ビットコイン今後。 ビットコイン(BTC)の今後は明るい?2020年の最新の動向と将来性

【2020年最新版】ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性/今後を徹底解説!有名企業や著名人のイーサ価格予想も大公開!

ビットコイン今後

「2020年のビットコインはどうなっていくの?」 「ビットコインの今後の動向が気になる!」 ビットコイン誕生から10年が経過した2020年。 これからどうなっていくのか、このまま取引を続けていいのか気になるところですよね。 結論から言うと、ビットコインの今後は明るいと考えています。 コインチェック共同創業者の大塚は 「ビットコインを始め仮想通貨の時代は始まったばかりで、仮想通貨を取り巻く環境整備や技術の革新が進めばビットコインの価値や注目度は変化していく」と今後の動向を予想しており、ビットコインを取り巻く環境や技術が変われば、価格の上昇や知名度アップは充分考えられるでしょう。 この記事では• ビットコインの未来予想• ビットコインの今後を左右する5つのポイント• 最新!2020年~2021年のビットコインの動向をチェックするためのポイント など、今後のビットコインの予想を解説します。 これを読めば、今後もビットコインの取引を継続するかどうかジャッジできるはずです。 ぜひ、最後まで読んでビットコインの気になる動きをチェックしてみてください。 ビットコイン BTC の今後は明るい!Coincheckの共同創業者の未来予想 ビットコインの今後は、明るいと予想しています。 2019年は、ビットコイン誕生から10周年となる節目の年でした。 それと同時に、世界各国で国家レベルでのデジタル通貨に関する動きが数多くありました。 中国では中国人民銀行がデジタル通貨「DCEP」の試験準備が整ったことを明らかにし、今まで仮想通貨の取り締まりを続けてきた中国がデジタル通貨を受け入れる体制に。 Facebookでは新たなデジタル通貨「Libra」を使った金融構想を発表し、国境のないグローバルなデジタル通貨を作りたいという思いを表明しました。 このように国家レベルの動きが活発化したことから、2019年は新デジタル通貨時代の幕開けだと言えるでしょう。 ビットコインを始め、仮想通貨の時代はまだ始まったばかりなのです。 確かにビットコインを始めとする仮想通貨には、まだまだ課題がたくさんあります。 しかし、この課題は数年後には改善され、将来的には数億人規模のユーザーが利用するインターネット金融プロトコルになると考えています。 インターネットが導入されたときを振り返ってみると技術的な問題は数年内に解決し、多くの人が当たり前に利用できる状態となりました。 2020年に入りデジタル通貨が抱える問題は、一歩一歩解決に向けて前進していくのではないかと捉えています。 「技術的な課題は世界の賢い人達を惹きつけ、知的好奇心が解決をしてきた」という多くの事例があるからこそ、仮想通貨も同じプロセスを歩み普及していくのではないかと思います。 参照: ビットコイン BTC の今後の動向を左右する5つのポイント ビットコインの今後が明るいと予想できるのは、法整備や市場の拡大、技術革新が進むことでビットコインを取り巻く環境が変わっていくと考えられるからです。 それぞれビットコインの今後にどのような影響を与えるのか、詳しくご紹介します。 ビットコインETFが承認されれば大きな資産を動かす投資家がビットコイン投資に興味を持てるようになり、ビットコインへの注目度が上がるでしょう。 機関投資家が目をつければ多額の資金が流入するので、価格上昇も夢ではありません。 また、上場投資信託で取引をするには、取引所の厳格な審査を通過する必要があります。 その審査を通過すればビットコインが投資対象として一定の信用があるという証にもなり、取引をしたいと考える人も増えるはずです。 処理能力の課題を解消するライトニングネットワークの実装が実現すれば、取引のしにくさが解決し価値が高まると考えられています。 ライトニングネットワークが実装されるとブロックチェーンの外で取引ができるオフチェーン取引が可能となり、決済速度の向上や少額決済に対応した安い手数料が叶うでしょう。 今まで「ビットコインは処理速度が遅い」「手数料がかかる」と敬遠していた人達にとっても扱いやすくなり、ビットコインの価値が見直される機会となるはずです。 すでに、AIが価格変動を捉えて自動売買を行い、利益を生み出す仕組みや膨大な相場データから投資判断をする仕組みを備えた自動売買プラットフォームも誕生しています。 そのため、ビットコインに関する知識が浅くても投資ができるようになります。 このようなAIを活用したサービスやアプリが増えていけば、よりビットコインの運用がしやすくなり興味を持つ人も増えていくでしょう。 現在、ビットコインで得た利益は雑収入として計上され、税金の対象となってしまいます。 今後、 法整備が進みビットコインで得た収益一部免除等の仕組みができれば、投資家が資産としてビットコインを持ちやすくなるはずです。 多額の資産が流入されるとビットコインの価格が上昇する可能性もあり、今後ビットコインを始め仮想通貨がどのように扱われていくのかにも注目が集まっています。 