ソフトバンク 料金 シュミレーター。 ソフトバンクでSIMのみ契約は可能なのか

ソフトバンク「スマ放題かんたんシミュレーション」スタート――抽選で和牛30万円分をプレゼント

ソフトバンク 料金 シュミレーター

はじめに アマゾン転売を実践してもなぜか赤字になってしまう方がいらっしゃいます。 アマゾン転売には経費がいろいろとかかりますので、その経費をあらかじめ念頭に置いて仕入れを行うべきです。 経費の検討は仕入れ前に行っておかなければなりません。 転売用の商品を購入して代金を支払ってしまったあとでは、商品の不具合などの事例がない限り返品はできません。 店頭での仕入れ、オンラインでの仕入れの場合それぞれに利益計算は行わなければなりません。 今回紹介させていただく FBAシュミレーターはパソコン上でもオンライン上でも動作しますが、まずはオンライン仕入れを前提にして、パソコン上で快適に動作するツールを紹介いたします。 FBA料金シュミレーターについて 先ほどはFBA料金シュミレーターのご紹介をさせていただきましたが、こちらでは店頭で効果を発揮する料金シュミレーターを紹介させていただきます。 2012年にリリースされておる 「アマフィー」というソフトウェアです。 パソコンでも使用できますが、スマホ上でも使用できます。 先ほども書きましたがスマホ版ではFBAシュミレーターと比べて画面が見やすく、計算がしやすいです。 以下に検索画面を表示いたします。 画面を見てお分かりになるように、入力項目は 「仕入れ値」と 「想定売価」のみです。 あとはすべて商品に応じて選択するという方式をとっています。 商品の配送料を入力しなければならないということはありません。 非常にシンプルな構成になっていることがおわかりでしょう。 商品区分が細かく分かれていますがこれは商品区分によってアマゾンの手数料が変わるので製品区分が細かく分かれているのです。 アマフィーはFBA料金シュミレーターではなく、アマゾン手数料シュミレーターです。 アマゾンの倉庫までの輸送料や自社で発送する輸送料は計算されませんので、採取利益額からご自身で引いていく必要があります。 自社からのアマゾン倉庫への輸送料は一つ一つ個別に計算するのは現実的ではありません。 いろいろな種類の商品を一つの段ボールにまとめて発送するケースがほとんどだからです。 自社が直接客先に発送する場合は当然個別に梱包を行いますが、FBAの倉庫に納入する時はいろいろな種類の商品を一つの段ボール箱に入れます。 従いまして一商品あたりの輸送量は概算で計算するしか方法はありません。 経験を積んできますと、この商品の送料はどのくらいのものかという見当が大体ついてきます。 商品の送料は寸法+重量で決まってきます。 各運送業者の運賃表がありますので回数をこなせば頭に入ってくると思います。 FBAシュミレーターやアマフィーで仕入れ価格をチェックするのに1分もかからないと思います。 この1分を惜しむことにより、転売利益を喪失してしまうのは非常にもったいないと思います。 アマゾン転売で稼ぐためにも、極力最後の1ステップを惜しまないようにお願い致します。

次の

FBAシュミレーターで転売の利益計算をしよう!

ソフトバンク 料金 シュミレーター

ソフトバンクは2019年9月13日より、最新モデルのAppleデバイス 「iPhone11」「iPhone11 Pro」「iPhone 11 Pro」の予約受付を開始し、9月20日より発売開始します。 ソフトバンクではiPhone11シリーズの予約開始日と同時に、料金プランを「2年縛りなし&違約金なし」の新料金プランに切り替えますので、従来のソフトバンクのiPhone料金とは少し利用料金・端末負担額のシステムが変わります。 現在ソフトバンクを利用しているユーザーは、場合によっては新プランでiPhone11へ機種変更してしまうと損になるケースがありえます。 新料金プランについての詳しい解説は「」を参照下さい。 ソフトバンクのiPhone11価格表 まず料金プランを合わせた価格を計算する前に、新モデルのiPhone11シリーズの代金をチェックしましょう。 安いモデルと高いモデルではかなりの価格差がありますので、予算と目的にあわせてモデルを選択してください。 2019年モデル 容量 価格 iPhone 11 6. 1インチ 64GB 89,280円 128GB 95,040円 256GB 108,000円 iPhone 11 Pro 5. 8インチ 64GB 127,200円 256GB 145,920円 512GB 172,320円 iPhone 11 Pro Max 6. すでにソフトバンクのスマホ・iPhoneを利用しているユーザーが機種変更する場合には適用されません。 iPhone 11 Proで大容量プランを契約する場合に比べて、iPhone11で初心者向けプランを契約すれば月々の負担額は半額程度まで下げる事が出来ます。 新型のiPhoneはどうしても本体代金はそれなりに高いため、予算に合わせてプラン・機種の選択を行って下さい。 より詳細な料金シミュレーションはソフトバンクの公式ウェブサイトを参照下さい。 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 人気の記事• カテゴリー• 189• 160• 131• 132• 1,050• 316• 259• 116• 2 最近の投稿• 2020年6月13日• 2020年6月12日• 2020年6月12日 最近のコメント• に シロテン(管理人) より• に club30 より• に シロテン(管理人) より• に ちゅん より• に シロテン(管理人) より アーカイブ•

次の

SoftBank(ソフトバンク)のプラン見直しをしよう!新料金プランで安く賢く!

