無職でも借りられる キャッシング。 無職でも借りられる?!ゆうちょ銀行でのお金の借り方

無職・専業主婦でも即日融資でお金借りられる?

無職でも借りられる キャッシング

世の中には様々な職業がありますが、その中でもイロイロな面で不利なのが「無職」の方々。 働いていない(働けない方もいますが)ので当然と言えば当然ではあるのですが、それでもお金が必要なのは変わりません。 とはいえ、無職の方はお金を借りることは出来ません!と断言しましょう。 どうして無職だとお金を借りることが出来ないのか、そして無職でもなぜかお金を借りることが出来る人がいる!?などなど、無職とカードローンの関係について今回はしっかりと解説していきたいと思います! どうして無職だとお金を借りられない!?その理由を徹底解説 なぜ無職だとお金を借りることが出来ないのか。 「そりゃ当たり前でしょ」と思う方が多いでしょうが、改めて具体的な理由を挙げていきたいと思います。 とはいえ、世間一般で言われる「無職」と、カードローン・キャッシングにおける「無職」の扱いもちょっと違う部分があるのも事実です。 カードローンなどでお金を借りられる人と、そうでない人の違いも含めてポイントとなるのはどの部分なのかをちょっとチェックしてみませんか? そもそも無職とはどんな人を指すのか? そもそも無職とはどのような人を指すのでしょうか。 用語そのものとしては「定まった職業に就いていない、あるいは会社などに所属せず仕事がない状態」を指します。 でもこれですと、正社員以外の、いわゆる「非正規雇用」の方々も無職に属してしまうような気もします。 現在、世間一般では「何かしらの収入を得ていない人」というイメージで、アルバイトをしている人であれば「フリーター」ですし、他にも契約社員や派遣社員など非正規でも様々な働き方があり、彼らのことを無職ということはありませんよね。 カードローンやキャッシングにおいてもこういった方々は「収入がある人」として貸付条件の中でも対象としており(商品によっては正社員のみというものもありますが)、無職ではないと判断されています。 よって、カードローンやキャッシング業界においては無職とそうでない方々は以下のように分類されると考えていいでしょう。 無職じゃない 無職である 正社員・自営業者・ 派遣社員・契約社員・ パート・アルバイトなど 無職(ニート¥家事手伝いなど)・ 専業主婦(夫)・年金生活者・ 失業者・バイトをしていない学生など 年金生活者は年金という収入源があるから無職という扱いにはならないのでは?と思う方もいると思いますが、年金は労働の対価として得たものではないため収入とみなされないケースがあります。 もちろん、年金を受給しつつ働いているような方は無職ではありません(なので、年金受給者ではなく年金生活者と記載しています)。 理由1:「総量規制」により法律で定められているから カードローン・キャッシングにおいての無職と判断される職業?がわかったところで、具体的にどうして無職の方々が借りることが出来ないのかを説明していきたいと思います。 まず1つ目の理由は「総量規制」により定められているから、です。 カードローン・キャッシングにおいては「消費者金融系カードローン」と「銀行系カードローン」の大きく2つに分かれると思いますが、前者の「消費者金融系カードローン」は正式には「貸金業者」といい、「貸金業法」という法律が適用されます。 貸金業法の中には「総量規制」という仕組みが定められており、 貸金業者は利用者の年収の3分の1を超える金額の貸付をしてはならない と、貸せる金額にきっちりと制限がついているんです。 年収が450万円であれば150万円を超える金額を貸すことは出来ないですし、年収が30万円であれば利用者は10万円までしか借りることが出来ないわけです。 …と、いうことは、無職で収入がない方ですと年収は0円。 0には何をかけても0ですから…お金を借りることが出来ないわけですね。 じゃあこの法律が適用されない銀行系カードローンなら借りられるのか?…というと、残念ながらそういうわけでもありません。 理由2:収入がないため返済が出来ないから それは2つ目の理由である「収入がないため返済が出来ないから」につながります。 カードローン・キャッシングは当たり前ですがお金を「借りる」だけであって、時間をかけてでも「返さ」なければなりません。 しかも金利がつくということは、1日でも借りた場合元々借りたお金(元金)よりも多い金額を返済しなければいけないことになります。 そもそもお金が足りないからお金を借りたのに、収入がない状態ですと返済が出来ませんよね。 それはお金を貸す側にしたらかなりのリスクで、最悪返ってこないことも容易に考えられるでしょう。 無職の方は収入がないためリスクが高く、いくら総量規制で縛られていない銀行系カードローンであっても審査に可決させることはない、と言えるでしょう。 理由3:返済できる保証が全くないから 「確かに無職で収入はないけど貯金はあるから返済は出来る!」…という、半ば屁理屈のような状態ですが、そういう意見があると仮定しましょう。 それなら貯金を使えばいいじゃないか…とも思うのですが、そういったのも抜きです!(笑) 仮にそのカードローン・キャッシング商品が「保証人または担保あり」であればまだわかりません。 仮に利用者の方が無職であっても保証人が弁済したり、担保を取り上げたらいいだけの話ですから。 しかし一般的なカードローン商品は「無担保・無保証人」の商品が9割以上を占めていますから、「信用貸し」という、その人が返済できるであろうことを信用してお金を貸す方法になっています。 あなたがお金を貸す側になったとして、働いてもいなくて働く気もなさそうな人が「絶対に返すからお金を貸してくれ!」と言ってきたときお金を貸すでしょうか? 流石に可哀想と思って1000円くらいは貸すかもしれませんが、10万円も20万円も貸すのはためらわれますよね。 お金を貸しても返してくれるだろうという信頼、それを裏付けるのが収入…といっても過言ではありません。 理由4:そもそも貸付条件を満たしていない 最後に身も蓋もないことを言ってしまいますが、全てといってもいいほどカードローン・キャッシング商品には「貸付条件」が定められています。 「この条件を満たした人であればお金を貸してもいい(絶対に貸すとは言っていない)」というものですが、そもそも貸付条件には必ずといっていいほど お金がない人にお金を貸しても返ってくるとは思えない、という考えは至極納得出来ることです。 少しでも収入があれば「時間がかかってもお金を返してくれるかもしれない」と思えますが、それがないのですから「もう返ってくることはないだろうな」と思われても仕方ありません。 お金をもらうのであれば別ですが「返済」しなければなりませんから、返済できる能力があることを証明できないとカードローン会社もさすがに審査に可決させることは出来ません。 むしろそもそも貸付条件を満たしていませんから、申し込みをしてもムダですね…悲しいことですが。 「無職」ではあっても、お金を借りられる無職もいる!? …かなり前のトピックでは厳しいことを言いましたが、残念ながら事実です。 しかし無職というカテゴリには入っていても、カードローンやキャッシングで問題なくお金を借りられる方も中にはいます。 借りられない立場の無職の方からすれば「なんで!?」と思ってしまいそうですが、様々な職業の中でも有利・不利があるように、無職の中でも有利と不利がある…ということなんですかね。 専業主婦・専業主夫は比較的お金を借りやすい 無職カテゴリの中でも他の方とくらべて抜群にお金を借りやすいと言ってしまってもいいのが「専業主婦(専業主夫)」の方々です。 ただし貸金業法では「配偶者貸付」という制度を取り入れています。 