あご こり。 「あご筋」をほぐしたら●●が改善!?簡単にできるあごマッサージ

体の不調に繋がる恐れもある「あご筋」のコリをほぐす方法

あご こり

病院に行っても治らない、ツライ体の不調に悩まされ続けていませんか。 例えば、• しつこい頭痛が続く• 肩こりがひどい• 耳鳴りがとまらない• 目の疲れがとれない• めまいがする このような症状は、もしかしたら「あごの筋肉」がこっていることが原因かもしれません。 「あごの筋肉がこる」といわれても、ピンとこない方がほとんどかもしれません。 しかし、あごの筋肉は物を食べるときに必ず使いますから、首や肩のように酷使や生活習慣によってこりや痛みが生じることもあるのです。 銀座トリニティデンタルクリニック院長で歯科医の福島一隆先生によれば、ほとんどの日本人は、あごの筋肉がこりかたまっているそう。 そして、実はこの「あごのこり」が体の不調と深い関係があるというのです。 そこで、独自に研究を重ね、「あご筋マッサージ&ストレッチ」を考案。 実際に、患者にたいして、このマッサージを施したところ、体の不調が改善する人が増えたそうなのです。 さらに、福島先生自身も首や肩のこりがひどく、最低でも月に2〜3回、多いときは毎週、接骨院のお世話になっていた一人でしたが、あご筋をほぐしてみると、ひどい頭の痛みや肩のこりが消えたといいます。 では、なぜあごの筋肉のこりをほぐすことで、体の不調が改善されるのでしょうか。 それは、あごの筋肉がある場所が深く関係します。 あごの筋肉は頬の部分やこめかみのあたり、側頭部にあります。 頭、つまり脳の近くにあるので、あごの筋肉周辺は、たくさんの神経の通り道となっています。 そのため、あごの筋肉がこ、神経がその信号を拾って、体に不調がでてしまうのです。 福島先生が患者さんにも行っているマッサージは、1日5分程度で誰でも簡単にできるものです。 今回はその中から1つ紹介します。 あご筋マッサージのやり方• フェイスラインに沿って、左右の頬を手のひらで包みます• 奥歯をギュッと噛んで、そのときに盛り上がったり、動いたりする部分を見つけます。 奥歯のあたりや耳の付け根あたりが盛り上がるはずです• 人さし指と中指の腹を使って、盛り上がった部分を少しずつ押しずらしながら、痛いところやしこりになっているところを探します• 痛いところやしこりを見つけたら、指の腹で円を描くように押しすべらしながら、もみほぐします いかがでしょうか。 福島先生の著者『』(アスコム/刊)では、その他の「あご筋マッサージ&ストレッチ」のやり方もわかりやすく解説されています。 今まで名前も聞いたことがなかったあごの筋肉ですが、こりをほぐすことで悩まされてきた不調が改善するなら、ぜひやってみたいですね。 (新刊JP編集部).

次の

【NHKガッテン!】顎関節症の正体はあごのコリ!?症状改善の方法も!(6月12日)

あご こり

病院に行っても治らない、ツライ体の不調に悩まされ続けていませんか。 例えば、• しつこい頭痛が続く• 肩こりがひどい• 耳鳴りがとまらない• 目の疲れがとれない• めまいがする このような症状は、もしかしたら「あごの筋肉」がこっていることが原因かもしれません。 「あごの筋肉がこる」といわれても、ピンとこない方がほとんどかもしれません。 しかし、あごの筋肉は物を食べるときに必ず使いますから、首や肩のように酷使や生活習慣によってこりや痛みが生じることもあるのです。 銀座トリニティデンタルクリニック院長で歯科医の福島一隆先生によれば、ほとんどの日本人は、あごの筋肉がこりかたまっているそう。 そして、実はこの「あごのこり」が体の不調と深い関係があるというのです。 そこで、独自に研究を重ね、「あご筋マッサージ&ストレッチ」を考案。 実際に、患者にたいして、このマッサージを施したところ、体の不調が改善する人が増えたそうなのです。 さらに、福島先生自身も首や肩のこりがひどく、最低でも月に2〜3回、多いときは毎週、接骨院のお世話になっていた一人でしたが、あご筋をほぐしてみると、ひどい頭の痛みや肩のこりが消えたといいます。 では、なぜあごの筋肉のこりをほぐすことで、体の不調が改善されるのでしょうか。 それは、あごの筋肉がある場所が深く関係します。 あごの筋肉は頬の部分やこめかみのあたり、側頭部にあります。 頭、つまり脳の近くにあるので、あごの筋肉周辺は、たくさんの神経の通り道となっています。 そのため、あごの筋肉がこ、神経がその信号を拾って、体に不調がでてしまうのです。 福島先生が患者さんにも行っているマッサージは、1日5分程度で誰でも簡単にできるものです。 今回はその中から1つ紹介します。 あご筋マッサージのやり方• フェイスラインに沿って、左右の頬を手のひらで包みます• 奥歯をギュッと噛んで、そのときに盛り上がったり、動いたりする部分を見つけます。 奥歯のあたりや耳の付け根あたりが盛り上がるはずです• 人さし指と中指の腹を使って、盛り上がった部分を少しずつ押しずらしながら、痛いところやしこりになっているところを探します• 痛いところやしこりを見つけたら、指の腹で円を描くように押しすべらしながら、もみほぐします いかがでしょうか。 福島先生の著者『』(アスコム/刊)では、その他の「あご筋マッサージ&ストレッチ」のやり方もわかりやすく解説されています。 今まで名前も聞いたことがなかったあごの筋肉ですが、こりをほぐすことで悩まされてきた不調が改善するなら、ぜひやってみたいですね。 (新刊JP編集部).