また、改正資金決済法が2020年5月1日より施行されました。 今回の改正では、ビットコインなどの暗号資産の登録申請をするためのフォーマットの整備や取引所の顧客管理方法の明文化が取り入れられ、暗号資産を安心して扱えるよう整備が進んでいます。 他にも、金融商品や投資商品と同じように誇大広告の禁止、投資家保護が盛り込まれており、仮想通貨も金融商品同等の扱いをされるようになりました。 このように、ビットコインなどの仮想通貨を取り巻く環境が整備されていくことも期待が持てる要因の一つです。 【ビットコインと税金について詳しく知りたい人はこちら】 参考:、 2020年~2021年の動向を占う上で注目しておくべき4つのこと 2020年5月に半減期を迎えたビットコインにとって、ここ1. 2年の値動きを左右するポイントは事前にチェックしておきたいところです。 ここでは、2020年から2021年までのビットコインを占う4つのポイントをご紹介します。 どのようなポイントを掴んでおくといいのかぜひチェックしてみてください。 ビットコイは5月12日に3度目の半減期を迎え、今後価格変動が起こると予想されています。 アメリカの投資会社「PanteraCapital」が今までの半減期後のビットコインの動きを調査したところ、平均で466日後に価格高騰のピークを迎えたとのことです。 参考: ビットコインの半減期が終わり、今後価格が高騰する可能性は十分残されていると言えるでしょう。 2020年5月の半減期から466日後は2021年8月に当たるので、2020年から2021年の間はビットコインの変動から目が離せません。 【半減期について詳しく知りたい人はこちら】 G20では仮想通貨を国際的に規制していこうとする動きが続いており、日本でも金融庁で仮想通貨の規制を強化する方向の提言を織り込んだ報告書がまとめられたとのことです。 仮想通貨の取引や流通が規制されてしまうと価格の下落や価値の低下に繋がりかねないので、留意しておきましょう。 知名度が上がる主なタイミングとしては• 大企業がビットコインの採用を決め• ビットコイン決済ができる店舗がサービスが増える• 仮想通貨の取引所に上場する• ビットコインに新しい技術が実装される 取引速度のアップや手数料が安くなるなど• ビットコインを取り巻く法律の整備が進む 税金面や仮想通貨に関する法的緩和• AI技術の進歩で予想しやすくなる• 資産家が資産として持ちやすくなる というケースが考えられます。 ビットコインの知名度が上がるようなニュースや情報はこまめにチェックし、そのときの値動きにも注目してみましょう。 今までとは違う価値観や社会常識で生きていかなければならなくなり、仮想通貨に対する考え方や法律なども見直されるチャンスになるかもしれません。 オンライン化は進み無国籍通貨であるビットコインは、ネットでの取引やショッピング活路を見出し存在感を増す可能性もあります。 また、コロナショック後資産として価格が高騰した金と同じように、今後ビットコインがいざという時の資産として注目される可能性も出てくるでしょう。 【コロナウイルスによるビットコインの影響について】 既に自国の通貨が不安定な新興国では、ビットコインを始めとする仮想通貨を資産として購入する動きが出始めています。 市場が一変する状況となった今こそ、ビットコインの今後に注目する価値がありそうです。 参考: まとめ いかがでしたか? ビットコインの今後の予想や期待が持てる理由が分かり、ビットコインを持つべきかどうかジャッジできたかと思います。 ビットコインを始め、仮想通貨の時代は始まったばかり。 2 インターネットが普及したときにように、数年内に仮想通貨を取り巻く環境は整っていくと考えられる。 2 世界で仮想通貨を規制する動きがあることを忘れない 3 ビットコインの知名度があがるタイミングをチェックし取引をする 4 コロナショック後に資産としてビットコインの価値が高まる可能性がある この記事をもとに、今後のビットコインを予想でき、取引や新規購入に役立てられることを願っています。 商号:コインチェック株式会社• 暗号資産交換業の登録番号:関東財務局長第00014号• 加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会• 【暗号資産・暗号資産のお取引に関する重要事項】• 暗号資産は本邦通貨又は外国通貨と異なります。 秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われます。 暗号資産は移転記録の仕組みの破綻等により、その価値が失われる場合があります。 暗号資産の価格は変動するため、損失が生じる場合があります。 お取引の際は、取引内容を十分に理解し、自己の責任をもって行ってください。 その他の重要事項及び取引内容等につきましては、「Coincheck 暗号資産取引説明書」「Coincheck 利用規約」「Coincheck つみたて取引説明書」「Coincheckつみたて利用規約 」等の交付書面をご確認ください。 お問い合わせ:• 手数料について:• 売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。