配偶者貸付とは、自身と配偶者の年収を合算し、その3分の1の額を上限としてお金を借りられるという仕組みです。 これを利用すれば自身に収入がない専業主婦の方でもお金を借りることが可能ですが、配偶者が借りられる額も減少します。 例えば年収が450万円の配偶者と専業主婦の自身で配偶者貸付を利用する場合、夫婦で150万円を超えない範囲でお金を借りることが可能になります。 妻が50万円借りた場合、夫婦で借入が可能なのは100万円以内ということです。 また、この制度は夫婦両方に収入があっても利用できます。 が、「プロミス」などの大手消費者金融ではこういった配偶者貸付での融資を行っていませんので注意しましょう。 しかし貸金業法が関係ない銀行系カードローンであれば専業主婦(夫)でもカードローンの申し込み及び利用が可能です。 ただし多くの場合、借入額に制限がかかっています。 借入上限額 専業主婦の上限額 みずほ銀行カードローン 1,000万円 30万円 楽天銀行スーパーローン 800万円 50万円 イオン銀行カードローンBIG 800万円 50万円 年金収入だけでも利用できるカードローンもある 先程は年金収入だけで生活しているような「年金生活者」はカードローンを利用できない!…と説明したところではありますが、年金収入だけでも利用できるカードローンもあります。 とはいえ、こちらも消費者金融でお金を借りるのは厳しく、ターゲットとするのであれば銀行や信用金庫になります。 大手のカードローンであれば三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」であれば、収入が年金だけであっても申し込みをすることが可能です(もちろん審査に可決するかはまた別です)。 他にも年金収入のみで利用できる商品もあるかと思います。 大手の場合は一度問い合わせてみるといいでしょう。 また、信用金庫ではなんと年金受給者を対象としたカードローン「シルバーきゃっする」という商品もあります。 こちらの商品は• 厚生年金(船員年金を含む)• 国民年金• 共済年金 のいずれかを受け取っている年齢が満60歳以上69歳以下の方であれば利用できるカードローンで、最高で50万円までの借入が可能です。 金利も14. 0%~14. 5%程度と、銀行系カードローン程度の低金利! 利用できる信用金庫は限られてはいますが、お近くの信用金庫が対応していれば利用を考えてみてもいいかもしれませんね。 不労所得があるなら利用できるケースもある 無職とは言えど、中には収入を得ている無職の方もいます。 例えば株の配当で生活していたり、アパートやマンションを経営していてその家賃収入で生活している…というケースです。 そういった方々は労働の対価としてお給料をもらっていないため、職業としては無職ですが収入はありますから、カードローンを利用できる可能性があります。 ただ、どこでもOKというわけではなく、事前に電話などで自身について説明をし、申し込みが可能か問い合わせてみる必要があるでしょう。 申し込みが出来た場合でも、自身の年収や収入を証明する書類(納税通知書など)の提出を求められる可能性が大きいです。 学生はクレジットカードでの借入も 学生でも、アルバイトをしていればカードローンを利用することが可能です。 しかしなかなか忙しくてアルバイトが出来ない、だけどちょっとお金を借りたい…という方も中にはいるかもしれません。 そんな方は学生だけの特権、といってもいいかもしれません「クレジットカード」のキャッシングであれば利用できる可能性があります。 学生のみが使える「学生カード」を各カード会社が発行しているのですが、その中には「キャッシング枠」が設定出来るものもあります。 キャッシング枠とはなんぞや?という方のために簡単に説明しますと、そもそもクレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2つの枠があるんです。 ショッピング枠はクレジットカードで買い物をしたり、レストランにいって代金を支払ったり…といった何かしらのサービスなどの対価を支払う際に利用される枠で、この枠がついていないクレジットカードはありません。 一方キャッシング枠はカードローンのように限度枠の範囲内であれば現金を引き出す(借りる)ことが出来る枠で、クレジットカードによっては設定できないものがあったり、同じカードでも人によって限度枠が違います。 また、海外で現地通貨を引出sことが出来るのはクレジットカードのキャッシング枠(海外キャッシング)のみなので、海外旅行に行くことが多い方は絶対キャッシング枠があるクレジットカードを数枚持っていますね。 利用できる額は5万円~10万円と少なくはありますが、バイトをしていなくても使えるのはこのキャッシングくらいのものです。 ただし注意点として、引き落としが行われるのは親の口座からの可能性が高いこと!つまり、親にキャッシングを利用したことがバレてしまうわけです。 内緒でお金を借りたいのであれば、バイトをして一般的なカードローンや学生ローンを利用する方がいいと思います。 実質?無職であっても収入があったり、配偶者や親に収入があればキャッシング・ローンを利用することも可能なんですね。 特に学生さんの場合はクレジットカード面で非常に優遇されています。 キャッシングの限度額こそ少ないですが、1枚持っていて損はないかもしれませんよ。 ちなみに専業主婦の方も「家族カード」を利用すればキャッシング枠をつけることが可能なこともあります。 その際も学生カードと同じように親カード(旦那さんのカードですね)と同一口座から引き落としになりますので、利用明細をチェックされるとキャッシングしたことがバレますので注意ですよ。 現在無職!そんな人が借りられるようになるには? を利用するためにはどうすればいいのか。 …答えはおのずと出ている気もしますが、敢えてそこは突っ込んでいきたいと思います。 今のままでは借りられないのは明白ですから、カードローンを利用できる…ではなく、申し込めるようになるにはどうすればいいか、といったほうが正確かもしれませんね。 前置きが長くなりましたが、現在無職で先程の例外とも言えないケースでは、どうしたらお金を借りられるのか!具体的な対策方法を見ていきましょう! 何はともあれまずは職につくことが一番! 何はともあれ、まずは収入を得るために何かしらの職業に就くことがマスト!「条件が悪いから…」「正社員じゃないから…」なんて言ってられません! もちろん将来的に正社員として働きたいという気持ちがあるのはとてもいいことですが、現状それで仕事に就くことが出来ず無職の状態が長くなるのであれば、損をするのは自分です。 とりあえずアルバイトでもいいから、何かしら収入の手段を手に入れることが大事なんです! …とはいえ「カードローンを利用する」という点においては、注意しなければならない部分もあります。 それは「日雇いバイト」や「短期バイト」では、安定した収入とみなされない可能性があること! なぜなら、その日1日だけお金を稼ぐ形の日雇いバイトや、夏休みや冬休みの1週間~2週間だけの短期バイトはその期間が終了すれば収入を得る手段がなくなるため、「安定していない」と判断されるからです。 日雇いバイトの場合、それを1ヶ月中20日程度の仕事を継続して(お給料は日払いでも一般的な仕事と同じくらいの日数働いている)いるのであれば「安定して収入がある・働いている」とみなされることもあります。 その時だけ働いていればいい、というわけではありませんので注意しましょう。 アルバイトやパートでもいいので「継続して働くような形式」であることがまず大事です! 「契約社員として登録すればOK」はウソ!それでは受からない可能性大 「契約社員」といっても様々ですが、いわゆる会社に「登録」し、自分の気に入った日雇いの仕事などをするようなタイプの契約社員がありますよね。 