シェル バーン 一族。 シェルバーン家はロスチャイルドを掌中に収めているのですか...

シェルバーンとタクシス

シェル バーン 一族

2009-08-22 謎の一族 「キャボット家」 世界を支配する勢力分析が進んでいますが、謎の一族があります。 それは、 『キャボット家』 の15世紀スイス欄参照 ジョン・キャボット 「キャボット家」(Cabot:カボット、カボートと表記される場合あり)は15世紀後半にアメリカ大陸を発見、開拓したジョン・キャボットと息子のセバスチャン・キャボットから歴史の表舞台に登場する一族ですが、その後の系譜についてはネット上でも情報がほとんど無い謎の一族です。 」のものの様です。 その後、麻薬専売会社ラッセル社の創立資金を提供するともに、独占的な麻薬販売網を形成していたシンジケート=パーキンス一族との婚姻関係によって19世紀前半には全米一位の資産家に成長した。 キャボット家の奴隷売買・麻薬売買の富は、スイスに集積され、キャボットの代理人であるスイスのシェルバーン伯爵がスイス金融界の「ドン」として君臨し続けて来た。 スイス金融界の源流に位置し、21世紀の現在、ロスチャイルドとロシアのプーチンに資金提供を行っており、ロシア=スイスの地下金融水脈を形成している。 また、明治以降の日本政界との関係も築き上げている。 第6位 第2位 第57位 では、オルタナティブ通信様の「」の記事を以下に引用させて頂きます。 の方が楽しめるかも知れませんのでこちらも御参照下さい。 環境問題でノーベル「平和賞」を受けたアル・ゴアの顧問弁護士であり、同時に、暗殺されたケネディ大統領の「財産管理人」として事実上、ケネディ家の財産を「支配する」アンドレ・マイヤー。 金で殺人を請負うイスラエル・マフィア「殺人株式会社」の顧問弁護士でもあるマイヤーは、その師匠と共に、長年、米国中央銀行FRBの議長を務めて来たアラン・グリーンスパンを育て上げて来た。 マイヤーの部下であり右腕である、ワシントンのロウ&コーク法律事務所、リビー法律事務所は、長年、マイヤーの麻薬売買の代理人事務所として機能してきた。 このリビー法律事務所の経営者ルイス・リビーが、米国チェイニー副大統領の主席補佐官であった。 同時に、このリビー法律事務所は、長年、中南米でバナナの黒人奴隷農園を経営してきたUF・ユナイテッド・フルーツ社(現在はチキータ・バナナ社)の顧問弁護士事務所であった。 UFの経営者一族がブッシュ大統領一族であり、その共同経営者が著名な「キャボット一族」である。 UFの黒人監視組織が、後にCIAに発展する。 このキャボット一族が黒人を奴隷としたように、キャボットの「所有する」日本人奴隷として動いて来たのが麻生首相一族である。 1492年 コロンブスはカリブ海に到達した。 これが「コロンブスのアメリカ大陸発見」と言われている。 しかし実際には、コロンブスはカリブの島嶼に到着したに過ぎない。 1497年、アメリカ本土に到着し、本格的に米大陸への入植を開始したのが、英国ブリストル港から来訪したジョン・キャボット、セバスチャン・キャボット親子であった。 キャボット一族は、21世紀現在、ロスチャイルドと、ロシアのプーチンに資金提供を行っているスイス金融界の源流である、ヴェネチア金融界の一画を占める、ジェノア生まれの銀行家ジョバンニ・カボートを源流としている。 この一族はロシア・キエフのローゼンバーグ一族と縁戚にあり、ロシア=スイスの地下金融水脈を形成している。 この「真の米大陸の初代侵略者」キャボット一族は、アフリカ黒人を奴隷として米国に「強制連行する」奴隷商人として、巨万の富を築き上げる。 キャボット一族は、この黒人奴隷貿易で得た資金を使い、1823年、麻薬専売会社ラッセル社の創立資金を提供する。 ブッシュ大統領一族が監査役を務めるラッセル社は、トルコ製のアヘンを米国に持ち込み販売した。 その流通を担当したのが米国内で独占的な麻薬販売網を形成していたシンジケート=パーキンス一族であった。 そのボス=ジョン・ハンディアサイド・パーキンスの娘エリザと、サミュエル・キャボットが結婚し、キャボット=パーキンス一族は、19世紀前半では全米一位の資産家に「成長する」。 米国の富が、黒人奴隷売買と、麻薬売買で形成された事実を、キャボット一族が体現している。 