遺族 年金 シミュレーション。 遺族年金の基礎知識〜遺族基礎年金、遺族厚生年金〜

夫妻が高齢者の場合の遺族年金の計算

遺族 年金 シミュレーション

厚生年金の被保険者が死亡した時• 厚生年金の被保険者期間中の病気やけががもとで、初診日から5年以内に死亡した時• 老齢厚生年金の受給資格を持つ期間が25年以上ある人が亡くなったとき• 遺族年金が支給されるのは、死亡した人によって生計を維持されていた遺族で、妻、子、55歳以上の夫、55歳以上の父母、18歳未満の孫、55歳以上の祖父母などになります。 遺族厚生年金は65歳以上? 遺族厚生年金を受給できる年齢は、基礎年金のように65歳以上ということではありません。 妻の場合は、 夫が死亡した時から一生涯支給されます。 ただし、夫が死亡した時に、妻が30歳未満で子どもがいない場合は、支給されるのは5年間になります。 また、子どもや孫の場合は18歳に達した年度末までで、障害等級が1級と2級の場合は20歳までになります。 夫、父母、祖父母の場合は60歳から一生涯支給されます。 その計算方法は、以下になります。 報酬比例部分の年金額は【A】になりますが、【A】が【B】を下回る場合は【B】が報酬比例部分の年金額になります。 997 報酬比例部分の計算式が少しわかりづらいのですが、 簡単にわかる方法があるんです。 遺族厚生年金の加入期間と受給金額は、年に一度送付される「ねんきん定期便」で確認できます。 「これまでの加入実績に応じた年金額」の「これまでの加入実績に応じた老齢厚生年金額」を見ます。 厚生年金の加入期間が300月に満たない場合でも、300月として計算します。

次の

遺族年金の計算方法を解説|早見表・エクセルシミュレーション付き

遺族 年金 シミュレーション

サラリーマンの方は、毎月お給料から年金保険料が天引きされているかと思います。 その保険料は、老後に受け取る年金である「老齢年金(ろうれいねんきん)」以外にも、亡くなったときに受け取ることができる「遺族年金」、障害状態になったときには「障害年金」と3つのリスクをカバーする保障が含まれています。 つまり、年金保険料とは老後のためだけの保険料ではないということですね。 今回は、亡くなったときに受け取れる遺族年金について詳しく見ていきます。 サラリーマンの場合、厚生年金に加入していますので、国民全員が加入する「国民年金」とサラリーマンが加入する「厚生年金」の2つから遺族年金を受け取ることができます。 このあたりの名前は理解しなくても大丈夫です。 2つもらえるんだなーって理解していただければ問題ありません。 では、それぞれどれくらい受け取ることができるのかを見ていきましょう。 遺族基礎年金 遺族基礎年金を受け取る場合には、いくつかの条件がありますが 一番重要なポイントは18歳未満の子どもがいるということです。 例えば、夫婦と子どもが1人の3人家族でお父さんが亡くなれば、遺族基礎年金は支給されますが、夫婦だけで子どもが居ない家庭であれば遺族基礎年金は支給されません。 受取額 受取額は以下の通りです。 引用元 例えば、先ほどの3人家族の場合で、奥さんと子どもが残された家庭の場合は…… 「78万100円+22万4,500円」となり年額100万4,600円を受け取ることが可能です。 遺族基礎年金は、子どもの数で支給額が決まりますので簡単に計算することができますね。 遺族厚生年金 遺族厚生年金は、遺族基礎年金と違い、子どもがいない妻にも支給されます。 こちらも色々と条件はあったりするのですが、簡単なイメージとして遺族基礎年金より受給範囲が広いと覚えてください。 しかし、厚生老齢年金額は今まで払ってきた保険料によって受け取れる金額が変わります。 また、払う保険料もお給料によって変わるため、遺族基礎年金のように、すぐわからない仕組みになっています。 じゃあ、どうやって計算するの? って、なるのですが、ここで「 ねんきん定期便」の出番です。 ねんきん定期便とは、毎年誕生月に送られてくるハガキなのですが、ここに今までの加入に応じた年金額が記載されています。 50歳未満のみ。 50歳以上は受け取る年金の見込み額となります。 具体的には、ねんきん定期便の「これまでの加入実績に応じた老齢厚生年金額」をチェックしてください。 すると、そこには今までの払った保険料に応じた厚生年金の金額が書かれています。 この金額を使って計算していくのですが、年金の加入している期間が25年未満の人は少し待ってください! 25年のみなし加入措置がある 遺族厚生年金には、特別なおまけが付いています。 それは、 年金に加入している期間が25年未満の人が亡くなった場合は、特別に25年加入していたとみなしてあげるよ、という措置があります。 つまり、7年しか加入していない人は+18年おまけしてくれるということですね。 加入月数はここで確認!! したがって、遺族厚生年金の概算額を知る計算式は以下のようになります。 遺族年金 月11. 5万円 収入保障保険 月15万円 合計すると、月26. 5万円です。 さらに奥さんが働くことができたとして、月10万円の収入があれば36. 5万円です。 これで子どもと二人で生活するのに困らなければ、あとは教育費を考えればいいだけです。 家をすでに買っている人であれば、団体信用生命保険に加入しているでしょうから今後は家賃も発生しませんし、十分かもしれません。 しかし、 遺族基礎年金は子どもが18歳になるまでしか支給がなかったりしますので、それらも加味する必要があります。 そういった点では、ライフプランを作ってから死亡保障額を考える方がより正確な金額を出すことができますので、もっと正確に死亡保障額を知りたい場合は、キャッシュフロー表の作成をお勧めします。 (執筆者:井上 遥介).

次の

遺族年金(必要保障額シミュレーション)|オリックス生命保険株式会社

遺族 年金 シミュレーション

会社員一家(4人家族)の遺族年金 遺族厚生年金は、子供の有無にかかわらず支給されるが、遺族基礎年金は子供(18歳年度末まで)がいないと支給されない 一般的に遺族のためのお金の準備というと生命保険を浮かべる方が多いと思いますが、公的年金から支給される遺族年金も遺族の生活保障の重要な役割となるものです。 しかしこの遺族年金、職業や家族構成によって支給される額はかなり変わってきます。 今の状況で大黒柱に万が一のことがあった場合いくら出るのか? これをしっかり把握しないと、残された遺族が思いがけず生活に困ってしまうということも考えられます。 そこで今回は「会社員一家」の遺族年金について検証したいと思います。 奥さんとはAさんが28歳の時に結婚し、今年で結婚10年目になります。 奥さんはAさんとの結婚を機に専業主婦となりました。 子供2人は障害等もなく元気です。 今、支給される年金額は177万円 年金については、大学を卒業し会社員となってからずっと(16年、192月)厚生年金に加入しています。 会社員であるAさんに万が一のことがあったときに受け取れる遺族年金は、「遺族厚生年金」と「遺族基礎年金」となります。 Aさんの会社員として入社から今までの平均年収が480万円程とすると、支給される遺族厚生年金は年額52万円ほどとなります。 これが、奥さんが再婚などしない限り、一生支給され続けます。 一方、遺族基礎年金は、125万円(80万円+子供の加算額(2人分)45万円)程となります。 ですから、今死亡すると、公的年金から「約177万円」支給されることになります。 但し、一生涯177万円を受け取れるわけではありません。 一生涯受取可能な遺族厚生年金に対し、遺族基礎年金は子供が18歳年度末になると打ち切りになってしまいます。

次の