登録するだけで「派遣社員」と名乗れることを利用して、「登録すれば派遣社員扱いになるので、無職でもお金を借りることが出来る!」という内容で無職でも借りられる…と紹介しているところもありますが、それは間違いです。 まず、登録しただけで実際に働いていないということは「年収」がわかりません。 なので見込み年収を書くことになりますが、その根拠がわかりません。 さらに、適当な年収を記載したとしても根拠がないため、借入金額が少なくても「収入証明書類」の提出を求められる可能性が高いです。 収入証明書類とは年収や収入を証明するための書類で、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書のコピーなどが該当します。 登録だけして申し込んだ場合、収入証明書類を提出することはもちろん出来ませんし、提出を拒否することで審査に可決しない可能性は十分にあります。 バイトを始めたからすぐ借りられる、というわけでもない お金を借りるためにバイトを始めたから、これでお金を借りられる!…となるかもしれません。 むしろバイトを始めればお金を借りる必要がなくなるケースも十分にあるかと思います…が、そのあたりは考慮せずに進めていきましょう。 バイトを始めたことで、肩書が無職からアルバイトに変わります。 が、そこですぐカードローンでお金を借りられるか?と言われるとそうとも言えません。 その理由は• 年収が不透明なこと• 勤続年数が短いこと の2点です。 すべては2つ目の「勤続年数」に集約されるのですが、1つの職場に勤務している年数のことを「勤続年数」といいます。 これがカードローンの審査に大きく影響するんです。 なぜ大きく影響するのか。 それは勤続年数が長いことで「収入が安定している」「年収も安定している(大きく変化がない)」とみなされるからです。 逆に勤続年数が短い、具体的には1年未満ですと年収が確定しない、今後も安定してその職場に勤めるかわからない(転職を繰り返すような人はカードローンの審査においてはとても不利です)などマイナス要因が多少増えてしまいます。 最低ラインで3ヶ月、次に半年、1年以上勤務すれば問題ないと言われています。 時々1ヶ月以上であればOKという商品もありますが、結局審査に可決しなければ意味がないので、出来れば3ヶ月~半年は勤務してから申し込む方がいいですね。 まとめますと、「現在無職でも借りられるようになるには、アルバイトやパートなどなんでもいいので、継続して最低3ヶ月以上は同じ職場で勤務してから!」と言えるでしょう。 貸付条件を満たすためにも、何かしら職を得ることは必須ですね(専業主婦などはまた別ですが)。 とはいえ、職についたからといってすぐお金を借りられるわけではないのがまた厳しいところ。 仕方ない部分はありますが、保証人や担保が不要な分「信用」が必要になりますので、どうしてもお金を貸すに値する人物かどうかのチェックの目は厳しいというわけですね。 実際に借りられるまで時間はかかってしまいますが、おとなしく何かしらの職についたら半年くらいはきちんと働き、そこからスタートと考えるのがスムーズな借入に繋がると言えそうです。 「無職でも借入OK」そんな甘い文句には気をつけて! たまにですが、「無職でも借入OK!」のような謳い文句のキャッシングがあります。 無職でもお金を借りられるなんて願ったり叶ったりですが、その全て…といっていいほどそれは「罠」です! 一番最初のトピックで「無職がお金を借りられない理由」について説明しましたが、無職という収入がない人に対してお金を貸すのはリスクしかなく、リターンはほとんどないのは明白ですよね。 なのにお金を貸すなんて甘い話があるわけない!それでは、どのような目的でそんな謳い文句を出している会社があるのでしょうか? 一番可能性が高いのは「ヤミ金」! 一番可能性が高いとかんがえられるのはやはり「ヤミ金」でしょう。 正規の貸金業者であれば保証人を立てていない限り、家族などに取り立てをすることは禁じられていますが、ヤミ金は法外、つまりそういった法律なんて関係ない!という人たち。 一度お金を借りてしまったら、家族に対しての取り立ても平気で行うでしょう。 むしろ、無職にお金を貸すのですからそれが前提といっても過言ではありません。 さらに、ヤミ金なので金利も非常に高いです。 法律上(借入金額にもよりますが)20%が上限ですが、平気で30%くらいの金利でお金を貸すところも多いです。 家族や友人などに迷惑がかかりますので、いくら魅力的な文言であっても「無職でも借入OK」は信じないようにしましょう。 無職でもOKな会社は「詐欺」をしてくるところも多い 最近では「詐欺」のケースも増えてきています。 どのような詐欺かといいますと、「あなたの返済能力が知りたいので、まず1万円貸しますから1週間以内に3万円返済してください。 返済できたら残りの希望額を融資します」というもの。 そもそも1万円しか借りないのに3万円を返済しなければならないところからおかしいのですが、「これをクリアすれば借りられるんだ!」と思い込んでしまい、ついつい3万円返済してしまう人も多いそうです。 もちろん3万円を振り込んでも希望額が融資されることはありません。 連絡は一切とれなくなり、返済した3万円と借りた1万円の差額である2万円を騙し取られて泣き寝入り…なんてことになってしまいます。 こちらのケースも上のヤミ金のケースも、「誰でも即日融資OK」という謳い文句で宣伝を出していることもありますので、無職の方以外も注意しましょう。 そして、正規の業者であれば返済能力を見るためにお金を貸してその3倍を返済してくれ、なんて言うことはもちろんありません。 クレジットカードの現金化も絶対にやめよう! 今でこそかなりなりを潜めていますが、一時期多かったのが「クレジットカードの現金化」。 これはクレジットカードを売るのではなく、クレジットカードのショッピング枠で指定された商品を購入し、指定した宛先に送ることで代価として現金をもらう、というシステムです。 もちろんこのような使い方はクレジットカードの規約違反ですので、やっていることがバレたらクレジットカードの利用は停止されます。 今は無職でも学生時代のクレジットカードがあるからそれを…と考える方もいるかもしれませんが、やめましょう。 そもそもカードローンよりもかなり暴利なので全くもってお得感がありません(実際返済する必要はないのですが、購入した商品の代金の75%ほどの現金しかもらえないこともザラです)。 お金を借りるなら正規の方法が一番ですので、決してこういった怪しいところからお金を借りようとは考えないでくださいね。 どの方法もいうなれば「カードローン弱者」につけこんだ悪徳な業者と言えるでしょう。 もちろん利用してはいけませんが、万が一知らずに利用してしまった場合はすぐに警察などに相談しましょう。 ヤミ金から借りたお金を返す必要はありませんし、弁護士などに頼めばきちんと対処してくれます。 しまった!と思ったままずるずる返済をしてしまうのがいちばんダメな行為ですよ。 無職だとすぐに借りられる方法はほぼナシ!収入を得よう 何はともあれ、無職でも配偶者や自身に収入があるような方でないとカードローン・キャッシングを利用することは出来ません。 無職の状態を解消したとしても、残念ながらすぐにお金を借りることは難しいのも確かです。 やはりカードローン・キャッシングというものが利用者の収入から返済されることを予定しているものですから、収入がない方はどうしても借りられない、貸付条件を満たせていないというのは仕方がないことなんでしょう。 甘い話があれば飛びつきたくなるのが人情というものですが、そこはぐっとこらえて。 職を得ることでカードローンが不要になるかもしれませんから、一石二鳥の意味でもまずはアルバイトから始めてみましょう! 【参考ページはこちら】.