次の

ビットコイン(BTC)の今後は明るい?2020年の最新の動向と将来性

ビットコイン今後

ビットコインの価格が100万円から、一時40万円台にまで急落しました。 今回のコロナ・ショックでは、米ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均(NYダウ)の大暴落が印象的でした。 特にFRB(米連邦準備制度理事会)が1. これはリーマン・ショック時の下げ幅を超える規模となりました。 さて、リスク回避の時に買われる代表的な金融商品と言えば、金(ゴールド)です。 当初は、リスク回避の動きから大きく買われたゴールドですが、最終的にはコロナ・ショックには勝てずに売られてしまいました。 参考:(J-CASTニュース 会社ウォッチ 2020年3月10日付) 半減期とは、ビットコインのマイニング報酬が半分になってしまう時期のことを指します。 市場で売却されるビットコインの量が半減することで、価格は上昇しやすいと考えられており、過去2回の半減期の前後では大きく上昇しています。 また、過去の4~6月の上昇率が高いところも、安くなったところは買いやすい要因のひとつでしょう。 2016年から2019年のこの時期のビットコインの平均的な上昇率はなんと60%を超えます。 この背景には、マイニング市況の好転や、年に一度のブロックチェーン・仮想通貨関連の大規模イベントが行われるなどの要因があるためです。 参考:(J-CASTニュース 会社ウォッチ 2019年6月13日付) こういった材料も控えているため、仮想通貨業界の「大物」は、前向きな発言をしています。 世界最大規模の仮想通貨取引所のCEO(最高経営責任者)であるジャオ・チャンポン氏は、世界的な金融緩和と供給が限られているビットコインを比較して「まったく心配していない」とコメントしています。 また、仮想通貨投資企業のモルガン・クリーク・デジタル共同ソ業者のアンソニー・ポンプリアーノ氏は、コロナ・ショックに端を発する経済危機の中で、「ビットコインがあらゆる資産の中で最大のパフォーマンスとなる」とコメント。 今後2年間で、最低でも2万ドル(約220万円)最大で10万ドル(1100万円)に到達すると分析しています。 仮想通貨が外出禁止令のピンチを打破する? この二人の意見で共通しているのが、中央銀行がいくらでも紙幣を印刷されることに対して、ビットコインの供給量は変化しないという点です。 また、ビットコインはサブプライムやリーマン・ショックなどの金融危機のさなかに誕生したことから、価値の保管および決済手段としての信頼性が高まる、ともコメントしています。 そんななか、イタリアでは銀行がビットコインの取引を開始しました。 新型コロナウイルスが猛威をふるうイタリアでは、外出禁止令が出されており、銀行を利用する人は従来のようにお金を送ったり、受け取ったりすることが困難になっていると感じているようです。 このような事態は、多くの人がビットコインなどの仮想通貨を利用したサービスが困難な状況を打破すると考えられているようです。 またイタリア赤十字社は、コロナウイルス対策のため、仮想通貨で寄付を受け付けていることが明らかにしました。 金融危機の最中に誕生したビットコイン。 再び訪れた未曾有の事態に、その真価が問われることになります。 (ひろぴー) ひろぴー FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。 サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。 現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。 2015年からは仮想通貨の可能性に注目。 仮想通貨への投資を開始した。 香港系プライベートファンドにも運用している。 仮想通貨Webサイト:も運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。 ・仮想通貨ブログ ビットコインFX: ・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト: ・Twitter:.