このキャボット一族から「資金融資」を受け、創立されたのがウィリアム・フォーブスの雑誌「フォーブス」である。 フォーブス・アジア支局は、キャボット一族の「アジアにおける麻薬売買とアジア人奴隷売買=誘拐された日本人女性を売春婦として売買するビジネス」の「安全確保」のための、諜報・スパイ組織として成立・運用されて来た。 キャボットによる、アジア侵略の「先兵」が、フォーブス・アジア支局である。 一方、キャボット家の奴隷売買・麻薬売買の富は、スイスに集積され、キャボットの代理人であるスイスのシェルバーン伯爵が、スイス金融界の「ドン」として君臨し続けて来た。 (中略) アリスの夫ジョセフ・グルーも、ハーバート大学時代、学生新聞「クリムゾン」の編集に携わっていたが、同じサークル仲間の友人に、キャボットが創立資金を出した麻薬専売会社ラッセル社の中国支配人であったルーズベルト一族のフランクリン・ルーズベルト(後の大統領)が居た。 (中略) なおキャボット一族の「直営」研究所が米国ブルッキングス研究所であり、かつてはナチス・ドイツの侵略戦争の「資金繰り」を担当した財務大臣ヒャルマール・シャハトを輩出している。 また、米国の通貨政策はブルッキングス研究所が作り、FRBが実行すると言われて来たが、このFRB議長を長年、務めてきたのがグリーンスパンである。 グリーンスパン自身が経営し、その会長を務めるコンサルタント会社タウンゼンド・グリーンスパン社は、ブルッキングス研究所の下部機関として調査・研究に「従事」している。 グリーンスパンの「ボス」が、キャボット一族と「弁護士を共有」している事は先述した。 また長年、日本の内需拡大策(日本の富を米国買収に持って来るな、という通貨政策)として「日本の高速道路計画」を策定して来たのは、かつての日本道路公団では全く無く、このブルッキングス研究所=キャボット一族である。 日本の財政赤字を拡大させる「無駄な公共事業の元凶=道路族」の、バックボーンは、ここにある。 オルタナティブ通信の「」 もあわせ読むと、ロスチャイルド(ロックフェラーはロスチャの米国支部)のボスの一人がシェルバーン一族で、そのさらにボスがキャボット一族ということになるのだが・・・・ 調べついでに欧米のネット情報もかじってみると、アメリカにおけるキャボット家の存在は事実のようですが(例:)、現状では情報が少なく、真偽についてはもう少し調査しなければなんとも云えない印象です(私の力不足という意味です)。 とはいえ、ボス中のボス(闇の中の闇)という存在であれば、情報の少なさもある種のリアリティを醸し出す反面、アメリカ発見の歴史家が出自でそんなに隠せるものか??という疑問も生じるが、黒人奴隷売買と麻薬売買で築き挙げた冨ということはヤクザやマフィアの上手をいく暗黒一族ということで社会的にもタブー化するという納得も可能なのだが、匿名のインターネットの発達した現代でここまで情報が少ないのもおかしいと感じつつ、ローカルな情報を英語などで見てもさっぱりわからんという現実の壁がそびえ立っており、本日の記事はここまで。 ここから先は読者様の認識に委ねますです・・・ by コスモス•

次の

ウィリアム・ペティ (第2代シェルバーン伯)

シェル バーン 一族

歴史背景 古代ローマ帝国と、その末裔であるハプスブルク帝国の皇帝の絶大な権力による支配は、その部下である貴族達に大きな不満をもたらした。 人間、誰しも他人に支配等されたくはなかったのである。 しかし、そこにはローマ・カトリックに対する、異端・キリスト教原理主義(その原型であるドルイド教)の教義、「人類絶滅を至上目的とする」が深く関与していた。 この異端を信奉する貴族達は軍事力を持ち、また領地で農民を働かせ、農産物を農民から暴力で奪い、その富を蓄積していた。 金と軍隊を持ち、皇帝など居なくても「自分で独立できる」と考えたのである。 そこで、各地で皇帝に対する闘争・戦争を引き起こし、時には異民族であるトルコ軍を招き入れ、皇帝と戦争を行わせる。 この絶え間無い戦争は「人類絶滅」の目的に沿って実行された。 その後、ハプスブルグ家の貴族たちは独立していく。 皇帝は戦争の費用で借金だらけになる。 この金を皇帝に貸し付けたのが金貸しと略奪を行とする騎士・貴族たちである。 皇帝は担保として土地を差し出し、やがては借金が返済出来なくなり、担保の土地を皇帝からの独立を狙う騎士・貴族達に取られてしまう。。 