室蘭事故。 室蘭市の事故物件の症状と対策とは?しっかりと霊視や除霊をしてくれるお勧め霊能者をご紹介!

室蘭|室蘭の弁護士検索・法律相談

室蘭事故

北海道の踏切事故 奇妙な事故 北海道の踏切事故 2003. 15 冬の北海道、とある踏み切りで女の子が電車にはねられた。 女の子の体は電車との衝突の衝撃で、上半身と下半身が両断されてしまった。 救急隊員が現場に駆けつけたとき、あまりの凄惨な光景に女の子はすでに絶命していると思ったほどの大事故だった。 ところが、上半身だけになった女の子は、すでに虫の息であったのだが、かろうじて「助けて」と救急隊員に伝えた。 しかし、もう助かる見込みはないと判断した救急隊員は、女の子の体に遺体用の青いビニールシートをかぶせた。 厳寒の冬の北海道での出来事だったために、傷口が瞬間冷凍し、出血がほとんどなかったためにこのようなことがおきたのだ。 それにしても、凄惨な事故です。 同時にかなり奇妙な事故の話です。 私は冬でも滅多に雪の降らない地方でぬくぬくと育った人間なので、冬の北海道の寒さがどれほどのものなのかは皆目見当もつきません。 学生時代は雪の多い金沢で暮らしていましたが、金沢も雪が多いだけで極端に寒いという事はありません。 始めてこの話を聞いた時には「まさか」という疑念が浮かぶのと同時に、「でも、あるいは」という思いもありました。 北海道の人がこの話を聞くとどのように思うのかは非常に興味があるところです。 「何を馬鹿な」と一笑に付されるのでしょうか。 どうもこの話は、本物の北海道の寒さを知らない人間の方が好んでする話なのかもしれません。 今回は、冬の北海道とは縁遠いところで暮らしている私が、この話についてあれこれと考えたことを書きたいと思います。 この事故が発生した土地は時に、札幌であるとか具体的な指定が付くことがあります。 この事故の話が童謡「サッちゃん」の4番にまつわる噂と結びついたメールがありましたが、そこでは室蘭の事故ということになっていました。 そもそも北海道と十把一絡げにしても、その土地土地で寒さの度合いにはだいぶ開きがあるでしょう。 これは公式記録ですが、非公式の記録では幌内町の-41. いずれにしても北海道の記録ですが、札幌や室蘭ではそこまで冷え込むことはないそうです。 また、事故の相手が除雪車となっているパターンもあります。 その場合は、衝突の衝撃ではなく、ガリガリと雪をかくエッジ部分(?)に巻き込まれて、胴体切断されることになっています。 それにしても私は本物の除雪車を言うものを見たことがありません。 金沢での除雪は主に、道路に設置された装置からちょろちょろと噴出す水で雪を溶かす融雪方式です。 除雪車がいないわけではないですが、夜の間に仕事をして日中は融雪装置で雪を溶かしていました。 この装置は、北海道や長野など、本当に気温の低いところで同じことをしようとしても、単なる製氷機になるようです。 話が横道にそれましたが、本当のところ除雪車の形状がよくわかっていないので、何か見当違いなことを書いているかもしれませんがご了承ください。 そういえば、北海道の寒さゆえに起きた悲劇について、こんな話もあります。 北海道の冬のある日の出来事。 一人の男の子が、学校へ登校する時に普段は必ずしている耳あてを忘れてしまった。 途中であまりに耳が冷たかったせいでそのことに気がついたのだが、引き換えしてそれを取ってくる時間はなかった。 仕方なく我慢して学校へと急いでいると、そのうちに耳の冷たさが気にならなくなった。 やがて、男の子は学校に着いた。 そして、何かの拍子に頭をたたかれたのだが、その時、男の子の耳は、ぽとりと床に落ちてしまった。 彼の耳はあまりの寒さに凍りついてしまっていて、ちょっとした衝撃で割れ落ちてしまったのだ。 凍傷の挙句、指先などの末端部分が壊死を起こし、腐って落ちるという話はよく聞きますが、壊死を待たずに完全に凍りつき、砕けてしまうとは・・・・・・。 真っ赤なバラを液体窒素に浸し、手で握り締めて粉々に砕くような話です。 北海道の知人などによれば、鼻毛が凍りついて鼻腔の粘膜に張り付くことは結構あるらしいですが、それとは訳が違いそうです。 冬の北海道はそれほどに寒いのでしょうか。 北海道よりもさらに寒いであろう極地方に暮らしている人は、外出した時などには決してため息をつかないのだそうです。 なぜかといえば、ため息をつくためには自然と深呼吸をすることになりますが、極度に冷えた外気を一気に、しかも大量に吸い込むと、肺が凍傷を起こして死んでしまうからだとか。 