後部 座席 シート ベルト 義務 化。 後部座席のシートベルト着用違反だと、ゴールド免許じゃなくなる?

シートベルト警報音、助手席・後部座席も2020年から義務化へ!

後部 座席 シート ベルト 義務 化

後部座席のシートベルト義務化の内容 平成20年(2008年)6月1日から、後部座席のシートベルト着用が義務化されています。 道路交通法の改正前までは後部座席での着用に関して「努めなければならない」とされていました。 「出来る限りつけましょう」ということですね。 改正後は運転席や助手席と同じく、道路交通法で着用が義務付けられたので、 必ず着用しなくてはいけなくなり、違反に対する罰則なども制定されました。 次が改正後の道路交通法の一部を抜粋したものです。 道路交通法第71条の3 自動車(大型自動二輪車及び普通自動二輪車を除く。 以下この条において同じ。 )の運転者は、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定により当該自動車に備えなければならないこととされている座席ベルト(以下「座席ベルト」という。 )を装着しないで自動車を運転してはならない。 (後略) 自動車の運転者は、座席ベルトを装着しない者を運転者席以外の乗車装置(当該乗車装置につき座席ベルトを備えなければならないこととされているものに限る。 以下この項において同じ。 )に乗車させて自動車を運転してはならない。 npa. シートベルトをつけないで運転したらダメ• シートベルトをつけていない人を乗せて運転したらダメ ということです。 後部座席でシートベルトをつけていない人を乗せていた場合も、運転者が道路交通法違反となります。 違反した場合の減点や反則金などの罰則は? では、実際に違反した場合の罰則が、どのような内容なのか見ていきましょう。 座席 違反点数 反則金 運転席・助手席 1点 なし 後部座席 1点(一般道路は除く) なし シートベルト着用の違反は、点数が1点減点されますが反則金はありません。 そして、後部座席の違反は、 高速道路や自動車専用道路のみ罰則の対象となっていて、一般道は注意があたえられるのみというのが現状です。 ここが運転席・助手席との違いですね。 高速道路のみ違反の対象としている理由としては次の2つが考えられます。 一般道に比べ、高速道路でシートベルト未装着のほうが危険性が高い• 後部座席のシートベルト義務化を一気に浸透させるのが困難 実はシートベルトの着用が免除されるケースも多くあり、警察としても一般道で後部座席まで取り締まるとなると、かなり複雑で困難な作業になってしまいます。 そこで、走行スピードが速く、事故発生時の被害が大きい、高速道路や自動車専用道路のみ現時点では取り締まりを行っているのでしょう。 ただし、道路交通法では一般道路も義務化の対象になっていますので、今後一般道も取り締まりをおこなっていく可能性は高いと思われます。 シートベルトの装着が免除されるケース さきほど少し触れましたが、シートベルトをつけなくてもよい例外が適用される場合があり、道路交通法でも定められています。 これは後部座席だけに限らず、シートベルト全体に関する免除理由です。 これも道路交通法の原文ままだと分かりずらいので、下記に免除されるケースを簡潔にまとめました。 負傷、障害、妊娠中などで着用すると支障がでる場合• 著しく座高が高いまたは低い、著しく肥満など身体の状態によって装着できない場合• 自動車を後退(バック)させる時• 消防用車両を運転・乗車する場合• 警察官等の公務員が職務のために運転・乗車する場合• 郵便物の配達、ごみ収集など頻繁に乗降する業務区間を運転・乗車する場合• 要人警護などで警察用自動車により護衛、または誘導されている場合• 公職選挙法の適用を受ける選挙で候補者や選挙に関わる人は運転・乗車する場合• 後部座席にシートベルトがない車の場合、後部座席が折り畳み式の場合、乗車定員内だがシートベルトの数が足りない場合 こう見ると免除されるケースが結構多いですね。 3のバックの際というのは意外と知らない人も多いのではないでしょうか。 堂々とシートベルトを外して後ろを確認しても大丈夫です。 また、9に関しては各県の警察による誤摘発・検挙が多発して問題となりました。 後席が折り畳み式の座席の場合、免除の対象になるにも関わらず、警官がその知識を持っておらず誤って捕まえてしまったというのです。 大阪では54人もの方が道路交通法違反で反則切符を切られてしまったというから驚きです。 私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 詳しくはこちらで解説しています。 ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。 実際に私がセレナを最大値引き額 50万円 を勝ち取った方法を無料公開中。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 90 秒で愛車の最高額がわかる! [新登場]スマホで写真を撮るだけ?? 一瞬で高額査定!! 電話営業一切なしで一括査定より速い!! あのDMMから新サービス!! 一括査定よりも早く相場が知れる!• 面倒な電話も無し!• ササッとお車査定!• スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!.

