レクサスrc マイナーチェンジ。 LEXUS ‐ RC

LEXUS ‐ RC

レクサスrc マイナーチェンジ

【最新情報】レクサスRC Fがマイナーチェンジ 【2019年1月】デトロイトモーターショーにて世界初公開 レクサス 新型 RC F レクサスは、この春マイナーチェンジを実施予定の「新型RC F」を「デトロイトモーターショー2019」にて世界に向け初披露しました。 レクサスレーシングの系譜を受け継ぐ「F」をモデル名に冠した新型RC F。 今回初公開となった新型RC Fは車両重量の軽量化を始めとし、・・タイヤといったあらゆる点に改良を加え、持ち味である優れたパフォーマンスがさらに進化しています。 レクサスがレースで培った技術を惜しげもなくつぎ込んだ「RC F Performance Package(パフォーマンス パッケージ)」も新たに設定されました。 【2018年10月】ベースモデルの「RC」がマイナーチェンジ レクサス RC 2018年モデル 2018年10月、一足先に「レクサス RC」がモデルチェンジを実施し、新型へと変貌を遂げています。 RCは「RC F」のベースモデルで、2014年にデビュー。 2010年にSCが販売終了になってから4年あまり、空白だったレクサスのあらたな2ドアモデルとして誕生しました。 高級にふさわしい流麗なスタイルは「RC」「RC F」とも同等ですが、両車の一番の違いとなるのはレクサス RC Fが「サーキット走行」も可能なモデルであるということでしょう。 RC Fには、RCには無い空力パーツといった専用装備や、エンジン・を始めとしたクオリティの高いセッティングが施されているのです。 「レース育ちのスタイリング」をコンセプトにアップグレード レクサス 新型 RC F フロントサイド レクサス 新型 RC F リアサイド レクサス 新型 RC F フロントグリル レクサス 新型 RC Fの外装は「レース育ちのスタイリング」をコンセプトとし、レクサスレーシングで培った「モータースポーツのノウハウ」を最大限に生かしたデザインとしました。 フロントバンパーでは、コーナーにカナード形状を採用。 この形状はレースカーでのフロント部に装着する空力パーツといった意味合いがあり、を高めます。 サイドでは、ロッカーモール後部にアンダーカット形状を採用。 この形状によってリアタイヤ付近で発生する気流の乱れを抑え、さらにホイールハウスにはダクトを設け、ハウス内に溜まった空圧を軽減しました。 一方、新型RC Fの内装についてはまだ公表されていませんが、ハイパフォーマンスにふさわしいリファインとなることは間違いないようです。 サーキットユースを想定した「RC Fパフォーマンスパッケージ」 レクサス 新型 RC F 「Performance Package」 レクサス 新型 RC F 「Performance Package」インパネ レクサス 新型 RC F 「Performance Package」内装 「レクサス 新型 RC F」に今回あらたに設定された「Performance Package(パフォーマンス パッケージ)」。 パフォーマンス パッケージは、通常グレードよりも高い走行性能をもつ特別なモデルで、レクサスが日本のスーパーGTや米国のデイトナ24時間レースといったモータースポーツで培ったノウハウが盛り込まれています。 外装ではルーフ・エンジンフード・フロントスポイラーを始めとした部分やブレース(補強材)に「CFRP(炭素繊維強化プラスチック)」を採用。 さらにチタンマフラー・カーボンセラミックブレーキ・軽量アルミホイールを使用することで、従来のRC Fより約70kg軽量化し、運動性能が向上しています。 内装もパフォーマンス パッケージ専用のカラーを設定。 専用オーナメントパネル・ホールド性の高いシートとともに、極上の走りが味わえる仕様としています。 新型RC Fのパワートレインスペック 新型RC F 現行型RC350 Fスポーツ エンジン型式 2UR-GSE 2GR-FKS エンジン種類 V型8気筒 V型6気筒 排気量 5,0L 3. 新型RC Fのエンジン「2UR-GSE型」は、今回のマイナーチェンジに備えエンジンを向上。 それにくわえスロットル制御の改良・エアクリーナー形状変更による吸気性能により、加速レスポンスを向上させました。 排気量・エンジン型式により簡単に比較はできませんが、新型RC Fと一足先にマイナーチェンジを実施したRCの最上位グレード「RC350 Fスポーツ」を比較してみると、では150PSほどの差になります。 日本発売日は5月!価格は1,000万円超か? レクサス 新型 RC F 「Performance Package」 現時点でレクサスが公表しているのは国内発売日が2019年5月を予定していることのみで、販売価格に対するコメントはありません。 しかし、現行モデルRC Fの価格はベースグレードが983万円、外装の随所にカーボン素材を取り入れた「カーボンエクステリアパッケージ」は1,059万円です。 そのことからも、新型RC Fのベースグレードでは990万~1,000万円、パフォーマンスパッケージでは1,100万~1,150万ほどになるのではないかと予想しました。 レクサスに関する記事はこちらから.