これらの話が本当のことか話半分かは分かりませんが、何しろ極地方は想像を絶する世界のようです。 このような世界の出来事を推し量る時に、普段自分が住んでいる世界の常識が何ほどの役に立つのか、という部分は確かにあります。 北海道の極寒話ももしかしたら同じ発想で生まれたのかもしれませんが、いくらなんでもこんなことが現実に起こりうる環境に、札幌ほどの大都市が成立するとは思えません。 もしかしたらこれらの話は、北海道の人が冗談半分で言っていた話を、本州以南の人が真に受けてしまって広まった話なのかもしれません。 眼などは一瞬で凍り付いてしまい、さぞ悲惨なことになるでしょう。 悲惨といえば、これほど悲惨な事故にあった女の子に、この事故の後さらに厳しい展開が待ち受けているパターンもあります。 このコラムの冒頭で紹介した話では女の子は救急隊員に助けを求めていますが、この別バージョンではその少し前、女のこの体が真っ二つにされた事故直後から、俄かには信じ難い展開を見せます。 女の子を轢いてしまった列車の運転士は慌てて電車を駆け降りた。 運転士の目は、女の子の体が真っ二つにされるさまをとらえていた。 とても生きているとは思えなかったが、それでも放っておくことはできなかった。 しかし、電車を降りたとき、運転士は女の子の姿を見失ってしまっていた。 その瞬間。 上半身だけになった女の子が両手を使い、ものすごいスピードで運転士の方に駆け寄ってきた。 運転士は恐怖に駆られて逃げ出そうとしたが、女の子は運転士の背中に飛びつきこう言った。 「私の足がないの。 私の足はどこへ行ったの? 」 運転士はそのまま気を失った。 そして次に目覚めた時、その運転士は恐怖のあまり発狂してしまっていた。 女の子の下半身は、その後も見つかっていない。 もはや完全に化け物扱いといっても過言ではありません。 事故直後も生きていられたのは、寒さで出血が押さえられたからということで説明できたとしても、上半身だけで運転士(話によっては車掌)を追い掛け回すというのは異常としか言いようがありません。 ただ単に事故にあって上半身と下半身がばらばらになり、その後もしばらく生き長らえていたというだけなら悲惨で奇妙な事故の話 で済んだのかもしれませんが、このモチーフがあまりに特異だったために、この話は別個に存在していたほかの話との同化が進んでいったようです。 一応説明しておくと、テケテケとは学校の怪談を始めとする怪談型の都市伝説に登場する怪異です。 上半身だけの幽霊(?)である彼らは、手を使って異常な速度で走り、時に人を追い掛け回したりします。 なぜ追い掛け回すかについてですが、無くした下半身を獲物から奪い取るためという説明がつくことがあります。 そもそもなぜ上半身だけの姿なのかといえば、事故で下半身を失って死んだ人の幽霊だから、とされることもあります。 このテケテケの起源は、そのまま北海道の踏切事故のモチーフにあてはまります。 なお、テケテケそのものは上半身だけの姿をした幽霊ですので、たとえ列車事故の話であっても、それがテケテケ誕生のきっかけであるという文脈で語られる場合には、事故後に行方がわからなくなってしまうのは上半身とされるのが普通です。 上の話では化け物じみた動きはするものの、女の子自身も一応人として(? )自分の足を捜しているので、見つからないのは下半身ということになっています。 敢えて女の子のその後については触れませんでしたが、彼女がそのままテケテケとなる話でなければ、運転士の背中に張り付いたまま絶命しているパターンが多そうです。 運転士も一緒に死んでいる話もあります。 単行本では3巻に収録されたエピソードです。 " Kashima Reiko "さんなのでしょうか。 このあたりはさすがにプロの作家が作り出した創作作品と言えます。 おそらく、この事故の話それ自体に強い力があり、霊云々を別にしても非常にインパクトを持った話であるため、このようなことが起きたのでしょう。 今回の話の冒頭の方でも少し触れたように、踏切事故+カシマレイコ+サッちゃんの話がメールになったものもありますが、その話はいずれまた。 いくつかの都市伝説が、それぞれのもつモチーフを他の話と融通し合う例はまま見受けられますが、その中でもこの踏切事故の話のように、原形をほとんど残したまま他の話の一部として取り込まれる例は珍しいものでしょう。 このようにして他の話に取り込まれ、細々とであっても命脈を保ち続けられるような良くできた話こそが、時を経て復活する息の長い都市伝説となっていくのかも知れません。