シェルバーン一族の他に、エッシェンバッハ一族、レーゲンスベルク一族、サヴォイ一族、キーブルク一族、フローブルク一族、ラッパースヴィル一族、トッゲンブルク一族と言った貴族達が、その資金を皇帝に貸し付けていた。 こうした貴族のが担保の土地を取り上げると、当然、その土地は、資金提供者であった貴族の所有物となる。 こうして皇帝の権限の届かない土地が貴族・騎士達によって、都市として独立する。 産業革命が起こる以前、農業以外の産業としては綿織物等の手工業が主流であった時代は、河の水流を使った水車が動力であった。 この動力が得られる、スイスのような山間部が産業地帯となり、さらにスイスでは、現代の時計につながる鉄砲、刀等の精密機械業、金属加工業が発達し、山間部で火薬原料も採掘された。 産業と兵器が、スイスにあった。 綿花はインド製の物等がヴェネチアから荷揚げされスイスに届き、スイスとヴェネチアは姉妹都市であった。 やがて貿易で富を作ったヴェネチアの貿易業者=金融業者がスイスに移住する。 皇帝に反逆した貴族達は、兵器と富と産業を求め、スイスに結集した。 これが、やがて現代の金融国家スイス、マネーロンダリング天国スイスを形成する。 こうして、西暦1200年以前に成立した、原初形態のスイスの都市国家は、わずかに35都市、その中で人口が2000人を上回るのは11都市に過ぎなかった。 しかし、この都市が連合し、やがて国家を形成して行く。 これが現在の国家の出発点であり、国家とはローマ皇帝の「質流れ品の寄せ集め」であった。 国家制度の起源は、ここにある。 西暦1200年という、現代から800年以上、時代を遡る事で、世界を支配し、その背後にいる一族達の姿が浮かび上がって来る。 世界の皇室も預けているようである。 エリザベス女王とか各国の王侯貴族も当然預けているだろう。 もちろん12億人の信者を持つカトリック・バチカンも当然であろう。 果たしてその莫大な資金は、どう運用されているのか。 ロスチャイルドやロックフェラーは戦争を起こしては、敵対する両陣営に金を貸し付けては過去・現在も儲けているが、その金を出す黒幕はスイスの銀行だったわけだ。 ということは、世界中の戦争は、世界中の大富豪のお金で行われているということになる。 一昔前の米ソ冷戦しかり、その後今日に至るまで、戦争や紛争が起こる度に米・英・仏・ロ等が両陣営に資金を出しており、その資金の多くはロスチャイルドやロックフェラーを通じてスイスの銀行から出ているのである。 スイス金融界の「ドン」として君臨しているのが、スイスのシェルバーン伯爵(元、英国情報部のトップ)。 スイス金融は世界の富豪から資金を集め、ロスチャイルドを利用して領主や国家をそそのかせて戦争を起こし、両陣営に融資をしていたと云われている。 勝っても負けても借金は返すしかなく、払えなければ土地を手放すことになるが、その土地をロスチャイルドが受け取り、スイス金融へ渡し、そこから資金提供者へ分配され、領土は切り分けられることになる。 こうして、国家解体を行っているのが、スイス銀行とその資金提供者であるといえる。 アメリカのみならず、全世界で事件を生み出し、いわゆるワン・ワールド政府という社会を目指している。 身分も高く「先祖伝来の遺産を継ぐ」立派なファミリーの心と意識と哲学を支配する、この陰謀の首謀者シェリバーン男爵とは、いったい何者だったのか。 ボストン、ジュネーブ、ローザンヌ、ロンドン、ジェノバ、ベネチアなどに住み、アヘンと奴隷で信じられないほどの富を築いたファミリー、ウィリアム・ビット、マレット一族、シュルムベルガー一族のようなファミリーも含めて、シェルバーン伯爵は、その心と頭脳を支配しているのである。 シェリバーン伯爵は何よりもまず、スコティッシュ・ライトのフリーメーソンであり、イギリス、フランス、スイスのイエズス会と強いつながりを持っていた。 想像すると、文明や国の始まりであるイギリスなどのヨーロッパ圏、世界の三大宗教関係等が関与していると思われる。 決して表に出ない集団だからこそ興味が湧く。 rui. 下記のタイトルを押して下さい。 『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。 るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:).