ソフトバンク 料金 シュミレーター

どんな携帯を持つか、どんな予算かによりますね。 通話品質で選ぶのなら圧倒的にドコモ。 他社と比べて明らかにつながりやすく、データ通信速度も安定している。 特にスマホではなくガラケーを持つのなら絶対ドコモがおすすめ。 スマホなどでデータ通信をしまくるのならソフトバンク。 ネットをヘビーに使いこなす人御用達の会社。 音声通話ありの携帯会社で転送量7GB制限(一ヶ月のデータ転送量が7GBを超えると通信速度が129kbpsという低速に制限されてしまう規制)が存在しない唯一の会社。 スマホで動画とか見まくる人なら7GBはけっこう楽に超えるので。 ただし繋がりにくさと転送速度では携帯各社の中でダントツで悪い。 AUはドコモほどではないがつながりやすくて回線品質も安定していて、価格もソフトバンクほどではないが安いという中間なところ。 でもIPHONEでLTEが全然使えなかったり、3Gで音声通話しながらデータ通信ができなかったりするなどの制約もある。 でもこれは対戦ネトゲをしないなら特に気にはならないと思う。 iPhone使いたい、でもソフトバンクは嫌って人向け。 音声通話が非常に長時間になる場合で話し放題オプションを利用する場合には一番長時間話す相手のキャリアを選択するのがいいでしょう。 ドコモ(Xi)、AU、ソフトバンクともに500円ほどプラスするだけで同一キャリア内の通話が無料になるオプションが存在します。 NTTドコモですね。 まだ3社の中でもドコモショップの対応が一番まともでしたので 一番教育が行き届いています。 KDDI 私が行ったauショップの代理店の対応が悪かったからか、対応が悪かった。 個人情報を取り扱っている店舗のに、個人情報で手続き出来ないとか意味不明の回答を行ったので。 矛盾している内容を質問すると、KDDIに聞けって逃げましたwww ドコモショップの次に代理店の店員の教育が行き届いていると言えます。 ソフトバンクモバイル 3社の中でキャリアショップの対応が非常に悪い。 常識では考えられないことがある。 それがソフトバンクショップです。 一番まともなのが、直営店だけです。 その他の代理店は、当たり外れが激しい。 はずれると、非常に不愉快な気持ちになります 私の経験上は、 基本的にドコモなら利用者が多く、学割などの適用範囲が広い。 サービスエリアはそれなりに充実しているが、実は繋がり難いエリアも地方だとそこそこある。 特に、地方の大きな建物などで、屋内に電波環境が無い場合は、圏外になることが・・・未だにある。 Android系のスマートフォンの種類が豊富。 フィーチャーフォン(携帯電話)も新機種がコンスタントに出ており、安定している。 Auは、サービスエリアが広く、固定電話同時契約でスマートフォンの割引などがある。 全国ほぼ均一である。 一部エリアではドコモより弱いが、地方の大きな建物内などは、800MHz帯域中心の3G環境を提供しているため、圏外が少ない。 スマートフォン中心の戦略で、Windows Phone、Android、iPhoneの3種類のスマートフォンを扱う唯一のベンダー。 さらに、WiMAXを使える機種(ISW)があるのもここだけ。 最近、AuID関連などで障害が多い。 ソフトバンクは、iPhoneに対するサービスが充実している。 都市部では他社以上の通信速度を達する場所もある。 田舎は弱い。 基本は、iPhoneとSHARP端末(Android)が中心。 比較的他社より価格の安いサービスを提供することが多い。 といったところ。 まあ、ドコモとAuはエリア的にはさほど変わりません。 お住まいの地域によっては、若干どちらかの方が、圏外が少ないことがあるかもしれませんが、そのぐらいの差です。 ソフトバンクは、まだ地方では少し電波環境が弱いエリアが見受けられますが、やはりiPhoneのサービス面ではAuよりも良いかもしれません。 携帯電話を買うなら、個人的にはドコモかな? 通信エリアの広さに拘らない、2代目の電話専用なら、私はPHSのウィルコムを選ぶでしょうけど。 A ベストアンサー 単純に月々の料金だけで比較したら、auよりソフトバンクのほうが安いのは確かです。 それでもauのほうが安いという方がいればソフトバンクの販売制度を理解しようとしてないだけです。 Auはソフトバンクやドコモと違って宣伝がすごく上手なので。 たとえば計算してみます。 消費税がからむと計算面倒なので、あえて税抜きで。 Auのwinプランで誰でも割 二年契約条件 で3600円のプランSS もっとも一般的なプラン の基本料金がいきなり半額1800円になります。 ここに無料通信分が1000円ついているので実質は800円になります。 無料通信分のないソフトバンクのホワイトプラン980円より安いです。 これがauの宣伝法です。 ただ、よく考えてみると、auでは1000円使っても使わなくても1800円の請求がくるのに対して ソフトバンクでは使わなければ980円ですむ計算になります。 ただ、auはすごく宣伝が上手なので、こんな解説をしないで単純にうちは実質800円で980円より安いと言ってます。 一方のソフトバンクは何もホワイトプランだけがあるわけじゃありません。 