次の

無職がカードローン審査で借入する方法~アコムやアイフルは無職でも借りられる?~

無職でも借りられる キャッシング

国の融資を失業中なら受けられる! 一つめの方法は、 失業中なら国の融資を受けられるということです。 もし失業中であれば、「総合支援資金」という国の制度を利用してお金を借入することができます。 「総合支援資金」は、失業者や給料が大幅に減少したなどを理由に生活に困っている人へ救済してくれる制度です。 「総合支援資金」の手続は、各市役所にある社会福祉協議会が窓口になって手続をすることができます。 それでは、「総合支援資金」とは、どんな人がお金を借りることができるのか、具体的に確認していきましょう。 総合支援資金の対象者 総合支援資金の対象者について説明します。 総合支援資金は、5つの項目に当てはまっている人が支給対象になります。 その項目とは、一つめは 低所得者のうち住民税が非課税対象になっている人です。 二つ目は、 居住場所がある人です。 三つ目は、 自立支援、就労支援を「総合支援資金」によって受けることに同意する人です。 四つ目は 支援を受ければ自分で生活することができると見込める人です。 五つ目は 「総合支援資金」以外の公的給付や公的貸付を受けていない人です。 この条件に照らし合わせると、無職で収入のない人でも、十分に満たせる条件です。 いくらまで総合支援資金は借りられる? 総合支援資金はいくらまで借りられるのでしょうか? 総合支援資金の資金支援は、3つの支援金があります。 まず一つ目は、 「生活支援費」でその資金用途は生活再建までの間に必要な生活費です。 二つ目は 「住宅入居費」で、住宅の借りる際の敷金や礼金など、必要な費用です。 三つ目は 「一時生活再建費」で生活を再建するために一時的に必要になる費用です。 これらの3種類の支援金はそれぞれ借りれる限度額も異なりますが、それぞれ金利が発生します。 総合支援資金に金利はどれくらいかかる? 総合支援資金にかかる金利はいくらでしょうか。 「生活支援費」にかかる金利は、保証人がいる場合、無利子です。 「住宅入居費」と「一時生活再建費」にかかる金利は、保証人がいない場合、年1. つまり、総合支援資金にかかる金利は、保証人がいれば無利息で借りることができ、もし保証人がいなくても年1. 総合支援資金は、社会復帰を目的とした制度なので、とても優遇された内容となっています。 借り方や審査のまとめお金を生活福祉資金貸付制度で借りるには? 審査なしでお金を借りるなら 生命保険の契約者貸付がおすすめです。 生命保険には契約に付帯されている契約者貸付という制度を利用すれば、ニートや失業中などの無職であってもお金を借りることができます。 この制度は、借金というよりももともと加入している生命保険の積立保険料を利用するので、融資審査は不要です。 つまり、無職であることを保険会社に伝えることなくお金を借りられるので、とても利便性の高い制度です。 では、お金を借りるにはどんな生命保険に加入していると借りれるのでしょうか。 生命保険の契約者貸付で審査なしでお金を借りる! 契約者貸付は解約払戻金のある保険契約者が対象となっています。 契約者貸付は、保険を途中で解約したときに戻ってくる解約返戻金を元にしてお金を借りる制度です。 つまり、 お金を借金するのではなく自分が未来に受け取れる積み立て部分を取り崩してお金を貸し付ける制度ということです。 解約返戻金がある生命保険とは、終身保険、養老保険、個人年金保険、学資保険の4つです。 つまり、保険料を積み立てるタイプの保険に加入していることが契約者貸付の条件となります。 解約払戻金のある保険契約者が契約者貸付対象 では、契約者貸付ではお金はいくら借りられるのでしょうか。 生命保険の契約者貸付で借りることができるお金は限度額があります。 その生命保険の契約者貸付で借りることができるお金の限度額は、 解約返戻金の8割から9割程度と言われています。 生命保険の契約者貸付で借りることができる限度額は、保険会社や契約内容によってそれぞれ異なってきます。 自分がどれだけ借りることができるのかは、各保険会社に問い合わせて確認してみてください。 どの保険会社でも解約返戻金の範囲内であれば、お金を借りることができます。 契約者貸付ではいくら借りることができる? では、契約者貸付ではお金はいくら借りられるのでしょうか。 生命保険の契約者貸付で借りることができるお金は限度額があります。 その生命保険の契約者貸付で借りることができるお金の限度額は、 解約返戻金の8割から9割程度と言われています。 生命保険の契約者貸付で借りることができる限度額は、保険会社や契約内容によってそれぞれ異なってきます。 自分がどれだけ借りることができるのかは、各保険会社に問い合わせて確認してみてください。 どの保険会社でも解約返戻金の範囲内であれば、お金を借りることができます 低金利だが契約者貸付は複利なので注意しよう 契約者貸付は低金利ですが複利なので注意してください。 生命保険の契約者貸付の金利は、2〜8%となっています。 これは、先ほど説明した総合支援資金などの国の融資制度に近い金利で借りることができますが、 利子の計算方法が複利となっているので注意が必要です。 複利とは、元金に利子が上乗せされて計算する方法です。 早めの返済が契約者貸付の鍵! 契約者貸付は早めの返済が鍵となります。 生命保険の契約者貸付を上手に活用する方法は、 早めに返済するということです。 いくら利子の計算が複利で計算されるといってもともと契約者貸付は低金利です。 長期の借り入れになると利子は膨らんで返済額が大きくなりますが、短期間で借入すると利子は微々たるものになります。 契約者貸付を利用する際は、金利が複利であることをしっかりと認識し、なるべく早めに返済するのが上手な活用方法になります。 学生内定者は銀行の内定者専用ローンが利用しよう!! 学生内定者は銀行の内定者専用ローンが利用できます。 内定者専用ローンとは、卒業後の就職先が内定しているのであれば利用できる学生専用ローンです。 その内定者専用ローンは、銀行やろうきんが提供しています。 内定者専用ローンは、アルバイトをしていない学生でも、お金を借りることができるのでとても安心です。 ここでは、内定者専用ローンの具体的な申し込み条件を紹介していきます。 内定者専用ローンを検討している人は参考にしてください。 内定者専用ローンではどのような人が対象者となる? 内定者専用ローンの対象者は3つの条件があります。 その条件の一つ目は、 対象地域に住んでいる人またはその対象地域で勤務する予定がある人です。 二つ目は、 満18〜30歳未満の人です。 三つ目は 就職先の内定証明書の提出ができる人です。 なかには、卒業大学名や卒業年を指定しているところもあります。 どの金融機関も共通している条件は、対象地域の住んでいるまたは対象地域に勤務する予定がある人という条件です。 現在、内定者専用ローンの取り扱いをしているのは、東海ろうきん、静岡ろうきん、新潟ろうきん、長野ろうきん、きらぼし銀行、武蔵野銀行です。 内定者専用ローンの金利と借入限度額について 内定者専用ローンの借入限度額と金利について説明します。 内定者専用ローンを取り扱っている6社の借入限度額と金利を、比較してみます。 東海ろうきんの限度額は10万円以上100万円以内で、金利は年4. 7%です。 静岡ろうきんの限度額は最高100万円で、金利は年2. 50% 固定金利 、年3. 70% 変動金利 年1. 0%の保証料を金利に上乗せ年4. 