ジャスティン ビーバー 元 カノ。 ジャスティン・ビーバー「僕は黒人文化に影響され、恩恵を受けている」

ジャスティン・ビーバー、薬物依存を語る「始めたのは13歳のとき」

ジャスティン ビーバー 元 カノ

ジャスティン・ビーバーと復縁し、連日一緒にいる姿を撮影されているセレーナ・ゴメス。 その元恋人だったザ・ウィークエンドも、やはり前に交際していたベラ・ハディッドと復縁したようだと英紙ミラーが伝えている。 ザ・ウィークエンドは、11月14日の深夜、ニューヨークにあるベラのマンションから出て来る姿をパパラッチされており、複数の関係者が2人はまた会うようになっているとE!ニュースに証言しているという。 「彼とベラは公に交際しているわけではありませんが、彼がセレーナと別れてからまた連絡を取り合っています。 彼のほうからベラに、また会って一緒に過ごしたいかと尋ねたようです。 ベラはもう一度彼に会って、そこから関係がどう進むか試してみようと決めたようです。 たとえ恋人同士に戻れなくとも、友人関係になれるのではないかと思って」と関係者は話したと英紙ミラーが伝えている。 ベラは、ザ・ウィークエンドが自分の友人であるセレーナと付き合い始めたとき、セレーナのインスタグラムからフォローを外したことで話題になった。 「彼はベラにまだ愛していると伝えました。 彼らの繋がりはいつも本物でした。 彼は、過去に自分がベラを傷つけたことについても詫びたようです」と関係者は明かしている。

次の

ジャスティン・ビーバー「僕は黒人文化に影響され、恩恵を受けている」

ジャスティン ビーバー 元 カノ

きっかけは、つい先日ダニエルと名乗る女性がツイッターに投稿した、今から約6年前の2014年3月9日に米テキサス州オースティンにあるフォー・シーズンズ・ホテルで、ジャスティンから性的虐待を受けたことを告発する内容のツイート。 そこには、ジャスティンから性行為を強要され、同意なしに肉体関係を結んだことなど、被害にあった当時の状況が事細かに記されていた。 それを受けて、今度はキャディ(Kadi)と名乗る別の女性が、今から約5年前の2015年の5月4日の夜にニューヨーク市内にあるホテルの一室で、ジャスティンから性行為を強要されたことを明かし、証拠としてジャスティンのボディガードを長年務めるマイキー・アラナとのメールのやりとりや、ジャスティンと撮影した写真をツイッターに投稿。 事実であれば、ジャスティンのシンガーとしての地位はおろか、キャリアが終わる可能性もある大スキャンダルに世間は騒然となった。 その後、自身のツイッターでコメントを発表したジャスティンは、1人目の告発者であるダニエルの話にあったように、2014年3月9日から10日にかけてオースティンにいたことや、当時、オースティンで開催されていた音楽フェスや映画祭を組み合わせた大規模複合イベント「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」にサプライズで出演したことは事実だが、被害者の女性がジャスティンから性的虐待を受けたとされる夜にフォー・シーズンズ・ホテルには「行っていない」と主張。 さらに、その夜は当時交際していたシンガーのや友人たちと別の場所にいたとして、自身にかけられた疑惑を全否定した。 Every claim of sexual abuse should be taken very seriously and this is why my response was needed. However this story is factually impossible and that is why I will be working with twitter and authorities to take legal action. — Justin Bieber justinbieber 米TMZによると、ジャスティン側はダニエルとキャディにそれぞれ約11億円の賠償金を求めており、ダニエルに対しては自身のツイッターにも投稿していたが、彼女の主張が虚偽であることを証明するにたる「疑う余地のない証拠書類」があるという。 同様にキャディの主張についても、彼女が被害にあったとされる2015年5月4日にジャスティンはニューヨークで開催されたメットガラに出席しており、その日の夜から5月5日の早朝までアフターパーティに参加していたことを証明する写真や関係者の証言があるとしている。 (フロントロウ編集部).

次の

セレーナの元恋人ザ・ウィークエンドも元カノのB・ハディッドと復縁?

ジャスティン ビーバー 元 カノ

ジャスティン・ビーバーが、自身の性的暴行疑惑は「事実上不可能」だとしている。 ヘイリー・ビーバーを妻に持つジャスティンは20日、2014年と2015年に自身から性的暴行を受けたという投稿がツイッターに現れたことに対し、暴行を行ったとされる日に自らが別の場所にいた証拠と共に連投でそれを否定した。 ジャスティンは、性的虐待被害者への敬意を示すため、時間を取ってその投稿に返答したと説明し、こう綴っている。 「僕はキャリアを通して頻繁に出てくるこうしたランダムな疑惑に対して普段反応することはい。 しかし、僕の妻やチームと話をした結果、今夜ある問題について発言することを決心した。 噂は噂だ。 しかし、性的虐待に関しては軽く流すわけにはいかない。 すぐに発言したかったが、日々この問題に立ち向かっている多くの被害者の方々への敬意を示し、何か言う前に事実を集めたかった」 さらにジャスティンは続ける。 「ここ24時間の間に、2014年3月9日テキサス州オースティンにあるフォーシーズンズ・ホテルで、僕が性的虐待に関わったという話がツイッターに現れた。 はっきりさせておきたいのは、この話は真実ではないということだ。 僕があの場所にいなかった証拠を見せるよ。 彼女が言っている通り、僕はオースティンで開催されたイベントSxswのステージに上がり、当時のアシスタントがステージ脇にいる中、数曲を歌って来場客を驚かせた。 でもこの人が知らなかったのは、僕があのショーに当時のガールフレンド、セレーナ・ゴメスと一緒に出席していたことだ」 そしてジャスティンは、暴行があったとされる夜にセレーナといたことを裏付けする幾つかの記事のリンクをシェアし、「これらの写真は、2014年3月9日に僕がステージにいる姿と、その脇にいるアシスタント、そしてもう1つの写真には(セレーナと)2人でオースティンの町を歩いているところがはっきり写っている」と続けた。 ジャスティンはまた、その夜セレーナが同州ヒューストンでコンサートがあったため、夜遅くまでオースティンには到着しなかったことを証明する地元メディアの記事のリンクも掲載。 9日はフォーシーズンズではなくラキンタに宿泊予定だったものの、予約の点で問題があったことから代わりにAirbnbのアパートメントに宿泊し、10日はウェスティンに宿泊したとして、その時のホテルの領収書の写真も投稿。 「またフォーシーズンの地域マネージャーからは、僕が2014年3月9日にその建物に足を踏み入れなかったこと、また9日と10日の宿泊客でもなかったことの確認がとれている。 必要であれば、メディアからホテルへの問い合わせも歓迎だ」と続けている。 またジャスティンは、この人物を訴えるつもりだとして「全ての性的暴行の訴えは、とても深刻に捉えられるべきであり、だから僕の返答が必要だった。 しかし、この話は事実を踏まえると不可能であり、ツイッターと関係当局を交えて、法的に訴えるつもりだ」とも綴っている。 一方でジャスティンは2015年の件に関しては未だコメントを発表していないものの、ある関係者は「エンターテイメント・トゥナイト」に、ジャスティンはニューヨークで開催されたメットガラに出席したものの、その後直ちにヘイリーと共にロサンゼルスへ戻る飛行機に搭乗したため、その事件があったとされる夜は同市に滞在していなかったとして、それを否定している。 (BANG Media International/デイリースポーツ).

次の