ジェレミー ボガ。 static.datasciencetoolkit.org • トピック

セリエAで頭角現す23歳のドリブルモンスター 成功数がリーグでダントツだ

ジェレミー ボガ

サッカーの魅力と言えば、やはりゴールだろう。 だが、ゴールに至るまでの過程にも見る者を魅了するプレイはたくさんある。 ボールを奪うタックル、味方につなげる絶妙なパス、そのボールを死守するためのポストプレイ……。 そして、ドリブルもその代表例の一つと言えるだろう。 このプレイを得意とする選手は鮮やかなテクニックや爆発的なスピードで相手を置き去りにし、いつの時代も多くの観衆を沸かせている。 しかし、欧州5大リーグのうち、セリエAで世界トップレベルのドリブラーと言えばどれほどの選手がいるだろうか。 かつて欧州屈指のドリブル職人として称賛を浴びたユヴェントスのFWクリスティアーノ・ロナウドは、近年プレイスタイルの変化とともにドリブルを仕掛ける回数が減少している。 代表的な選手としては、同じユヴェントスのFWパウロ・ディバラぐらいのものだろうか。 近年の同リーグにおいて、ドリブルで相手を次々と翻弄するような選手は少なくなってしまったという印象は否めない。 それはサッスオーロに所属するFWジェレミー・ボガだ。 下部組織時代から所属したチェルシーでこそ芽が出なかったボガだが、2018年夏にセリエA初上陸を果たすと今季ついに才能が開花。 ここまでリーグ戦22試合で7ゴール4アシストを記録し、サッスオーロ攻撃陣の中心を担う存在となっている。 データサイト『WhoScored』によると、今季ボガが記録しているドリブル成功数はなんと97回。 これは2位につけるフィオレンティーナMFガエターノ・カストロヴィッリ(65回)に30回以上の差をつけ、現時点でセリエAにおけるダントツの数値だ。 5大リーグにその範囲を広げてみても、その順位はリオネル・メッシに次ぐ4位と高水準をキープしている。 あまり話題に上る機会が多くないボガだが、そのドリブル技術は欧州屈指のものを持っていると言っていいか。 「ドリブラーと言えばボガ」。 プロビンチャで暴れる23歳の若きドリブルモンスターが、そんな評価を受ける日もそう遠くはないかもしれない。 ユヴェントスを止めるのはどこなのか。 いま、再びイタリアが面白い!! 外部サイト.

次の

ドリブラーの鬼門セリエAで大暴れ。メッシ以上の突破数、ボガの異才。

ジェレミー ボガ

バルセロナはサッスオーロに所属するコートジボワール代表FWジェレミー・ボガの獲得を検討しているという。 21日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。 バルセロナは今夏、前線の強化を計画しているとのこと。 セリエAで目立った活躍を見せるボガは獲得候補の一人であり、動向に注目していると同紙は報じている。 ボガはマルセイユ出身の23歳。 2018年にチェルシーの下部組織からサッスオーロへ加入。 今シーズンは公式戦25試合に出場し8得点4アシストを記録。 一躍セリエAで注目を集める存在となった。 バルセロナからの興味が伝えられる一方、古巣であるチェルシーは1200万ユーロ(約14億円)で買い戻しを行使する権利を有しているとのこと。 チェルシーはブラジル代表FWウィリアンに退団の噂が報じられており、後釜としてボガの買い戻しを行使する可能性があると同紙は伝えている。

次の

イブラはシーズン終了のおそれ。ラングニックは家探し。ミランは補強に動く

ジェレミー ボガ

バルセロナはサッスオーロに所属するコートジボワール代表FWジェレミー・ボガの獲得を検討しているという。 21日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。 バルセロナは今夏、前線の強化を計画しているとのこと。 セリエAで目立った活躍を見せるボガは獲得候補の一人であり、動向に注目していると同紙は報じている。 ボガはマルセイユ出身の23歳。 2018年にチェルシーの下部組織からサッスオーロへ加入。 今シーズンは公式戦25試合に出場し8得点4アシストを記録。 一躍セリエAで注目を集める存在となった。 バルセロナからの興味が伝えられる一方、古巣であるチェルシーは1200万ユーロ(約14億円)で買い戻しを行使する権利を有しているとのこと。 チェルシーはブラジル代表FWウィリアンに退団の噂が報じられており、後釜としてボガの買い戻しを行使する可能性があると同紙は伝えている。

次の