7%です。 新潟ろうきんの限度額は1000万円で、金利は年3. 長野ろうきんの限度額は10万円以上100万円以内で、金利は年3. 00% 固定金利 、年2. 50% 変動金利 年1. 20%の保証料を金利に上乗せです。 きらぼしろうきんの限度額は5万円以上50万円以内で、金利は年8. 内定者専用ローンなら学生じゃなくても利用できる!東海限定! 学生じゃなくても利用できる内定者専用ローンが東海限定で発売されています。 東海ろうきんが展開しているみらいず(未来図)では、 学生以外でも内定している人であれば利用できるローンの提供をしています。 東海ろうきんは申込条件として、新卒でなくても企業内定しているのであれば申し込みできるそうです。 ほとんどの企業が新卒でないと借りれないのですが、東海ろうきんは唯一新卒でなくてもお金を借りることができます。 東海3県に住んでいる人は、絶対チェックすべきローンですね。 消費者金融のキャッシングについて 無担保型2つめは 「消費者金融のキャッシング」です。 銀行と違い警察庁のデータベース照合は義務付けられていないため、 即日融資が可能です。 総量規制の例外にある「配偶者貸付」を行っている場合は、専業主婦でも消費者金融からの融資が受けられます。 上記にある 「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け(配偶者貸付)」を利用するわけですね。 ただし、大手消費者金融では、配偶者貸付を行っていません。 そのため中小の消費者金融を利用することとなります。 クレジットカードのキャッシング 無担保型3つめは 「クレジットカードのキャッシング」です。 もしキャッシング機能付きのクレジットカードがあるなら、 ATMからすぐにキャッシングが可能です。 無職でも、扶養してくれる人がいる場合は家族カードを作ることが出来ます。 そしてその家族カードでのキャッシングが可能です。 ただし家族カードにはキャッシング機能がついていないこともあるため注意してください。 家族カードでもキャッシング可能なクレジットカードを新規で作る場合は手元に届くまで1~3週間ほどかかります。 急ぎでなければ利用を検討してみましょう。 セゾンカード 家族カードでもキャッシングが出来るカード1つめは 「セゾンカード」です。 生計を共にする18歳以上の同姓のかたであれば家族カードの発行が可能です。 本カードと、ほぼ同じサービスが受けられるためキャッシングも可能です。 なおセゾンカードは即日発行できるものもあるのですが、家族カードの発行には時間がかかるので注意してください。 さらにオンラインで本カード申込時に家族カードの申し込みをすると、家族カードにキャッシング機能が付きません。 その場合は申し込み後に電話で依頼をする必要があります。 イオンカード 家族カードでもキャッシングが出来るカード2つめは 「セゾンカード」です。 イオンカードの家族カードであれば、無職でも専業主婦でも作ることができます。 このイオンカードも本カードにキャッシング機能があれば、 家族カードでもキャッシングが可能です。 ただし家族カードは、本カードが手元に届いてからの申し込みです。 郵送での対応になるため、家族カードでキャッシングが出来るようになるには時間が掛かるので注意してください。 【有担保型】質屋 有担保型1つめは 「質屋」です。 もしもお金になりそうな品物があるなら、質屋に預け入れて融資を受けることが出来ます。 無職や専業主婦でも利用できます。 また 査定が終わればすぐに借り入れられるため即日融資も可能です。 腕時計やブランドバック、宝石類があるなら検討してみましょう。 他には以下のような商品を受け付けています。 借り入れ後は、借り入れ額に対する金利を支払うことになります。 金利はきちんと確認しましょう。 期日までにお金が用意出来なければ、預けたものは戻ってきません。 返済のめどが立たない場合は、先に買い取ってもらうことも可能です。 【有担保型】定期預金担保貸付 有担保型2つめは 「定期預金担保貸付」です。 定期預金があり総合口座通帳で管理しているなら預金を担保に融資してもらえます。 これは無職や専業主婦でも問題ありません。 借り入れ条件は銀行により違います。 総合口座ではなく、定期預金専用の通帳などで管理している場合もあるでしょう。 その場合は総合口座に切り替えたり、窓口で手続きをすることにより期預金担保貸付を利用できる場合もあります。 詳しくは利用している銀行で確認してみましょう。 【有担保型】生命保険の契約者貸付制度 有担保型3つめは 「生命保険の契約者貸付制度」です。 もし解約返戻金のある生命保険に加入しているなら、解約返戻金の一部を融資するという制度が利用できます。 こちらも 無職でも専業主婦でも利用可能です。 どうしても返済が難しいという場合は、解約して解約返戻金を受け取るという方法もあります。 この場合は返済義務がありません。 ただし保険は一度解約してしまうと、健康状態によっては再度加入できないことも考えられますので、しっかり検討してからにしましょう。 審査なしで無職の人にお金を貸す金融機関とは? カードローンでは利用条件に、 「安定した収入があること」 としています。 つまり無職であれば申し込んでも不可なのです。 金融機関で行う審査は、利用者に返済能力があるかどうかを確かめるものです。 返済能力がない人にお金を貸すと貸し倒れのリスクが生じます。 そういったリスクを減らすためにもしっかりとした審査が行われているわけなのですね。 しかし悪質な業者の場合は、無職の人にも審査なしでお金を貸すということがあるため注意しなくてはなりません。 なぜ無職の人にも闇金はお金を貸すのだろうか 銀行や大手消費者金融は、無職にお金を貸すことがありません。 収入がなければ返済能力もないため、貸したお金が返ってくる見込みがないと考えられるからです。 しかしクチコミなどでは「無職・ブラックでも借りられた」という情報を見かけることがあります。 これらは俗にいう 闇金業者での借り入れです。 法律を無視した広告を打ち、融資も取り立ても法律を守ることはありません。 いずれも困りますよね。 では、こうなった場合はどうしたらよいのでしょうか。 被害に遭った場合はすぐに警察に連絡をしよう! 知らずに闇金業者を利用してしまい被害にあった!という場合は、一刻も早く警察や専門家に連絡しましょう。 警察に相談して適切な指示を仰ぐ必要があります。 貸金業法第21条では「取立て行為の規制」という、取り立てに関するルールがあります。 以前は非常識な取り立ても多く事件も発生していたことから、取り立てに関するルールが決められているのです。 ただし闇金業者はルールを守るわけではありません。 そのため専門家への相談が必要となるのです。 闇金融で借りた人の代表的な被害例とは?どのような被害にあっている? 闇金業者で借りた人の代表的な被害例には以下のようなものがあります。 いずれも正規の業者であれば決して行うことがないものです。 どれも利用者にとっては苦痛でしかありませんよね。 どうしてもお金が必要だとしても、後からこれでは困ってしまうはずです。 こういう状況を避けるためにも、闇金業者へは決して手を出さないようにしてください。 金利も違法!無審査キャッシングをする金融機関について! 無審査で即日融資をおこなうような金融機関は、金利設定も違法です。 貸金業法で定められた金利 実質年率 は、 最大で20. 0%までです。 これは利息制限法というもので決められています。 