次の

室蘭市の事故物件の症状と対策とは?しっかりと霊視や除霊をしてくれるお勧め霊能者をご紹介!

室蘭事故

2016年1月19日の北海道は、爆弾低気圧による暴風雪や大雪、強風による高波などで大変な状況になりましたね。 私も昨晩から何度も雪かきをしていたのですが、朝になったら何十センチメートルも雪が積もっていてガックリきました。 しかも函館は中途半端に気温が高かったので、雪が重くて足腰への負担が凄かったです。 比較的降雪量が少なかった函館市ですらこれほどなのですから、記録的な降雪量となっている道北や道東方面では大変なことになっているはずです。 そして雪以外にも 強風や高波による被害も多く出ています。 そんな状況下で 取材をしていた「室蘭民報社」の新聞記者が、倒壊したブロック塀に巻き込まれて大怪我をしたというニュースが話題になっています。 一体どういう状況だったのでしょうか? 目次• 事故の詳細 今回被害にあってしまった新聞記者はまだ25歳の男性だそうです。 彼は1月19日昼ごろに、 高波の影響で倒壊した建物について取材をしていたところ、民家のブロック塀が新たに高波で倒壊してきたため、その下敷きになってしまったとのこと。 この新聞記者はどうにか自分で瓦礫から這い出たところを、近所の人が読んだ救急車で病院に搬送されました。 しかし 腰の骨が折れていたとのことなので、リハビリも大変でしょうし回復には数ヶ月くらいがかかりそうですね。 ただ、ブロック塀の下敷きになったわけですから、頭部を怪我しなかったのが不幸中の幸いだったと思います。 事故現場はどこ? 問題の事故現場は、 登別市鷲別町6丁目にある海沿いに住宅が立ち並んでいる地域です。 地図を見れば本当に海の直ぐ側であることがわかります。 ストリートビューで確認すると、家もまばらで海が近くて怖いですね。 この地域であれば、たしかに高波で住宅が倒壊するのもわかります。 東日本大震災があってから津波が怖くて海沿いの家には住みたくないと思ってきましたが、爆弾低気圧による高波でもこんなことがあるんですね。 やっぱり沿岸部は怖いなと思いました。 「室蘭民報」はどういう新聞? ちなみに、記者が所属している 室蘭民報社は、名前の通り北海道室蘭市に本社がある地方紙であり、朝刊の発行数は6万3千部ほどです。 主に胆振地方と日高地方に関するニュースを扱っているので、胆振地方にある室蘭市や登別市ではかなりメジャーな新聞のようです。 なんと両市内では 北海道新聞を上回る購読者を確保しているとのこと。 管理人が住んでいる函館市には「函館新聞」という地方紙がありますけど、北海道新聞よりもはるかにマイナーなんですよね。 それと比較すると、室蘭と登別でいかに室蘭民報が親しまれているのかがわかります。 おそらく 全国紙ではできないくらい丹念に、地元のニュースを取材している新聞なのだと思います。 しかし今回の事故は、 その取材姿勢が悪い方に働いてしまったのでしょうね。 安全対策に問題が? 爆弾低気圧による被害状況は日本中が関心を寄せている情報ですから、それを取材するために室蘭民報社の新聞記者がいち早く現場に駆けつけたのは理解できます。 しかし当時も低気圧の影響や高波が収まっていたわけではありませんでした。 事故当時は 波浪警報と強風雪崩注意報が出ていたのです。 いくらその日の夕刊に情報を載せたかったのだとしても、現場が危険であることは明らかであり、新聞社としてはしっかりと安全確保をしなければならなかったと思います。 今回の事故は明らかに防げたケースであり、新聞社側が管理責任を問われてもおかしくない気がしますね。 そもそも今回のような気象警報が発令されたときのニュースを見ると毎回思うのですが、災害の状況が収まる前にマスコミが直接取材に行く必要はまったくないと思います。 テレビなんかだと「風が強いです!」とか「家が崩れています!」みたいな感想をいうだけの映像のために、記者の生命を危険にさらしてますからね。 視聴者はそんな映像なんて求めてないですよ。 マスコミはもっと人命を優先して安全対策措置を講じて欲しいものです。