次の

シートベルトリマインダーの警報を全座席対象に…2020年9月1日以降新型車に義務付け

後部 座席 シート ベルト 義務 化

衝突時の衝撃に耐えられるように、張力に強いポリエステルでつくられることが多く、ある程度の勢いで引くとロックする機能が付いています。 まず、シートベルトの歴史について説明します。 シートベルトが開発されたきっかけとして、1899年にイギリスのロンドンで、自動車事故により乗員2人が外に放り出され死亡したことがきっかけとなったといわれています。 日本では1969年にすべての新車に必ず運転席にシートベルトを取り付ける法律が発令されました。 1971年には高速自動車道・自動車専用道を走行するときは、運転席のシートベルトの着用が義務である法律が発令されましたが、一般道でのシートベルトの着用の義務はありませんでした。 後の、1984年には一般道でもシートベルトの着用の義務、着用しなかった場合の免許減点の罰則の法律が検討されました。 1985年には高速自動車道・自動車専用道で運転手はシートベルトを着用していなかったら免許の点数が減点1という法律ができました。 1987年には一般道で運転席と助手席同乗者が、高速道路で助手席同乗者がシートベルトを着用していなかったら免許の点数が減点1という法律ができました。 2005年には乗用車の運転席でシートベルトを閉めずに走り出すと警告音をだすように義務づけました。 2008年には、シートベルト着用の義務化がなされましたが、後部座席、妊婦を除いてのシートベルト着用の義務化でした。 このような経路をたどって今ではシートベルト着用は当たり前のこととなっています。 「ベルトアセンブリ」 …ストラップ、固定用バックル、リトラクター(ベルト巻き取り装置)、アンカレッジ(車体からの取り付け具)の一切の装置。 いわゆるシートベルトの全体を指します。 「ストラップ(ウェビング)」 …いわゆるシートベルトのベルトの部分。 「ラップストラップ(腰ベルト)」 …着用者の骨盤を固定するため、腰部を横切るベルト。 通常、2点式シートベルトといった場合、このシートベルトのみで構成されます 「ショルダーストラップ(ダイアゴナルベルト)」 …着用者の胸部を肩から腰にかけて斜めに固定するベルト。 通常3点式シートベルトといった場合、このベルトとラップストラップを組み合わせたものを示します。 「クロッチストラップ」 …着用者の股部分を固定するベルト。 ハーネスベルトやチャイルドシートの追加装備として用いられています。 「バックル」 …着用者をベルトにより固定、解放することができる装置。 「リフレクター」 …ストラップ(ウェビング)の一部、又は全体を巻取ることで収納できる装置。 他にも名称があると思いますが、簡潔にここまでの名称を説明することとします。 次に、シートベルトの安全構造として代表的な2つの構造について説明します。 「プリテンショナー」 …衝撃を感知すると同時にベルトを強く巻き込んでシートのほうへ乗っている人を引き込む役割をしています。 ガスの爆発力や、バネの機械式等でベルトを瞬時に巻き取る装置は、SRSエアバック類とされています。 リフレクター側で引っ張るものと、腰側でベルトを巻き取るもの(ラッププリテンショナーという)があります。 「ロードリミッター」 …フォースリミッターとも言います。 プリテンショナーで一旦強く巻き取られたベルトを少しずつ緩めることで、締め上げられた胸部の圧迫を緩和する役割をしています。 銀玉が動きツメがロックギアを固定する さらに、前文で述べたように、シートベルトは衝撃時の衝撃に耐えられるように張力に強いポリエステルでつくられているといいましたが、詳しく述べると、シートベルトのベルトの部分はウェビングと呼ばれ、約300本のポリエステル製の糸を細かく織り込んで、一本ベルトを作っています。 これだけの多くのポリエステル製の糸を織り込むことでベルトの強度を高め、約3トンの荷重にも耐えられるようになっています。 シートベルトの歴史、構造、役割を説明してきましたが、事故を減らし、安全に運転するためにも、交通のルールというものも必要であります。 そこで、警察庁によると、平成20年6月から後部座席であっても一般道路に関わらず、 シートベルトの着用が義務付けられました。 違反した場合のことを述べると、 高速道路走行時:減点1点/反則金なし 一般道路走行時:口頭注意/反則金なし (助手席、運転席は一般道路であっても減点1点) となっています。 反則金はなく、一般道路であれば口頭注意で済むため、あまり運転手もシートベルトの義務性を感じにくいと考える。 しかし、そもそも何故シートベルトを義務付けたのかというと、シートベルトを着けていない時に事故した場合による、自分自身への大きな被害、慣性力による乗員の車外放出、後部座席の乗員による前席同乗者への被害などを防ぐために法律として義務付けたのです。 義務付けたことにより、効果として、警察庁のシートベルト着用状況全国調査結果(2016)によると、 一般道路 運転席 :98. 5% 助手席同乗者 :94. 9% 後部座席同乗者:36. 0% 高速道路 運転手 :99. 5% 助手席同乗者 :98. 0% 後部座席同乗者:71. 8% となっています。 後部座席同乗者のシートベルト着用状況のみに焦点をあてると、一般道路では、 2007年では8. 8%の装着率でしたが、2008年のシートベルト着用の義務化により、2016年では36. 0%になりました。 高速道路では、2007年では13. 5%の装着率でしたが、2008年のシートベルト着用の義務化により、2016年では71. 8%になりました。 ここから、シートベルト着用の義務化により、運転手が意識してシートベルトを着用させるようになってきていることがわかります。 しかし、まだ、運転手でさえ100%でないので、今後の規制や運転手のシートベルトの着用の意欲の向上により、100%を実現できることを願っています。 また、自動車事故による乗員の死者数を、シートベルトを着用している人と着用していない人と分け、前年と比較すると、 特に非着用死者が減少(前年比が-47人で、パーセントになおすと-7. 8%)しています。 しかし、シートベルトの非着用死者の構成率を座席位置別にみると、後部座席が69. 1%とほかの座席に比べて高くなっており、ここから、後部座席のシートベルトの義務化がいかに重要であるかがわかります。 さらに、自動車事故による乗員の死者数のうち、シートベルト非着用者が車外放出になった場合は、着用者の0. 8%に対して、21倍の16. 6%となっています。 これを座席位置別にみると、運転席:14. 3倍、助手席:18. 6倍となっています。 ほかに、後部座席では、シートベルト着用者は、車外放出はされておらず、シートベルトの着用によって車外に放出される危険性が低くなっています。 ここからも、後部座席のシートベルトの義務化の重要性がわかります。 ここまでシートベルトを説明してきましたが、シートベルトには、2点式、3点式、4点式、5点式というように種類があります。 「2点式」 …ベルトが伸びて、それを止める部分が1か所、ベルトをロックする部分の根本が1か所というように2か所で固定しているシートベルトをいいます。 昔は2点式シートベルトが主流ですが、今では一般自動車は3点式シートベルトが普及しており、2点式シートベルトは後部座席の真ん中、航空機、高速路線のバスなどに用いられています。 「3点式」 …ドアの下のほうに1か所、ベルトが伸びる部分の上の部分が1か所、ベルトをロックする部分の根本が1か所の3か所で固定しているシートベルトをいいます。 一般自動車の大半がこの3点式シートベルトを装備されています。 レースは公道よりもハイスピードで荷重が大きく、事故にあってもドライバーをしっかり適切に守ってくれます。 このように種類がありますが、なぜ3点式シートベルトが最も普及したかというと、簡単に説明すれば、2点式シートベルトの場合だと、事故にあった際、腹部への負担が大きいからであります。 4点式、5点式以上のフルハーネスシートベルトの場合だと、前かがみになって路地の先を確認することが困難であり、またバックで駐車する時にたいしても邪魔になり、運転手を代わる際にも、シートベルトやシートの調節を細かく行う必要が発生し、とても不便であるからです。 そのうえで、レースではこれらのように視野の悪い路地や、バックで駐車することはないため、ドライバーを守ることに重点をおいたシートベルトが一番合っているのです。 このようにして、取り外しや多少の動作ができ、またドライバーもしっかり守ることができる3点式シートベルトが一番普及していったことがわかります。