auの模倣のプランであるオレンジプランというのがあります。 この物まねのプランですが、よく考えてみると不思議なことが起こります。 オレンジプランXエコノミー3780円が新自分割 =auの誰でも割 でいきなり半額の1890円。 この1890円の中に無料通信分2000円ついてるので、実質マイナス110円になります。 Auの実質800円よりさらに安くなってしまうんですよね・・・。 ソフトバンクはホワイトプランで売っていて、オレンジプランをほとんどすすめてませんし、Auのほうも自分の不利になることは宣伝しないので、こういうことはあまり表に出てませんが。 なぜ、auの真似をしただけのソフトバンクのオレンジプランでauより安くなってしまうのかというと、 Auでは、本来二種類の料金プランがあります 一部地域でかわりますが。 そしてこの二種類の料金プランをauは機種によって選別しています。 この機種は低機能だからこちらの低価格のxプラン、こちらは高機種だから料金割高のwinプランといったように。 ただ、ソフトバンクはこの二種のプランを両方マネしたのに、機種によって選別をしないで どんな機種を使ってもどちらでもお好きなほうを選んでという提供をしてます。 結局、ソフトバンクでオレンジプランを使う場合、より低価格のauのxプランの真似プラン、オレンジプラン X を選ぶほうがお得になるわけです 通話たくさんするなら、winの W プランのほうが安くなる場合もあります でも、auはそんなことは一言も言いません。 あくまで実質800円の誰でも割でソフトバンクよりお得になるといいます。 実際はソフトバンクのホワイトプランより実質の価格ではお安くなるケースがあるというだけですが・・・。 と、ここまでソフトバンクのいいところばかり言ってきました。 ただauにももちろんいいところはあります。 電波がいいのは事実です。 こんなところでも電波入るんだというところが多いです。 また、ソフトバンクでは有料のオプションサービスとして提供されているサービスがAuでは無料で使えたりということもあります。 ですから、たとえばソフトバンク同士の通話無料メール無料はまったく使わずに他社としか通話メールしない。 さらにauで無料のオプションサービスと同じものをソフトバンクでもつける・・とここまで考えると、auのほうが安くなる場合もあります。 さらにauのmy割や誰でも割といった基本料を半額にしたりと割り引くサービスは、二年契約が条件ですが、それはauを二年間かえないでということです。 対してソフトバンクのすすめるスーパーボーナスとか割賦販売と呼ばれるサービスは同じ機種を二年使って、使ってる間は基本料金など割引しますよというもので、たとえば一年だとかで機種変更や解約をしてしまうとソフトバンクの場合、その時期が早いほど、そして機種がいいものほど高額な解約料金を払う必要がでてきてしまい、auよりリスクが高いのです。 また、ソフトバンクは、高い機種を選ぶと、980円きりでは使えないということもおこります。 これはスーパーボーナスの特性によるものですが、もしソフトバンクで発売されたばかりの機種を980円きりで他に通話料も何もかけないから980円ですむと考えているのであれば少し間違いがあります。 ソフトバンクはauのように機種代を店頭で払って契約するのではなく、機種代を分割にして毎月の料金に上乗せして払うので、選ぶ機種によっては月々機種代0円ですむものもありますが、高い機種であれば月々機種代数千円が月々の料金とは別に請求されて、980円きりでは使えない状況も考えられるのです。 これを踏まえても確かに一般的にはauよりソフトバンクのほうが料金は安くなります。 単純計算して数字を出すとソフトバンクのほうが安くあがるケースが多いのは事実ですし、その額も統計では平均1500円ほど違いがでると言われています。 そして自社同士通話無料といったサービスがあるのもソフトバンクだけです。 その事実を述べたうえで、だけどもし一年とかで解約や機種変更をしたり、電波のつながりやすさなどを考えた場合、ソフトバンクより高くなっても、通話が常に有料でも、だけどauのほうが安心ではないかという言い方が正しいのだと思います。 ただ、私の個人的な意見でいえば、auとソフトバンクならソフトバンクを推しますね。 そもそも携帯電話のような高価な精密機械を一年とかで買いかえるほうがどうかしてます。 テレビやパソコンを一年でかいかえますか。 Auの販売法は、そうした短期で買いかえる人が出す赤字を同じ機種を長く使う人の基本料でまかなっているんです。 だからソフトバンクより月々の料金が高くなる。 対して、ソフトバンクは短期で買いかえる人の赤字分は、赤字を出した本人で払ってというもので、だから月々の料金は安くすむけど、短期で買い替えたり解約する人は少し高めの解約金が必要になるということ。 また、言われてるほど電波も悪くないです。 もちろん地域にもよるのでしょうが、私の体感では電波で困ったことはないです。 そして、auは、アプリがダメダメなのです。 私は携帯ゲームけっこう使うので、auのアプリのあまりの貧弱さには泣きましたね。 いらないならいいですが。 