ウラン 238。 原子力発電のしくみ

放射性物質の減衰、崩壊について

ウラン 238

この記事の目次• 原料と型式 広島に投下された原子爆弾のコードネームは「リトルボーイ」で、原料にはウラン235を62㎏使用し、構造は「ガンバレル型」と呼ばれる砲身状を採用しています。 このガンバレル型は、核兵器の構造としては単純なものであり、臨界量に達する核物質を分割したうえで砲身状の構造の両端に置き、火薬により一方の物質をもう片方へと衝突させ、臨界を達成、核爆発を生起させるというものになっています。 長崎に投下された原子爆弾のコードネームは「ファットマン」で、原料にはプルトニウム239が6. 2㎏使用され、構造は「インプロージョン方式」を用いています。 インプロージョン方式というのは「爆縮レンズ 爆発をレンズのように集約させる意で、レンズとは直接関係ありません 」と呼ばれる極めて高度な技術が用いられたものであり、確実に核分裂反応を起こし、超臨界状態にするために、周囲から強い力をかけて中心部を同時に圧縮し、圧縮力が逃げないようにすることが必要になります。 爆発の威力では、広島のリトルボーイがTNT換算で16キロトン相当とされていて、長崎のファットマンはTNT換算で21キロトンとされています。 ちなみに第二次世界大戦中に、アメリカ軍が投下していた通常爆弾1発の威力は、TNT換算で109キロとされています。 ウランとプルトニウム ウランを使用した原子爆弾を製造するためには、大量のウラン235が必要となるのですが、自然界にあるウランの99. 3%はウラン238であり、ウラン235はたったの0. 7%しか存在していません。 そのため「ウラン濃縮」が必要となるのですが、化学的な性質が同じウラン235とウラン238を選り分けるには、大変な手間とエネルギーが必要になってきますし、広島に投下された原子爆弾で核分裂反応を起こしたウランは搭載分の2%足らずだったといわれています。 一方でプルトニウムの場合は、原子炉と使用済み燃料からプルトニウムを取り出す化学工場 再処理工場 が必要とはなりますが、いったん原子炉が動き始めると大量のプルトニウムの生産が可能になります 現在では廃炉が決定された「高速増殖炉もんじゅ」では、自動的に大量のプルトニウムが生成されていましたので、他国から批判をうける要因となっていました。 そして長崎に投下されたインプロージョン方式は、広島のガンバレル型よりも技術的に難しいのですが、長崎の原爆では、使ったプルトニウムのうち約16%が核分裂を起こし、広島に比べて効率がよかったとされています。 ウラン濃縮とは ウラン濃縮の工程からえられる生成物は、ウラン235の割合が高められた濃縮ウランと、ウラン235の割合が減じられた減損ウランに分けられるのですが、天然ウラン中のウラン235の濃度 0. また、天然ウランよりもウラン235の濃度が低いウランを「減損ウラン」と呼び、特にウラン235をほとんど含まないウランを「劣化ウラン」と呼んでいます。 天然ウランのほとんどは、核分裂の連鎖反応を起こさないウラン238だというのは先ほども書いたのですが、ではいったいどのようにして、ウラン235を取り出すのかといいますと、「ガス拡散法」や「遠心分離」といった質量差を利用した同位体分離技術が一般には用いられています。 フッ素には、フッ素19以外の安定同位体が存在しないため、フッ素化合物として同位体分離を行っても質量誤差が生じませんので、六フッ化ウランは、まずウランとフッ素ガスを化合させて五フッ化ウランとした後、さらにフッ素と化合させることにより製造します。 こうしてできた六フッ化ウランを遠心分離装置で高速回転させると、質量の大きいウラン238は壁側に、質量の小さいウラン235は軸側に集まることになり、この内側に集まったウラン235をスクープと呼ばれる管を使って取り出しています。 こういうわけで「遠心分離装置」や「無水フッ化水素」などは、兵器転用が可能となるため、製造国が厳しい管理下に置いているのですが、第三国経由などで、中東や北朝鮮に流れていっているのが現実です。

