犬 あくび 理由。 犬があくびをする理由【犬のあくびはストレスから!?病気が原因!?】

【犬のあくび】理由と原因。人と違い様々な心理状態を表しています。|安全!!ドッグフードナビ

犬 あくび 理由

愛犬の行動は人間のそれとは違う意味をもつことがよくあるとは聞いていましたが、あくびもそうだったんですね。 自分の感情が落ち着いたときや落ち着かせるためにしている7割のあくびの中に転移行動も含まれている気がしていきました。 記事を拝見して、改めてもっと愛犬の気持ちを汲み取る努力が必要だなと感じました。 それにしても、人間があくびをすると愛犬にも本当にうつりますよね。 うちは大概一緒に横になっているときに目の前であくびをされるので、口臭を目の前でくらいます。 決していいにおいではないので、、くさいです。 が、くささの度合いによって歯の汚れ具合も感じられるような気がして今ではなれました。 愛犬との生活は飼い主初心者なので毎日が勉強です。 うちの犬はパグですが、いつもあくびをして眠そうにしています。 実際、あくびをした後はひっくり返ってグーグー気持ち良さそうに寝ています。 しかし、以前いとこの子どもと遊んでいた時にもあくびを連発していたので「なんで遊んでいるのにあくびをしているのだろう?」と疑問を抱いていました。 しかし!今回の記事を読み、もしかしたら子どもと遊ぶという行為があまり好きではなく、ストレスを感じていたのかもしれない!と理解することができました。 あくびなんて、眠いからしているのだと思っていたので勉強になりました。 確かに、今までのことをよく思い出してみると、あまり好きではないことをしている時はあくびをしていたような気がします。 あくびは奥深いですね。 犬のあくびは服従している意思表示としても出すことがあります。 犬は正面に来て真っ直ぐ目を見られるのが苦手なので、攻撃されるのかと緊張してしまいます。 そんな時は顔を背け「ご主人と争う気はないよ」とあくびを出すことがあります。 これも一種のストレスがかかった時のあくびなのでしょうね。 人の行動をよく見るわんちゃんなら、あくびがうつることもあります。 以心伝心ですね。 昼寝をしているといつの間にか隣で愛犬も昼寝をしていたなんてことも多いと思います。 飼い主と同じ行動をとることで安心感を得られるのだと思います。 好奇心旺盛な子犬ならあくびを真似しようとすることもあります。 愛犬がまさにそれでした。 最終的に「ごはん」を言わせる訓練に変化しました。 気を付けたいのが、低血糖からくるあくびです。 糖尿病のインスリン治療をしていたり他の疾患からの低血糖などで、酸素を多く体に取り込もうとあくびをすることがあります。 頻繁にあくびをするようになったら早めに動物病院に連れて行ってあげてください。 低血糖は命に関わります。 他に震えなどが出ていないかも確認してください。 ウチの子は平常時は寝起きのあくびと眠くなった時のあくびが殆どです。 眠くなった時のあくびは実際にその後お腹を丸出しのヘソ天姿でスヤスヤ眠るので、この時のあくびは本当に眠いからでリラックスしていますね。 ただ、そんなウチの子も動物病院での待合室や、洗面台でシャンプーをしてる時にあくびをします。 特にシャンプー中のあくびは、もうやめて〜〜と訴えるかのように何度もしています。 でもシャンプーしない訳にも行かないので 笑 「シャンプー気持ちいいねぇ」「もう少しだけ頑張ろうね」などとニッコリ微笑み語り掛けながら、頑張って貰っています。 私の命とも言える愛しいこの子に、シャンプーや病院でのあくびは仕方ないとして、平常時でもストレスであくびをするような事がないように、これからも変わらずリラックス出来る環境作りを努めて行きたいと思っています。