次の

「金が欲しくて」長靴などの備品33足リサイクルショップへ売却…社員が発見 北海道・室蘭市

室蘭事故

この記事にはやの一覧が含まれていますが、 による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。 適切な位置に脚注を追加して、記事のにご協力ください。 ( 2019年11月) 室蘭本線列車衝突事故 発生日 (昭和22年) 発生時刻 17時43分ころ 国 場所 室蘭本線・長万部起点13. 810km付近、第二静狩隧道内 座標 : 路線 運行者 鉄道総局 事故種類 原因 指示伝達錯誤・出発信号機の確認不足による冒進 統計 列車数 2 旅客列車1・貨物列車1 死者 4人 負傷者 60人 その他の損害 馬(積荷)5頭斃死 室蘭本線列車衝突事故(むろらんほんせんれっしゃしょうとつじこ)とは、(22年)に鉄道総局(国有鉄道)で発生したである。 事故概要 [ ] 1947年(昭和22年)3月31日17時43分ごろ、国有鉄道室蘭本線 - 間で下り旅客225列車(235号機・7両編成)と上り臨時貨物5388列車(47号機・46両編成)が、両停車場の中間付近で正面衝突したもの。 衝突寸前に両列車ともに互いを認め非常制動措置を取ったが及ばなかった。 旅客列車は機関車が脱線大破、客車2両目は同1両目に3分の2ほど食い込み共に大破。 貨物列車は機関車が脱線大破、貨車1両目(石炭積)は機関車の炭水車の下に食い込み、同2両目(馬積)は同3両目(石炭積)と機関車の炭水車に乗り上り、いずれも大破した。 これにより乗客4名が死亡、ほか乗客乗員計60名が重軽傷を負った。 小幌信号場の特殊事情 [ ] 室蘭本線静狩駅-小幌間はに面した急峻な崖沿いをいくつものトンネルを穿って建設され、また小幌信号場は同区間のわずかな平地と空間を利用して建設された、いわゆる「煙管型信号場 」である。 下り列車は礼文華山(れぶんげさん)隧道入口手前で停車するが、上り列車は駅本屋から幌内隧道(延長318メートル)を抜けた先の美利加浜(ぴりかはま)隧道との間の20メートルほどの隙間に機関車の頭を出して停車する。 この関係での授受が困難であり、静狩駅-小幌信号場-間には信号場開設当初よりが採用された。 信号場全体としては長万部方から美利加浜隧道、幌内隧道、礼文華山隧道の3つの隧道に跨っている。 また空間の関係から上り線には美利加浜隧道内にが設置されたが、下り線には礼文華山隧道内にが設置された。 しかし貨物列車は機関車が不調を起こし、定刻より約7分半遅れで小幌信号場に臨時停車した。 この際、機関車は正規の停止位置(幌内隧道を出た先・出発信号機直前)ではなく、幌内隧道内に50メートルほど入った所で停車した。 小幌信号場が事情を聞きに機関車の元へ赴き、転轍手も何か指示があるものと付近に待機していた。 この際に機関士と助役が「 修理に時間がかかるようなら旅客列車を先に通す」と話していたものを、転轍手が「旅客列車を先に通す」という自分への指示と誤認した。 転轍手は直ちに本屋に戻り、待機していた信号掛に対し「旅客列車を先に通す」旨を伝えた。 信号掛はこれを助役の指示と思いこみ、静狩駅と連絡を取って貨物列車の閉塞を取り消し、旅客列車を先に通す手配を始めた。 ただし助役は転轍手に対してそのような指示を出したつもりはなく、またそのような手続きが取られていることも関知していなかった。 貨物列車機関車の不調はまもなく回復したため、小幌信号場を定刻より約10分遅れで発車した。 