しかし無職にも即日融資をするような業者は、30%~50%という、とんでもない金利を請求することもあるのです。 よく聞く「トイチ」とは10日で1割という意味で、実質年率365%ということになります。 これでは利息を返済することも難しいでしょう。 本当にあなたは無職ですか? 無職の場合、収入がないためお金は借りられません。 しかし中には自分を 「無職だと思っているだけ」という人もいます。 実は、アルバイトやパートは「無職」としては扱われません。 毎月アルバイトやパートで数万円ずつ収入があるという場合は、安定した収入があるとみなされるのです。 この場合は、雇用形態に関わらずカードローンの審査に通る可能性があります。 アルバイトやパートをしている場合は、大手カードローンに申し込んでみましょう。 審査が激甘・審査が甘いという噂の真相とは? 「審査が甘い!」「激甘審査で融資可能!」こんな文字を見つけても気にしては行けません。 大手の消費者金融や銀行、信販会社ならこんな宣伝はしません。 確かに審査なしで貸してくれるとしたなら、 それは間違いなく闇金業者でしょう。 甘い宣伝文句を見かけたら要注意です。 どんなに困っているときでも手を出してはいけません。 利用後、ますます困る状況になると考えられるからです。 条件が良すぎるカードローンにはくれぐれも注意が必要です。 「審査が甘い」とはどういうことなのか 「審査が甘い」といっても、どういうことなのかぴんと来ないかもしれません。 まず「無審査キャッシング」という場合は、審査そのものがありません。 「審査が甘い」という場合は、審査自体はするものの基本的に落ちることはなく、まず融資が受けられるでしょう。 無職や他社借入額などの関係で銀行や大手消費者金融で審査落ちした人に対して「貸せますよ」と誘惑しているのです。 どんなに気になったとしても利用してはいけません。 即決せず、 少し冷静になって考えてみることをおすすめします。 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。 ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。 ランキング根拠• ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)• ・利用者へのアンケート調査• ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数• ・各社が公開している口座数、財務情報• プロミス• プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です• 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です• SMBCモビット• 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。 レイクALSA• 商号:新生フィナンシャル株式会社• 貸金業登録番号:関東財務局長 9 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号• 融資限度額 1万円~500万円• 貸付利率 4. 遅延損害金(年率)20. 要審査• 一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方• 初めてなら初回契約翌日から無利息• ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります• Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません• 無利息期間経過後は通常金利適• 30日間無利息、180日間無利息と併用不可• 千葉銀行カードローン• 三井住友銀行カードローン• 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結• ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし.

次の

無職・専業主婦でも即日融資でお金借りられる?

無職でも借りられる キャッシング

<目次>• 無職・専業主婦が即日融資を受けるためには 無職でも別の収入がある方や、専業主婦のように扶養してくれる家族がいる方は、以下のような無担保型の借り入れを利用することが出来ます。 銀行のカードローン 即日融資不可 消費者金融のカードローンやキャッシング 即日融資可能 クレジットカードのキャッシング 場合によって即日融資可能 また、別収入がない無職の方でも、担保を提供することが出来れば、有担保型の融資を利用できる場合があります。 有担保型融資と言うのは以下のようなものです。 銀行のカードローン 銀行では低金利のカードローンが用意されています。 カードを受け取ることが出来れば、ATMから気軽に入出金が可能になるため、とても便利です。 内容も良心的で借りやすいローンになっているためお勧めしたいところですが、実は銀行のカードローンは即日融資ができません。 これは、申し込む方が無職だからでも専業主婦だからでもありません。 銀行の審査の関係で不可となってしまうのです。 以前は即日融資を行っていた銀行もありましたが、2018年より、銀行では申し込みを受け付けると警察庁のデータベースと照合することが義務付けられてしまいました。 データベース照合には数日かかってしまうため、申し込みを受け付けたその日のうちに審査結果を出すことが出来なくなってしまったのです。 これにより、どの銀行でも即日融資は不可となってしまいました。 しかし即日融資はできなくても、審査が順調に進むと申し込み後数日で融資が可能になる場合もあります。 もし審査に時間がかかったとしても、1週間~2週間程度でカードが手元に届き借り入れができるようになるでしょう。 消費者金融より金利は低くなりますし、イメージも良いため、数日の猶予がある場合は銀行カードローンでお金を借りることを検討してみてください。 銀行カードローンは、基本的には収入のない無職の方の申し込みを受け付けていないのですが、別収入がある時は利用できる場合もあります。 また、専業主婦の方は配偶者に安定した収入があれば利用することが出来ます。 無職の場合と専業主婦の場合それぞれの借り入れ方法について見ていきましょう。 ただし、通常の審査より厳しくなりますし、不動産収入の場合は確定申告書や不動産登記、年金収入の場合は年金証書、年金通知書などの収入を証明する書類も提出する必要が出てきてしまいます。 さらに、正社員に対しての審査よりも長引く傾向にあるため、融資まで時間がかかりますし、無事審査に通過できたとしても、利用限度額が50万円以下の少額となってしまうことも多いでしょう。 また、申し込み条件として定めている年齢が60歳~65歳程度としている銀行が多いため、年金を受け取れるようになってから借り入れ申し込みをしても、年齢の面で不可となってしまうことも考えられるのです。 不動産収入もその内容や収入額、安定性などによっては審査に通過できないことも考えられます。 もし可能であれば、年金や不動産収入などがあることで申し込みができたとしても、その他にもアルバイトやパートなどをして、一定の収入を得るようにした方がいいでしょう。 アルバイト等による収入が少なくても、毎月定期的に収入があるというだけで、審査には通過しやすくなります。 