スマホ ながら 運転 信号 待ち。 ながらスマホ運転の罰則強化どこからどこまで?信号待ちも違反?

信号待ちスマホは違反? ながら運転厳罰化、状況次第でアウト

スマホ ながら 運転 信号 待ち

スマートフォンなどを使用しながらクルマを走行させる「ながら運転」について、違反点数と反則金を引き上げ、懲役刑も重くするなど厳罰化された改正道交法が2019年12月1日より施行された。 運転手がスマホを操作しながら運転したクルマによる死亡事故が相次いでいることに対応したものだ。 改正法施行後の違反点数、反則金に関しては下記のとおり。 直ちに刑事手続きの対象となり、罰則を「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」から引き上げ、「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」となった 運転中のスマホ操作はとても危険だ。 画面が小さいため、注視の時間が長くなりがち。 事故を起こしてしまってから後悔しても遅い。 というわけで、運転中のスマホ操作は絶対にやめておいたほうがいい。 では、「信号待ちでスマホの操作はOKなの? 」という疑問。 道路交通法71条5の5では、「自動車等が停止しているときを除き」とあるため、信号などで完全に停止している場合、スマホを操作しても罰則はないのだ。 ただ、少しでも動いていたら当然ダメ。 取り締まりを受ける。 ちなみに通話に関しては、手で持たずにホルダーにセットしていれば捕まらない。 だが、「注視」の場合はホルダーにセットしていてもアウト。 切符を切られる。 じつはカーナビの注視も同じように取り締まりの対象となることをお忘れなく。 〈文=編集部〉.

次の

ながら運転厳罰化はいつから?信号待ちやハンズフリー通話も違反?知らないと一発免停も!?

スマホ ながら 運転 信号 待ち

条文(一部略)は次の通りです。 「自動車、または原動機付き自転車を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置を通話のために使用し、または当該自動車等に取り付けられもしくは持ち込まれた画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと」 つまり、車が停止している時を除いて、運転中に携帯電話やスマホを使用する行為、そしてカーナビやタブレットを注視する行為。 条文は、この二つの行為を「ながら運転」の定義とし、禁止しています。 「食べながら」や「化粧しながら」は、ながら運転には当てはまりません。 これら二つの行為については、従来の罰則は「5万円以下の罰金」でしたが、法改正で懲役刑が加わり「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」となりました。 反則金も、普通車の場合で従来の6000円から18000円、違反点数も1点から3点と、ともに3倍に引き上げられました。 これらの行為をしたことで結果的に「交通の危険」を生じさせた場合、従来は「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」でしたが、法改正で「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」となりました。 行政罰である反則金の対象ではなくなり、当該行為を行った人は直ちに刑事手続き、つまり逮捕・勾留などの対象となる可能性がありますので、非常に注意が必要です。 違反点数は「2点」から「6点」に引き上げられました。 ただ、条文などから解釈するに、必ずしも人を死亡させたり傷つけたりする人身事故だけが対象とは言えないようです。 物損事故が含まれる可能性もあります。 また、別の条文では、必ずしも「事故」の場合に限らないと解釈される部分もあり、事故を起こしていなくても道路の状況などに照らして「交通の危険が生じた」と判断されることがあり得るかもしれません。 車内でスマホの着信音が鳴ったため手に取った状態、また手に持ったまま発信して相手の着信を待った状態は、いずれも「通話」はしていませんが、罰則の対象でしょうか? 法律は「通話」だけを禁止しているのではなく、「通話のために使用」することをを禁止しています。 従って「着信音が鳴ったため手に取った状態」、また「手に持ったまま発信して相手の着信を待った状態」は、通話していなくても「通話のために使用」したと解釈され、禁止や罰則の対象となる可能性があると考えられます。 つまりハンズフリー通話装置やイヤホン型の通話装置は手に保持しなくても使えるので、通話のためにこれを使用しても、ながら運転には当たらないと考えられます。 ただ、それを越えて「注視」までしてしまうと、手で保持していなくても、ながら運転として禁止された行為の対象になってしまいます。 さらに、それにより「交通の危険」を生じさせれば罰則の対象にもなります。 ただし、「注視」は禁止はされているけれども、それだけでは罰則の対象にはならないということですか? そうです。 カーナビなどの画像注視は、法律では禁じられていますが、それ自体は罰則の対象ではありません。 罰則が課せられるのは、「注視」によって「交通の危険」を生じさせた場合です。 どこまでが一瞥で、どこからが注視になるのか、線引きはあるのでしょうか? 法律には明確な定義がありません。 従って、一瞥と注視との線引きはない、と考えて頂いた方が安全と思います。 一部には「2秒までなら許される」といった俗説があるとも聞いていますが、2秒未満だから大丈夫とはいえません。 たとえ2秒未満でも、ながら運転として罰則の対象となる可能性があるとしか言いようがありません。 ただ、取り締まりを受け、「単に手にしただけ」と主張しても、それが警察官に認められるかどうかという問題はあります。 「通話するために手にとったのではないか」と疑われる恐れもあるので注意が必要でしょう。 仮に事故を起こした時にスマホを持っていたら、「単に手にしていただけ」と主張しても、なかなか認められないかもしせません。 ただ、自動車を発進するまでの間に完全に通話を終わらせなければなりません。 動き始めて、短い間でも通話や画像注視が続いていればアウトです。 疑われないよう、運転前に、外からは見えず、自分もすぐには触れないような場所、例えばカバンなどの中に携帯やスマホをしまってしまうのも一つの方法だと思います。 不便に感じるかもしれませんが、不幸な事故を起こさないために、交通安全の基本に立ち返るべきです。 運転中は常に周囲の状況は変化すること、自分の運転する自動車という鉄の塊が人や物に当たれば悲惨な事故になり得ること、これらを常に意識しておくことが肝心でしょう。