この際、信号場助役・機関士ともに(機関車の前頭から約290メートル先にある)出発信号機が「進行」であったことを確認しているが、発車後まもなく機関車の煤煙などのため信号機を認識することができなくなった。 そして機関士は出発信号機を通過する時点でその表示を再確認することなく、そのまま進行した。 このことから違和感を抱いた信号掛は、助役が本屋に戻って来た際に上り貨物列車がどうなったか尋ね、貨物列車が出発していったことを知った。 直ちに閉塞装置を操作して旅客列車の閉塞許可を取り消し、下り旅客列車を発車させないよう静狩駅に連絡を取った。 同刻、静狩駅では当駅で行き違い予定の上り貨物列車が遅れているとの知らせを受け、定刻より約1分遅れで下り旅客列車を発車させた。 旅客列車の機関士は出発信号機を通過するまで、同信号機が「進行」であったことを確認している。 また、駅長と助役が旅客列車の出発を見送っており、列車が出発信号機の位置を通過中にその表示が「停止」に変わったことに気付いた が、車掌が列車から顔を出していなかった こともあり、及ばないと思い停止手配を取ることはなかった。 追って静狩駅では小幌信号場から「下り旅客列車を発車させないように」との連絡を受けたが、既に旅客列車は発車した後であった。 また当時はなどの設備もなかったため両停車場とも打つ手はなかった。 以上の経緯により、双方の列車は両停車場の中間付近で正面衝突することとなった。 事故後の対応 [ ] 小幌信号場において閉塞装置と転轍機を連動させ、転轍機が所定の方向に開通していなければ閉塞を行うことができないよう設備の改造が行われた。 しかし同種の取り組みは小幌信号場における特殊な事例とされ、広まることはなかった。 また、小幌信号場助役・同信号掛・同転轍手、貨物列車機関士、静狩駅長・同助役、旅客列車車掌は文書による厳重注意を受けた。 参考文献 [ ]• 運輸省札幌鉄道局『運轉事故通報』 第479号、1947年。 橋本悅太郎「小幌信號場の電氣信號保安設備に就て」『信號保安』 第4巻第5号、社団法人 信號保安協會、1949年。 日本国有鉄道北海道総局『北海道鉄道百年史・中巻』 鉄道弘済会北海道支部、1980年、390頁。 脚注 [ ]• 停車時に蒸気機関車の頭だけがトンネルの外に出て煙を吐く様から、このように呼ばれる。 この時点で貨物列車は発車していたが、出発信号機の手前であったと推測されている。 しかし前述の通り機関車から出発信号機を視認することができない状態であった。 また当時、などは配備されていなかった。 これによって静狩駅側では下り列車の出発信号に「進行」を表示できるようになる。 の関係で、貨物列車に対する出発信号を「停止」に変更してから、この操作を行うまで最低でも60秒の時間を要している。 この時点で貨物列車は転轍機付近を走行中であり、がかかっていたものとされる。 小幌信号場側で旅客列車に対する閉塞許可を取り消したため。 本来であれば列車が本線に出た後に「停止」に変わる構造であった。 このとき車掌は出発監視を中止して車内検札を始めていた。 少なくとも本件においては、閉塞を行う前に転轍機が所定の方向に開通していたならば最悪でも上り貨物列車が美利加浜隧道内のに突入するだけで済んだであろうという事故分析からこのようになった。 関連項目 [ ]• - 伝達不行届・信号冒進によって発生した同種の列車衝突事故。 (信号冒進)• (鎖錠装置).

次の