ただし、その場合の対応は以下のように銀行によって様々です。 ・配偶者の同意書が必要な場合がある。 ・配偶者の収入を証明するものが必要な場合がある。 ・配偶者の勤務先へ在籍確認の電話をする場合がある。 ・借り入れ限度額が10万円~30万円程度の少額となる。 もちろん、銀行によっては配偶者の同意書や収入証明書類も不要で、在籍確認もなしに融資してくれる場合もありますが、「その銀行の口座があり本人確認が済んでいること」や「限度額が10万円以下であること」など、それなりの条件が提示されます。 条件や対応はそれぞれの銀行ごとに違ってくるため、申し込む予定の銀行に確認し、必要な条件をクリアできるようにしましょう。 参考までに、専業主婦でも申し込みを受け付けている銀行をご紹介しておきます。 イオン銀行カードローン 申し込み条件 20歳以上65歳未満で日本国内に居住している方。 本人または配偶者に安定かつ継続した収入の見込める方。 (パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(主夫)の方も可。 8%~13. 8% 公式サイト 楽天銀行スーパーローン 申し込み条件 20歳~62歳で、日本国内居住の方。 安定した定期収入がある方、または専業主婦の方。 楽天カードまたはセディナの保証を受けられる方。 9%~14. 5% 公式サイト 消費者金融のキャッシング 消費者金融では審査の際の警察庁のデータベース照合は義務付けられていないため、即日融資が可能となります。 ただし、申し込み者本人に収入がないと、審査通過は難しいでしょう。 消費者金融は、貸金業法に基づいて業務を行っているからです。 貸金業法には「個人の借入総額は年収の3分の1まで(総量規制)」と言う規制があります。 この規制があるため、消費者金融は年収がない方には融資することができないのです。 一方、銀行は銀行法に基づいて業務を行っています。 銀行法には総量規制がないため、収入のない専業主婦の方に対しても融資することが出来るのです。 ただし、総量規制には除外と例外があり、以下のような場合は年収の3分の1以上の融資が可能になりますし、例外の中の「配偶者貸付」を取り扱っている会社であれば、専業主婦でも消費者金融からの融資を受けることができるようになります。 <総量規制の除外> ・不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む) ・自動車購入時の自動車担保貸付け ・高額療養費の貸付け ・有価証券担保貸付け ・不動産担保貸付け ・売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け ・手形(融通手形を除く)の割引 ・金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け ・貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介 (施行規則第10条の21第1項各号) <総量規制の例外> ・顧客に一方的有利となる借換え ・緊急の医療費の貸付け ・社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け ・配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け(配偶者貸付) ・個人事業者に対する貸付け ・預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け (施行規則第10条の23第1項各号) 参考: この例外の中に「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」と言う項目がありますが、これが配偶者貸付で、配偶者の収入と申込者本人の収入を合算した年収をもとに、その3分の1まで借り入れができるというものです。 例を挙げてみましょう。 ただし、夫が他社から借り入れしている場合は、年収の3分の1から他社借入額を引いた額が借り入れ可能額になります。 また、妻がギリギリまでお金を借りてしまうと、夫は借り入れができなくなります。 また、この「配偶者貸付」はどの消費者金融でも行っているわけではありません。 アコムやプロミス、アイフルやSMBCモビットなど大手消費者金融では、配偶者貸付を取り扱っていないため、大手消費者金融から専業主婦が借り入れすることはできません。 しかし、中小の消費者金融になると配偶者貸付を取り扱っている会社もあるため、以下のような貸金業者を利用してみるといいでしょう。 専業主婦(主夫)の場合は配偶者の同意が必要な場合があります。 限度額 5万円~50万円 金利 年15. 0%~20. 限度額 1万円~300万円 金利 年12. 00%~17. (場合によって配偶者の収入証明書も必要となることがあります) 対象区域 北海道、青森県、岩手県、秋田県、山形県、岡山県、島根県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県にお住いの方 限度額 1万円~200万円 金利 年12. 0%~18. 限度額 1~300万円(専業主婦の場合は、配偶者の収入と合算した額の3分の1から借入残高を引いた額が、借り入れ上限額になります) 金利 年4. 5%~18. 0% 配偶者貸付を利用する場合は通常の借り入れよりも必要書類が増えます。 必要とされる書類はその会社ごとに違ってきますが、以下のような書類が必要となることが多いでしょう。 ・配偶者の同意書(借り入れの同意、個人信用情報照会の同意) ・配偶者との婚姻関係を証明する書類(住民票、婚姻届受理証明書、戸籍抄本など) ・配偶者の収入証明書(源泉徴収票、給与明細書、確定申告書、所得証明書、納税証明書など) 必要だと言われた書類を準備できなければ借り入れすることが出来なくなるため、配偶者に内緒で借り入れすることは難しいですね。 また、個人信用情報照会は申込者本人と、配偶者の両方に行われます。 もしどちらかの信用情報に良くない記載があれば借り入れは不可となってしまうでしょう。 さらに、配偶者の勤務先へ在籍確認の電話が行く場合もあります。 この時にきちんと確認がとれなければ、それもまた審査落ちの原因となってしまいます。 また、通常の審査よりも時間がかかるため、即日融資が難しくなるケースが多いです。 配偶者貸付が可能だったとしても、たいていは50万円以下の少額の融資になりますし、どうせ夫の同意が得られるなら、妻ではなく夫の名義で借り入れ申し込みをした方がいいように思えます。 夫名義だと大手消費者金融や銀行からの借り入れも可能ですし、高額融資の可能性も高まります。 より好条件で融資してもらうことが出来るため、配偶者貸付を利用するべきか、夫名義で借り入れするか検討することも大切です。 クレジットカードのキャッシング もしキャッシング機能つきのクレジットカードを持っているのなら、そのカードを使ってATMからすぐにキャッシングすることが出来ます。 この方法であれば、消費者金融に申し込みをするよりもスピーディーですし、即日融資も可能です。 無職になってからクレジットカードの申し込みをすることは難しくなりますが、退職したことで無職になったのだとしたら、職に就いていた時に作ったカードがそのまま残っているかもしれませんね。 また、無職でも、扶養してくれる親や配偶者がいる場合は家族カードを作ることができます。 キャッシング機能付きの家族カードがあれば、それを使ってキャッシングすることが出来ます。 