またアプリ系のサービスではドコモのほうがしっかりしてるので、ソフトバンクとドコモなら私はそれぞれに一長一短を認めて悩むことでしょう。 auは電波以外のいいところが私はちょっと思い当たらないです。 電波を第一に考える人ならauしかないでしょうが。 それ以外のものを求めるなら、私はauは不向きだと思う。 単純に月々の料金だけで比較したら、auよりソフトバンクのほうが安いのは確かです。 それでもauのほうが安いという方がいればソフトバンクの販売制度を理解しようとしてないだけです。 Auはソフトバンクやドコモと違って宣伝がすごく上手なので。 たとえば計算してみます。 消費税がからむと計算面倒なので、あえて税抜きで。 Auのwinプランで誰でも割 二年契約条件 で3600円のプランSS もっとも一般的なプラン の基本料金がいきなり半額1800円になります。 ここに無料通信分が1000円ついているので実質は... Q 現在auを使っている大学生です。 家族全員au、固定電話もKDDIです。 姉だけ携帯は自分名義・自分で支払いをしていますが、両親と私はちょっと違うんです。 でも家族全員auですし、固定電話もKDDI…となると、なかなか他社の機種に変えることが出来ません。 友達はau:docomo:SoftBank、それぞれ4:3:3か4:4:2くらいの割合なんです。 電話はau以外の少数の友達にしかかけないです。 auの子は多いですが、電話を全くかけないので、何だか損な気がするんですよね。 私が今回質問したいのは、 ・docomoとau、総合的にいちばん良いのは? ・電話や電波の繋がりやすさ、ネットの速さはauとdocomoどちらが良い? ・料金プランが安いのはauとdocomoどちら? ・auをこのまま継続するか、MNPでdocomoに移るのだったら、どちらが良い? ・auしか使ったことがないので、docomoの端末はauに慣れてる人には使いにくい? auがいちばん使いやすいですが、デザインや機能の豊富さはdocomoの方が上だと思っています ・docomoの「応援学割」に変えたときの家族全員に対するメリット、デメリット …を教えていただきたいです。 今後の参考にしたいので、よろしくお願いします! 現在auを使っている大学生です。 家族全員au、固定電話もKDDIです。 姉だけ携帯は自分名義・自分で支払いをしていますが、両親と私はちょっと違うんです。 たとえば、音楽とかの転送は ・auはLISMOだけ。 ・docomoはWMPかSD-Jukebox(一部機種のみ) と、使い勝手が変わるので好きな方で。 microSDの内容をPCにコピーしたい場合などの使い勝手も 変わります。 (場所にも因りますが) 速さもdocomoの方が速い場合が多いです。 使い方に合ったプランであれば安くなるでしょうが、合わな ければ高くなります。 家族内での通話が多いようであれば、確実にdocomoは 損になります。 私は、docomo・au・Softbankそれぞれ持ってますが、操作的には 何処のキャリアも特に使いにくいとは思いません。 要は「慣れ」です。 他社間に跨るサービスが殆ど無いので。 デメリットは、家族間通話が有料に成る事。 頻繁に家族間で通話・Cメールをしているようであれば、 料金は高くなるでしょうね。 (特に通話には割引が余り無いので、確実に上がるでしょう) 先ずは、 1. 家族内通信の頻度の確認。 少なければMNPでも良いかもしれませんが、多ければ料金が 上がりますよ。 利用スタイルの確認。 ・通話中心なのかメール中心なのか。 ・Webの使用頻度。 通話中心であれば、Willcomの「誰とでも定額」との2台持ち も視野に入れると良いかもしれません。 willcom-inc. たとえば、音楽とかの転送は ・auはLISMOだけ。 ・docomoはWMPかSD-Jukebox(一部機種のみ) と、使い勝手が変わるので好きな方で。 microSDの内容をPCにコピーしたい場合などの使い勝手も 変わります。 (場所にも因りますが) 速さもdocomoの方が速い場合が多いです。 >・料金プラ... Q 現在、ソフトバンクで機種変更をしようと ショップに行ったら、分割で2年とか言われたのですが 他の携帯会社もそうなってくるのでしょうか?? 4年前位にLOVE定額が出た時に 彼とボーダフォンにして、今でもソフトバンクなのですが 21時~1時以外は無料通話なので Wホワイトにしようと思いますが、 周りにはソフトバンクが少なくて彼のみでして 彼とも今は距離をあけているので意味がなく・・・・。 だいたい21時~1時頃がちょうど話時ですし 昔はずっとドコモだったので 周りにもドコモが多く、次にauでソフトバンクは 結婚したりした時にはいいかなと思うのですが、 携帯会社ごとのメリット、デメリットは何でしょうか?? 皆がソフトバンクにすれば、誰もが21時~1時以外は 無料なのに・・・と思うのですが、 同棲していて昼間とかかかってくる子も なぜなのか変える人がいないのですし、 ソフトバンクは少ない気がするのですがなぜなのでしょうか。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 私の個人的主観がかなり入っている部分があるかと思います。 