次の

犬があくびをする理由は?犬の気持ちについて教えます。

犬 あくび 理由

あくびをするというカーミングシグナルは、主として高ぶった気持ちを抑えたり、相手の興奮を鎮(しず)めたりするときに用いられますが、ストレスや不快感を感じているときに出ることもあります。 例題のように、あまり親しくない人から頭をなでられても、うれしいというよりは不安な感情が強くなり、「あくび」という形に置き換わってしまうことがあるのです。 犬にとっての「あくび」は、人間に置き換えると、「深呼吸をする」や「ため息をつく」という行為に近いかもしれません。 たとえば、これからバンジージャンプに挑戦しようとしている人は深呼吸をして自分の興奮と恐怖を抑え込もうとします。 これと同様、見知らぬ人間がこちらに向かってきたり、大きな物音がしたり、飼い主が散歩の準備をするなど、犬にとって何かしら興奮するような状況になると「あくび」をすることで心を静めようとするのです。 また、電車の中でギャーギャーとうるさい集団がいると、イライラして思わずため息が出てしまいますよね。 これと同様、親しくもない人がベタベタと触ってきたり、見知らぬ犬が近づいてきたときなど、犬にとってストレスとなるような状況が発生したとき、あくびをすることで相手に不快感を表明するのです。 見慣れないカメラを向けられているからか、それともベタベタと触られているからか、犬があくびを連発しています。 「眠いということはリラックスしているんだな!」と考えてしまいそうですが、犬の本心はまったくの逆で、「うるさいなぁ・・」、「眠いんだけどなぁ・・」という具合に、不快感を伝えたいのかもしれません。 ちなみに複数の実験により、 人間のあくびを見たり聞いたりした後で、まるで伝染したかのように犬もあくびをすることが確認されています。 もし犬の近くにいた人があくびをしたすぐ後に犬があくびをした場合は、「あくびの伝染」(Contagious Yawning)現象が起こったのかもしれません。 この現象は非常にありふれたものであるにもかからず、そのメカニズムに関してはいまだに不明で、以下に述べるようないくつかの仮説が乱立しています。 「あくびの伝染」はなぜ起こる?• 共感仮説 人間の心理状態に共感した結果としてあくびが出るという説。 これは「泣いている人を見てもらい泣きしてしまう」状態に近いといえるでしょう。 では、犬もある程度「心の理論」(自分以外の生物の心の状態を推測する能力のこと)を持っていることが示されていますので、可能性としては十分あります。 緊張あくび説 人間がいることによる緊張をほぐすためにあくびが出るという説。 これはちょうどこのページで解説したカーミングシグナルに近いと言えます。 しかし「あくびが伝染した犬の心拍数に変化がなかった」という実験結果もあることから、その信憑性に関しては今もなお議論の最中(さなか)です。 固定動作パターン説 あくび動作を見て反射的に同じ行動が出てしまうという説。 これは「こんにちわ」と挨拶されて「こんにちわ」と返すようなもので、自分の意思とは関わりなくある動作が反射的に出てしまうというものです。 2014年の研究では、犬の祖先であるオオカミ同士の間でもあくびが移ることが確認されました。 ですから「あくびの伝染」現象は、犬がオオカミから枝分かれする以前からすでにあり、現代の犬はただ単にそれを受け継いでいるだけなのかもしれません。