次の

シェルバーン (インディアナ州サリバン郡)

シェル バーン 一族

議員 在任期間 - 初代、第2代ウィリアム・ペティ(: William Petty, 1st Marquess of Lansdowne and 2nd Earl of Shelburne, 、 - )は、の政治家、貴族、軍人。 ()の分流の生まれ。 生誕時の姓はフィッツモーリスだったが、に父とともにペティに改姓。 に議員として政界入りし、翌の爵位継承で議員に転じる。 派の政治家として頭角を現し、に大ピットが死去するとその派閥を継承。 に反対し、に国王からの要請でに対する牽制として彼の内閣に入閣。 ロッキンガムの死後には代わって(在職-)に任じられたが、アメリカ独立を認める仮講和締結を余儀なくされ、その批准をめぐって庶民院の採決に敗れ、2月に辞職した。 退任後は政界から退き、彼の派閥はに引き継がれ、近代 後の を形成する。 父がシェルバーン伯に叙されたから自身が爵位を継承するまで フィッツモーリス子爵のを使用。 1761年に シェルバーン伯爵位を継承し、に ランズダウン侯爵に叙せられた。 首相在任時の最上位の保有爵位はシェルバーン伯爵だった。 概要 [ ] に以来の歴史を持つケリー=リックナウ男爵() ()の分流である初代の長男として生まれる。 で学ぶ。 に入隊し、に従軍した。 に議員に当選して政界入り。 その翌年には位を継承して議員となる。 派に属した。 に大ピットが死去するとその派閥を継承した。 彼はを認めることに強く反対し、アメリカ独立を承認する率いる派閥と対立した。 また彼が議会外大衆の議会改革運動に理解を示したのに対し、ロッキンガムは議会外運動を嫌った。 アメリカ独立に反対する国王の後押しを受けて3月に成立した第2次ロッキンガム侯内閣にとして入閣し、親国王派閣僚として首相ロッキンガム侯に敵対的な態度をとった。 1782年7月にロッキンガム侯が死去すると国王により首相に任じられた。 引き続きアメリカとの交渉を行い、両国間に何らかの紐帯を残そうとしたが、戦争に敗北した以上アメリカの要求を呑むしかなく、結局アメリカ完全独立を認めた。 さらに以東の領土割譲と英米自由貿易強化などを盛り込んだ仮講和条約を締結した。 しかしフォックスら野党の反発を招き、2月に仮条約批准は否決され、これにより辞職を余儀なくされた。 首相退任後のにに叙されたが、退任後は事実上政界から引退。 彼の派閥はに引き継がれ、近代 後の となっていく。 経歴 [ ] 出自と生い立ち [ ] 、後に初代に叙されるとその妻メアリーの長男として首都に生まれる。 父も母も以来の爵位を継承し続けるフィッツモーリス家の出身である。 父ジョンは初代 第21代ケリー男爵 の次男である。 母メアリーは初代ケリー伯の弟ウィリアムの娘だった(従兄妹の結婚)。 経済学者のの曾孫にあたる。 次男であるためケリー伯爵位やケリー男爵位を継承することが予定されてなかった父はに母方の姓ペティに改姓し、にはペティ家に由来する爵位であるアイルランド貴族に叙せられた。 ウィリアムも父の改姓の際にペティに改姓した。 で学んだ。 陸軍軍人として [ ] にに入隊。 にはのに従軍した。 に大佐に昇進。 1760年からにかけてはイギリス国王のを務める。 1760年にに従軍。 には少将、には中将、には大将に昇進した。 政界入りと大ピット内閣閣僚 [ ] 政界においてはに ()から議員に当選。 5月にシェルバーン伯爵位をはじめとする父の爵位を継承し、へ移籍した。 に所属し、(チャタム伯爵)に近しい立場をとっていたため、7月に大ピット内閣が成立するととして入閣した。 大ピットやシェルバーン伯はアメリカ植民地の独立を防ぐため、植民地に対して温和な見解を有したが、対植民地強硬派の閣僚が増えてくると、二人は孤立し、10月に二人揃って辞職することになった。 シェルバーン伯派を率いる [ ] シェルバーン伯派の議員たち。 左から初代、 ()、シェルバーン伯(画) 5月に大ピットが死ぬとその派閥を継承した。 大ピットと同じくアメリカ独立に反対した。 