次の

【顎コリ】は【あご筋ほぐし】で改善!症状確認や改善方法、通う病院について!

あご こり

あごこりとは? 特殊な定規を使って、どのくらい口が開くかを調べます。 口をたてに開いたとき、35ミリ以上開くかどうか。 開かなかったら、あごこりの可能性があります。 指を3本、たてにして口に、第二関節まで入れば、あごこり検査は合格です。 ところが2本しか入らない人が145人 1本が20人 ゼロ本の人が17人 神奈川県の A さんは2年前から顎コリに悩まされています。 最初はちょっと違和感があるくらいでした。 違和感に気づいたきっかけは、口を開けた時になる音でした。 さらに悪化していきました。 ひどい時は開きづらいとか、固いものを食べた時、痛みがある。 このまま開けたら顎が割れるんじゃないか。 痛みがひどい時は、麦チョコしか食べれなかったそうです。 野菜とか食べようとしても咀嚼で痛くなってしまいます。 スポンサードリンク 武田真治さんの場合 武田真治さんは20年ほど前、謎の食欲不振に陥りました。 「食べたくないな」意識としては、食欲がないなと、軽く拒食症みたいになってしまいました。 体重も今より10キロ近くを細かったです。 実は、その食欲不振の原因が、顎の不調でした。 口が開きにくくなったことで、知らず知らず食べる意欲がなくなっていったのです。 当時、体重が激減したましたが、好都合でした。 自分のキャラクターが細身の体でユニセックスな服を着て、イメージとしては良かったのです。 そんなこともあり、症状を3~4年、ほっといていました。 しかし放置していた結果体重の減少だけにとどまらず、武田さんの体や心までも丸ごと蝕んでいきました。 頭痛はする、夜は眠れない、朝は起きられない。 尋常じゃありませんでした。 キリキリして神経質だったと思います。 人と接する時に余裕がなくなって、なんか嫌な空気を出しちゃう感じがあり人が離れていきました。 症状は? 症状としては、 ・口が開かない ・音が鳴る ・頭痛 ・食欲不振 ・あごが痛い ・不眠 あごこり顎関節症 あごこりをこじらせて、症状を自覚するようになってくると、顎関節症になります。 顎関節症は重症化すると治療するのが、一苦労です。 ひどい時は、歯を削って噛み合わせの位置を整えたり、顎を切り開いて関節の中を手術する事もあります。 日本大学松戸歯学部小宮山道先生によると、患者さんの数は増えています。 知らないうちに顎のこりがひどくなると、重篤な症状になります。 今何も症状がない人も、気をつけて、顎のメンテナンスをした方がいいです。 顎関節症の治療指針 今回作られたのが、顎関節症の治療指針です。 歯を削ったり手術したりしなくても顎コリア重度の顎関節症を劇的に改善できる可能性が分かってきました。 あごこりの状態 ガイコツは頭と顎の部分二つに分かれています。 下顎の部分は、いわばぶら下がっている状態です。 下の部分だけで重さ1 kg あります。 頭と下のあごは、2つの筋肉でつながっています。 頭と下あごの間には、クッションとして関節円板があります。 あごこりとは、筋肉が、血流が悪くなり固くなってしまった。 そうすると動きが悪くなります。 思うように、動かすことができません。 この血流が悪くなった状態は、いわゆる肩こりと似ています。 もっと悪いことに、無理に動かすとその拍子に、関節円板が、ズレて落ちてしまうことがあります。 骨と骨がずれて痛い、「カクン」という音がするようになります。 無理に開けようとすると、急に関節円板がはねてカクンという音がします。 田口歯科医院では あごこりの状態をすぐに察知して、すぐに元に戻さないと、大変なことになります。 重度の顎関節症になった B さんは、2018年12月、突然、口があかなくなりました。 無理に開けようとすると、強い痛みがあごにかかります。 対策としては、口を開けて、顔を上に上げます。 痛いけれども動きを整えるために、しっかりいい方向に開けるトレーニングをします。 動かしてあげることで、関節が滑らかになり、筋肉ものびます。 の田口望院長は、毎年2000人以上、顎をグリグリさせて治療しています。 〒483-8259 愛知県江南市上奈良町錦60-1 動かすことで筋肉の血行改善により、こりがほぐれます。 ずれてしまった関節も、動かすことでスムーズに動くようになります。 口を開けるときのポイントは、上を向くことで、より大きく開くことができます。 超簡単!解消法対策! あご筋ほぐし術 あごの筋肉のマッサージです。 顎の骨を触ってエラの角のほんのちょっと上のところ、そこをちょっと指で持ったまま、きゅっと噛みしめると、ふくらむのがわかります。 それが噛む筋肉、咬筋(こうきん)になります。 そこのところをぐるぐる回しながら1、2、3、4、5、6、7、8秒間、マッサージします。 強さは、ちょっと気持ちいいくらいの強さです。 もう一つは、こめかみのところの、側頭筋を8秒間、ぐるぐるマッサージします。 口を開ける時に、必ず上を向きながら(首に痛みがある場合は無理をしないでください) 口を大きく開けます。 5秒間3回です。 1、2、3、4、5で開けて上を向いて、顔を元に戻します。 これを3回繰り返します。 あごこりの原因まとめ 食事をする時筋肉を使います。 パソコンを使った仕事をして、長い時間、弱い力でずっと、噛み続ける緊張した状態が続いているのがよくありません。 リラックスしてると人の歯は、上下2~3ミリ離れています。 下顎安静位(かがくあんせい)と言います。 ところが、パソコン作業などで、じっと集中していると、ピタッと歯がくっついた状態になり、あごこりの原因になります。

次の