ドコモのメリット ・ユーザーが多く、NTTグループで経済力があるので安心できる。 ・田舎や山奥でも電波がつながることが多い。 ・ドコモ独自のサービスがある(メロディコールや2in1など)。 ・修理期間が20分前後と早い(本体交換による即時修理)。 ・故障時のアフターケアが充実している(3年保証や修理代金の上限5250円までなど)。 ・他社より電池や充電器などの付属品代金が安い。 ・機種のラインナップがシリーズ分けされていて、機種を選びやすい。 ・メジャーな国産電器メーカーの機種が多い(NEC・松下・三菱・富士通・ソニー・シャープなど)。 ・お財布ケータイ機能が充実している。 ・FOMAカードの差し替すれば自分で機種変更できる(機種変更の手数料が無料) ・ドコモ以外の商品にもポイント交換できる(解約するときに便利)。 ・携帯電話でかなりネットする人は他社より安くなる(パケホーダイで4095円) ・余った無料通話分が家族で分け合える。 ・サイトやiアプリ、ゲームなど対応コンテンツが充実している。 ドコモのデメリット ・殿様商売気質と言われている。 ・他社のマネすることが多い。 ・マルチタスク機能(音楽聴きながらネットするなど同時に利用できる機能)がある為、レスポンスが悪い機種が多い。 ・機種代金が他社より高い。 ・個性的なデザイン・色の携帯電話が少ない(万人受け向き)。 ・定額制パケット料金プランが一律4095円のパケホーダイしかない(他社は1000円前後で定額制に加入可能)。 auのメリット ・途切れにくい周波数の電波を使っている。 ・機種のラインナップが個性的(若者向き)。 ・ミュージックプレイヤー機能が使いやすい。 ・GPSや携帯ナビウォークが充実している ・通信速度が速い。 ・顧客満足度がNo. 1と言われている。 ・機能のわりに機種代金が安い。 ・auまとめて請求(プロバイダや固定電話)が利用でき、ポイントが貯まる。 auのデメリット ・機種変更に2100円の手数料(ロッククリアが必要)がかかる。 ・メーカー預かり修理の為、1週間くらい修理期間がかかる。 ・絵文字が可愛くない。 ・au非対応のコンテンツがある。 ・お財布ケータイ機能が充実していない。 ・国際ローミング(海外で使用可)が少ない。 ソフトバンクのメリット ・月額980円の安い基本料金プランがある。 ・プランによりソフトバンク同士の通話料無料プランがある。 ・プランによりソフトバンク同士のメール無料プランがある。 ・1029円からパケット定額制プランに加入できる(上限4410円)。 ・24時間以内に他社より安いプランを発表することになっている(ドコモの定額制データ通信は対象外?)。 ・国際ローミング(海外で使用可)に強い。 ソフトバンクのデメリット ・ソフトバンクという会社自体が信用できない。 ・過剰請求や手続ミスなどのトラブルが多いので、多少の勉強が必要(消費者センターでもソフトバンクは順番待ち)。 ・お客様サービスセンターの対応がひどい。 ・エリアが狭く、電波の届かないところが多い。 ・遅延メールが多すぎる。 ・利用明細書の送付が有料。 ・災害時の復旧が遅い。 ・端末代金の割賦販売による縛りがある。 ・端末代金、付属品、修理代金が高い。 ・白ロム端末に対しての修理保証が受けられない。 ・メーカー預かり修理の為、1週間くらい修理期間がかかる。 ・国産のメーカー機種があまりない(シャープ・東芝・松下・NECくらい) ・故障修理体制がよくない(他社と同じ様にするには月額500円必要など)。 ・端末が壊れやすいのに1年保証しかない。 ・ソフトバンク非対応のコンテンツが多い。 私はドコモ(仕事用)もソフトバンク(趣味)もau(私用)も持っていますが、ソフトバンクはあまり頻繁に携帯を利用しない主婦や子供が使うとか2台目の携帯には満足できると思いますが、メインでバリバリ使うのにはあまり向かないと思います。 まず、メールが遅れすぎる、リアルタイムでメールのやりとりができないことが多いので仕事で使うと相手にも迷惑がかかります。 昨日も遊び仲間に「今からそっちへ向かいます。 」と送信したメールが翌朝、相手に届いて笑われた(仕事の連絡用としてはとても使えない)。 あとは、このサイトでもよく言われているようにソフトバンクという会社の本質に賛同できない人もいると思います。 契約内容をコロコロと変えてしまう(安心パックの改定)のでユーザーに不満があったり、個人情報の取り扱いが非常に雑で総務省から注意を受けたこともあるようですし、消費者センターでは常にクレームの多い企業で対応が順番待ちだそうです。 ショップの対応がお客を馬鹿にしているというような声もあります。 今や携帯電話は重要な必須アイテムなので料金が安いことより安定した通話品質やエリアを提供してくれて、信頼できると思える会社を選ぶ人もいると思います。 私の個人的主観がかなり入っている部分があるかと思います。 ドコモのメリット ・ユーザーが多く、NTTグループで経済力があるので安心できる。 ・田舎や山奥でも電波がつながることが多い。 ・ドコモ独自のサービスがある(メロディコールや2in1など)。 ・修理期間が20分前後と早い(本体交換による即時修理)。 ・故障時のアフターケアが充実している(3年保証や修理代金の上限5250円までなど)。 ・他社より電池や充電器などの付属品代金が安い。 ・機種のラインナップがシリーズ分けさ... A ベストアンサー サポートが一番なのはドコモですね。 ショップの方も親切ですし、相談にも乗ってくれます。 また携帯保障なんですが、機種により変わりますが月最大399円払えば水没、液晶粉砕、本体ケース脱落などどのような場合でも最大5252円で修理してくれます。 回線品質も3社では一番だと思います。 auは回線品質もかなり向上しており、サポートも充実していますが、やはりまだまだですね。 ドコモの修理保証のお世話になると移り難いですね。 SoftBankは欲しい機種がなければ特に選ぶ理由も無いような気がします。 最近プラチナバンド取得で話題ですが、繋がりやすいというのはインフラ整備が整ってからの話、あと1~2年はかかるかと思います。 それにショップ店員はあの手この手で契約させようとするし、挙句の果てにはクレームは放置、ツイッターなどの意見は無視、なのに客への要求は強引... 客を馬鹿にしてますね。 私の友人はこれがないとiPhoneでメールなどができないと言われWi-Fi FON を契約させられましたが、どこにそんなふざけた携帯があるのでしょうか。 怒った友人は店長呼び出し陳謝させ、解約料を払わず目の前のdocomoに行って契約しました。 なのでSoftBankはおススメできません。 私の愚痴でも言っている通り、信じられない発言をする店員もいるので予備知識くらいは入れておいたほうがいいかもしれませんね。 サポートが一番なのはドコモですね。 ショップの方も親切ですし、相談にも乗ってくれます。 また携帯保障なんですが、機種により変わりますが月最大399円払えば水没、液晶粉砕、本体ケース脱落などどのような場合でも最大5252円で修理してくれます。 回線品質も3社では一番だと思います。 auは回線品質もかなり向上しており、サポートも充実していますが、やはりまだまだですね。 ドコモの修理保証のお世話になると移り難いですね。 SoftBankは欲しい機種がなければ特に選ぶ理由も無いような気がします。 最近プ... A ベストアンサー こんばんは。 久々に回答させていただきます。 まず、どなたも自分が加入しているキャリアが一番優れていると思っている方が多いので偏った知識になる場合が多いです。 他社と比較していない、昔の知識を信じ、リアルタイムが情報をキャッチしていない方も居ますのでどのキャリアが満足度の高いキャリアか判断できていないのに回答してしまう方も少なくないです。 ですので一番確かな情報はご自分で検索し、比較した人間に聞くことですが、私も各社の比較が日課みたいになっているので参考程度にしていただければ幸いと思います。 まず、携帯電話会社3社(ドコモ、au、ソフトバンク)のうち満足度の高いのはauですね。 今話題のソフトバンクは0円とかで話題になっていますが、調べると裏がありすぎるのと通話エリア、安定感から言っても比較の対象にするのも時間の無駄なので今回はドコモとauの比較をメインに回答します。 itmedia. itmedia. itmedia. itmedia. html 私も以前は両親の影響からドコモですが今はauです。 両親は未だにドコモなのですが、ドコモ以外に変更する気はサラサラ無いです。 理由は歴史の古いNTTってブランドの安心感とどの会社も大差は無く変更する必要は無いって考えからです。 比較しないと判らないのに保守的な人間は新しいものに変えるのは面倒くさがりますから仕方ないです。 4~5年前まではドコモのmovaが一番つながるってのが一般的な考え方でした。 今は世代交代でFOMAがメインでmovaは消え行く運命です。 そして今もドコモが一番と考えている方はそこで時計は止まっています。 ドコモが一番なのは加入者数でしょうか・・・・・ 当然歴史が古いので当たり前の事なのですか・・・ 周波数的にはドコモではmovaが強いのですが、切れにくい方式はFOMAです。 もしドコモで選ぶなら今更movaを勧める方は居ないと思います。 全国レベルになると比較的不安定ですが都市部であればFOMAで大丈夫のはずです。 ブランド名にこだわり無く、新規で使える携帯って考えでしたらauをすすめます。 電波の入り具合: 周波数の特性から言ってもauです。 逆にauが強い場合もある。 安定感ではau>mova>FOMA>ソフトバンク2G>ソフトバンク3G 同じエリア内なら3Gの方が切れにくいですがFOMA、ソフトバンク3Gは周波数が高いので死角が出来やすいと言われています。 そこが不満の原因のようです。 auの周波数帯は低いので比較的安定した有利な電波帯です。 既にFOMAはmovaの基地局より増設しているのですが、 増設=安定感って問題でも無いです。 逆に基地局同士の干渉が繋がりにくい状態を起こしかねません。 movaの停波が終了すれば空き電波帯を再編し、FOMAも安定した電波帯を利用出来るので、現在のau同等になると思います。 movaの利用期限が2012年なので再編は数年先ですが、movaの進歩はもう無いです。 