メイン テート 効果。 メインテート(薬)について

メインテートの効果と徐脈などの副作用や半減期!喘息の注意点も

メイン テート 効果

どうして血圧が下げられるんだろう?? メインテートを服用することにより、どのようにして血圧が下げられるか簡単に説明します。 心拍数が多くなると血管により多くの血液が流れてしまい、血管に圧力がかかることにより高血圧になってしまいます。 そこでメインテートを服用することにより、 心拍数を減少させます。 心拍数を減少させることで、血圧が下げられるのです。 具体的には、 ・高血圧症 ・狭心症 ・心房細動 上記のような症状を改善するのに効果的な薬です。 高血圧の患者の70%近くもの人が症状を改善することができた、というデータからも高血圧に対してとても効果的な薬であることが分かります。 メインテートは症状を改善するためにももちろん用いられますが、上記のような症状の 予防を目的として用いられることもあります。 ちなみに心房細動とは心臓の上半部の部屋が不規則に興奮してしまうことで、脈動のリズムが不規則になってしまうことです。 服用し始めたときに他にも副作用が現れることがあります。 先ほどお伝えしたような副作用の他にもメインテートを服用し始めたときに、 ・体がだるくなる ・めまいを感じる 上記のような副作用が現れることがあります。 もし仮に副作用がひどい場合には、必ず医師・薬剤師に相談するようにしましょう。 また重大な副作用として、 ・脈拍数が1分間に50回以下になってしまう ・呼吸をするのが苦しくなる ・咳き込んでしまう などの症状が現れることがあるので、念のため注意をするようにしましょう。 (ただ上記のような重大な副作用が現れることはほとんどありません。 ) それ以外でも何かおかしいと感じた場合には、必ずかかりつけの医師・薬剤師に相談するようにしてください。 メインテート錠の種類を分かりやすく! これが最後の見出しです。 最後の見出しでは、メインテート錠の種類についてお伝えしていきます。 メインテート錠には、 ・メインテート錠0. 625mg ・メインテート錠2. 5mg ・メインテート錠5mg 上記の3つの種類があります。 これらの薬は年齢や症状によって使い分けられます。 薬の服用量は年齢・症状によって異なるので、年齢・症状によってこれらの薬が使い分けられます。 では、まとめの方に移っていきます。 スポンサーリンク まとめ! では、今回のまとめの方に移っていきます。 今回はメインテートの効果や副作用を中心に様々なことをお伝えしてきました。 要点を押さえると・・・ 1. メインテートは血圧を下げるのに効果的! 2. メインテートは副作用で息苦しくなったりめまいが現れることがある! 3.

次の

メインテート錠2.5mgの効果・用法・副作用

メイン テート 効果

メインテート(薬)について ここ2~3ヶ月前から動悸を感じるようになり、1ヶ月前に循環器内科に行きました。 レントゲン、心電図、エコー、血液検査など一通りの検査をしました。 血液検査でTSHの値が0.270(CLEIA)と基準値より若干低めの値だった以外は問題はありませんでした。 そのときは、「このまま様子をみましょう」と薬の処方はなかったのですが、その後も動悸は続き、連日夜中に動悸で起きることが多くなりました。 先日、同じ循環器内科に行き、再度採血のみをしました。 動悸が続いていることを伝えると「メインテート」という薬を2週間分処方されました。 そこで本題なのですが、この「メインテート」の服用の注意点に「服用後、自己判断で服用を止めると症状が悪化することがあります」と明記されていました。 この手(心臓)のお薬がはじめてということもあり、服用することをためらっています。 詳しい方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。 では動悸を感じたときのみ服用するようにしてみます。 高血圧の方、狭心症で心負担を軽くする必要のある方などは、服用を始めたら様子を見ながらきちんと服用します。 そのような方が自己判断で薬の服用を止めると、狭心症発作などの可能性があるからです。 そのため精神科などでは、動悸時、振戦時にだけ服用させることもあります。 なのでおっしゃる通り、循環器内科できちんと検査して問題ないと確認した上で、心療内科で相談なさるのが良いと思います。 その場合は、頓服で服用することに問題はありません。 メインテートには5mgと2、5mgがあります。 5mg錠で半減期が8〜9時間です。 半減期というのは血中濃度が最高の時の半分になるまでの時間という意味ですが、薬の効果は人それぞれで、わずかの量でも効果がある場合と最高濃度の時でもあまり効果がない場合とあります。 心臓に作用する薬なので、先に書いたように循環器的に問題がないことを確認の上で、必ず一日までにして下さい。 なお、本当にストレス等が原因の動悸でしたら、他にも違うタイプの薬があります。 メインテートはあくまでも循環器の薬ですので。 その点では心療内科の医者の方が詳しいと思いますので、そちらで相談なさるのが良いと思います。

次の

ビソノテープとメンテートの比較

メイン テート 効果

記事の内容• そのため心臓への作用が強力で、気管支や代謝への副作用が少ないのが特徴です。 そのため血管を収縮させる作用(末梢血管抵抗)が少なく、様々な臓器を守る効果があります。 『メインテート』と『アーチスト』は、心臓の状態や持病の有無などによって使い分けるのが一般的です。 1 J Cardiovasc Pharmacol. 2 BMJ. つまり、『アーチスト』は末梢血管抵抗を軽減することで、様々な臓器保護効果を発揮する薬と言えます。 また、気管支喘息の人にも使えないなどの制約もあることに注意が必要です。 4 Lancet. 6 JAMA. 7 Heart. そのため、人によって全く別の病気なのに同じ薬を使っている、ということが起こります。 その際、病気の種類によって使うべき薬の量も異なるため、単純に人と比べて薬が多いから重症、少ないから軽症といった比較をすることはできません。 薬の量を他の人と比べて不安になったりした場合は、必ずかかりつけの主治医や薬剤師に相談し、自己判断で飲む量を変えないようにしてください。 ポイントのまとめ 1. 625mg錠:慢性心不全 2. 25mg錠:慢性心不全 2. しかし、心不全や心筋梗塞・狭心症、不整脈など心疾患を持つ人にとっては積極的適応とされ、今でも主要降圧薬として使われています8。 ほか 利益相反 COI 特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

次の