ただし、家族カードの場合キャッシング機能がついていないことも多いため、家族カードは持っているけれどキャッシングはできないという方も多いかもしれません。 もしお手持ちのカードでキャッシングできない場合は、以下のようなキャッシングも可能なクレジットカードを作るといいでしょう。 ただし、家族カードの場合は残念ながら即日発行してもらうことはできません。 申し込みから発行まで1週間~3週間程度かかってしまいます。 急ぎではない場合は検討してみるといいでしょう。 セゾンカード セゾンカードはラインナップもデザインも豊富で、利用目的や好みに合わせて選択可能となっています。 また、生計を共にする18歳以上(高校生を除く)の同姓の方であれば、家族カードも発行することが出来ます。 家族カードはそのほとんどが本カードと同じサービスが受けられるようになっていて、本カードにキャッシング機能が付いていれば同じように家族カードにもキャッシング機能を付けることができます。 この家族カードであれば、無職でも専業主婦でもクレジットカードを持つことができますし、クレジットカードを使ってキャッシングをすることもできますね。 セゾンカードの中には即日発行も可能なものがありますが、家族カードは発行までに1週間~10日程度かかってしまいます。 そのため、即日キャッシングは不可となります。 また、オンラインで本カードと同時に家族カードの申し込みをした場合は、家族カードにキャッシング機能が付きません。 この場合は後日電話で依頼する必要があるため、キャッシング機能付きのカードを手にするまで時間がかかってしまうでしょう。 こちらのカードも本カードと同じ機能を家族カードに付けることができるため、本カードにキャッシング機能がついていれば、家族カードも同じようにキャッシング機能を付けることができます。 ただし、家族カードは本カードが手元に届いてからの申し込みになりますし、郵送で送られてくるため、カードを手にするまで2週間~3週間程度かかってしまうそうです。 (コールセンターに確認済み) 即日でキャッシングはできませんが、時間に猶予がある場合は家族カードを使って借り入れする方法も検討してみるといいでしょう。 無職や専業主婦でもお金を貸してもらうことが出来ますし、査定終了次第借り入れが可能になるため、即日融資も可能になります。 他から借りることが出来ず、どうしても現金が必要だという場合は、腕時計やブランドバック、宝石類などを質入れしてみてもいいかもしれませんね。 ブランド品や宝石類は質物として人気ですが、その他にも、以下のような品物を受け入れてくれます。 ・電化製品(カメラ、パソコン、プリンター、スキャナー、電動工具など) ・おもちゃ類(ゲーム機、おもちゃ、フィギュアなど) ・車用品(カーナビ、スピーカーなど) ・楽器 ・スポーツ用品 スキー、スノボ、ゴルフクラブなど) ・金券類(切手、印紙、有価証券など) ・その他(チケット、ゴルフ会員権、電話加入権など) 質入れすると当然のことながら借り入れ額に対する金利を質屋に支払うことになります。 利率はその質屋によって違ってくるため一概には言えませんが、とても低金利で良心的な場所もありますし、上限ギリギリの高金利で融資している場合もあります。 利用する場合はその質屋の条件をしっかりと確認しておくようにしましょう。 <一般的な質入れの条件> 上限金利 月利9%、年利109. 5% 支払期限 質入れしてから3カ月以内(3か月後に利息だけ支払うことが出来れば、期限延長可能) もし期日までにお金を用意出来なくても、質物として預けたものが戻ってこないだけなので、取り立てなどが来る心配もありません。 また、最初から返済するお金を用意できないと分かっている場合は、先に買い取ってもらうこともできます。 質入れするよりも買取価格の方が高値になるため、お得ですね。 他から借りることが出来ず、アルバイト等をすることもできない場合は質屋に頼ってみるといいでしょう。 (有担保型)定期預金担保貸付 定期預金を持っていて、総合口座通帳で管理している場合は、その定期預金を担保に即日融資してもらう方法(定期預金担保貸付)があります。 もちろん無職でも専業主婦でも問題なく利用できますし、借りようと思ったその日にATMまで行くことができれば、その場でお金を引き出すことが出来ます。 借り入れ条件は銀行によって違ってきますが、一般的な条件は以下のようになっています。 <定期預金担保貸付制度の一般的な条件> 限度額 定期預金残高の80%~90%程度(上限は200万円~300万円) 金利 定期預金の金利+0. 25%~0. 5%(+0. 5%としている銀行が多いです) 借り入れ方法 総合口座通帳の普通預金口座から限度額の範囲内で必要額を出金。 (普通預金口座の残高はマイナスで表示されます) 返済方法 普通預金口座へ、マイナスを解消するように入金。 残高が0円以上になると返済完了。 返済期限 定期預金の満期日 もし、総合口座通帳ではなく、証書や定期預金専用の通帳などで定期預金を管理している場合は、総合口座に切り替えたり、窓口で貸付制度の手続きをすることで定期預金担保貸付を利用できる場合があります。 (有担保型)生命保険の契約者貸付制度 解約返戻金のある生命保険に加入している場合、解約返戻金の一部を融資してもらうという方法(生命保険の契約者貸付制度)もあります。 この方法であれば、のちに自分が受け取るお金(解約返戻金)を少し借りるだけなので、無職でも専業主婦でも利用可能です。 ただし、融資は可能でも、即日融資は不可となります。 この方法は手続きに時間がかかってしまうため、早くても3日、時間がかかる場合は2~3週間程度かかってしまうこともあるのです。 時間に余裕がある場合は検討してみるといいでしょう。 一般的な生命保険の契約者貸付制度の条件は以下のようになっています。 ただし、高金利時代の保険商品の場合は貸付利率も上がってしまうため、自分の加入している保険の利率をしっかり確認してから利用するようにしましょう。 また、利息は複利になっているため、少額の借り入れでも期間が延びると支払うべき利息がどんどん増加してしまいます。 返済計画をしっかり立て、なるべく短期間で利用することが大切ですね。 また、返済が難しいという場合は、解約し、解約返戻金を受け取ってしまうという方法もあります。 解約すると、借り入れではなくなるため、返済の義務もなくなりますし、返せるだろうかと言う不安も不要ですね。 ただし、保険は加入する時期や年齢、健康状態によって保険料も違ってくるため、一旦解約し後からまた加入すればいいと思っても、以前と同じ条件で加入できるとは限らないのです。 また、解約したからと言って即日で解約返戻金を受け取れるわけではありません。 手続きに数日かかってしまうため、返戻金が振り込まれるまで1週間程度かかってしまうでしょう。 これらのことも踏まえたうえで、解約するか貸付制度を利用するか考えましょう。 <まとめ> 無職や専業主婦の場合、本人に安定した収入がないため、お金を借りる方法が限られてきてしまいますね。 さらに即日融資となると、無担保では難しくなってきます。 しかし、正社員ではなくてもアルバイトやパートになると、銀行カードローンも消費者金融のキャッシングも利用可能になりますし、即日融資の方法も増えてきます。 例えお給料が少額でも、毎月安定した継続的な収入があるということがわかれば融資してくれることも多いため、可能であればアルバイトやパート等の仕事をしてみることをお勧めします。

次の