メールや電話、インターネットの料金は大差ないですがこれから価格競争もあると思うので、料金で決めるのは賢明ではないです。 結局横並びだと思うので?ただドコモはブランドに自信があるのか率先して下げる気は無いようです。 メール機能はauのリトライ機能が絶対優れている思います。 php3? CMOSとCCDに分かれ、一般的にはCCDが良いとされていますが、最近では CMOSも向上したようで、省エネ/軽量化で需要も多いようです。 高画素数=画像が良いとは簡単には判断出来る物じゃ無いようです。 これだけは比較検証サイト等で検討するしか無いですが・・・ オートフォーカスや手振れ補正等で最近は更に向上していますよ。 私は携帯会社3社の体験ありますがあり、端末メーカーも大体は経験してきていますが、現在はauなので過去の古い経験で説明するのも無責任なので、 auで説明するとカシオ日立製が反応も漢字変換も機能性もカメラも満足度が高いです。 ソニーエリクソンはそこそこ 東芝、三洋は比較的反応が鈍い(FOMAよりはマシ) 京セラは故障も多く、不満が多いようです。 同じ番号で会社を変更できる制度(MNP)で変更先の希望が多いのはauだそうです。 auに変更する理由:エリア、安定感、高機能と技術的、電話としての基本性能で考えて優れているからだと思います。 ドコモに変更する理由:家族にドコモがいる。 ブランド指向等もあるようです。 ソフトバンクに変更する理由:0円でから?安い???から???家族にソフトバンクがいる。 LOVE定額にしたい方が多いようです。 色々な理由でキャリア変更を考える方が居ると思いますが、技術的な面でau以外を薦める方は知識があればまず居ないでしょうね。 注意して欲しいのは各社には熱狂的ファンのユーザーがいます。 ドコモを誉めれば噛みつくauユーザーやauを誉めれば噛みつくドコモユーザー・・・ 私が説明したのは技術的な説明であって参考になれば幸い程度です。 他社を見下している訳ではありません。 消去法でもauになります。 当然他社の満足度がauを超えれば私もまた他社へ移るのでキャリアへのこだわりは無いです。 これからはMNP制もありますのでキャリア変更は簡単に考えて行きたいですのでソフトバンクみたいな縛りだけには注意したいです。 たくさん比較することはあるのですがお時間があれば私の過去の回答を閲覧していただければその他比較が出来ると思います。 最終的にはご自身で信頼性のあるコメントを選んでください。 長文失礼致しました。 こんばんは。 久々に回答させていただきます。 まず、どなたも自分が加入しているキャリアが一番優れていると思っている方が多いので偏った知識になる場合が多いです。 他社と比較していない、昔の知識を信じ、リアルタイムが情報をキャッチしていない方も居ますのでどのキャリアが満足度の高いキャリアか判断できていないのに回答してしまう方も少なくないです。 ですので一番確かな情報はご自分で検索し、比較した人間に聞くことですが、私も各社の比較が日課みたいになっているので参考程度にしていただけ... A ベストアンサー ドコモは、通話定額プランのみになる。 ただ、通話定額プランは、ソフトバンクは、ドコモのコピーですし、KDDIは劣化コピー 5分間の通話定額は、ドコモもソフトバンクも、KDDIの劣化コピーです 劣化だろうがコピーですから、基本的に料金も横並びです(月5000円以内のプランを除く) セット割で若干異なるが、 ドコモは、契約年数で割引を行うが、KDDIは、契約年数でデータ量を割増する月(毎月でない)が存在する ドコモ光は、割引条件を満たせば1回線だけ割引されるが、KDDIは、割引対象条件を満たせばすべて割引される あと、KDDIは、電気のセット割もしていますし、特定の契約者の優遇を禁じる保険業法に抵触していると批判が出た保険も提供していますので。 どちらが安くなるかについては、現在の料金などすべてあげないと計算出来ないものですので、料金をあげるのに抵抗があるなら、ご自身で計算するしかありません A ベストアンサー 家電量販店は殆どの場合、「売りっぱなし」です。 (稀に正規代理店だったりするのですが) つまり、買った携帯電話本体に初期不良や不具合などがあったとしても、それらの対応は全てショップ(直営、もしくは正規代理店)が行います。 普通は、商品が不良品だったら買ったお店に持っていきますよね。 でも量販店などで購入した携帯電話は、買ったお店に持っていっても対応してもらえないのです。 更にややこしい事に…… 例えばmicroSDを一緒に購入した場合、microSDに問題があれば、買ったお店(またはメーカー)で対応してくれます。 もし、メモリカードを認識しないようなとき、本体の不具合なのかメモリカードが不良品なのか判別できませんから、ショップと販売店を往復するようなことにもなりかねません。 そういう面倒を嫌うなら、ショップのみを利用する事になります。 ショップでも携帯電話の利用に必要なものは扱っていますので。 また、不慣れな人には操作方法など親切に教えてくれますし、設定も一緒にやってくれたりもします。 契約上の細かなことも全部教えてくれますので、不安な人にはショップの方が便利かな、と思います。 