これに対して第2代率いる野党派閥は、アメリカ独立に前向きであり、両派閥は同じ野党でありながら対立を深めた。 また議会外民衆による議会改革運動についてもロッキンガム侯が冷淡な態度をとったのに対して、シェルバーン伯は「有効な議会刺激策」と評して好意的な態度をとった。 この件を巡っても両派閥は鋭く対立し、ロッキンガム派はシェルバーン派を「空想的・幻想的理念に浸って、現実的な改革を水泡に帰せしめている」と批判し、他方シェルバーン派はロッキンガム派を「宮廷政府に抵抗できる民衆世論の自由な展開を頑固に阻止している」と批判していた。 1780年4月にはシェルバーン派に属する議員 後の初代 が君主権力の制限を求めるダニング動議を提出し、可決されたが、その請願が受け入れられない限り解散総選挙は認めないとする動議は政府の中立派議員取り込みの多数派工作や両野党の分裂状態のために可決されなかった。 この野党の分裂状態は内閣の政権維持に資していた。 ロッキンガム侯内閣の閣僚 [ ] しかし2月にはの敗北が必至となった戦況によりノース卿内閣は議会の信任を失い、アメリカにおける戦争終結の動議が可決されたことで辞職を余儀なくされた。 アメリカ独立に前向きな第2代を後任の首相とすべき政治状況となったが、アメリカ独立承認を頑なに拒んできた国王は、新内閣がアメリカ独立承認に前のめりになることを恐れ、アメリカ独立に反対するシェルバーン伯の入閣をロッキンガム侯に認めさせた。 その結果、シェルバーン伯はとして同内閣に入閣することになった。 これまで野党として国王を批判してきたシェルバーン伯だったが、これ機に完全にキングスフレンド 親国王派 の政治家となる。 国王の庇護を受けるシェルバーン伯には大きな権限が与えられていた。 内閣のすべての政策立案に参加できるうえ、首相たるロッキンガム侯と対等な割合でパトロネージを行使することが認められていた。 しかしこれにより内閣成立後、すぐに首相ロッキンガム侯との対立が深まった。 ロッキンガム侯はいかなる政策も首相たる自分を通して行われるべきと主張したが、シェルバーン伯は「いかなる政務もまず最初に陛下の命令に服する各省庁において決定され、ついで陛下の指示に服する内閣の検討に委ねられるべき」と抗弁し、各大臣の個別的責任制を主張した。 国王はもちろんシェルバーン伯の意見に与していた。 閣僚の顔ぶれもシェルバーン派の議員の初代 () ()と初代アシュバートン男爵ジョン・ダニングが入閣していた他、キングスフレンドの閣僚が多く、そのため首相ロッキンガム侯よりシェルバーン伯を支持する者が多かった。 このような立場から彼は閣僚でありながらきわめて独立的であり、政府提出法案に反対することもあった。 旧植民地アメリカとの交渉は国王の後押しでシェルバーン伯が担当することになったが、シェルバーン伯はアメリカ独立戦争敗北が必至になった今でもアメリカの完全独立には消極的であり、アメリカ独立を無条件に支持する外務大臣と対立を深めた。 首相として [ ] に首相ロッキンガム侯爵が死去すると国王の独断でシェルバーン卿に組閣の大命が下った。 シェルバーン伯は組閣にあたって大ピットの息子である23歳のをに迎えた。 一方フォックス派は議会の多数派を得ている党派から首相を出すべきと考えていたので国王が独断でシェルバーン伯に大命を与えたことに反発して下野した(対してシェルバーン伯は首相の人選は国王の大権と考えていた)。 引き続きアメリカとの交渉にあたり、何らかの形で両国間に紐帯を残そうと尽力したが、アメリカは完全独立を要求し続けた。 イギリス軍の戦況が劣勢な以上シェルバーン伯が折れるしかなく、最終的にはアメリカ完全独立を認めることとなった。 独立承認が不可避となるとシェルバーン伯は自由貿易主義者として英米の通商貿易強化を志向した。 この通商関係の中心をロンドンに置くことでアメリカを実質的にイギリス国王の支配下に置こうという目論みもあった。 アメリカの領土要求も呑み、以東の領土をアメリカに割譲することを認めた。 アメリカの領土要求を満たすことが両国のパートナーシップの確立につながり、またアメリカが領土拡大すれば英米通商でのイギリス工業家の利益は増すという考えからだった。 