次の

レクサス 新型 LEXUS RC マイナーチェンジ RC300 RC350 RC300h エクステリアデザイン変更 2018年10月31日発売

レクサスrc マイナーチェンジ

RC350• 価格 6,494,000円~• 燃費 10. サイズ L 4,700 x W 1,840 x H 1,395 mm• V型6気筒 3. 5L エンジン• 8-Speed SPDS 電子制御8速オートマチック• RC300h HYBRID• 価格 6,127,000円~• 燃費 23. サイズ L 4,700 x W 1,840 x H 1,395 mm• 直列4気筒 2. 電気式無段変速機• RC300• 価格 5,679,000円~• 燃費 12. サイズ L 4,700 x W 1,840 x H 1,395 mm• 直列4気筒 2. 8-Speed SPDS 電子制御8速オートマチック• お客さまの使用環境 気象、渋滞等 や運転方法 急発進、エアコン使用等 に応じて燃料消費率は異なります。 北海道地区の価格には寒冷地仕様の価格が別途加算されます。 価格はレクサス販売店が独自に定めていますので、詳しくはレクサス販売店におたずねください。 「グロス」はエンジン単体で測定したものであり、「ネット」とはエンジンを車両に搭載した状態とほぼ同条件で測定したものです。

次の

『レクサスRCのフルモデルチェンジは果たしてあるのでしょ...』 レクサス RC のみんなの質問

レクサスrc マイナーチェンジ

レクサスISのクーペバージョンであるRCが10月31日にマイナーチェンジを受けました。 2014年に登場以来、クーペならではのエレガントでスポーティな外観、高い走行性能を備え、レクサスのブランドイメージを牽引してきたモデル。 今回発表された新型RCは、フラッグシップクーペであるLCを彷彿とさせるレクサス新世代のデザイン、走りを継承したとしています。 外観を見ていくと、ヘッドランプから下に伸びるバンパーコーナーの造形や、上下で開口比率を徐々に変化させたメッシュパターンのスピンドルグリルなど、より印象に残るデザインが採用されています。 また、超小型三眼LEDヘッドランプユニットを縦方向に配置し、L字型のLEDクリアランスランプとの組み合わせで、新型RC独自の精悍かつエレガントな表情を生み出したとしています。 リヤビューは、バンパーコーナーにエアダクトが設けられ、優れた操縦安定性に寄与するとともに、タイヤの踏ん張りを強調する造形にもなっています。 また、リヤコンビネーションランプをL字がより際立つデザインに変更。 ボディカラーは、スポーティさを際立たせる新色の「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」や「スパークリングメテオメタリック」を含む全11色を設定。 内装は、ヒーターコントロールパネルとオーディオパネルを質感の高いヘアライン調に変更。 大型化されたニーパッドで両端から挟み込む構成とすることにより、上質な空間が得られたとしています。 また、インパネ上にLCと同意匠のアナログクロックが採用され、レクサスクーペとしての質感の高さを付与。 価格帯は、3. 5L V型6気筒を積む「RC350」が6,360,000円〜7,070. 000円。 5L 直列4気筒を積む「RC300h」は6,000,000円〜6,520,000円。 0L 直列4気筒ターボを搭載する「RC300」が5,560,000円〜6,080,000円です。 (塚田勝弘).

次の