次の

ウランの拡散による人体への影響について

ウラン 238

"Gilbert U-238 Atomic Energy Lab"という名称の、当時としては高価なオモチャが、1951-1952年頃に販売された。 [ ] これは過去製造されたなかで、最も精緻な核エネルギー教育セットである。 しかし、入手できたのは1951〜1952年のみである。 当時、比較的高価 50ドル であり、高度な知識を必要としたことが、Gilbertが製品寿命を短いものにした理由だった。 今日では、コレクターたちが非常に高く評価しているため、完全にそろったセットは、当時の定価の100倍以上も高価である。 Gilbert社の、ウラン鉱石とスピンサリスコープとマニュアルの入ったセットは販売が続けられた。 は単独でも購入できた。 そしてガイガーカウンターは... [ ] 「米国の主要な原子力科学者たちとGilbert Hall of Scienceが開発。 放射性物質が近くにあるとカウンターは即座にクリック音を出す。 クリック音はイアフォンで聞くことができる。 ガイガーカウンターの中にあるネオン光インジケータが、光の形で放射能を示す。 」 この装置はコネチカット州New HavenのA. Gilbert Companyが製造した。 1950年代半ばにウランブームが終わったことと、1950-1952年に販売されたAtomic Energy Laboratoryセットにこれらのガイガーカウンターの一つが入っていたことから、製造年代は1950-1955年頃と思われる。 なお、付属品であるコミックは...

次の

Gilbert U

ウラン 238

天然ウランには、熱中性子による核分裂反応を起こしやすいウラン235と起こしにくいウラン238が含まれ、このうちウラン235の含有率は0. この天然ウランからウラン濃縮によって濃縮ウランを得た後に残された部分は、通常、ウラン235の含有率が0. さらに濃縮を行なって劣化ウランに残存するウラン235の割合を下げ、より多くの濃縮ウランを得る事もできるが、新たにウラン鉱石を採鉱・精製・濃縮することと比較してコストがかかるために行われない。 上記の濃縮後に得られるのは六フッ化ウランであり、用途に応じて酸化物または金属として利用する。 手紙は続きます.「(ウランから放射された)ベータ線は,汚染された水、食糧、空気により消化器官に入り込む.空気から吸引されたものは鼻や咽喉頭、気管支の粘膜などに付着し、次に飲み込まれる。 その効果は気管支におけるのと同様な局所的な炎症である。 胃、盲腸、直腸では,摂取されたものが,どこよりも長期にわたって残留する.このため消化器系統の臓器が最も深刻な影響を受ける。 放射線被爆による一般的症状を示すことなく、消化器官に致死性の潰瘍、穿孔が発生することも考えられる」 このように,劣化ウランを吸引または摂食した人が、下痢などの激しい発作に襲われることが報告されています。 又、これらの物質は処分されて吸入の代わりに摂取によって体内に取り入れられることもある。 貯水池や井戸は汚染されるだろうし、食物も、粉塵や煙霧を吸い込んだ時に引き起こされる場合と同様な有害な影響を及ぼす毒に汚染されることになろう。 1ミクロン以下の微粒子は肺胞に堆積し、そこに永久に留まっているか、リンパ腺か血管に吸収される率が高い」として、呼吸器系の障害を指摘する。 さらに、「汚染された水や空気、食物を通じて消化管に入り込むことができる。 これらの物質は空中から、鼻の粘液、喉、気管支などに付着して、飲み込まれるだろう。 その影響は気管支において見られた様に、局部の刺激症状 炎症 であろう。 これらの物質は胃、盲腸、直腸には、他どの器官よりも長期間残存し、これらに影響される率が非常に高い。 放射能被爆のいかなる一般的症状さえも見られずに、腸に穿孔や腫瘍ができて死に至ることも考えられる。 」「ベータ線やガンマ線を放出する核分裂生成物は肺や消化管から血管に吸収され、全身を巡るかもしれない」と指摘している。 rui. 下記のタイトルを押して下さい。 『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。 るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:).

次の