次の

犬があくびをする理由は?意味・病気との見分け方 [犬] All About

犬 あくび 理由

目次はこちら• 犬のあくびに込められた意味とは? 犬のあくびはタイミングによってその意味が大きく変わってきます。 主にどんな意味を持っているのか、詳しく確認していきましょう。 犬のあくびの原因は眠気と疲労? 犬も人間と同じように、眠気を感じるとあくびをします。 これは脳に酸素を送り込み血行を良くする為のあくびです。 お散歩から帰ってきた後や、沢山走り回った後にもよく見られます。 この場合は、特に健康に関わるあくびではないので心配は必要ありません。 犬があくびをした時は緊張やストレスを感じている!? 極度の緊張やストレスを感じる時、犬はあくびをします。 これは、心と体をほぐそうとする脳の防衛本能です。 車に乗せてお出かけしたり、知らない場所で沢山の人や犬と触れ合う場面など、日常生活で慣れていないことをする時によく見られます。 その場合はあまり無理をせず、犬にとって落ち着ける場所へと移動してあげてください。 人間のあくびが移る事もある!? 人間でもよくある話ですが、実は犬にもあくびは移ります。 これは、東京大学の研究チームが実験をして立証している面白いデータです。 実験結果によると「飼い主と愛犬の絆が強いほど、あくびは移りやすい」という物だそうだそうです。 不安や緊張・興奮を感じた時に起こすアクションで、自分や相手を落ち着かせる為にとる行動です。 そういったカーミング・シグナルの中に、あくびをするという行動も含まれています。 時にはしつけの途中で、飼い主から注意を受けている時にあくびをしているのを見たことはありませんか? これは、しつけに飽きてしまったり飼い主を下に見ているからではなく、緊張やストレスによるカーミング・シグナルです。 ワンちゃんは、あくびをして「そんなに怒って僕は不安だよ~」「あなたも落ち着ていて」と伝えようとしています。 なので、ワンちゃんにしつけをしている時にあくびをしている所を見た時は、「この子は、不安に感じているのだな」そう考えて接すると、ワンちゃんとのコミュニケーションが上手になりますよ。 つまり、 カーミングシグナル=犬語だと考えて下さいね。 犬があくびをする時に声を出す理由は? 犬があくびをする際に、『ふぁ~』や『くぅーん』といった声を出す時がありませんか? 同じあくびでも、声を出す時と出さない時では一体何が違うのでしょうか。 その答えは、ズバリ! 構って欲しい時は、あくびをしながら声を出す!です。 たまに、あなたが何か他のことに集中していて愛犬に背中を向けていると、甘えた声であくびをしている経験はありますでしょうか? また他にも、愛犬が何かいたずらをしてあなたが叱っている時や、しつけのトレーニング中にもあくびをしている所を見たことはありませんか? 実際私の飼っているワンコも、洗濯物を干している時や台所で洗い物をしていると、近くに寄ってきて大きなあくびをすることがあります。 犬というのは自分に構って欲しい時や、極度のストレスを感じた時に大袈裟なあくびをすることがあるんです。 つまり、あなたの興味関心を引きたくてあくびをしてしまうんですよね。 ですが、しつけの途中で見せるあくびはストレスを感じている場合もあります。 その際は、あまり無理をさせないよう配慮してあげることが必要です。 このあくびの違いは、日頃から注意して見ていないとなかなか気付けないポイントではあります。 しかし、大切な愛犬が飼い主さんに自分の気持ちを一生懸命伝えようとしているしぐさですので、注意深く観察してワンちゃんの気持ちを読み取ってみて下さいね。 犬のあくびが多いのは何故? いつもに増してあまりにもあくびの回数が多い場合は、体調不良や過度なストレスを示している警告サインという可能性もあります。 中でも、歯や口内環境に関するトラブルを引き起こしている場合にあくびが増えるケースが多いのです。 歯に痛みを感じたり口内に何か違和感を感じた場合、あくびをすることで和らげようとしている可能性も考えられます。 環境や生活リズムに変化もなくある日突然、不自然にあくびの回数が増えたら要注意です。 そういった場合には、口のにおいや歯の状態を確認して早めに専門家に相談して下さいね。 犬があくびを朝にする理由は? 朝目が覚めると、愛犬が気持ち良さそうに「グゥーッ」と伸びをしながらあくびをしている様子を見たことがありませんか? その時に見せる愛犬のあくびには、 寝起きの脳を覚醒させる為という意味が込められています。 私たち人間も朝の寝起きって、眠たくて連続であくびが出ます。 それと同じ事が、ワンちゃんにも起きているのです。 その場合は、なるべくリラックスできる環境を作ってあげて、ゆっくり愛犬を休ませてあげることが大切です。 犬のあくびはかわいいだけじゃない? これまで、犬のあくびについて詳しくご紹介していきました。 ワンちゃんがあくびをしていたら、状況をみて「ただ眠いのか?それとも、何かを伝えようとしているのか?」それを考えてみて下さいね。 言葉を話さない犬にとって、何気ない日常の行動も感情を伝える大切な方法の一つです。 なかなか自己判断が難しいこともありますが、その小さな変化にも気付けるよう毎日愛犬とのコミュニケーションを取ることも大切ですね。

次の