1782年11月にそれらを主旨とする仮条約が英米間で締結された。 しかしいまだ自由貿易は議会から広く支持される思想ではなかった。 2月中旬には野党のフォックス派とノース卿派が連合を組み、シェルバーン卿が締結した仮条約について「アメリカに譲歩し過ぎている」という批判を展開するようになった。 そしてと21日の庶民院の採決において講和条約非難決議が207対190で可決され、政府は敗れた。 これを受けてシェルバーン伯はに総辞職を余儀なくされた。 シェルバーン伯辞職後も国王はしばらくフォックスら政党政治論者を拒否しつづけたが、結局1か月後のにはフォックスが主導する第3代内閣 を成立させることを余儀なくされた。 彼らは1783年9月にシェルバーン伯が結んだ仮講和条約とほぼ同じ内容の講和条約をアメリカとの間に結んでいる。 首相退任後 [ ] 12月に位を与えられたが、首相退任後は事実上政界から引退し、二度と官職に付くことはなかった。 シェルバーン伯の派閥は小ピットが継承し、彼らが近代 後の となっていく。 に・ ()で死去した。 爵位は長男が継承した。 人物 [ ] 画のシェルバーン卿 彼のボスだったと同じくから超然としていたため、保守反動と思われて政治家としては不人気だった。 しかし思想家や科学者らの庇護者であったため 、概して啓発的な意見の持ち主だった。 例えば、カトリックの解放、議会改革や経済改革を提唱している。 彼の継承者であるの財政政策には、彼の影響が見られる。 またや ()の門弟を自負する自由貿易主義者でもあった。 文学や絵画・彫刻などに理解があり、晩年には芸術の保護に力を入れた。 栄典 [ ] 爵位 [ ] の父の死により以下の爵位を継承。 第2代 2nd Earl of Shelburne のによる爵位• 第2代フィッツモーリス子爵 2nd Viscount FitzMaurice の勅許状によるアイルランド貴族爵位• 第2代ダンケロン男爵 2nd Baron Dunkerron 1751年10月7日の勅許状によるアイルランド貴族爵位• バッキンガム州におけるチッピング・ウィコムの第2代ウィコム男爵 2nd Baron Wycombe, of Chipping Wycombe in the County of Buckingham の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位 に以下の爵位に新規に叙された。 初代 1st Marquess of Lansdowne 勅許状によるグレートブリテン貴族爵位• バッキンガム州におけるチッピング・ウィコムの初代ウィコム伯爵 1st Earl Wycombe, of Chipping Wycombe 勅許状によるグレートブリテン貴族爵位• 初代キャルネ=キャルストン子爵 1st Viscount Calne and Calston 勅許状によるグレートブリテン貴族爵位 勲章 [ ]• 、ナイト(KG) その他名誉職 [ ]• 、(PC)• 、フェロー(FSA) 家族 [ ] に ソフィア・カートレット(第2代の娘)と結婚し、彼女との間に以下の1子を儲けた• 第1子(長男) (1765年 - 1809年) - 政治家。 第2代ランズダウン侯爵位を継承。 に先妻ソフィアと死別し、に ルイーザ・フィッツパトリック(初代 ()の娘)と再婚した。 彼女との間に以下の2子がある。 第2子(次男) (1780年 - 1863年) - 政治家。 第3代ランズダウン侯爵位を継承。 本家から第4代ケリー伯爵・第24代ケリー男爵位も継承。 第3子(長女) ルイーザ・フィッツモーリス(? - 1789年) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2016年1月23日閲覧。 Lundy, Darryl. 2016年1月23日閲覧。 2016年1月21日閲覧。 Lundy, Darryl. 2016年1月23日閲覧。 Lundy, Darryl. 