次の

3月の暴落後、ビットコインはどうなる?【CoinDesk 1Qレビュー】

ビットコイン今後

ビットコインが誕生した2009年、ナカモトサトシを名乗る研究者が発表した論文がビットコイン誕生のきっかけになりました。 彼は、ブロックチェーン技術を使い、中央が管理する通貨の概念に革命を起こし、分散管理型の仮想通貨を考案しました。 ビットコインの成功によって、類似する様々な仮想通貨が生まれ、決済だけでなく、契約、株、不動産、銀行取引、クラウドなど、私たちの生活の一部になろうとしています。 仮想通貨は、電力、ガス、交通などインフラにまでなろうとしています。 ビットコインの何が凄いのでしょうか。 ビットコインは、中央が管理しないインターネット上の仮想通貨として誕生しました。 従来の通貨はすべて例外なく、管理する組織が存在しました。 日本円、ドル、ユーロ、元、ポンドなどこれらすべては国が発行する通貨です。 ただの紙切れを国が価値を保証することで信用が生まれたのです。 中央で管理する組織が存在しないビットコインに、どう価値を持たせるか、ナカモト氏は考えました。 金や、ダイヤモンド、レアメタルは埋蔵量が決まっており、欲しい人がいればいるほど価値が上がる。 ビットコインも上限量を決めて価値を持たせよう。 そこで、仮想通貨ビットコインの上限を2100万枚と設定します。 いくらほしい人がいても、市場に存在するビットコインはこれ以上増えません。 欲しい人がいればいるほど価値が上がる仕組みが完成しました。 ただ、いくら上限値を決めようが、欲しい人がいなければ価値は生まれません。 どうすればビットコインを欲しいと思う人が増えるのだろう。 ナカモト氏はビットコインの価値を決めるもう一つのアイデアを決定します。 可能性です。 従来の通貨の弱点は、中央機関が価値をコントロールでき、インフレリスクが存在しました。 また、国境を超える場合、自国の通貨が使えない、お金の流れを監視されるなどの問題がありました。 この弱点を解決できる可能性をビットコインに持たせれば、必然的に需要が生まれるとナカモト氏は感じます。 そこで、ビットコインの仕組みにブロックチェーン技術を用いた分散管理システムを考案します。 上限量である2100万枚のビットコインすべての情報を一つの台帳であるブロックチェーンに記載します。 その情報を一か所に集めるのではなく、全員で共有、監視する仕組みにしました。 そして、ビットコインの流れを全世界の人が閲覧できるようにしました。 一方、ビットコインの匿名性という課題にぶつかります。 世界中の人が監視し合うビットコインにどうやって匿名性を持たせたらよいか。 匿名性の解決のために、財布と鍵を考案します。 ビットコインと、ビットコインを入れる財布の情報は全世界に公開します。 一方、鍵の情報は、ビットコインを使う本人以外、知られない仕組みを作りました。 また、ビットコインと財布に個人情報を一切関連させないことにしました。 これによって、どの財布からどの財布にビットコインが移動したかという情報を監視しつつ、誰から誰に送金されたかという情報は絶対にわからない仕組みを作り上げました。 この仕組みは簡単そうで、今まで誰も思い浮かばなかったアイデアでした。 国境を越えた決済を迅速かつ安全に行える、新通貨というビットコインに買いが殺到。 目論見通り時価総額3兆円を超えるまでに成長しました。 ビットコインが役立つシーン ビットコインのメリットは何でしょうか。 まず、海外送金が挙げられます。 海外に現金を送金する際、銀行に3000円を超える高額な送金手数料を払う必要がありました。 これは、少額の送金に非常に非効率です。 一方、ビットコインはわずか数十円の手数料で、世界中どこの国にも送金することを可能にしました。 次に、店舗経営者が恩恵を受けます。 買い物の際、支払いは現金かカードが用いられます。 現金は、強盗などの心配から、頻繁に銀行口座に振り込まなくてはならず、管理に人手やお金が必要です。 また、クレジットカードは高額な決済手数料をお店が負担するため利益率を下げる要因になっていました。 ビットコイン決済は手数料が不要で、現金を取り扱う必要が無いため、売り上げ管理に掛けるコストを大幅に下げることができます。 コストを下げられれば、商品を安くすることもできます。 ビットコインの普及は、間接的に安く買い物ができることにつながります。 もう少し視野を広げます。 ビットコインは通貨のリスクを減らすことができます。 日本に住んでいる私たちにはあまり理解できませんが、自国の通貨が不安定な国も多く存在します。 給料をもらった翌日に、貨幣の価値が半分になってしまうような不安定な通貨を持つ国もあります。 その様な国では、通貨をビットコインに両替すれば、通貨下落のリスクを下げることができます。 