す …といったことが予防につながります。 風邪の菌を体に入れず、入った時にもすぐに免疫が働くほど元気な体であれば大丈夫。 無理をせずに過ごして、急性扁桃腺炎にならないよう気をつけましょう!.

次の

急性扁桃腺炎は大人も注意!症状や原因、予防法などのまとめ

急性 扁桃 腺 炎

もくじ• 扁桃腺が痛いのに熱がない時、疑うべき病気(病名)とは 扁桃腺が痛いのに熱がない、こんな時に疑うべき病気(病名)は下記の3つです。 1.扁桃炎 2.風邪(風邪症候群) 3.その他の病気 扁桃炎 扁桃炎は、扁桃腺がウイルスや細菌に感染することで発症します。 扁桃炎の場合、風邪の初期症状に似ているため、風邪と間違えてしまうことがあります。 この扁桃炎には、急性扁桃炎と慢性扁桃炎の2種類があり、それぞれ症状が異なります。 扁桃腺が痛いのに熱が無い場合、「 急性扁桃炎の初期症状」か「 慢性扁桃炎」の可能性があります。 急性扁桃炎 急性扁桃炎の場合、喉の痛みやイガイガといった違和感、扁桃腺の腫れの症状があり、熱は伴わないことがあります。 この急性扁桃炎の症状は悪化するにつれて、次のような症状が現れます。 慢性扁桃炎では、下記の症状が現れます。 風邪(風邪症候群) 扁桃腺の痛みの原因が風邪の場合、 初期対応をしっかりすることで、 1~2週間で症状は緩和します。 扁桃炎と症状が似ていますが、風邪の場合は次のような症状が現れます。 「単なるのどの痛み」と甘く見ないようにしましょう。 スポンサーリンク 扁桃腺が痛いのに熱がない時の対処法 扁桃腺が痛いけど熱はないという場合、「熱はないから大したことじゃない」と流してしまう方も少なくありません。 確かに、熱があるのとないのとでは体のだるさも違いますし、人によっては「喉が痛いのを我慢すればいいだけ」と考えてしまうこともあります。 ただ、扁桃腺が痛いという時点で、体からは異常のサインが出ているわけです。 仮に熱がなくとも、扁桃腺が痛い時点でまず病院に行きましょう。 病院に行く 病院は、 耳鼻咽喉科か 内科です。 「喉が痛いだけだし・・・」「熱はないし・・・」「忙しいし・・・」と理由をつけて病院に行きたがらない方も多いのですが、ひどくなってからは遅いのです。 ひどくなってからだと、場合によっては入院になることもあるかもしれません。 その方がよっぽど打撃は大きいでしょう。 大事にならないように、 早い段階で病院に行くのがベストです。 早い段階で病院に行けば、その分、症状も早くおさまります。 また、病院に行くことによって休んだほうがいいのかを確認することもできます。 社会人にもなると、熱もないのに休むということに抵抗を感じてしまう方も多くなります。 医者から「休みなさい」と言われれば、抵抗感なく休むことができますし、休むことに専念することができます。 早くよくなるためにも、休むかどうかを判断するためにも、扁桃腺が痛むのであれば病院に行くようにしましょう。 しっかりと栄養を取る 扁桃腺が痛いと、食べることや飲むことが嫌になります。 ひどくなると、つばを飲み込むことですら辛くなります。 熱はないので意識ははっきりしているでしょうし、食欲もあるかと思います。 ただ、喉の痛みが食欲を上回ってしまうこともあります。 一口一口が拷問のように感じられてしまって、「もういいや」となってしまうこともあるかもしれません。 しかしながら、扁桃腺が痛い時だからこそ、しっかりと栄養を取らなければいけません。 喉に引っかかるものはやはり痛みを強めてしまうので、抵抗なくスルッと入っていくものを食べるようにしましょう。 甘いものが好きな方であれば アイスクリームでもいいでしょうし、 スープでもいいでしょう。 栄養のたっぷり入ったゼリーなどもいいかと思います。 食べずにいると体力を消耗してしまって余計に体調が悪くなってしまいますので、なるべく栄養を取るようにしましょう。 原因を知り、対策すること 熱はないのに扁桃腺が痛いという症状には、いくつかの原因があります。 やはり原因を知って対策をしておかないと、何度も繰り返してしまう可能性があります。 ここでは考えられる原因をいくつか挙げていきますので、当てはまるものがあれば日頃から対策をするようにしましょう。 熱はないのに扁桃腺が痛いという場合、その原因として次のようなものがあります。 マスクの着用や衣類での体温調節、ストレス発散、疲労回復、禁煙、禁酒といったものを考えていきたいものです。 特に、禁煙や禁酒といったところは男性にとってはつらいところかもしれません。 ただ、基本的には健康的な生活習慣の実践が扁桃腺の痛みを遠ざけると考えていいでしょう。 日頃から病気をしない健康的な生活習慣を実践することはもちろんですが、病気をしたときにすぐに病院へ行くということも大切です。 まとめ 扁桃腺が痛いという場合、熱を伴うイメージがありますが、実際には熱はないのに扁桃腺が痛いというケースも結構あるものです。 熱がないから、喉が痛いだけだからと病院に行かず放置してしまう方も多いのですが、異変を感じた時点で早めに病院へ行くようにしましょう。 また、体力が低下して症状を悪化させないためにも、栄養をしっかりと取るようにしておきたいものです。 原因から日々の対策を実践することも忘れずにおこなっていきましょう。

次の