2016年1月23日閲覧。 2016年1月23日閲覧。 , p. 332. , p. 335. , p. 348. , p. 300-302. , p. 264. 302. , p. 275-277. , p. 354. , p. 286-287. , p. 287. , p. 283-284. , p. 288. 356. , p. 291-292. 304. 304-305. 305. 357. , p. 306. , p. 358. , p. , p. 356-357. , p. 682. 参考文献 [ ]• 『イギリス史〈2〉近世』〈世界歴史大系〉、1990年。 『イギリス政党史研究 エドマンド・バークの政党論を中心に』、1983年。 『イギリス政党成立史研究』、1977年。 、『英米史辞典』、2000年。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 on the Downing Street website. , William L. Clements Library, University of Michigan. () 先代: () ()選出議員 - 同一選挙区同時当選者 ()(1760—1761) ()(1761) 次代: () () 先代: () () ()選出庶民院議員 - 同一選挙区同時当選者 () 次代: () () 公職 先代: 次代: 先代: - 次代: 先代: (前身の) 次代: 先代: - 次代: - 先代: 新設 初代 - 次代: 先代: 第2代 - 次代:• 1782• 1782-1783• 1783• 1783• 1783-1789• 1789-1791• () 1791-1794• 1794-1801• 1801-1803• () 1803-1804• 1804-1806• 1806-1807• 1807-1809• () 1809-1812• 1812-1822• 1822-1827• () 1827• 1827-1828• 1828-1830• 1830-1834• 1834• 1834• () 1834-1835• 1835-1839• 1839-1841• 1841-1846• 1846-1852• 1852• 1852-1855• 1855-1858• 1858-1859• () 1859• () 1859-1861• 1861-1866• 1866-1867• 1867-1868• 1868-1873• () 1873-1874• 1874-1880• 1880-1885• 1885-1886• 1886• 1886-1892• 1892-1895• () 1895-1900• () 1900-1902• () 1902-1905• 1905-1910• 1910-1911• 1911-1915• 1915-1916• 1916• () 1916-1919• () 1919-1922• () 1922-1924• 1924• () 1924-1929• 1929-1931• 1931-1932• () 1932-1935• 1935-1937• () 1937-1939• () 1939-1940• () 1940-1945• () 1945• () 1945-1951• 1951-1954• 1954-1957• 1957-1962• () 1962-1964• () 1964-1965• 1965-1967• 1967-1970• () 1970-1972• () 1972-1974• 1974-1976• () 1976-1979• 1979-1983• 1983-1985• 1985-1989• () 1989-1990• () 1990-1992• () 1992-1993• 1993-1997• 1997-2001• () 2001-2004• () 2004-2006• 2006-2007• 2007-2009• 2009-2010• 2010-2016• 2016-2018• 2018-2019• 2019-現在.

次の