通貨が安定している日本では考えられないようなことですが、世界にはこのような国が多くあります。 また、銀行が少なく、気軽に預金や出金ができない人も多く存在します。 一日がかりで銀行に行き、大金を引き出して泥棒に合ってしまっては目も当てられません。 ビットコインは、インターネットにつながっていれば誰でも所有することができます。 銀行よりもインターネットの普及率が高い現代では、現物通貨よりもビットコインが便利な国が沢山あるのです。 ビットコインは世界経済にも良い影響をもたらします。 いままで対象にならなかった潜在的なお客を増やせるためです。 世界共通通貨のビットコインなら、どの国の商品もビットコインで決済できます。 いままだ見向きもしなかった人たちが、ビットコインで買い物をしてくれるようになるのです。 ビットコインのリスク ビットコインは、世界経済をも動かす革命的な通貨ですが、リスクも存在します。 一つは価格の変動です。 中央機関が存在せず、管理する組織が無いため、ビットコインの価格は需要と供給だけで決定します。 株や既存の通貨よりも変動する値幅が大きく、急に価値を下げる危険性があります。 ビットコインの安全の仕組みを悪用される可能性もあります。 ビットコインに価値を持たせる仕組みに、全員が監視し合い、加わる不正は多数決の原理で排除することが挙げられます。 しかし、もし、悪意ある者が善意の者より1人でも多い場合、不正が可能になってしまいます。 事実、分散化されたビットコインの運用システムの集約が進んでおり、巨大なコンピュータがビットコインを支えるようになりました。 ビットコインのシステムに参加すれば報酬がもらえ、誰でもシステムに参加することができるのですが、組織化したほうが利益率が高くなるために、集約化が進んだのです。 現状、ビットコイン運営の報酬はビットコインで支払われるため、大金をかけてビットコインのシステムを攻撃することは何もメリットはありません。 しかし、本気でビットコインを乗っ取ろうと思えば、不可能ではありません。 他に、匿名性を悪用するリスクがあります。 ビットコインの流れは監視できても、個人を特定することは不可能です。 これがビットコインの価値を生む要因ですが、言い換えれば犯罪に利用さることが想定できます。 事実、パソコンを暗号化させ、解除コードを販売する代わりにビットコインを要求するランサムウェアが問題になっています。 通常、現金を送金すれば犯人の足がかりが付きますが、ビットコインで支払われると、犯人を特定することが不可能になります。 また、資金洗浄としてビットコインが用いられる危険があります。 現金をビットコインに両替し、再び現金に戻すと、現金の流れを追跡することができなくなります。 これは、犯罪を増加させる要因に成り得ます。 ブロックチェーンの欠陥が見つかるリスクもあります。 2009年にビットコインが誕生してから現在まで、ビットコインの仕組みは完璧です。 一度も不正されたことはありません。 不正が不可能な仕組みです。 しかし、今後もそれが続くかどうかはわかりません。 予想もしなかった欠陥が見つかる可能性は0ではないため、万が一ブロックチェーンに欠陥が発見されれば、仮想通貨の価値はなくなってしまいます。 今後の動き ビットコインが誕生して10年もたっていませんが、すでに仮想通貨の種類は1000を超えました。 ビットコインが決済専門の仮想通貨であるのに対し、銀行のシステムになるリップルやネム、株取引や債券取引を分散化できるイーサリアム、中央集権型クラウドを分散化するメイドセーフ、様々な仮想通貨が生まれています。 仮想通貨は代表的な呼び名であり、根幹にはビットコインが実現したブロックチェーン技術が存在します。 自動車が開発され、経済が発展しました。 インターネットの普及は世界中の人々を豊かにしました。 ブロックチェーンはこれらの技術革命と同等以上の変化をもたらす技術なのです。 ブロックチェーン技術は今後必ず普及します。 私たちの生活に無くてはならないインフラになります。 そして、その代表がビットコインなのです。 ビットコインはまだ浸透していない通貨だと考えれば、今後の可能性は非常に大きいのではないでしょうか。 <<東証一部上場GMOコイン公式ページ>> ・主要通貨の購入可能 ・スマホで登録完結 ・銀行提携で即時入金 公式サイト 特徴 (国内取引所) リップルなど多種類の仮想通貨を扱う。 100%コールドウォレット管理で安全 (外国取引所) 世界最多クラスの仮想通貨を扱う取引所。 取引量も圧倒的 (スマホ保管) ハッキングの危険が少ないスマホ上に仮想通貨を保管 (保管端末) 仮想通貨を安全に保管する端末 (販売所) クレジットカードで仮想通貨を購入。 購入後、即換金・送金可能.

次の