次の

後部座席のシートベルト着用違反だと、ゴールド免許じゃなくなる?

後部 座席 シート ベルト 義務 化

国土交通省は2017年6月22日(木)、道路運送車両法に基づく保安基準を改正し、クルマの座席でシートベルトを締めていないときに出る警報音(シートベルトリマインダー)の対象を、これまでの運転席のみから、後部座席を含む全座席に、2020年9月1日以降の新型車から搭載を義務付けました。 クルマの安全基準などについては、国際的な整合性を図り、安全性などを確保するため、日本は1998(平成10)年、国際連合の「車両等の型式認定相互承認協定」に加入。 方向指示器やタイヤ、窓ガラスなど143項目にわたる規則について段階的に採用を進めています。 今回、この国際基準の改正案が採択されたことにともない、国内でもシートベルトリマインダーの対象が拡大。 改正後は、エンジンスタート時にシートベルトを締めていないと、度の座席でも警告表示が出ます。 走行時は、運転席と助手席はシートベルトを着用していない場合に警告表示と警報音が、後部座席はシートベルトを外した場合に警告表示と警報音が出ます。 なお、バスやトラックなどについては、運転席と助手席のみがシートベルトリマインダーの対象です。 警察庁の調べによると、シートベルトを着用していないときの致死率は、着用しているときの約14. 5倍にのぼるといいます。 しかし一方で、2016年の警察庁・JAF調べによると、シートベルトの着用率は、運転席と助手席は一般道、高速道路問わず94%を超えていますが、後部座席の一般道での着用率は36%という結果でした。

次の