その分……ドコモショップは割高というか、そのレベルを超えた殿様商売だったりもします。 頭金1万円とか、あービックリした! ケタが違いますね。 もちろん、売りっぱなしの販売店であっても利用者にメリットはあります。 大量ポイント付与で端末代金の殆どが棒引きになる事もありますし、(MNPなしの)新規一括0円セールも見かけました。 そんな感じで、オトクに購入できる機会が多いです。 ただし、量販店は不良在庫を抱えたりしないので、ホットモックが展示されているからといって、その機種を扱っているとは限りません その代わり、売れる機種は在庫を押さえているそうです。 マイナーな機種が欲しい場合は、ショップの方が確実に購入できると思います。 どちらも一長一短ですけれど、自分にとって都合のいい方で買えばいいんじゃないかと思っています。 メリット(有益性)って人によって違いますので。 家電量販店は殆どの場合、「売りっぱなし」です。 (稀に正規代理店だったりするのですが) つまり、買った携帯電話本体に初期不良や不具合などがあったとしても、それらの対応は全てショップ(直営、もしくは正規代理店)が行います。 普通は、商品が不良品だったら買ったお店に持っていきますよね。 でも量販店などで購入した携帯電話は、買ったお店に持っていっても対応してもらえないのです。 更にややこしい事に…… 例えばmicroSDを一緒に購入した場合、microSDに問題があれば、買ったお店(またはメーカー... A ベストアンサー ドコモは圧倒的な資金力とシェア50%を背景に基地局数が最も多く、非常につながりやすいキャリアです。 遭難した時に山奥からでも携帯が繋がって救助に結びついたという話は聞きます。 サポートの品質も高く、おそらく全キャリアの中で一番でしょう。 電話とかの受け答えもきっちりしてます。 ドコモプレミアクラブに加入(無料)すれば、端末の保証期間が3年まで伸びるのもありがたい。 (AUは同じく3年、ソフトバンクは1年です)ただし割引などは今ひとつなのが難点。 あとユーザーの高齢化が進んでいて若い世代の場合はキャリア間無料通話が機能しなかったりします。 基地局数についてはOpenSignalMapsとかで基地局をみてみると面白いです。 左上のボックスに郵便番号を入れて検索し、右上のFullScreenを押し、出てきた右下のウィンドウで通信種別やキャリアを選択出来ます。 すべての基地局をカバーしているわけではないのであくまで目安ですが、ドコモの圧倒的具合がわかりますね。 ただ、4Gはまだまだ設置が進んでいないことと人数が多すぎなのが相まって場所によってはソフトバンクより悪い場合もあるようです。 この2社はiPhoneを導入しているのでApple信者にはここ以外には選択肢はないでしょうし。 ソフトバンクは学生の加入率が極めて高い傾向があります。 ただし両者ともにサポートの品質が最悪で、クレーマー扱いされて怒鳴られたとか、故障時の保証が効かなかったのトラブルには枚挙に暇がありません。 特にソフトバンクはかなりの物で、ひどい話では故障して保証期間内に持ち込んだにも関わらず、修理完了で戻ってきた時には保証期間が過ぎていたため有料になったとかの話。 さすがにここまで行くと本当かと疑いたくなる事例ではありますが。 どっちにしてもトラブルは自分で何とかする、が基本のようです。 ウィルコムは3Gや4GではなくPHSのキャリアでドコモがアナログだった時代は通話品質が高かったり、メール送受信が無料だとかが長所でしたが、現在では各社ともにデジタル化したりメール無料サービスを導入しているのでその利点はなくなっています。 でも誰とでも割(1ヶ月間10分までの通話が500回まで定額)などの独自サービスを導入していて短時間の通話が多い企業等に一定の需要があります。 PHSなのでデータ転送速度が遅く、ネットをやるには向いていません。 通信距離が短いPHSなので山とかでは全く電波が入りません。 高速道路や歯抜けのように電波の入らない所も多いのが難点。 ただしPHSは医療機器に影響を与えないので病院でも使用が許可されていることが多く、通院や入院が多い人、見舞いで頻繁に病院に行く人には適しています。 今年、ソフトバンクによって買収されました。 イー・モバイルはデータ通信が安いというメリットがあったのですが、携帯各社が似たような条件でのデータプランを設定したことも含め、現在はWiMAXなどの登場で優位性はなくなりました。 ウィルコムと似た定額プラン(10分間x300回)があるのでそれに優位性を見いだせるかです。 データ通信速度は3G+4Gなので充分です。 現在ソフトバンクの子会社です。 ドコモは圧倒的な資金力とシェア50%を背景に基地局数が最も多く、非常につながりやすいキャリアです。 遭難した時に山奥からでも携帯が繋がって救助に結びついたという話は聞きます。 サポートの品質も高く、おそらく全キャリアの中で一番でしょう。 電話とかの受け答えもきっちりしてます。 ドコモプレミアクラブに加入(無料)すれば、端末の保証期間が3年まで伸びるのもありがたい。 (AUは同じく3年、ソフトバンクは1年です)ただし割引などは今ひとつなのが難点。 あとユーザーの高齢化が進んでいて若い世代の場...

次の