次の

スマホやカーナビの「ながら運転」が厳罰化。また、その定義とは?

スマホ ながら 運転 信号 待ち

wikipedia. 信号待ちのときは車が完全に停止しているので、赤信号で停車中の間だけはスマホを操作しても良いという解釈ができるのです。 警察もこの条文に基づいて取締を行っているので、基本的には停車中のスマホ操作で違反切符を切られるということはありません。 しかし、信号待ちといえばすぐに車を動かさなければならないことも多いシチュエーション。 走行中にメールや通話の内容が気になって運転に集中できなければ、非常に危険です。 また先に述べた解釈はあくまで一般論であり、同じ条文でも法律は人によって解釈が違うものなので、取り締まる警察官によっては反則切符を切られるかもしれません。 meijo-u. とはいえ、スマホやカーナビの通話・操作・注視などに関しては、自動運転中であれば直ちに操作できる状況に限って認める方向で調整されているので、今後自動運転中にスマホを操作する人が出てくるかも知れません。 ただこちらの試案でも、車の走行中の安全確保はドライバーの義務と明記されており、警察庁が広く一般からの意見を取り入れて、今後変更される可能性もゼロではありません。 大切なのは交通事故を起こさないよう心掛けようとする、ドライバー自身のモラルです。 まとめ 今回は信号待ちのときにスマホを操作しても、違反にはならないことをお伝えしました。 道路交通法第71条第5号の5の条文を見ると、赤信号で停車した際のスマホ操作は違法ではないと解釈することが可能です。 しかし周囲とドライバー自身の安全を考えれば、やはり信号待ちで停車中のスマホ操作は、避けたほうが良い行為であることも明確。 停車中の一瞬の行いが、ドライバー自身と周囲の人の今後を大きく変えてしまう可能性も大いにあるのです。 違反になる・ならないに関わらず交通事故を起こさないためには、乗車中にスマホを操作する場合は、必ず路肩やほかの安全な場所に車を停めてから行うようにしてください。 Motorzではメールマガジンを配信しています。 編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!? 配信を希望する方は、Motorz記事「 」をお読みください!.

次の